次男坊が真剣な顔で「オヤジ、聞きたいことがあるんだけど・・」

次男坊が私の部屋に来て、こんなことを言い出したんですよ。

「オヤジ、聞きたいことがあるんだけれど・・・」

ですと。次男坊って我が道を行くタイプで、あまり人の意見を聞かない奴。そんな彼が真面目な顔をして私に聞きたいことがあるなんていうもんですから、びっくりしたんですよ。

私もちゃんと話を聞こうと思って

「どうしたんだ?何かあったのか?」

と聞いたんですよ。そうしたらあのバカ、なんて言ったと思います。

「あんな美味しい魚、食べたことがない。なんていう魚なの?」

だと。ったくもーーーーー。一発頭を小突いてやろうかとおもいましたよ。 (笑)

「あれはねー、日本ではキンメダイ。こちらではアルファンシノっていうの!」

「へーー、あんな魚、オーストラリアで初めて食べた。凄いね~」

次男坊はシドニーでたまに魚市場に行って鮭を丸ごと買ってきて(鮭大好き男)、自分でおろして刺し身を作ったり、いろいろやるのですが、このキンメダイの存在は知らなかった様子。

シドニーの魚市場なんていうと、我々日本人としては築地みたいな凄さはないにしろ、巨大な魚市場を連想するじゃないですか。ところが、ウソか本当か知りませんが、シドニー魚市場の取扱高って世界第二位らしく、期待して行ってみると、「え?ここが?」と思うような市場。いわゆるどこにでもあるような魚屋が何件か並んでいる程度で、あの築地と比べたら何十分の1、いやそれ以下でしか無いようなところなんですね。多分、卸業務としての取引高はあるんでしょう。でも決してたくさん並べて売っているわけでもないし、多品種じゃないのね。

私が行ったのは一度きりですが、アワビを売っている店もなければ、並んでいる魚はゴールドコーストで見るようなものとほとんど同じで、若干種類があるかな?程度。私としてはマグロも並んでいて、水槽の中にはありとあらゆる魚がいるんじゃないかと思ったのですが、まるで違う世界。

そんなシドニー市場へ行くのが好きだという次男坊は、キンメダイ=アルファンシノの存在を知らなかったらしいのです。

「よーーし、シドニーに帰ったらあれを買ってみよう」というので

「新鮮なものがあったら刺し身もびっくりするくらい美味しいし、良いと思うよ。でも問題がある。」

「え?なになに?」

「多分、シドニーの魚市場では売ってない。」 (笑)

私もシドニーの市場でいの一番に探したのがこのアルファンシノでしたが、ありませんでした。というかなんていうのかなぁ、ただ単に「無い」だけじゃなくて、売っていそうな雰囲気じゃないのね。時期的なものもあるんでしょうし、まぁ、オーストラリアの魚の流通ってどうなっているのかわかりませんが、いわゆる築地に行けば無いものは無いっていう市場とはまるで違うのね。

しかし、あのアルファンシノは美味しかったです。ヨメさんが塩麹つけを作りまして、息子たちはそれを食べて感激したんですね。

買ってきたのはラブラドールにあるチャリス。1キロ16ドル台でした。これで2キロ程度。店で内臓、鱗は落としてくれます。

RX100-05583

今日は休みですが、明日また行って買ってくる予定。 \(^o^)/

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

次男坊が真剣な顔で「オヤジ、聞きたいことがあるんだけど・・」” への2件のコメント

  1. オーストラリアといえば真っ先に”海”を連想する私としては意外なお話です。

    種類豊富で新鮮な魚がそこらじゅうで食べられるイメージがありましたが、やはり彼らは肉食中心なんでしょうね。

    オージー・ビーフ、日本でさえ安いですから当然現地ではもっと安いんでしょうね。

    アメリカに仕事で行った際にレストランで出てくるステーキやサラダ、ドリンクが安く、更にそのデカさと量に圧倒された記憶がありますが、オーストラリアもそうなんでしょうか?

    円安が進まないうちに一度旅行で訪れてみたいと思います。

    ●ご報告とお願いです

    daboさんが当ブログで強く勧めていらっしゃるニンジャトレーダーを使ってみました。

    ニンジャトレーダーという名前は聞いたことはあったのですが、その時の感想は「忍者なんてふざけた名前だな。どうせ大したもんじゃ無いだろう。やっぱりMT4だよな。」だったと記憶しています。

    しかし、よく調べてみると世界中のプロやセミプロが使う優れものだそうですね。

    もっと早く調べて使ってみるべきでした。

    早速日本の業社で利用できるとがないか探したのですが、やはり見つからなかったためFXCM UKにニンジャトレーダー用の口座を開き、色々といじってみました。

    日本からFXCM UKのホームページに直接アクセスすると、「日本の金融庁の締め付けで、日本在住者は口座を開けません。ごめんね」と追い返されてしまいましたので、ip偽装をし再度アクセスしたところ上手くデモ口座を開くことができました。

    はじめはティックチャートの出し方さえわかりませんでしたが、なんとかインジケータを出したりテンプレートを保存する程度のことはできるようになりました。

    しかし、さすがにプロ仕様と言われるだけあって敷居の高さを感じました。

    MT4のように欲しいインジケータがちょっと探せば手に入り、すこしC言語を知っていれば自分好みにソースを簡単にいじれるようなものではないため、今後どのようにして利用していこうかなと思案しているところです。

    ティックチャートをこれだけ簡単に見ることができるのだから是非MT4の環境をを移植し、有効利用したいのですが、それにはまずC#を勉強することから始めなくてはなりません。

    C言語は学生時代に勉強しましたし、仕事でもしばらく使用していましたからMT4のソースは割りと簡単に書いたりできるのですが、C#ははじめから学ばなければならないでしょうからニンジャトレーダーを使いこなせる様になるにはしばらく時間がかかりそうです。

    ニンジャトレーダーについて、どのようなことでも構いませんのでこれかも記事にしていただけると幸いです。あわせてドイツ国債やDAX先物の記事も大変興味がありますので、こちらも是非宜しくお願いいたします。

    • いらっしゃいませ。コメントを有難うございます。

      オーストラリアはこれだけ海に囲まれていますし、東西南北に広い国ですから海産物も「獲ろうと思えばいくらでもいる」のだろうと思います。でも需要がないという「文化」的なものがあるんじゃないでしょうか。また「生食」の文化もありませんから、獲った魚の扱いにも問題があるようで、将来的にも我々日本人が望むようになることはないと思います。それこそ船から漁具、流通全てを変えないとならないかもです。

      ニンジャトレーダーですが、MT4ほどの広がりや情報がありませんが、面白さがありますよね。というか、それがチャートの基礎的なもので様々な制限があるMT4がおかしいと私は考えています。それは結局、MT4とはあの会社にとっての顧客は我々ではなくて、証券会社であるからでしょう。今のFX業界っておかしなビジネスモデルだと思うのですが、それを支えているものの一つとしてMT4があると言っても過言ではないと思っています。

      その点、NinjaTrader、eSignal、TradeStation、CQGなどはトレーダーサイドに立っていると私は思うわけで、「裏がない」感じがします。でもFXでそれらを使えばよいかと思っても、結局「データが正確ではない」「いじられている」わけですから、駄目だろうと思います。ですからやっぱり「先物」が良いかと。

      でもそこまで真剣ではないトレーダーが大多数でしょうから、その辺をきっちりわかっているFX業界の勝ちなんでしょう。またスキャルパーが全体のどのくらいいるかわかりませんが、私は相場で利益を出すにはスキャルしか無いと考えるタイプですが、しかし証券会社にとっては実はスキャルパーが一番のカモなのではないかとも思っています。

      今現在の私は以前ほど真剣にそしてどっぷり相場に浸かっていませんのでさほど多くの情報を出せるとは思いませんし、実のところBundやDAXも取引をしておりませんから情報そのものがアップトゥデイトではありません。

      でもまたいつか参戦する予定ではいますので、徐々に書いていくようにはなると思っています。

      どちらにしましてもMT4は勉強するには最適ですので、その後、それを「移植する」という方向性は確保しておいた方は良いと思っています。

      また以前書きましたが、私はいくつかのインジケータをNinjaTraderに移植するのを「プログラマー」に頼みました。もちろん有料ですが、今の時代、格安でやってくれる優秀なプログラマーが大勢いますし、その利用も視野に入れたほうが良いと思います。完璧で細かいことを頼めばそれなりにお金が掛かってしまいますが、最重要の部分だけ作ってもらって、あとは自分で足していくようにすればコスパは良いんじゃないでしょうか。

      何か具体的に興味のある部分がありましたら、是非書いてください。今の時点で何かわかることもあるかもしれませんし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *