鮭の低温調理 60度

鮭の低温調理ですが、何度か様々な温度で試しています。今日は60度でやってみました。30分。

鮭そのものは塩鮭にしてありまして、薄い塩水に30分ほど浸けて、それを冷蔵庫で寝かしたもの。

出来上がりはこれ。皮は焼いてあります。

RX1R-02121

身はこんな感じ。普通に焼いた場合のちょっと柔らか目という感じでしょうか。焼いたものにかなり近い。

RX1R-02126

60度より低い温度では、50度、55度と試しましたが、私の好みでは55度弱ぐらいが一番「洋食に合う」と思いました。これはあくまで洋食の一品としての話で、日本式のご飯のおかずでしたら普通に焼いたほうが美味しいと思います。また塩もそれなりに強いほうが良いかと。

この辺は嗜好がそれぞれ違いますから何がベストということはないはずですが、低温調理の薄塩鮭は日本式の焼いたものとは全くの別もので、同じ感覚で比べたら面白く無いと思います。味付けが違うだけじゃないんですね。

これはこれで美味しいと思います。

洋食の世界で鮭をどう料理するのか調べてみますと、60度どころか40度というお風呂みたいな温度での調理があるくらいで、本日の60度というのは「火の入れすぎ」の部類かもしれません。

鮭の調理温度でテクスチャーがどう変わるかという実験動画があります。

Sous vide salmon at different temperatures 長さ39秒。

タンパク質が固くなるのは58度前後ですから、55度と60度には大きな違いがあるのがわかります。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *