ウインドウズのバックアップは使い物にならない

PCの調子が悪い時には2つのことが考えられますよね。一つはハードの問題。もう一つはウインドウズの問題。

さて、どこが悪いのか?

これの特定って結構難しくて、PCの部品があれば怪しい部品を取り替えて動かしてみればわかることが多いですが、最近はPCオタクはやめましたので余分な部品なんてありません。でもネットを調べ、また今までの勘としてはグラフィックボードが一番怪しいのでグラフィックボードだけ新しいものを買ってきました。

ところが問題は解決せず。この買物は無駄だったようです。 (T_T)

最初からPCの修理屋さんに持っていけば良かったと反省しているのですが、しょうがない。

本来は新しいウインドウズを入れる。つまりクリーンインストールをすればかなりの事が分かるんですね。それでもちゃんと動かなければハードがおかしいのがはっきりしますし、ちゃんと動けばやっぱりシステムがおかしくなっていたのがわかる。

でもクリーンインストールはできることならやりたくないですね。何十ものありとあらゆるソフトがインストールされているのに、それをまたインストールして設定するなんて考えただけでも気が遠くなりますから。

でもそれしかない、あるいは結果的にそれが手っ取り早いこともあるわけで、とりあえず調子の悪い現時点のままで「システムを含めた全体」のバックアップ(その1)を取りました。調子が悪いと言っても、起動に時間が掛かる程度ですから我慢できないことでもなく、ただこれがどんどんひどくなる可能性もあるわけで、また今のPCは前の時代からどんどんゴミが溜まっているのは間違いがなく、クリーンインストールを「試して」見ることにしました。

クリーンインストールの初期状態に戻すのは小一時間で出来ました。全く問題がなく動いていますので、やっぱりハードの問題ではなくてシステムがおかしかった。

それに一つ一つ必要なソフトをインストールしていくわけですが、有料無料のものがいろいろ。そして中には設定がわからないものがいくつか出てきました。データは全て取ってありますが、それをきっちり読み込ませる方法がわからないものが出てきたんです。

また私としてはデータを取ってあるから大丈夫だと思っていたものの、そのソフトが吐き出すデータはいろいろあってそれがデータの場所とは違う場所にストアされているのもわかりました。でもそのバックアップは取ってないわけです。だからデータそのものがあってもちゃんと動かない。

困った・・・・・・

ただその手のソフトが大事な諸々をどこにストアしているのかがわかりましたので、システムごとバックアップしてある中からそれらのファイルを読み込めば良いと「単純に考えていました」。

ところがこれが出来ないんですよ。バックアップを作ったシステムとクリーンインストールをしたシステムが違うと出るんです。同じウインドウズ7なのに。どうやっても駄目。ですので、クリーンインストールをした状態のバックアップ(その2)、修復ディスク(その2)を作り、元の状態に戻そうと考えました。調子の悪い状態に戻すということ。

最初のバックアップ(その1)と修復ディスク(その1)を使ったのですが、読み込みだけでほぼ12時間も掛かりました。長かった・・・・・。

これで最初の状態に戻ったはず。ところがですね、起動しないんですよ。自動修復が立ち上がって動いているのですが、結果は「修復不能」。

これで最初の状態に戻すことは全くできなくなりました。しかたがないのでクリーンインストールした後の状態に戻そうと思い、それをバックアップしたものと修復ディスク(その2)を使ったのですが、な、な、なんと「修復ディスクが読み込めない」。

こんなのアリですかね?

ということで、2度めのクリーンインストールを今、始めました。

ウインドウズ7に付属しているバックアップ機能を2度試したことになりますが、2度とも失敗。元の状態に戻せません。それも最初はシステムが立ち上がらず、2度めは修復ディスクそのものが読み込めません。

これってやってみて初めて分かることで、バックアップを取った状態で「それで本当に復旧できるのか」どうかってわかりませんよね。「できるという前提」でやるわけですから。でも復活できない。

多分私のやり方が悪いのだろうとは思いますが、復旧する間に聞いたことがないEFIだから復旧できませんとか、システムが違うとか、全く意味不明なことがいろいろ途中で出てくるわけです。そもそもその辺をのことを知っている人なんかいるんですかね。技術者ならまだしも、中途半端な旧オタク(笑)にはさっぱりわからない世界。

世の中にはバックアップソフトがいろいろ売られていますね。ウインドウズにちゃんとしたバックアップ機能があるのにどうしてそんな製品があるのかと思っていましたが、今になってその理由がわかりました。ウインドウズのバックアップは難しくて素人には使えないってことなんでしょう。それとバックアップとしての機能は必要最低限のものでしかない。

これも経験してわかることで、マイクロソフトの説明を信じた私がアホでした。

PCをいじりだして30年を超えますが、こんなに落胆したのは初めてです。また思い出してみますと、今まで「システムをひっくるめた復旧」ってやったことがありませんでした。つまり、HDDなりがお釈迦になった場合も含めて今まではクリーンインストールで対処していたんですね。でもその経験さえ、多分10回はないと思います。

今後のことも考えて、まともな「バックアップソフト」を買うことにします。

そして大事なことですが、「どんなソフトをインストールしたか」のデータベースをつくろうと思います。それさえきっちり作っておけば、クリーンインストール後に再度インストールするのも問題なくできるはずですから。

私はマイクロソフトがあまり好きではないのですが、今回のことでますます嫌いになりました。(笑)

ユーザーフレンドリーじゃないのね。そもそもPCが大昔からの遺産を引きずっているわけでどうにもならないのかもしれないと思いますが、これを今後も引きずって行くんでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ウインドウズのバックアップは使い物にならない” への4件のコメント

  1. ダボさんみたいにPCに詳しくても修復が難しいんですね。
    私は普段はユーチューブで音楽を聴いたり、ブログを読んだり
    (最近は、エクセル、ワードからは離れてます。)
    する位です。
    この度は義弟が新しいPCを持って来てくれました。
    そういえば・・・。最近はちょっとPCに飽きて来たのかも。
    PC無くても生活できるかも(笑)

    • 今、パソコンの売れ行きが悪いそうですね。タブレットやスマホで済んじゃう人がおおいってことでしょうが、そもそも汎用パソコンなんていらないのは昔から同じでしたね。ワープロと表計算、簡単なデータベースぐらいがほとんどだった。

      私だって一番時間が長いのはユーチューブとネットサーフィン。(笑)

  2. 私なら、とりあえずハードディスクまたはSSDを一台購入し、クローンディスクを作ります。

    今は簡単にクローンが作れますのでバックアップを取るより楽ですね。

    そして元のハードディスクについて、ソフトを削除したりレジストリをイジったりして何が問題なのかあれこれとやってみます。

    あれこれやってる最中にウィンドウズが起動しなくなってもクローンディスクがあるので差し替えるだけでOKです。

    ただし、クローンディスクは問題のある状態でクローンを作成したので、問題解決にはなりませんが。

    • なるほどぉ、それも良いですね。SSDも安くなってきましたし安心代としては決して高くないかもしれません。

      ただ、どの時点でクローンを作りますかね。

      バックアップってデータもどの時点で取るのかが難しいですね。以前、データベースのバックアップをとってあったのですが、データが壊れてリストアしたところ、そのデータも壊れていた(笑)。それからは何世代にも渡ってバックアップを取ることにしましたが。

      増分、あるいは差分をシステムそのものが覚えていて、どの時点にでも戻れると良いですね。かなり大きなシステムになってしまいますがそれを選べるようなものがあっても良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *