マレーシアの運転は怖いと思ったことが無い私

マレーシアの運転は怖い、危ないと多くの人が言いますが、私はそういう思いを一度もしたことがないんですよ。

って、経験するほど長い間マレーシアに滞在したことがないってことなんですが、レンタカーで5日間走り回った時にも、「アジア~~って感じ」だなとは思いましたが恐怖を感じたことはありません。

今年の8月に行った時は自分では運転をしませんでしたが、移動はすべて自動車。やはり危ないと思ったことは一度もなし。どうしてなんでしょうね。オーストラリアも似たような事情ってことならそれもわかるんですが、全く違うし。

私が鈍感ってことかな?(笑)

また、マレーシアに行く度に、オートバイが減っているように感じます。

もしかすると運転する時間帯、移動する時間帯、行く地域によって違うのかな?

多分、私みたいに、「たいしたことないじゃん」なんてたかをくくっていると、突然恐ろしい思いをするのかもしれませんね。決して「怖い」「危ない」と言う人達だって常にそういう思いをしているわけじゃないんでしょうし。

私が「どうにかしてくれよ~」と思うのは歩く時です。道路の横断が簡単にはいかないのね。あれだけは不思議ですわ。どうしてあんな作りになっているのか。また歩行者優先じゃないってのが感覚的にわからないんですね。車は止まるはずだとどうしても期待しちゃう。

自動車で怖い思いをしたことって、そう言えばありましたわ。

姉はKL在住5年なんですが、毎日車であっちだこっちで運転しているらしいのですが、姉のクルマに乗ると怖いと思います。それは昔からそうなんですが(笑)、下手くそで怖いんじゃないんです。若い頃はラリーに参加するような姉で運転は上手いんですが、乱暴に感じます。

マレーシアでは日本にいる時よりそれがもっと凄いことになっていまして、(日本人なら)ブレーキを踏むところでも踏まないとか、相手に譲るべき時でも自分から突っ込んでいくんですよ。

なんでそんな運転するんだ?と聞いたことがあるんですが

「みんなと同じにすれば良いのよ」ですと。(笑)

私がマレーシアで気になるのは強盗かな。車上荒しも、道を歩いている時、家も同じ。

信号で止まっている車の窓ガラスを割って、一瞬に盗んでいくってのも恐ろしいですよね。ま、これは予防は可能だと思ってますが。

それと警察官への(強制的に払わされる)心づけも気になりますねぇ。(笑)

これは高速での出来事。組織的ですね。どうも速度違反だといちゃもんをつけている様子。

私はこういうことに関しては腹が立たないんです。文化であると思うだけ。税金を払ってまわりまわって彼らの給料、収入になるところをショートカットしているだけ。(笑)

そう言えば、日本で中国人が運転免許を取るのに、試験官に1万円を渡して捕まりましたが、あれも可哀想というか馬鹿だなぁって思うだけ。彼らの「心づけ」(笑)の文化が日本でも通用すると思ったんでしょうね。決して「賄賂」という意識はなかったんだろうと思います。逆に日本人が日本の常識でモノを言うと、海外ではクレーマーになるのと同じようなもんだと思いますわ。

マレーシアで車載カメラをつけている日本人の話って聞いたことがないんですが、私は絶対につけようと思っています。それどころか今、考えているのは前方はもちろんのこと、後方も録画できるようにしようかどうか。

確かシンガポールでは車載カメラをつけていると、車の保険料が割引になると聞いた覚えがありますが、動画って何よりの証拠だし、旅行に行った時の思い出にもなるし、良いと思うんですよね。

最近の車載カメラは映りが格段に綺麗になっているし、エンジンを掛けると自動で録画が始まるし、古い動画にはどんどん上書きされて更新されるから面倒なこともないし、そして1万円前後で十分良いのがあるのね。

私が持ち歩いているMobiusという超小型ビデオも車載に対応しているし、あれでも良いかなとか。7000円ぐらいだったはず。もちろん映像はハイビジョン。音もかなり良い。

モビウス。この動画は英語ですが、モビウスの全てがわかります。英語が苦手でも見ているだけでわかるはず。車載した場合の話は17:10辺りから。音質チェックは9:13辺りから。このMobiusを車に付けておいたらかなり利用価値があると思います。タイムラプスも撮れますし、取り外しも簡単ですから、旅行の記録にもばっちり。

2014-12-20_14h32_45

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの運転は怖いと思ったことが無い私” への10件のコメント

  1. 車の運転は、場所と時間帯により変わってきますが、
    縦横無尽なオートバイが恐ろしいです。
    今年日本に帰国した旦那さんが、車載カメラ購入してきました。
    おっしゃる通りに価格も安価だし性能が良くて、手がかからない
     と同じ事言っておりました。

    • ご主人が車載カメラを買われましたか。良いと思いますよ~。

      昔はそれこそ防犯カメラみたいな画質だったのが、今では普通のビデオカメラで撮ったのと同じくらい、解像度もハイビジョンで取れますもんね。是非、ご旅行の一コマをそれで撮ってみてくださいね~。十分楽しめるはず。

      ただマレーシアの場合、気になるのは、車載カメラって外から見えるのが普通なんですね。そんな高価なものじゃありませんが、それを狙って窓ガラスでも割られませぬように。

      また遊びに来てくださいね~。

      • 私もバイクが一番怖いと思います。
        乱暴な運転の車は走っている様子で予めわかるので、早々に道を譲ってあげれば済むことですが、バイクは突如現れるのでなかなかそうはいきません。

        また、乱暴な運転のケースではないのですが、駐車する場所を探してのろのろしている時にちょうど死角になっているところにいたバイクにぶつかりそうになったことがあったのですが、運悪くその相手がガラの悪いチャイニーズの若者で、香港映画のヤクザみたいに悪態ついて、最後は私の車を蹴飛ばして去って行きました。あの時はホントに冷や汗が出るほど怖かったです。。。

        袖の下のビデオ、隣に座っている女性が「渡すな渡すな」ってずっと言ってますよ~。
        以前に免許が切れていたのに気が付かないで運転していたら、ちょうどお小遣い稼ぎのチェックに引っかかったことがありましたが、その時、子供にマレー語で交渉してもらった時は、免許証の下にお金を隠してもう一度こっちに渡すようにって”指導”されてましたよ。(笑)

        • なるほど。

          8月にKLに行った時には、イヤにバイクが少ないと思ったのですが、それって単に場所とか時間帯とかそんな感じでしょうか。減ったと思ったのは勘違い?

          強制的な「心づけ」ですが、早く体験してみたいです。(笑)

  2. そうですね、日本の家族が最近ちょうどダボさんと同じことを言っていましたが、実際にはバイク減ってないと思いますよ。
    ダボさんがおっしゃる通り場所や時間帯も大いに関係すると思います。
    うちの方だと、朝夕の通勤ラッシュ時や金曜日のお祈りの時間帯前後はかなりバイクが多い印象です。また、お祈りに行く時には(あくまでも自己責任で)ヘルメットをかぶらなくてもよいという独特のルールがあるらしく、バイクでお祈りに行くほとんどの方がヘルメットではなくイスラムの帽子をかぶってバイクに乗っているので、そういう場面に遭遇したら特に注意が必要かと思います。

    それよりコワイのは、バイクの無免許運転がものすごい数だということです。
    つい先日具体的な数字が新聞に出ていましたが(スゴイと思っただけで、忘れてしまいましたが)、うちの近所ですと、明らかにまだ免許を取得できない中学生などが自転車代わりにバイクに乗っていたりします。

    あと、無免許ではないですが、高校生になるとバイクで通学という子も増え、下校時間などに出くわすとヒヤヒヤすることがあります。

    • なーーるほど。

      バイクをバイクだと思っちゃまずいわけで、スピードが出る自転車を好き勝手に乗り回しているという感じですかね。

      でもああいう交通事情の国では免許や交通法の規制を厳しくするのは難しいのかもしれませんね。全て自己責任ですか・・・。そういう世界って決して嫌いではないんですが、勝手に突っ込んできて怪我でもされて、あるいは命をおとしたにしても、お前がわるかったんだからしょうがないなんて考えられませんよねぇ。

      マレーシアではバイクで命を落とすような事故って多いようだけれど、過失はどちらにあるかとかちゃんと調べるんでしょうか。バイクの運転が酷いからって、バイクがいつも悪いわけじゃないですもんねぇ。

      事故を起こしたらその場を離れて、24時間以内にポリスレポートを出せば良いなんて聞きますが、それで済んじゃうんですか?

      • そうなんですよ~。大都会の真ん中ではそんな光景は見られないですが、ちょっと郊外に行くと、ヘルメットもかぶらず自転車代わりにバイクに乗り回しているんです。その調子の人達が、遠出をするときにはヘルメットはかぶるものの、相変わらず自転車気分のままで高速道路をジグザク走行。。。
        そういう人の中で免許を持っている人がどれだけいるのやら???そして無免許のバイクの無謀運転者には、かなり多くの外国人労働者が含まれている模様です。

        事故については正確なところは私には分かりませんが、車とバイクがぶつかったら、バイク側の運転の仕方が悪くても結局は車側の責任になることが多いようですよ。(間違っていたらごめんなさい)っで、バイクがひっくり返ったらケガをしたり、運が悪いと命を落とすような確率がものすごく高くなるので、とにかくバイクには気をつけないとね、、、って話になっているようです。

        最後に仰っているお話はどういう意味でしょうか?保険が下りるためには、24時間以内に届け出、、、というのがあるようなので、そういう意味だと思いますが。車の破損のみの場合は、警察沙汰にせず示談で解決というのはよくありますね。

        • えーー、24時間以内に届ければ良いって話を知らない?おかしいなぁ。

          私もよく覚えていないんですが、接触事故でも人身事故でも、その場を離れてしまっても構わないというような話を聞いたことがあります。逃げるという意味じゃなくて。でも警察には24時間以内に届け出を出さないと逃亡したと判断されるとか。

          また示談になっても、あるいは「この程度ならいいや」とお互いに納得してもそのまま放置しておくと、相手から訴えられることがあるとも聞いたような。示談の証拠もないと「逃亡」とみられるとか。

          勘違いなぁ・・・・

          • ああ、24時間以内ってそういう意味でですね。

            本来の規則はそうなんでしょうけれど、やはり、私の周りのローカルの人たちの経験談などからですと、ちょっとぶつかったぐらいだと示談で解決してしまい、ホントにそれで後腐れなくオシマイってケースが多い印象です。っで、保険を使いたい場合には24時間以内にポリスリポートをするようにって言われているようです。

            こういう、なるべく警察に行きたくない=時間の無駄をしたくない、、、という考えが、事故発生件数や犯罪件数が実態と合わない、、、ということにつながるんでしょうが。。。

            事故処理に詳しい知り合いがいない外国籍の方が事故に巻き込まれた場合は、ローカル流に示談で済ますのは後々危険かもしれませんね。。。

            • なーるほど。保険を使いたい場合と考えれば良いのですね?

              しかし車同士の接触程度ならまだしも、バイクとの事故だけはイヤですね。

              私もバイクに乗っていましたが、ちょっと事故れば骨折なんてのは当たり前だし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *