マレーシア移住の落とし穴

90近い父がマレーシアに住んでおり、その父が突然具合悪くなって入院したのをキッカケに、また「マレーシアで住むとはどういうことか」を考えるようになったのですが、今まで「マレーシアの良さ」だと思っていたのが「マレーシアの落とし穴」だと感じるようになりました。

MM2Hという素晴らしいビザがマレーシアにあって、平均的な日本の退職者なら誰でもそれが取れる。そして10年という有効期限があるものの、ほぼ無条件で更新できるそうなので、これと「永住権」は似たような感じがします。一生住んでいようと思えば住めるんですから。

でもやっぱり「永住権」とは大きく違う。MM2Hは「住んでいてもいいよ」という許可ではありますが、その代わり「あんたの面倒は一切見ないよ」という条件が付いている。

これが「永住権」と大きく違うところで、「永住権」には様々な権利があるんですね。簡単にいえば「国民」に限りなく近い権利がある。

数年間、遊び半分の生活なら何の問題も起きませんが、長い間にはいろいろあるじゃないですか。でもそういう時には「帰るしか無い」のがMM2H。もし「永住権」があるのなら、社会保障が受けられる。「出て行け」とは「絶対に」言われないんですね。そして「どうにか生きる道」は見つけられる。

社会保障なんて関係ないね、と私も若い頃は考えていました。自分の力で自分の道を切り開くと考えていたし、そうしなくてはならないと信じていました。年金もそうで、「そんなものはいらない。自分で稼ぐ」なんて偉そうなことを考えていたもんです。(笑)

でもやっぱり病気や怪我はあるし、仕事だって常に順調なわけはなくて、それは自分だけではなくて家族全員がそうですから、「何かが起きる確率」は「かなり高い」んですね。でもそんな時に、「じゃぁ、みんなで引き上げるか?」なんてことは簡単には決められません。

詳しいことを今日書こうとは思いませんが、子供が犠牲になったり、離婚、一家離散、なんてのをここオーストラリアでも見てきました。でもそうなる前に「帰国という選択肢を取る」家族の方が圧倒的に多かった。

でも「帰れば良い」というのは非常にうまくないわけですよ。仕事は?学校は?といろいろありますし、そもそも「一体何のために来たの?」という所で悩むことになる。

永住権があってもそんなことは普通に起きるのに、永住権さえなかったらどうなると思います?やっぱり長い間には意識していなくても国や自治体に救われることってあるんだろうと思います。保険システムもそうですし。でも「永住権」がない場合は、「限りなく旅行者に近い」わけで、何かあれば「帰れば?」と言われるだけ。

だから「最初から遊びのつもり」で行くのなら良いと思うんですよ。「言われなくても帰るつもりだよ」で済みますから。

でも若くして、家族もいて、子供もいた場合にはそう簡単にはいかない。

でもマレーシアには「簡単に行ってしまう」。なぜ?

それはMM2Hが簡単に取れるからかもしれないと思うようになりました。普通、どこの国でもそこで「好きな様に生きる」には「永住権」が絶対に必要で、これを簡単にくれる国は世界には存在しないんですね。マレーシアのMM2Hは簡単ですが、ではマレーシアの「永住権」はどうかというと、これは他の国より厳しくてマレーシア人と結婚してもなかなか取れないと聞いたことがあります。

これが私は「マレーシアの本音」だと思うんです。「是非来てください」という宣伝は「遊びに来て、お金を落としてくれ」という意味でしか無くて、「あんたの面倒なんか見ないし、見ないとならないような永住権はやらないよ」というのがマレーシア。

また他の国でも永住権の取得は簡単ではありませんが、「それでもどうにか取りたい」と思う人は半端じゃない数いるんですね。例えば「オーストラリアの永住権を欲しい日本人」だけでも私は数万人いると思います。アメリカはもっと多いでしょう。カナダも同じ。ニュージーランドもそう。そして彼らは「欲しいと願う」だけじゃなくて「取るための努力」をしているんですね。それも数年を掛けて準備をするのが普通。お金がなければ永住権は取れないなんてのは「大間違い」です。

この準備期間にかなりのことを覚えるはずなんです。まず「どうして永住権がないと駄目なのか」という根本的なこと。そして「永住権があるとどう違うのか」、そういうところがわかるようになってきて、実際にし「仕事をし」「収入を得」「子供を育て」「子供の教育」「医療」「保険」「年金」「老後」「失業対策」「セイフティーネット」など、我々日本人が日本のことを知っているように、その国のことをとことん知るようになるんですね。そしてその重要性もよく分かるようになる。

ところが簡単に取れるMM2Hだとそこまで考えないように思います。まず私がそうです。「遊びに行くのだから細かいことはどうでも良い」、「駄目なら帰れば良い」という思いが基本にありますから。

そのままマレーシアでそのつもりで生きるのなら良いと思うんです。そして何かあったら「予定通りに帰る」。

ところがですね、年数がどんどん経ち、ましてや子供も現地で育っていきますと「駄目なら帰れば良い」なんてことは言えなくなるんですね。そしてその時に「自分が持つ権利の危うさ」に気がつくはず。「帰りたくない」「帰れない」「帰る場所がない」場合でも「国外に出るしか無い」状況がいつか来る。

「終わりよければ全て良し」といいますが「何かあれば国外に出るしか無い」という「現実」をいつか見ることになる。これって「我々日本人」が「いつか日本から国外に出される」のと同じだということをしっかり認識する必要があるはず。

それでも本人は良いでしょう。好きなことをしたんですから。でも家族は?子供は?と私は思うわけで、私がこんなことをいつも書くのはそれが理由です。

「永住権」を正面から考えるといろいろわかってくることがあるのに、「永住権みたいな」「でもまるで違うMM2H」を「簡単に取れる」ということによって、大事なところに目が行かない現象が起きている気がするのです。

「俺は大丈夫」「とことん考えている」と誰しもが思うはず。でも自分の心の根底にあるのは「行きたい」という「強い願望」ですよね。で、この根底にあるものが自分の思考方法にどういう影響を与えるかをきっちり自覚している人って「非常に稀」だと私は考えています。

というかそれが「自然」であって、「大好きな異性」に「微笑みかけられたらどうなるか」と一緒で、「冷静さなんかどこかへ消える」のがあたりまえだと私は思うんです。

私はその「異常さ」というかもしかしたら「当たり前」のことかもしれませんが、それが「マレーシア関連ではどこにでも見れる」という不思議さを感じるってこと。でも他国の場合にはそれがない。

このブログはオーストラリア関連にも登録されていますが、オーストラリアでもカナダでもアメリカでもニュージーランドでも「移住希望者」「永住権を取るために頑張っている最中」のブログは結構あります。そしてそれらを読むと「かなり真剣」なのがわかる。

でもマレーシア関連だけは違っていて「浮かれている」。また「おいで~~」と「呼ぶ人が多く存在する」。

この違いってなんなのか、その辺を考えてみることは重要だと思っています。

ジジババはどうでもよいです。どうせ先が短いのですから。でも若い人、ましてや子持ちの人は「マレーシア行きが目標」だとしても、他国へ行こうと思っている人たちの「真剣さ」をたまには見たら良いと思います。

「マレーシアは簡単に行けるからマレーシアにする」という考え方があったとしたら、それこそが「落とし穴」であると考えることも大事ではないでしょうか。

小さなお子さんをお持ちの方は、子供がすやすや寝ている寝顔を見ながら、「将来起こりうること」を真剣に考えるべきで、「自分は今、頭に血が上っているかもしれない」と考えるのも良いし、「リスクを取るのは自分ではなくて、この子だ」という現実を忘れてはならないと思うのです。

マレーシアに行くなって言っているんじゃないですよ。マレーシアに行くなら「それなり」の「行き方」「住み方」を考えるべきで、「移住だ」「お国替えだ」なんてことは「よーく、考えるべき」であって、またもしも「マレーシアは一つの通過点」だとするのなら、では「次にどうするつもりなのか」を夢見るのではなくて、「現実的に考える」必要があると思います。他の国は居住許可なんか簡単には出さないのにどうします?

「どうにかなるっしょ?」というのも一つの生き方だとは思いますが、それは「子供に対して」「自分でどうにかしろ」と言っているのと同じじゃないでしょうか。

それはそれでいいのかもしれませんが、「帰国子女の苦悩」とか「在日の苦悩」、ましてや「もし在日が永住権さえなかったらどうか?」(同じ立場になる可能性が高いわけだから)とかも「我が家の問題」として考えて見ることは大事だと思います。

それとですね、はっきり書きますが、【「永住権の重要性」はわかっているけれど「それを自分は取れない」】とするのなら、それは「その国が来て欲しくない人」だということなんですね。でもそれでもあの手この手でその国にしがみついたところで、何かあったらどうなるかなんて簡単にわかるはず。

もし日本に「永住許可」もなく、それでもどうにか住み着こうとしている外国人のことを想像してみれば良いと思います。

だから「永住権が取れない」なら「取れないなりの生き方」があるわけで、「永住権を持っているのと同じ生き方」なんて「絶対に」無理なわけです。そうじゃないなら誰も永住権なんか取ろうと思いません。

MM2Hって簡単に取れますから、こういう当たり前のことを考えない人が多いように私は感じるのです。そしてその影響を一番受けるのは「子供」であって「海外に脱出~~」なんてお調子こいている親じゃない。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシア移住の落とし穴” への11件のコメント

  1. 本当にそう思います。
    マレーシア、そしてタイその他、それほど資産がなくても、滞在ビザが(ある程度安易に)取れる国は、お金を払えるうちは良いけれど、それができなくなったら行き場がなくなると思います。

    でも、それを率直に書いたブログ類を読んだ記憶はありません。遊びに行く、もしくはロングステイと考える方が適切なのでしょうね。

    移住その他を望む人々に、あえて日本に留まれとは言いませんが、準備は自分で考えられる「万端」以上するべきだと思います。特に資金面では。相当長期間、無収入でも生きて行けるくらいの蓄えが必要でしょう。

    自分も長期間海外で生活している一人ですが、日本の良さは、いざ国外に出てみて良くわかりました。特に医療保険です。ただ、人々が制度に甘え過ぎて、もしくは正しく使っていないケースが多くて、お金が無駄に使われているのは残念でなりません。

    もう少し、「日本人であり、日本に居住している」ことによる利益を考えてみても良いように思います。

    • 友人に聞いた話ですが、彼女がKLの日本人会館に行った時、一人の老人が受付かどこかで日本人会の人に相談していたのが聞こえたそうです。

      「もうお金がなくて生きていけない。どうしたらよいのか。どうにかならないか。」と。

      自己責任としか言いようがないのですが、この人が「マレーシアに行こう!」と思ったキッカケを是非聞いてみたいと思いました。多分、誰かの「良い話」に乗ったのだろうと私は想像しています。

      これってマレーシアに限らずどこでもそうで、「現地にいてウキウキしている人」がいうことは同じなんですね。そして「おいでおいで」と。そして「貴方でも大丈夫」とははっきり言わないにしてもそう思うような方向で話をする人が多い。

      私がオーストラリアに来る時も全く同じで、「ゴールドコーストでは家族4人が家を借りて(持ち家じゃない)、一月15万円ぐらいで生活できる」なんてある書籍に出ていました。また「5000万円あれば遊んで暮らせる」という情報も氾濫していました。当時は永住権、退職者用ビザも50万ドルの資産があればそれが取れる制度がありましたし、金利は年利10%ありましたから、誰でも大丈夫だと思うんですね。

      でもオーストラリアは「昔からインフレが凄い」ことは多くの人が気がついていなかったし、ましてや「金利に所得税がガッツリ掛かる」ことも誰も言わない。バブルの頃なんて5000万ぐらいの資産を持つ人は多くいて、「じゃぁ、オーストラリアに行っちゃおうか?」てなもんで小さな子供を連れて渡る人も多くいました。

      で、マレーシアもそうですが、日本とはまるで違う地元の生活環境を見て感動して、「俺も」ってなもんでウォーターフロントの家を買い、「船がないと格好つかないね」なんてモーターボートまで買っちゃう。そしてマレーシアほどじゃないにしても車がメチャ高くて、車社会ですから車を二台買う。

      これじゃ資産なんかどんどん減るわけで、金利がちょっと下がりだしたら食えなくなる人が続出したんですね。

      これって「本当に想定できなかったのか」というとそんなことはないのに、「気軽に来てしまう人」が多くいました。それプラス、永住権の場合は「起業する約束」で来ますから余計うまくないんですね。自分で起業なんかしたことがない人が思いつきで色々始めるわけです。「素敵ね・・・」なんてワイン農園を買ったり。こんな話は山のようにある。なおかつそういう日本人相手に稼ぐ日本人もいたわけです。詐欺師もいた。

      今のマレーシアも似たようなものを私は感じます。いや、どこでも同じなのかもしれませんね。「海外に憧れを持つ人は多い」ですから。

      でもいつも書きますが、ジジババは良いですよね。そもそもそこで死ぬ気で渡る人は少ないだろうし、日本に帰るところを確保している人も多い。ところが家族の場合は、現地で働き収入を得なくてはならないし、子供の教育費も毎年恐ろしいスピードで増えていくわけで、「そんじょそこらの常識的な考え方」では「破綻するのが当たり前」と私は考えています。

      お金のことを詳しくブログには掛けませんが、生き残っている人たちに「どうやって生き延びたか」を聞いたら、「ええ~~?そんなに稼がないと駄目なの?」という話ばかりだと思います。資産を多く持っていても駄目で、「数億円」程度の金でもどんどん減っていくんですね。金利生活なんてまず普通じゃできないってことを世の中の人は知らなすぎると思います。

      だからやっぱり稼がないと駄目なわけで、その苦労は現地の人達と同じ。でも現地の人と同じに稼ぐのも簡単じゃないわけですよね。それが出来る人は本当に数%にも満たないはず。最初の数年は良くても、それの維持はこれまた難しい。そしてある時、病気、あるいは怪我でもして働けなくなったらそこで終わり。帰るしか無い。これって日本人が日本からでなくちゃならなくなるのと同じで、とんでもないことだという発想を保つ必要があるはず。

      そういう風に考えると「海外で生活する」なんてのは「日本以上に厳しい」わけで、ましてや働ける権利もないビザで、社会保障もなかったらどうなるかすぐわかるはずなんですね。

      トライするのは良いと思います。やってみなくてはわからないことは山ほどありますが、私は「自殺行為としか思えないケースが多い」と思うのです。それもまた「良い経験」には違いありませんが、「そういう経験をしたかった」わけじゃないはずだし、ノコノコ日本に帰ることになって、「前と同じ生活を確保できるのか」「前とは違うコースに乗るしか無い」という問題もある。

      こういう経験をしている人が山ほどいるわけですが、彼らはその経験を口にはしないし、ブログで書く人もいない。メディアも書かない。

      何を「成功」「失敗」とするかは難しいところですが、「初志貫徹できたのか、できなかったのか」という見方をすれば「挫折した」人のほうがはるかに多いという現実を知る必要がありますね。

      でも「ロングステイ」は別なんですね。

      オーストラリアでも昔から行ったり来たり、ちょっと長く滞在してみたりという人はかなりの数いるんですが、そういう人から「失敗」「挫折」という話を聞いたことさえありません。「地に足をつけて【遊んでる】」感じがします。

      頭に血が登って良いことなんか何もないし、「海外生活のすすめ」をいう人でさえ、私から見ると「頭に血が上ったままじゃん」と思うことが多いです。こういう人の話を聞いて感化される人が可愛そうだとは思いますが、詐欺に合う人は詐欺に合うような考え方を持っているのと同じで、自己責任だとは思いますが、私は黙ってみていられません。

      本人はどうでもいいですが、苦労するのは「自分の意思に関係なく親についてきた子供たち」だから。

      子どもたちは(親が夢見る)国際人どころか「難民と同じ」になる可能性が高いことを考えるべきだと思っています。

      でも永住権があるとまた話は別で、「子供がこの国を選ぶならそれで良い」という考えを持つ親は多い。そして子供はその国に居たいだけいて良いし、就労、社会保障を受ける権利もあって、「日本人の子供が日本で生きていけるのと同じ」ように出来るんですから。無い権利は参政権ぐらいと言っても過言じゃない。

      マレーシア関係のブログを見ていると面白いと思うのは、誰一人として「永住権」に言及する人がいないってこと。永住権もなくて、ずーっとそこで暮らしていけると思っているんでしょうか。

  2. オーストラリアへの移住者との覚悟の差が大きいのですね。びっくりしました。日本ほど恵まれた国も少ないのですが、それを捨てて移住するにはそれなりの覚悟が必要だと思うのですが、ビザが簡単に取れれば気楽に来てしまうのでしょうね。知らないだけで大変な思いをされた人も居ることと思います。勉強になりますね。情報ありがとうございます。

    • Sachiさん

      私は10代の頃からアメリカへの移住を二度試みたことがありまして、ビザや永住権がどれほどの重要性を持っているかはわかっているつもりです。そしてそれは「海外移住」を考える人の共通認識。

      でもマレーシアに渡る、渡ろうとしている人たちの中からそれを感じが事が「たったの一度もない」のです。それに関して書いたブログも一度も読んだことがありません。

      マレーシアには退職者用ビザ(若年でも取れる)があるのですが、ま、よくあるパターンである一定のお金があれば大丈夫ってやつ。そしてのそのハードルはかなり低い。だからマレーシアへと流れるのでしょうが、そのMM2Hをどう取るのかの話は山のようにありますが、そのMM2Hで大丈夫なのか?という議論がまるでなされていません。

      永住権があれば良いけれど、それは無理だとするならば考えてもしょうがないのは確かですが、永住権がないのなら「永住」「移住」は無理だという方向に考えが向かないんですね。(ジジババのロングステイは別)

      旅行の延長線上で考えているとしか思えない人が大多数だと感じます。

      そしてその「被害」に合うのは子どもたち。

  3. 若い方々に 真摯なアドバイスをして下さる姿勢に 感服しました。
    私は 時間だけは長い海外在住の者です。
    シアトルに5年、パリに32年目になります。近々 クアラルンプールに
    MM2Hを取得して移住をと考え、貴方様のブログにたどり着きました。
    おっしゃる通り海外生活の厳しさが 日本人にとって どれほど コタエルモノカ 。海外に住む=闘い と思われます。
    そもそも、社会的な立場というーraison d’être が 無いに等しいのであります。ただ、自然淘汰と言い切ってしまうのも 同胞意識に欠けて冷たく思う。
    引き続き ブログ拝見させていただきます。

    • 真摯なアドバイスだなんてお恥ずかしいです。若い方々がせっかくやる気を出しているのにそれの腰を折るようなことばかり書いています。

      でも後藤さんもそうだろうと思いますが、海外に夢を持って飛び出して結局どうにもならずって人は半端じゃない数なのを知っている。どこでも同じ。

      それは日本とて同じですが、海外はビザの関係がありますから再チャレンジは簡単ではなく、失敗=帰国になる。でも永住権があれば話はガラッと変わるわけで、せめて海外に出るのなら「永住権の確保」は考えるべきで、そういう議論がまるでなされていないマレーシア情報に異常さを感じます。

      人生は所詮綱渡りだと思っていますが、せめて「太い綱」を確保しないとですよね。(笑)

      また気軽にご意見、コメントでも書いて下さい。

  4. 厳しい現実をこれでもか!と突きつけて頂くのはきついですがとても素晴らしい参考になりました。私自身はベルギーにほぼ30年暮らしておりここは非常に天気が悪く寒いのでうんざりしておりマレーシア移住の情報を聞いてなかなかと思いました。後2年で年金生活に入り確保された収入は月15万円程度、夫は年下なのでその3年後、2人合わせて22万円前後の細々収入の確保はあります。私の第一の「ロングステイ」理由はまず気候で、寒いのは本当にうんざり、あとは正直言ってやはり生活費はかなり高い、70平米のアパートで85000程度です、持家がないので家賃がばかにならない。もちろんマレーシアで豪遊などとは思っていませんが、もしこれで「十分に心配なく」ロングステイが出来るなら少ない貯蓄を減らさずに暫くは済むかなとは思っています、収入を得ようとは思っていません、ひとつしたい事は無料で現地の若者に言葉を教える、日本語、フランス語(仏検一級所持、夫はフランス語が母国語です)、英語はずっと会社で使っており商工会議所のビジネス英検Bまではとっているので日常会話とある程度のコレポンは問題ありません、出来れば来年中にケンブリッジの英検も取りたいと思っています。永住のつもりはありませんが、5年位は暮らしてみたいです、娘は23歳でいづれにしても親元は離れるので教育の問題はありません、甘いでしょうか?

    • 玉田さん、いらっしゃいませ~。

      甘いも何も5年ぐらいのロングステイでしたら長期旅行と同じですから何も悩むことなんか無いんじゃないでしょうか。そういう計画なら、嫌なら帰国が早まる、気に入ればもう少し長く滞在することになるんでしょうが、「そのうち帰る」という前提ならどこで何をしようと「美味しいところだけ」取れると私は思っています。

      ただ幼子を連れて長期で考えたり、帰る前提もなく老後も暮らすとなれば様々な問題が出てくるのは簡単に想像できるわけで、その辺を簡単に考えている人がなぜかマレーシアの場合は目立ちますのでこんな偉そうなことを書いています。

      本来はどの国でも長期で住むことはできませんが、簡単に取れるMM2Hがあるが故に「飛んで火に入る夏の虫」状態になるんじゃないかと思っています。

      でも数年間ロングステイをするのなら全く問題はないし、生活費を詰めて出費を抑えることによって将来の蓄えも増えるかもしれませんし、問題点なんか私にはさっぱりわかりません。もし問題があれば「帰れば良い」んですから。思い立ったならそれを実行しないほうがもったいない。(笑)

      マレーシアを最後の地として移るとなると話は別だろうと思っています。

      私自身は3年毎に区切って計画を見なおそうと考えています。でもロングステイで終わるのか、私の両親がそう計画しているようにKLに骨を埋めることになるのか、それは今の時点ではわかりません。

      • わぉ、こんなにも早いコメント有難いです。私自身ベルギーへの移住組で、仕事の契約できたまま結婚までしてしまったので元々は3~4年試してみようかという以上大それたことは考えてませんでした。たとえば5年のビザを取れても2~3年で戻りたくなるかもしれないし、5年後にその地で死んでる(笑)かもで...今はとにかくここの天気に超うんざりしてて、死ぬ前に(こればかり)太陽のある場所で暮らしてみたいのです。あとはカッコつけるつもりはないけど、技能を得る事で貧困から抜け出せる可能性のある若い人たちの役に立てたらと思います。今までは生活の為だけに働いてきたのですが何かちょっとでも次の世代に残せたらと、ヨーロッパよりやはりアジア人を助けたいです。年金で生活ができればですけど、それには金額の規制が低いサラワク州ですか?そこで5年でいいです、どうなんでしょうね?

        • 貴方のコメントを読んで「三島由紀夫」を思い出しました。彼は「人は自分のためだけに生きれるほど強くない」と。

          誰しも自分の幸せを求めますが、やっぱり皆で歩くから人生って素晴らしいですよね。

          収入は別にして日本語やフランス語を教えるボランティアは歓迎されるんじゃないですかね。クアラルンプールでもそういうボランティアをしているという話は聞きますし。

          そもそも私にマレーシア、サラワクのことも含めて聞くほうが間違っていますよね。私は全然知らないんですから。(笑)

          でも貴方の考え方は素晴らしいし応援したいと思います。

          • ありがとうございます。どうなるかは判りません、まだ3年後位の話なのでまずは具体的に数字をはじき出すことと自分の見通しがブレないかじっくりと考えてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です