お笑いタレントのコロッケのショーを見に行ってきた

ゴールドコーストに世界の大スターがやってくる~~~~ってなもんで、コロッケのショーを見に行ってきました。(笑)

コンラッドジュピターというゴールドコースト最大のカジノ、ホテルでのショーです。

どうも毎年この手のショーがあるそうなのですが、初めて見に行きました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

いやー、結構面白かったです。2時間のショーでしたがあっという間。テレビで見たネタが多かったですが、やっぱりショーなので時間も長いしトークが面白かった。それと実物ってやっぱり感じが違いますね。同じ人間として間近に感じましたし、最後にお礼の挨拶をする姿に彼の人間が見えたような気がしました。ふざけているばかりのコロッケですが、最後に深々と神妙な顔をして頭を下げる姿に感動した私。(笑)

お客さんは何人ぐらいでしょうか。500人ぐらいは来ていたのかな?しかしまぁ、知っている人がごっそりだったし、顔は知っていてもどこの誰だかどうして思い出せない人も多かった。あれだけの日本人が集まるのは「日本人会の総会」でもないですね。老若男女、様々ですがメインは30-40代って感じかなぁ。私もジジーになったと感じましたが、ジジババロングステイヤーは少数だったんじゃないでしょうか。ゴールドコーストと日本、あるいは世界を行ったり来たりという退職者世代はそれなりに多いのですが、マレーシアみたいにジジババが多いというイメージとは違う。ま、ある意味、年齢構成としては自然かも。子供もかなり来ていましたし。ゴールドコーストは駐在員が非常に少ないのに子供が多いのは面白いと思います。

しかしまぁ、ゴールドコーストってのは僻地で、かなり昔に「よくそんな文化のないところに住めますね」なんて言われたことがあるんですが、ま、確かにその通りで、長い歴史のないリゾート地ですから伝統の匂いは皆無だし、現代の文化的なものもここは素通りしてしまうし、有名なエンターテイナーも来ない小さな町。だからコロッケでこれだけ盛り上がるんでしょう。去年はざこば師匠だったらしい。

昔からの友人と会えるのもこういう機会しか無いし、またコンサートなりショーがあれば行こうと思いました。

今回のショーに誘ってくれた友人。もし誘われなかったら行かなかったかも。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

ディナーショーではないので、開演前にヨメさんと二人でバーでお酒を飲んだり、食事をしたりしていましたが、このホットプラターも見た目は良い(蟹の足がごっそり)のですが、やっぱりアウト。本当に不思議ですよ。蟹の足を塩も入れずに茹でて、しっかり出汁が出切るぐらいまで煮込んであるんですから。(笑)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

かなり大きなカジノがあるのですが、カジノの方には一切行きませんでした。10数年前までは飲みに行った帰りに友人と朝までギャンブル(ブラックジャック専門)なんてこともやっていましたが、ある日ある時、ぴったり止めました。

当時子供が小さかったのですが、ゲームが全盛で、子供たちは新しいソフトを欲しがるわけですよ。でもそういうのは誕生日とかクリスマスでなくては駄目だと言って育てていました。ある日、ギャンブルをしながら自分が持っているチップを眺めていたんですよ。その時に、フト子供たちのことを思い出したのですが、自分が数分に一度の勝負に賭けるチップ一枚で子供たちが欲しがるゲームソフトを買えることに気がついたのです。

これって何かおかしい、これじゃバチが当たるなんてその時に思って、「やーーめた」とその日を最後にピタリとギャンブルは止めました。

決まった少額のお金で遊べば良いとか言う人がいますが、そんなギャンブルは面白くもなんともないんですね。やっぱりギャンブルって勝って嬉しい額、負けて悔しい額だからギャンブルなのであって、そういう意味では究極のギャンブルはロシアンルーレットで自分の命を賭けるとか、自宅やヨメさんを賭けるってのもわかるような気がします。

でも麻薬と一緒ですね。私の友人知人でカジノで人生を狂わしたのが何人もいます。サラリーマンをやっているのに、給料日に全額賭けて負けてしまって「落とした」と奥さんに言い訳をしたり、娘の進学、花嫁資金をヨメさんの知らないうちに銀行からおろして全部つぎ込んだり、レストランをやっていたのがギャンブルで店を取られたり、任されている店の売上を持って毎日カジノに行くような板前もいた。ま、そういうのが知り合いでたくさんいたから自分も嫌気がさしたのかもしれないです。

というか、生きること、結婚、子育て、仕事もギャンブルみたいなもので、自分の存在が掛かっているわけですからそれを考えるとカジノなんて全然面白く無いと思います。確率的には絶対に負けるようにできているんだし、どう考えてもカジノは割に合わない。今となってはカジノに狂う人の気持ちがさっぱりわかりません。どうせやるならお金が外に出ないように、仲間同士でやるとか。

あああああ、若いころ、スナックで友人たちとトランプで賭けゲームをやっていたのですが、通報されたのでしょう、警察が踏み込んできたことがありましたっけ。映画やドラマで見たことがありますが、まさか自分がその対象になるなんて想像もしていなかったのでびっくりしました。5,6人の私服の警察官が一斉に入ってきて、「ハイ、動かないで。そのままそのまま」ですもんね。もちろんパトカーに乗せられて警察署に連れて行かれましたが、しっかりしぼられて無罪放免。助かりました。(笑)

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

お笑いタレントのコロッケのショーを見に行ってきた” への7件のコメント

  1. 360度のカメラはすばらしくてけっこうですが、そこに入ってしまった人たちの顔はぼかすべきじゃないですか?ご自分たちはしっかりぼかしても、他の人への配慮もお願いします。グーグルでも通行人の顔はぼかしてあります。いつも居合わせなくてよかったっとおもってしまいます。

  2. 360度のカメラはすばらしくてけっこうですが、そこに入ってしまった人たちの顔はぼかすべきじゃないですか?自分たちだけではなく、他人への配慮もお願いしたいです。すべてが入ってしまいます。グーグルでも通行人の顔はぼかしてあります。いつも居合わせなくてよかった~ってほっとしています。

    • 実はそのことはいつも悩んでいるんです。

      グーグルは通行人の顔(自動車のナンバーとかも)をぼかしていることもある程度で、全てがそうではないのですが、あちこちで訴訟問題にまで発展していますね。

      世の中でそういうことが起きているのは間違いがないものの、公共の場での写真に個人が特定できる写真はどうあるべきかは「世界的なコンセンサス」はまだ取れていないんですね。

      実際に私が写された場合を想像しても「勘弁して欲しい」と思うはずですが、その主張が正しいのかどうかは疑問なのです。ですので、貴方の主張も非常によく分かるのですが、個人が特定できる写真は全て「駄目」になりますと世界中の写真や映像が成り立たないのもご理解いただきたいのです。今は顔が問題になっていますが、実は車や家、庭、飼い犬や猫などのペットもなども全く同じで、お店の料理やインテリアの写真もどうあるべきかの議論がなされている最中で、それらも含めて自分がどうあるべきかの結論はまだ出ていません。

      著作権も同じですが、基本的には権利者の申し立てがあって初めてそれが問題になるのであって、例えばユーチューブに著作権法違反の映像があっても、権利者でなければ何も言えないのが現状。ただし個人が特定できる肖像権に関しては、法律云々ではなくて道徳上の問題もあるので「公共放送」の場合は「自粛」するのが慣例になっていますが、それでも街を歩く人の顔は普通に映しだされているケースのほうが圧倒的に多い。

      とは言うものの、今回のようなケースは「公共の場」になるのかどうかということもあり、「街中を歩く人」と同じなのかどうかという問題もある。

      非常に難しい問題ですが、貴方のおっしゃることが正解ではないし、私の考えが正解でもない。

      ですので、私の写真や映像は「自分たちだけは隠している」のではなくて、自分たちがそのまま映っているのもこのブログでは多くあるのですが、「明らかに簡単に特定出来ないほうが良い」とう考えのもとに、大きく映っている人たちの顔は隠す方向で考えています。

      本当に難しいと思います。でも残念ながら貴方の意見をそのまま受け入れることはできません。そうなりますと世界中の写真、映像から人間が消える。承諾が取れた人のものしかなくなることになります。でもそうあるべきなのかもしれず、私が悩むのはそこのところです。ですから今回の写真もどこまで隠すべきかかなり悩みました。そして「簡単に個人の特定」ができるものは「自分や関係者以外でも」隠したつもりです。そして貴方のようなご意見が出ることさえも予想しておりました。

      今の時代、特定の個人の写真を取る場合には「許可を得る」のが普通で、私もそうしております。ですから全てが全て「勝手に撮って出している」わけではないのですが、「その他大勢」「街を歩く人」の場合はどうするべきかはまだ思案中です。ただこういうブログの場合と「放送」、あるいは非常に「公共性が高い」場合の考え方は違うのは普通であり、テレビではどうしているか、グーグルではどうしているのかはそのままブログには当てはまらないんですね。

      ただこういうご意見がでること。あるいは写っている方からのクレームもいつかあるだろうと想定していますので、それがあった場合は削除や修正などの方法で臨機応変に対応するべきですし、今後は今まで以上に「隠す」方向で行こうとは思っています。決して何も考えずに写真を写し、また自分だけは隠すという考え方でブログに乗せているのではないということだけはご理解いただきたいと思います。

  3. 明けましておめでとうございます。
    新しいブログになって初めてのコメントをさせていただきます。

    コロッケのショー、実は私も昨年暮れに友達と行ってきました。
    その時、確か今度はゴールドコーストに行くと聞いてましたが、まさかdaboさんも・・・(笑)
    世界の狭さに驚きました^^

    その笑いの中で私も、彼の細やかな心配りを感じ取れました。
    真似をされている側に失礼なんじゃ・・・?とこちらが心配してしまいますが、
    実はそれ以上、彼はご本人たちと交流されていらっしゃるんですよね。
    それよりか、その方々から大事にされていますね。(半分イヤイヤな人もいるでしょうねぇ((+_+)))

    最近は、そのご本人を見ると逆に「コロッケの物まね」を思い出してしまいます・・・(笑)

    私がこの前のコロッケのショーで印象だった言葉です。
    ◆芸の前に、
    「真剣に聴かないでくださいね」と笑いをまた取る。

    ◆最後に挨拶で、
    「あなたが一番、私が二番」と客に考えさせられて締めくくる。

    どちらも、相手をを思いやっての繊細な言葉で、彼の人間性もわかりました。

    ・・・で急に何故だか私の頭に浮かんできた言葉。
    「この道を興すには、狂者に非ざれ ば興すこと能はず」
    使うところ間違ってるって?(笑)

    daboさんも時々変?だけど面白い~~~(*^-^*)

    • どもども、個人的な挨拶としては「おめでとう御座います」が言えない状態ですが、今年もよろしくお願いします。

      JALLLさんもコロッケを見てきたんだ?へーー。

      芸としてはおふざけで面白いだけけれど、テレビでは見れない芸人としての真面目さがショーでは見れましたよね。やっぱりたいしたもんだと思いましたわ。

      「この道を興すには、狂者に非ざれ ば興すこと能はず」って言葉は誰の言葉かも私は知らないのだけれど、コロッケはそれと同じことを何度も言っていましたね。

      これに関しては私の生き方がそれそのものであるのは付き合いの長いJALLLさんは知っていると思います。普通の道を普通に歩くなら「普通であること」が一番重要だと思うけれど、自分が到達したい場所、夢がある場合「普通のこと」をしていたら駄目なんですね。「異常」「狂ってる」と一般的には思えるようなことをしていかないと道は開けない。

      でもそれって「異常」でも「狂ってる」わけでもなくて、「波風を立てることもなく普通に生きる人」には理解できないだけであって、物事の本質はどちら側にあるのかというのを真剣に考えた上での結果なんですね。

      「大衆は常に間違える」という言葉がありますが、そこから脱すためには「大衆」から「狂者」に見られることもあるってことだと思っています。

      「変人だ」と言われるのは私にとっては「褒め言葉」でもあります。(笑)

  4. 日本でTVニュースを見ると本人を特定させないよう顔のボカシや疑似音声が非常に多い、またTwitter等で意見を述べる場合も匿名を使う人が圧倒的である。だから本気か茶化しているのか境界線がわからなくなる。そんなこと当り前とお叱りを受けることになるが益々個人情報なるものに神経質になっていく世相に何とも言えないものを感じる。
    もちろんメディアに本人を曝すことは何かと問題になりかねないかも知れない。しかし極く日常的問題で自分の見解を述べる時さえ顔を隠しているTV光景を見ると日本社会から急速に大らかさが消えて疑心暗鬼な社会に陥っていくようで残念である。
    長い間海外に滞在しているが日本に帰る度にその思いが強まるということは単に主観的なことなのか否か考えていたら下記URLを見つけた。これを見るとその傾向はやはり我が国は強いかもしれない。
    http://www.garbagenews.net/archives/2189125.html

    中国に居た頃中国人や現地日本人の自己紹介書を見る機会が多かったが中国人の殆ど全て自己の携帯電話番号を書き留めていたが日本人は皆無だった。自己紹介書から秘匿性の問題に発展、女性含め日本の方からこっぴどく散々なお叱りを受けた記憶が数度ある。故に日本人の情報に関する扱いには相当慎重に扱わねばならないと肝に銘じるようになった。
    中国人と言えば日常会話でお互い給与を尋ねあうとか自宅は幾らで買ったとか筒抜けで、彼らは他人行儀さがほとんど欠落しているように見える。

    • データのご紹介を有難うございます。なるほどというか、やっぱりというか・・・。

      日本人には「表に立ちたくない」という傾向が強いと思いますが、それが故に匿名の世界は別物で、それがますます秘匿性を強める方向に動いているのではないかと。

      ただ例に上げた「放送」はまた特別だと思うんです。新聞や雑誌もそう。ところがそれと同じ基準を「個人が発するもの」にまで広がってきていて、そこの違いが論議されないのも日本の特徴に思えます。

      そして他の日記に書きましたが、「公共の場」と「私的な場」の違いもあるはずなのに「写されたらどう思うか?」の一点だけに議論が集中しているのも変。

      この辺に関しては「情緒を優先する日本民族」ですから「郷に入っては郷に従え」と考えるしか無いとは思うものの、「海外の日本人も同じ」であることまでは頭が回りませんでした。(笑)

      私は基本的には「公共の場」の場合は何も遠慮することはないと考えていますし、「個人の特定ができるか否か」ではなくて「特定をすることを目的としているか否か」が重要なポイントで、法律的にもそこが重視されていますので、「写りたくなければ写されないようする」のが公共の場での心構えだとも考えています。多くの人はそうしているはず。

      ところが昨今は「盗撮」とも言えるような写し方が出来る時代になりまして、「写されたことに気がつかない」あるいは「そこで写していることさえわからない」けーすがあるわけで、それこそ街角に配備されているセキュリティーカメラに写った映像画像をそのまま出してしまう問題点と同じものがあると考えています。

      またグーグル・グラスの様に、いつでも写せる機材がどんどん出てきていますし、写しているのかいないのかもわからないわけですから、「写されないように気をつけても無駄」な時代になったと思います。となれば、「写す側のモラル」が問われても当たり前で、また「写したものをどう利用するのか」という点も問題で、今回この日記のレスを書かれた方の考えも当然と言えますね。

      ただ、基本的には「写真には手を加えない」という基本ルールに固持するカメラマンは多く、私もその方向で行きたいと考えています。でもその代わり、被写体に関しては今以上に考えないと駄目であろうかと。

      ただ個人特定が出来るものは写すべきではない、修正を加えるのがあたりまえ、公の場にその写真や映像を出すなという考え方には反対です。それを認めれば、世の中から人間が写った写真も映像も全くなくなるわけですから。またこの考え方が発展すると、家を写すな、ペットを写すな、俺の車を写すなと際限なく広がりそうで、そう主張する側にも一理あるわけですが、「写される側の権利の主張」をすべて認めるわけにはいかないというのが私の考え方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *