後藤さんを美化する動きが始まった

後藤さんを美化する動きが彼の友人知人、メディアでも出てきて広がってきましたね。

これに私が反対するわけもなく、後藤さんの使命感は素晴らしいと思うし、今回の事件をキッカケに同じ使命感を持った人たちが意気消沈し、「行くな」という声(法制化の動きもある)が大きくならないことを願っています。

ただ、「美化したい」心理が強く働いているのは間違いがないと思っていて、これは私もそうで昨日一日、なんとも言えない気分で過ごしていました。どうあるべきかどうするべきかの結論なんかないわけで、心理的には「早く忘れたい」「気持ちにけじめをつける」意味でも「後藤さんを美化」することによって心のなかで調整しようとする心理を自分の中にも感じます。

でもその美化も行き過ぎてはならないと思うし、「美化」と似たようなことで「気分の悪いことは聞きたくない」という「かなり強い心理」が動くのも間違いなくて、それが今回の事件の報道姿勢に最初から見えていたのが気になります。

つまり「何が起きているのか」にオブラートが掛かっている報道ばかりだと感じていました。これはそもそも「日本の報道体質」がそうであるということと、多くの国民の「願望」でもあるんだろうと思います。

これは我が家のヨメさんを見ているとそれが顕著で、「嫌な話は聞きたくない」「見たくない」のが非常に強い。だから「報道もそれに沿う」形になるんだろうと思いました。

私が気になっていたのは、彼らは「斬首」されたのに「斬首」という書き方をするメディアはなかった。「殺害」と出ただけ。私としては「斬首」と書くべきだし、もっと知りたい国民には「はっきり見せたほうが良い」と私は考えています。

だからこのブログでも「その瞬間」の動画を出したりするわけですが、日本では「交通事故」でも「事件」でも、いかに「むごたらしいか」の「想像」をさせるだけで「事実は見せない」のが普通。

これはこれで良い部分はあるわけだけれど、でも皆が「女子供」みたいな感覚ではないし、またそちらの方へ誘導するような「報道」は行き過ぎだと思っています。そういう「気の配り」がメディアにはあるけれど、でも過去に「斬首された人質」は「斬首」と報道していたんですね。でも今回はそうは書かずに、外国人と日本人と区別をしている。本来こういう「区別」がある事自体、おかしなことだと世論が動いても良いと思うのに、その区別を歓迎する傾向が日本にはある。

そして後藤さんがヨルダンの兵士の写真を持ちながら「日本国民、政府、家族にあてた音声」もそうで、彼は安倍氏を安倍と呼び捨てで、そして政府の行動に批判をしていましたね。もちろん書かれたものを読まされているのはすぐにわかりますが、家族に対しては「まだ道はある、あきらめないでくれ」というようなことを言っていた。

ところがどのメディアかわからなくなりましたが「私を見捨てないでください」と政府に懇願しているように「内容を微妙に変えて報道」をしたところもありました。

これって受ける方は全く違う感じを受けるわけで、どうしてここを作為的に変えるのかが私には理解の外です。

と同時に、湯川さんに関しては「死人に鞭打つことはしない」のは良いとしても、私はもうすこし「責任論」が出てきても良いと思っています。今回の事件の発端は「ミリタリーオタクの身勝手な視察旅行」だったはずで、これが「後藤さんの死」にも繋がっていてるという「事実」を軽視するべきではないと思います。

ただ、だからといって「湯川さんの死をも軽視」するべきではないと思っていて、「どんな理由があっても助ける」のが「国のあるべき姿勢」であることに変わりはなく、しかし、もしも助かったとしたら「湯川さんに賠償請求をする」とか関連法があるかどうかもしりませんが「処罰」することがあっても良いように思うのです。

でも世の中は「湯川さんに関しては沈黙」を選んだように見えますし、彼の話になるとグチャグチャになりそうですからあえて触らないのが「賢さ」なのだろうとは思っています。

思い出すのは「デビ婦人」で、「迷惑をかけるな、自決しろ」みたいなことを言い出す人がいるのはビックリでしたが、でもそのツイートに「いいね」が数万付いたというのはもっとビックリ。でもそう思う心理の欠片は(自分も含めて)多くの人の中に間違いなくあるのも否定できず。これは古い日本人には多くある傾向でもあるんでしょう。

ニュースを見ていますと、今後、日本はアメリカとの結束が強くなり方向ですし、有志連合との関わりもどうなるかが気になります。(と思っていたら、安倍氏は「有志連合参加・後方支援を否定」というニュースが入ってきました

結局、今回の事件はこれで決着が付いたのではなくて、大きな動きの始まりでしか無くて、日本がどうするべきかは「国民の意思で影響を与えることが出来る」ことを忘れてはならないと思っています。

たった一票の力しかない個人に何ができるのかと思いますが、本来その考え方は「異常」だと私は思っていて、民主主義や自由、豊かさは「与えられたもの」であって、「戦って勝ち取ったものではない」という日本の歴史が関係しているようにも思えます。

今回の事件で、一つのことに気が付きました。

「戦争反対」という声は世界中で起こっていますし、もちろん今更始まったわけでもなく、何百年前でも同じのはず。ところが「戦争反対」を言うのは「戦争を仕掛ける国」で多くは起きることに、私は今まで気が付きませんでした。

つまり「罪もない人を殺すな、巻き込むな」ということであって、「戦争を仕掛けるな」という意味合いが強いと思います。反戦運動というと私はアメリカをすぐ思い出すのですが、それはまさに「アメリカが仕掛ける側」だからそういう声がでる。

日本での反戦思想が強いのは「日本が仕掛けたあの戦争」が根底にあると思うのです。細かい話なると「仕掛けたのは誰か?」ということを無視できないのですが、あの戦争にしてもアジアでの紛争にしても「日本が仕掛けた」ということに歴史的にはなっている。

でも「仕掛けられた方」はどうなのか。

仕掛けている方に対して「やめろ」というのは当たり前だけれど、攻められている自国政府に「戦争反対」という声はそもそも出てくるのでしょうか。

戦争好きに見えるアメリカでさえも、ルーズベルト大統領は「戦争に介入しない」という公約があって当選した。「戦争反対」が国民の声だったのでしょう。

でも「真珠湾攻撃」があってからそれがどう変わったのか。

これは日本とて同じで、「被害者意識」が強ければ「反戦」を「自国に向かって言う」人は消えてなくなる。

日本が攻められたのは「元寇の役」ぐらいしか私は知らないのですが、あの時に「戦うな」と声を上げた国民はどれだけいたのでしょうか。そして戦わなかったらどうなったのでしょうか。太平洋戦争も同じ。

結局、「戦争反対」は「攻められた場合を除外している」思想のような気がします。私は、今までここのところに気が付きませんでした。

つまり、「自衛」は「参戦とは違う」という考え方があるんだろうと思うわけで、だからこそアメリカのように「戦う理由作りが上手い国」が出てくるのでしょう。

ここは我々日本人がしっかり考えないとならないところだと思ってて、「戦争を仕掛けない」国であることは大事ではあるけれど、「自国を守れない」国になってはならないわけで、9条改正にしてもその視点が欠落した議論は全く無意味だと思います。

私は他の国のことがよくわかるわけでもありませんが、随分昔にスイスにはびっくりしたことがあります。永世中立国ですから「戦争とは無縁」のイメージを持っていました。ところが「国民皆兵」で、「歳をとっても兵役があり」「普通の家の地下にも武器弾薬を持っている」と知り、本当に驚きました。

自ら戦争を仕掛けることはしないし、どちらの味方もしない。しかし攻めこんできた場合には徹底抗戦をするという考えなんですね。「反戦」と「平和」はイコールではなくて、「平和」とは「戦って勝ち取る」ものであるという認識を持ったのはこの時でした。

私が思う日本の理想もこれに非常に近いものを持っています。ですから「戦える法整備をしっかりし」、そして「戦争を仕掛けることの放棄をはっきりする」のが良いと思います。(でもアメリカがそうであるように巧妙に仕掛けるようになるだけなのかもですね)

でもそれをはっきりすることをアメリカが許すのかどうか。国際社会の中の一員としてそれで済むのか。

でもそれを選ぶのは我々国民であるわけで、「戦争」「自衛」に関してはもっと突き詰めて考えたいと思いました。

それと今回強く感じたことは、こういう言い方を誤解されると非常に困るのですが、「たった二人殺害されただけで、これだけの大騒ぎ」だという点。

日本は「世界で事件、事故が起きた時」、「日本人が含まれているかどうか」を他国以上に気にする国で、「自国民が関わっていない」と「ホッとして忘れる傾向」が非常に強いと私は感じています。これはメディアの報道もそれを見ていると顕著で、他国の報道とは大きな違いを感じます。

「日本が関わることは大事」で「関わっていなければ【対岸の火事】」と思う傾向が非常に強いと感じます。こういう日本になった背景に私は「日本国憲法」が関係していると思っていて、「自分だけ安全な場所にいればOK」という思考を助長するのが日本国憲法。

人が死ぬ、殺される、惨殺されるのは世界中で起きていることなのに、日本人はそれに「関心を持たない」。

イスラム国でもどれだけの人が殺されたのでしょうか。殺したのはイスラム国であり、そしてアメリカ、イギリス、有志連合国であり、「狂っているとしか思えない」のは「イスラム国」だけでは無いんじゃないでしょうか。

後藤さんが世界に見せたいと思ったのはまさにその点であると私は思っていますが、後藤さんが、あるいはジャーナリストが命を賭けて得た情報、あるいは画像や映像も、「歪曲した形でしか報道されない」という「現実」を今回感じたのは上に書いたとおり。

「兵士は殺されて当たり前」という大前提が世界にはあると思うのですが、イスラム国が惨殺した民間人、そして米英に惨殺された民間人も多いわけで、そういう人たちに思いを向けること無く、自国民の死には大騒ぎするって、何かおかしいと感じる能力が欠如したら非常にうまくないと思うのです。

自分の目の前で死にそうな子供がいたら何としてでも助けようとするのが普通ですが、地球の裏側で死んでいく子供には涙一つ流さない。これが人間の本性だと思うのですが、その感覚を持ち続けていたままで、今回の事件、イスラム国の問題もどうなるべきかは考えようがないと思うのです。逆に、その感覚が無いまま解決を考えるとするならば、

「(自分にとって)邪魔者は殺せ」という結論しか出ないはず。

それで良いんですかね。私がブログに書いている一連の内容を読んで「イスラム国」に同調していると感じる人がいると非常に困るのですが、後藤さんがいろいろ残している「言葉」が多く出まわるようになりましたが、彼が世の中に訴えたかったのもそこのような気がするのです。

「池上彰氏」が言っていた言葉を転載します。

 

全ては2003年の米ブッシュ政権のイラク攻撃から始まった。

 少数派のスンニ派が多数派のシーア派を抑圧していたフセイン政権を倒せば、両派が殺し合うことは当然、予想できたはずだ。一党独裁だったバース党の党員を公職から追放し、その結果、国家が崩壊。内戦が始まり、「イスラム国」の前身だった過激派が組織されていった。

 「イスラム国」は人頭税で徴税し、インフラ整備も行っている。統治しているのは、フセイン政権を支えていた官僚などの行政のプロだ。

出典:ヤフーニュース

イスラム国を壊滅に追いやるのが解決策にはならないはず。ましてやそれを米英がやったり、日本が介入すると話はますますややこしくなる。

それを指摘したのが、まさにジハードジョンで黒服を着て、我らが同胞を斬首したあの男。

イスラム国を見て、イスラム世界を言うのは間違っていると思いますが、かと言って「穏健派」の声をピックアップして「安心する」のは馬鹿げていると思います。

私がジャーナリストだったら「穏健派」にインタビューするときに、「イスラム国をどう思うか?」と同時に「米英をどう思うか?」「過去の歴史は精算されたのか?」をはっきり聞いてみたい。そして「日本はイスラム国に対してどうするべきだと思うか?」「穏健派はイスラム国をどうしようと思うのか?」など聞きたいことがいくらでもあります。

「平和を祈っています」という「耳障りの良い言葉」では何も解決しないと思う私。それどころか、そういう「当事者意識の無さ」が問題を広めて深刻化させると思うくらい。

これは国も同じで、「積極的平和主義」という「誰にも反対できない論理」を持ちだして行動を始めると、まさに「十字軍」と同じになる危険すらあると思うのです。

そうかと思えば、「安倍氏の中東での言動がキッカケ」だったのは間違いがないものの、「責任追及すべし」「安倍を降ろせ」という、私には「子供の論理」としか思えない論議が出て来たのを感じますし、「あの」孫崎氏がまたいろいろ言い出している。

誰がなんと言おうと勝手で自由ですが、元外務省情報局長という要職にあった人が「中国脅威論」を振り回し「中国に寄るべし」との論理展開をするのは異常に感じます。その彼が「安倍責任論」を言い出している。同じ論理で。

ただ、彼は「アメリカを信用するな」ということも言い続けていて、私はその点に関しては賛同できる部分が多々あるのだけれど、だから「中国重視」「今回の問題の本質は安倍にある」と飛躍するのは私には理解できないところ。

ちなみに私が考える「問題の本質」とは「貧困」「格差」これのみ。第二次世界大戦前と今の世界って似ているような気がします。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

後藤さんを美化する動きが始まった” への3件のコメント

  1. 大変示唆に富んだご意見だと思います。
    マクロの視点で考えれば、多くの方が賛同する意見だと思います。
    ですが、私はミクロの実生活の中で、「どうしてこの人はこのように考えるのか?」という様々な方の意見に困惑してしまい、虚無感を覚えたり、自分が少数派なのではないかという不安を覚えます。

    大変ミクロで具体的なお話で恐縮なのですが…、
    私は医療関係の仕事をしております。多くの患者さんに関わっておりますが、その中でも人工透析をされている方が多くを占めます。
    人工透析は病院で週3回4時間の治療を受けることが通常ですので、診療の他に、多くの患者さんとお話する機会もあります。

    ある患者さんは、TVを見ながら、「後藤がどれだけ良い奴だったか知らないが、危険なところにのこのこ行きやがって案の定つかまって、大騒ぎになっていくら国がカネ使ったと思ってんだ。こんなの自己責任だろ!残った家族に経費を賠償させろ!」

    と、ご自身の主張を強く訴えておられました。
    一部ではこのような主張が主流のようになっている情報コミュニティもあることは存じます。

    しかし、疑問なのです。「自己責任ってなんだろうか?そんなもの、この社会にはたして存在するのだろうか?」と…。

    先の患者さんは、糖尿病の管理を、一般的な方よりも軽視してしまい、腎不全に至り人工透析の適応になられました。もう少し糖尿病の療養に力を入れ、食事・運動・薬物管理を適正にしていれば、そうそう早く透析導入にはならなかったと思いますし、もしかしたら、透析は必要にならなかったとも限りません。

    人工透析が導入になりますと、医療費に自己負担はなくなります。人工透析だけで月額40万円以上がかかりますが、全て健康保険料と国費で賄われ、患者さんの費用負担はありません。
    更に、透析に関わらず、すべての医療費に対して自己負担がなくなりますので、風邪をひいたら風邪薬、肩がこったらの湿布なども病院から処方されればお金はかかりません。

    そしてその方は、透析を受けながらも、元気にお仕事をされています。責任ある役職に就かれていて、勤め先の理解もあり、透析を受ける時間も調整が図られ、今こうして生きています。

    その患者さんが社会の中で元気に活躍されることに関しては非常にうれしく思います。

    でも、この方を支えるための、言い方は悪いですが社会的コストは、金額に直せば計り知れません。個人ではなかなか支払いきれるものではありません。国や家族、会社、医療機関、おそらく社会資源のすべてがこの方を支えています。

    しかし、この方がこのような状態に陥ったのは、よく言われる、「自己責任」なのかもしれません。

    昨今は「登山に行くのは自己責任。遭難し救助されたら費用を負担するべき」「バックグラウンドスキーで遭難したら自己責任。法規制はないが捜索費用を払え。」「海水浴で…」「生活保護を申請しなかったから…」

    「自己責任」で、いったいどれだけの方が責任を負えるのか?
    負えるわけがないと思うのです。後藤さんは確かに危険な地域に行った。そしてその患者さんも、苦しい糖尿病の自己管理を避けて、命の危険な次元まで行ってしまった。

    その彼が「自己責任だ!金返せ!」というくらい、現在の「自己責任」にまつわる主張は、現実のミクロの場面では破たんしているのに、世間を席巻している現実に背中が寒くなるのです。

    みんな自分のことしか考えていない。それだけでなく、支え、支えられて生きている自分さえも見失っているのかと、言葉を失い困惑しています。

    実際私は、その患者さんにその「自己責任論」を投げかけられた際、なんと言えば良いのかわからず、「…ええ。」と言ってしまいました。

    自己責任自己責任で少数分解していけば、最後には何も残らない。人間が人間らしく生活する社会は生まれないし、そこにおそらくは私たちが当たり前に考える国家も世界も無いのでしょう。

    自分が自分らしく生きていくためには、多くの人の支えが必要だ。そして、自分も人を支える覚悟を持たなければならない。

    それを前提として、その支え合いの格差を是正し、負担の公平を実現するのが国家の責務であり、市民はその事業のために税金や保険料を払い、間歇的に選挙という形でコミットしている。

    私が当たり前と思ってきた、おそらく多くの方もそういうものだと思ってきたそんな社会の構図の中に、もしかしたら一匹の蛇が入り込んできたのではないかと不安になるのです。

    dabo様が言うように、人間の自由を実現するための政治体制が、「戦争で勝ち取ったもの、または与えられたもの」で温度差があるという意見はよく耳にします。

    しかし、私たちが日々築いている社会関係は、または個人の意識は、未だに70年前の敗戦が多くを規定しているのでしょうか?

    私にはそう思えないのです。その後の様々な情勢、経済・政治、それを取り巻く報道により、常に浮き沈みしていて、確かに振り回されてはいます。

    でも、「自分の目の前で死にそうな子供がいたら何としてでも助けようとするのが普通ですが、地球の裏側で死んでいく子供には涙一つ流さない。これが人間の本性だ」とは、思えないんです。

    それを知れば、泣く人はいる。悲しいこと知り、泣くのも人間の本性ではないでしょうか。

    過去の戦争から立ち直り、与えられただけでなく、努力の末手にしたものも多いのではないかと思うのです。

    しかし、そうやって築いてきた社会が、おっしゃるように「格差と貧困」で揺らいでいることは事実です。
    自分のことばかりで必死に生きている。周りも見えない。よって周りに、世界に、無関心になって行く…。

    では、人はなぜ生きるのか?大変甘い意見かもしれませんが…、
    私は、人は人のために生きているのだと思います。

    娘がまだ小さい頃、「あたしもお父さんみたいに人の病気を治す仕事がしたい。」と言われました。

    私は、「ほとんどの病気は治らないんだよ。そして、お父さんは病気を治せるわけじゃないんだ。病気を治すために戦っているのは患者さん本人なんだよ。なかには諦めてしまう患者さんだっているんだ。お父さんはそんな人たちのお手伝いを一生懸命しようと思っているだけだ。」と答えました。

    娘は、小さいながらよくわかったような顔をしていました。

    こんな子供でもわかるようなことが、当たり前でなくなっていく世界が、自分の知らないところで拡がっている漠然とした不安に駆られ、乱筆乱文どころか、全くとりとめのないコメントを書いてしまいました。
    申し訳ございません。

    • yagitaさん、コメントを有難うございます。

      私の中には「結論」めいたものは何もなくて、「矛盾」ばかりです。ただ少なくとも「結論は出ないのだから考えない。無駄なことはしない」という、一見「プラス思考」に思えるようなこともしたくなく、考えられる方面から考えてみて「それが正しいという前提」ならどうなのかと自問自答を続けています。

      自己責任に関しては私も「そんなものが存在するのか」と思っていまして、後藤さんが「自分の責任である」と言いものの、周りは放っておけないわけで、「本当に自己責任だとするなら日本には日本流の責任のとり方」がありますよね。デビ婦人が言ったのはそのところでしょうし、古い日本人なら「それが当たり前」だと考えると思います。実は私もその傾向があって「もはやここまで」と思った時には「なんらかの行動があってしかるべき」という考えを捨てられません。

      yagitaさんはお医者様ですから一般人とは違う感性があるとは思うのですが、「対岸の火事」に関しては「東日本大震災」の時にそれを感じました。関西の人を悪く言うつもりはありませんが、東日本とはかなり温度差があるのを感じました。同じ日本の中でもこれなのに、舞台が世界となり、人種も宗教も価値観も違う相手に対してどれほどの思いを持つことが出来るのかは疑問です。

      我々でさえも「お金があれば解決すること」って非常に多いですが、世界の混沌の原因はまさにそれだと思っておりまして、「お金もない」「生き甲斐もない」人間が何を考えるかは簡単に想像できます。

      そういう意味でも、前に紹介した元外交官の佐藤優氏の解説は的を得ていると思いました。貧困と格差の是正と、「ちゃんと生活できる環境づくり」をしなければ、いつになっても形こそは違うものの同じ問題を原因とした諸問題は溢れるように出てきますね。そしてそれは日本も同じで、佐藤氏は「日本から加害者を出さないことが大事」だとちょっとわかりづらいことを言っていましたが、「日本人でもISILに参加してそこに生きる場を見つけようとする人が出てくる下地はある」ということだと思います。

      また「秋葉原の大量殺人事件」の犯人に死刑判決が出ましたが、彼に共感を覚える若者は決して少なくないのが現代の病巣だと思いました。実はこの私もかなり前の日記に、「彼の気持ちはわかる」と書いたことがあります。とんでもない野郎だと思われた方も多いでしょうが、実は「私もそう思う」というコメントを頂きびっくりしたことがあります。

      「殺人したい気持ち」がわかるということではなくて「追い込まれてどうにもならない辛さ」がわかるという意味ですが、もし彼に「たった一人でも笑顔を向け、話を聞いてくれる友人がいたら」あの問題は起きなかっただろうと確信しています。お恥ずかしい話ですが、私は60を過ぎましたがトラウマを持ち続けて生きていまして、彼の心のなかの動きが手に取るようにわかるのです。

      それが「殺人」という方向に動いてしまったのは非常に残念ですが、その危険性を多く孕んでいるのが今の世の中で、日本もアメリカも中東も同じなんですよね。

      「愛」が大事だなんてくさいことを言いたくありませんが、「他人は他人」「自分は自分」ではなくて、我々個人はそれぞれが別の存在のようだけれど、実は木の葉っぱみたいなもので、元はくっついていて「同じ存在なのだ」という発想も必要だと思っています。

      「人は人のために生きている」という考え方ですが、私は俗人ですのでそこまで達観はできないのですが、前に「三島由紀夫の言葉に感動した」ことをこのブログに書いたことがあります。彼は「人は自分のためにだけに生きられるほど強くない」と言ったんですね。この言葉には私は衝撃を受けまして、「これが事実なのだ」と思いました。「人とはわがままで自分のことしか考えていない。たまには他人のことを考えろ」という言い方はどこにでも溢れていますが、彼は「そうじゃない」と言うんですね。「自分のためだけに生きようと思ってもできない」と。

      「自分には直接関係のない人」の不幸でもそれを知れば心が痛むし、美味しいお寿司だって一人で食べたら美味しくないのと同じで、yagitaさんがおっしゃるように「人のために生きている」とまでは言えないものの、「自分のためだけに生きているのではない」のは少なくとも間違いがないと思っています。

      東日本大震災では「そんなもんかなぁ」と思ったこともあれば、寝食を忘れてあの場に飛び込んでいって「自分の問題として動く多くの人々がいた」のを知れたことは良かったです。

      今回の件ではいろいろ考えさせられましたし、好き勝手なことを書きましたが、yagitaさんにコメントを頂き、また一歩進んで考えられたことに感謝します。

      どうも有難うございました。是非お暇な時には遊びに来て何かコメントでも残してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *