スロークッカーでカルビシチューを作った

スロークッカーに関してはいつもボロクソに書いている私ですが、それは(私が凝っている)「低温調理」を基本に考えるからであって、「煮込み」を作るにはこれがベストだと思っているのはいつも書いている通り。

いわゆる「コトコト煮る」のが上手いのがスロークッカー。

ただ時間が掛かるんですね。いや、時間をかけるから美味しくできるわけで、「次の日のカレー」を最初から作りたいと思えばスロークッカー。早く食べたければ圧力鍋になるんでしょう。そして素材重視で調理するなら低温調理。この辺の住み分けが最近はっきりわかるようになりました。

ということでスロークッカーでカルビシチュー。

お約束通りのミレポア炒め。今回はこれも食べますし、長時間煮込むので大きめに切りました。

RX100-05751

使った肉はカルビ。いわゆる牛の中落ち。肋骨の間の肉です。中国人の肉屋で1キロ9ドル。

RX100-05755

これを大きめのぶつ切りにして、かなり熱く熱したフライパンで焼き目をつけます。火を通すのが目的ではなくて、あくまで焼き目をつけるため。これが旨味になる。

RX100-05757

これらを全てスロークッカーに投入し、チキンストックとガーリッククローブを少々、ベイリーフを数枚。それだけで8時間「Low」で調理。その後、ハヤシの素やクラッシュしたトマトなどを入れ、更に2時間。時々味見をして味を調節します。

出来上がりがこれ。

RX100-05760

まさに昨日作って一日置いた美味しさ。(笑)

スロークッカーが面白いのは圧力鍋みたいに「味が出切らない」「肉の繊維が硬くならない」「野菜が溶けない」「それぞれの味が残る」ところにあると思っています。これと同じように圧力鍋で作るのは結構難しいかも。圧力を掛ける時間の調節によって出来上がりがかなり変わりますから。でもスロークッカーはボタンを押して放置するだけ。楽勝。

ただ気になるのが「アク」なんです。アクが出やすいものは下茹でしたり、韓国風に1-2時間、肉を水につけて血抜きをしたり。あるいは途中でアクを取らないとならないのが面倒。でも純粋なスープを取る時でもアクが回ってしまったり、油が乳化してスープが濁ることもないのでスロークッカーは使い方一つで面白いと思います。

温度の上がりぐらいを見ていましたが、2時間経っても80度ぐらいでした。最終的には100度弱で気泡が若干出てくるまでの温度にはなるのですが、この60-80度あたりで時間をかけるのが味噌かもしれませんね。焼き芋もそうですが、電子レンジや熱湯で茹でると美味しく無いというのはまさにそれで、60-80度近辺の温度の時間を長く取るとペチプドがどうてらこうてらで美味しくなるという理屈。

でももし同じものをスロークッカーと圧力鍋とで作って、どちらがどうかと問われても私のベロじゃわからないかも。(笑)

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *