ユーチューブが360度パノラマ動画に対応する

360度写る写真、あるいは動画がジワジワと広まっているようですが、ユーチューブが360度パノラマ動画に対応するとのこと。

1,2週間のうちには出てくるはず。

こんなような動画。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

今現在はこれを映したカメラの発売元であるRicohがこれ用のサイトを持っていて、そこにアップロードしたパノラマ画像や映像をブログにエンベッドしているわけですが、ユーチューブがそれをやりだすということは360度画像、映像の広がりに拍車が掛かるんでしょうね。

ただ技術的な問題点はまだまだ山ほどあって、動画の編集ソフトがないんですね。繋げたりタイトルを入れたりするのもRicohのソフトではできません。Kolorという会社が360度映像には結構強く、カメラを何台も同時に動かしてそれで撮影されたものを合成するソフトはあるんですが、すでに360度パノラマ映像になっているものを編集するソフトはまだ世の中にないのかも。少なくとも私は知りません。どなたかご存知でしたら是非教えてください。

編集ソフトがないってことは撮りっぱなしの映像を出すしかないわけで、やっぱりうまくないと思います。またカメラも発展途上でRicoh theta m15の様に簡単に撮れるものはまだ世に出ていません。そして解像度しかり、画質にかなり問題があると思います。これは360度映像だけじゃなくて360度画像も同じですが、簡単に撮れるものはそれなりの品質。オモチャと同じ。

多分2,3年もしない内にいろいろ出てくるかもしれませんが、今現在ではまだまだ駄目だと思います。360度撮れているということは、その中から自分の好きな構図で切り抜きができるのですが、解像度が低いですから、その中から切り抜いたものなんかお話にならず。

例えば上に出した360度パノラマ動画から、演奏しているアボリジニをアップで見ようと思ってもこんな酷さです。これはピンぼけではなくて、解像度の低さによるものです。

2015-01-12_14h09_35

私が使っているRicoh Theta m15の場合はレンズが2つ付いていて、それで360度撮るということは180度の魚眼レンズなんですね。これで大体どういう問題があるか想像がつくと思うのですが、せめて解像度が今の4倍、8倍ぐらいにならないと用途がかなり限られたものにしかならないんじゃないでしょうか。

もしかしたら趣味の世界よりプロの世界での需要のほうが多いかもしれませんね。例えば旅行案内とか、不動産の紹介とか。

ま、どちらにしてもユーチューブが360度の映像を扱うようになるのは楽しみです。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ユーチューブが360度パノラマ動画に対応する” への2件のコメント

  1. daboさん こんにちは。
    360度の映像面白いですね。
    私はあるリゾートホテルの部屋の案内でもよく観ていますが、田舎者の私にとっては凄い時代になったな~と感心していました(笑)
    日本に来られた時は一緒に行きましょうね~~~(冗談)

    (屋 内) http://grt.jp/hotel/xiv-arima/tour/lobby/index.html

    (屋 外) http://grt.jp/hotel/resorttrust/xiv-naruto/tour/porch/index.html
         http://grt.jp/hotel/resorttrust/xiv-yamanakako/tour/sv-court/index.html

    (部屋内) http://grt.jp/hotel/resorttrust/xiv-yase/tour/s-li/index.html

    不動産業でも親切な案内になりますね。

    そして、カメラ好きのdaboさんもついに突入・・・?ですか(*^-^*)
    でも、思うのですが、daboさん?らしき人が必ず写っていますが、写らない方法はないのですか?(写った方が楽しいのかな?(^^♪)

    最近よく見かけるカップルの風景ですが、自分撮り用にスマホに何やら長い棒?みたいなのを付けて撮っていますよね。(名前不明)
    あれはどうなのかな~~??棒が写る??

    • どもども。

      余計なものは映らない様にするって難しいんですよ。誰もいないところじゃないと駄目だし、余計なものも綺麗に片付けないと映っちゃうし。

      カメラは三脚に付ける場合が多いですが、その三脚も写るわけだから地面を撮った画像を合成して消すわけです。

      でもそれって静止画像だからどうにかなるわけで映像となるととんでもなく面倒になります。画像と同じように合成は可能だけれどコスパがメチャクチャ悪くなるでしょ。

      自分を撮る時に使うやつですが、要は一脚という三脚の種類。ってわけわからない言い方ですが旅行用で良く使われるものです。ただ最近のは「自撮り棒」と呼ばれて軽量小型のものがありますね。私ももちろん持っています。(笑)

      シャッターはスマホで操作できますが、当然棒は写りますね。

      ま、静止画像ならどうにでもなりますが、問題は動画ですね。編集じゃ合成じゃと手を掛けられませんから。

      最近、こういうブログとかフェスブックとかのSNSに載せる写真がどうあるべきか考えていますが、基本的には「修正」って無い方が良いんじゃないかと思うんですよ。それと日本人以外の場合は普通に自分の写真を載せているケースが多いのね。日本人は隠す傾向が強いのが良く分かる。個人情報云々ということなんでしょう。自分が特定されるのが嫌なら自分を写さないのが普通で、映っている自分の顔を隠すってケースは海外では非常に少ないのに気が付きました。

      でも自分はそれで良いにしても他人はどうなるのか。ここが問題ですね。ただプライベート空間はまずいですが、公的な場で写したものは問題なしとするのが世界のコンセンサスのようですので、私もその線で行こうかと考えています。でも公にしたくない人はいるわけで、その場合には「写さない」あるいは「修正する」かどちらかですが、これは難しいところでどういう基準にするべきか答えはまだ見つかりません。

      単に風景を写したつもりでも、そこに不倫カップルが写っていて・・・なんてこともあるわけだし。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *