90近い父がマレーシアで入院した

90近い私の両親がマレーシアに居るのはいつも書いていますが、もう日本には帰らないつもりの二人。

ですから具合が悪くなれば当然マレーシアで治療を受けるわけですが、幸いな事に二人共持病もなく、薬は血圧の薬を飲んでいる程度。

その父の具合が突然悪くなったのが5,6日前。本人は「食あたり」だと言っていたのですが、どうも様子がおかしいと面倒を見ている姉が聞いたところ、脈拍も130あると。そこでいつもお世話になっている先生の携帯に電話をしたところ、すぐに「救急」に行きなさいと言われ、救急へ。

調べたところ身体の水分が少なくなっていて心筋梗塞のような状態だったそうです。放置したらかなり危なかったと。で、そのまま入院で4泊5日。検査は心臓のエコーを撮っただけで、あとは点滴をしながら寝ていた様子。

その点滴が酷かったようで、研修医なんでしょう。ヘタクソで父は床が血だらけになるくらい出血をし、手はアザだらけになってしまったらしい。また当初、首からも水分を入れていたらしいのですが、それも途中で外れてベッドが水浸しになったとのこと。

無事に退院してきたのですが、治療費は4泊5日。検査は心臓のエコーだけで、合計13600リンギット。

大事が無くてよかったですが、保険がなかったらやっぱりマレーシアでも大変なことになると認識。両親は歳が歳ですのでマレーシアの健康保険には入れず全て自費。また日本には住民票も置いていませんし、日本の保険も使いません。裏技は当然使いませんし、日本には家も資産も何もありませんし、日本に住民票を置こうなんてことも考えていません。

以前、このブログで紹介した「フィリピンで老後を暮らそうとした人たち」の「影の部分」を特集した番組を思い出しました。単身フィリピンに渡り、重い病気にかかり、特殊な薬が必要で1日7万円だったかな。それだけの費用がかかり財産を失った人の話が出ていました。

「海外に出ましょう~~♪」なんてお気楽な宣伝をしている人は多くいますが、皆さん、歳を取った時のことを簡単に考えていますね。「資産も収入もあって」、「元気」であるのが大前提の話。3年5年でもいろいろ起きるのに、10年20年の間には家族の中に大きな問題が出てくるのが普通で、ましてや最後の日が見えてくるような老後となると話はかなりややこしくなる。保険があれば大丈夫だとかそういう簡単な問題じゃないんですね。保険でおりない持病が酷くなったらどうする?良い保険は高いし、歳を取ったらその保険さえ無い。

「問題が起きれば帰れば良い」なんてのは「観光旅行と同じ」でそういう「お気楽なことをいう人」って「問題に出会ったことがない人」「最初から日本に片足を入れたままの人」「本気で移住、移民なんて考えていない人」だろうと思います。でも「帰りたくなれば帰る」と言える特権があるのが「ロングステイヤー」で、「そのうち日本に帰る」「楽しめるうちは楽しもう」というのを大前提に考えているのなら良いと思うんです。でもそういう人たちの話を聞いて「日本を捨てて」「お国替え」をしちゃう人もいるんですね。簡単に子供を連れて「収入のあてもない」「命の次に大事な永住権」も無いのに海外に出ちゃう人も少なくない。

自己責任だといえばそれまでですが、「海外脱出を絶賛する人たち」の頭の中を私は疑います。自分が幸せなら「私は幸せです」と言っていれば良いわけで、わざわざ他人を誘う必要なんかないというのが私の持論。せめて「海外生活のすすめ」なんていうのなら、少なくとも30年以上は住んで、そこで子供も育て、仕事もし収入も得て、退職した後はどうなるか、どうするかわかるようになってからにするべき。そういう「現実を知らない」にわかコンサルタントが世の中にはびこるのは良くないと思っています。

私はそういう人たちを善意だけの人とは思わないし、「それで食おうとしている人かもしれない」という疑いの目を持つことは大事だと思っています。私はにわかコンサルタントはいつか知らないうちにどこかへ消えていくタイプの人だとも思っています。

「お気楽な人の」「お気楽な話」に乗ってしまう「お気楽な人」がいるわけですから、「海外脱出を絶賛」する人はその辺を考えるべきで、海外で長く住むには絶対に大事な「永住権とか」その国での「権利とか」そういうことを全く無視していいことばかり言うのって・・・・・

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

90近い父がマレーシアで入院した” への6件のコメント

  1. ダボさんのお父さんだからもう90代なんですね。
    お父さん、早く元気になられたらいいですね。
    私の父は実父ですが、あれはもうアル中ですね。
    メールしましたが、顔を殴られて左の顔が紫色に変色してすごい顔になってます。
    私が一番辛いのはお酒を飲んで実父から「おねえちゃん、セックスしよう。」
    と言われる事です。中学生の頃、一度怖い思いをしました。
    母は全く父の事を怖がって駄目です。
    さて。今まで嫁に行かなかった。これから父に仕返しが待ってるし~~~~~。
    確かに問題のある家庭です。
    ダボさん、関係無い事書いてごめんなさい。
    父が憎い。まるで中東の憎み合いみたい・・・・・・・・・

    • こんがらがった人間関係の中から出られないみたいですね。

      他人が聞けば、「囚われているんじゃないのだから、どうするべきかはわかっているはず」なんて言うのだろうけれど、どんな仕打ちを受けてもやっぱり「父を愛する気持ち」「愛したい気持ち」って捨てられないし、「理想の父であって欲しい」と願うところから離れられないのは理解できます。

      自分の行動一つで「ガラッと変わる」のがわかっていてもそれもできない。でもそういう自分を責めだすと病気になる。

      ただDVが平然と行われていることだけは「絶対に駄目」で、私としてはそれなりの「団体」に相談してみるしかないと思うなぁ。そして「自立する難しさ」と「今の環境を我慢する難しさ」とどちらが難しいのかじっくり考えてみる必要があると思います。

      そして「待っていても環境は自分の都合の良い様に変わることはない」ってことではないでしょうか。

      私も父とは小さい頃から色々あって、大人になってからは自分の中で「和解」は出来ているんだけれど、やっぱり「近くにいないほうがお互い幸せ」なのに変わりはないようです。他人に言わせれば「バッカじゃないの?」なんて思われる内容ですし、それがトラウマになって何十年も生きる「滑稽さ」を感じますが、でもそのトラウマに支配されて逃れられないのは「自分にとっては現実」なんですね。

      そしてそのトラウマが解消されることはきっとあり得ないわけで、もし環境(関係者も)が変わったとしても「トラウマは残る」のね。だからNebulaさんも大変だとは思うけれど、「自分を変えるのは自分しかいない」ということをしっかり考えるしかないのでしょう。「今の環境」から出ようと思えば出られるのに、それが出来ない自分を責めだすとかなりうまくないことになるとは思うのだけれど、小さな光明はそこにしか見いだせないということを忘れてしまって「環境のせい」にするのは「結局は自分を自分で貶めている」ことにもなるんだよね。

      でもNebulaさんはすでに身体的にも精神的にも病んでいるのは間違いがないわけで、その中で「自分の意志で立ち上がる」のは難しいはずで、やっぱりそっち系の団体、医者に行くのが良いと思う私。

  2. daboさん

    お父様の不調が早く発見され、必要な手当てがされて、本当に良かったですね。それというのもお姉様がそばにいたから・・・と考えると「マレーシアで親を介護する」のは大ありでも、「年老いても(一人になっても)マレーシア」は無理だろうと、私も最近思っています。

    だいたい街の作りや病院からして心身の衰えた人向けにできていません。例えばパジャマ姿の入院患者も出入りする検査室や診察室など、日本の病院では室温がやや高めに設定してありますが、マレーシアの病院では心を込めて冷やしてある(笑)。

    医者の説明は(相応の料金を伴って)懇切丁寧ですが、日本語で聞いてもわかりにくい内容を英語で聞くので、理解できる範囲が激減する(通訳の人が同席しても内容を100%翻訳してもらえる訳ではありません)。

    申し訳ないけど私の個人的経験では、看護師や検査技師の技量が低い。スタッフ間できちんと連携がとれないらしく凡ミスが多いな〜と思いました。

    だからたまに日本へ帰って病院へ行くと、看護師はもとより受付などのスタッフに至るまで、優しく丁寧な対応をしてくれることに感激してしまうんですけどね・・・(^O^)

    • sakit hatiさん、お久しぶりです。

      オヤジですが、実は脳の血管がかなり詰まっておりまして(90%以上)、ボケてはいないのですが結構わけがわからないことは言います。(笑)

      今回の水分不足で心臓が危なかったわけですが、もし放置したら間違いなく脳がやられてアウトだったろうという医者の話。怖いですね~。

      歳が歳ですし、本人はもうお呼びが掛かっているから重病になっても最先端治療はいらないなんて言っていますが、ハイ、そうですかってわけにもいきませんし、もし「まだ若かったら」と考えますと、マレーシアでの闘病生活はいろいろな意味で難しさを感じますね。

      でも昨日でしたか、各国が「医療ツーリズム」に力を入れていますが、マレーシアがダントツの一位だというレポートを読みました。世界に3台しかない最先端機器を持っていたり、かなり充実しているとのこと。

      でもそれと「住民」とどういう関係があるのかを考えますと、「関係ない」と考えるべきなのでしょうし、お金が有り余るほどあるのなら話は別なのかもしれませんね。

      マレーシアを見下すわけじゃないにしても「日本では当たり前の完璧主義」「責任感」とかそういうのを考えますと、不安はいっぱいです。

      4,5年前でしょうか、日本で前立腺の手術をしたのですが、至れり尽くせりでびっくりしました。その2年前にオーストラリアでやっぱり前立腺の一回目の手術をした時と比べると天と地の差があると思いました。そして、日本では全額自費なのに、保険が適用されるオーストラリアの方が高かった。

      海外で生きるってそういう違いが山のようにあるわけで、こんなのは氷山の一角でしかありませんね。ましてや何の権利も無いに等しく、永住権さえも無く海外に長期的に住むのは私は事実上「不可能なこと」だと思っています。

      でも「ちょっと長い観光旅行」だと割りきってしまえば、これほど面白いことはないんでしょうね。 (笑)

  3. ダボさん、色々とアドバイスありがとうございました。
    今日、職場で何人かの人に「その顔どうしたの?」と聞かれました。
    ホテル業なので、あまりお客様に不快を与えないように表に出るのは控えました。
    女性の主任がダボさんと同じく「そういう団体に相談してみるのもいいかも。」
    と言ってました。
    最初にダボさんが書かれてたその物です。叩かれても、罵られても、私の心の中には
    いつも本当は、子供の頃から父に愛されたい。という気持ちがあります。
    でもそれが叶わないのは分かっているし辛いです。
    でもそれが現実。前を向いて、行くしか無いですね。
    今の仕事がとても楽しいです。それが救いかな。

    • そういう状態で楽しいと思える仕事って本当に大事だと思います。

      ちょっとやそっとのことでへこたれないで頑張ってみてください。

      外に活路を見出して目が輝いている娘を見たら、お父さんも変わるような気がします。

      私も子を持つ親として、子供に強く言う、当たり散らしてしまう気持ちも良く分かるのです。

      結局ですね、鶏が先か卵が先かみたいなところもあると思うんですよ。現状を打破しないとならないのは家族全員が考えているはずで、お父さんはお父さんで悩んでいるのかも知れず。

      動物が自分の子供を巣立ちさせるときに何をするのか考えてみるのも良いかもね。「愛情たっぷりでいい子いい子する」のとは真逆のことをするんじゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *