選挙が終わりましたね~~

終わりましたね~。皆さんが心に思う人は当選したでしょうか。

私は大阪に気になる人がいたのですが、小選挙区では負けて比例で当選。今まで下野していましたから復活してくれて嬉しい。その人が議員だった頃は全く注目していなかったんですが、下野してからその人を知って、彼の活動はずーっと見ていまして、こういう人ばかりなら日本も安泰だろうなんて思っていました。

私は安倍さん支持ですから、まぁ、今回の結果はOK。

でも保守層がかなり後退した感じを受けています。次世代が完敗で次世代の票を野党が分けたような感じ。自民は議席を減らし公明が伸び、民主も伸びて共産党が大躍進ということはやっぱり保守思想を受け入れない国になりつつあるんでしょう。

私は自民党が保守政党だとは全く思っていなくて、日本の真ん中は左寄りで、その中心線は自民党の中を走っている(笑)。つまり自民党の多くの議員も私には左寄りに見えるということ。

ということは私は極右か? (笑)

ま、私の場合は、政治家には、近視眼的ではなくて、また経済のことばかりではなくてもっと遠くの未来を見ていて欲しいと願っていますし、現在は長い歴史の中の今という捉え方をしていますから、何が大事かという点で一般的じゃないんでしょう。俺の将来はどうしてくれるんだ?なんて全く考えていませんし、ただの理想論者、夢想家と同じですね。

また世界の中の日本、あの戦争の捉え方もこだわりがありすぎるのかもしれません。安倍さんが心の中に隠しているもの(でもたまに出す)と次世代の党が主張していることと私の基本的な考え方は非常に似ているのですが、今回の選挙はそういう考え方にノーを突きつけられたようで、内心は打ちひしがれています。(笑)

過去のことは過去のこととして前に向かって歩いて行けば良いのですが、私はやっぱり過去の精算が行われていないと思うんです。だからはっきりした将来のビジョンが持てない。そしてマッカーサーが日本に来て、日本に育っていた思想を根こそぎ引っこ抜いて、新たに撒いた外来種が今しっかり根を張って大きな木になっている。そして多くの国民は、日本が極悪非道の侵略国家だと信じている。

いや、そうじゃないとしてももうそれに慣れきっているのか、それは過去のことと割り切っているのか、その辺が私にはわからないんですが、日本が独立した国に戻ろうという気がないのは確かな様子。まだ戦後が終わっていないように感じます。

そもそも昔に戻るという言葉を使うと、それは軍国主義だの右翼思想だの決めつけるアホがいる。私に言わせればアメリカも韓国も中国も世界の多くの国々こそが軍国主義の右翼国家に見えるわけで、日本人みたいに自国を蔑み、自国の安全保障も考えない、海外に何か言われるとビクビクして迎合するほうが異常だと思うくらい。しっかり負け犬根性が染み付いているように私には見えます。

でもそれだけ日本人って温和なのかもね。したたかさがないのが美徳、民度の高さだいう価値観がある。

それでいて外国とか外国語には憧れなんだか劣等感なんだかしらないけれど、どうも弱い。だからグローバルなんて言葉が大好きで、醜いアヒルの子が白鳥に変身できるような気がするんでしょう。でもグローバルというのは元にナショナルがあるわけで、そのしっかりしたナショナルを持たないグローバルって、結局、無国籍で特徴がなく、自分の足がどこに着いているのかもわからない、ただの難民と同じだってこともわからずにグローバルグローバルとお題目を唱えるのね。これほど浅はかなことってないんじゃないかと思うくらい。

でもそれがまた日本の国民性なのは海外在住の日系人を見るとすぐにわかる。アメリカはロサンゼルスのリトルトーキョーは韓国人に取られたらしいし、ニューヨークには何人街というのがいくらでもあるのに日本人街はないし、自分の子供たちに日本文化や日本語を教えない家庭が多いし、日本を捨てるのが好きな民族。不思議だわ。

でも私の子供たちはきっと彼らと同じになる。まだ孫はいないけれど、孫とは英語で話さなくてはならなくなる可能性大。だったら海外になんか出なかったほうが良いのかとなるけれど、それを想像するともっとゾッとする。(笑)

私としては日本男児として海外に散らばって欲しいという願いがあるんだけれど、それも儚い夢なんでしょうね。

これからの日本、一体どうなるんだろう。100年後を見てみたい。まだ存在しているのかな?

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

選挙が終わりましたね~~” への2件のコメント

  1. 在日韓国人や中国人に対して日本人は
    上から目線の感じがありますが
    日本人に対して西洋人はどんな風なのでしょか?
    アジア人は一派一絡げでしょうか

    和食ブームで日本の食文化が見直されてるとか
    アニメファンやコスプレ人気など
    日本びいきのニュースは聞かれますが

    黒人ほどの人種差別はないと思いますけど

    • コメントをありがとうございます。

      おっしゃるような表面的な差別というのはかなり減っていると思います。また日本人はアジア人の中でも特殊で「受け」は良いと思います。でも表面的なものって、所詮それだけのものではないでしょうか。

      例えば男女間の関係だとしても、「遊ぶには最高の相手」。でも「結婚?冗談じゃない」みたいな関係が根っこの部分にはあるんでしょう。ただこれは人と人の関係じゃなくて、国対国の関係の話。

      太平洋戦争が終結したとき、「日本は野蛮で暴力的で他国を奴隷状態にする侵略国家」という「決め事」が出来、日本はそれを受け入れて署名したんですね。そしてその歴史観の上に世界秩序が構築されたわけです。

      ですから「なぜ戦争に向かったのか」も「戦争を仕掛けた勢力」も「勝者側の蛮行」も全て免罪となったわけです。日本だけが悪者になった。

      こういう価値観は日常生活には出てこないのが普通で、外交でも表面的には出てきませんが、アジアのある国々は事あるごとにそれを言いますよね。だからおかしいのはあの二国だと日本人は考えてしまいがちですが、実はそうじゃなくて「世界」が日本をそう見ているということを忘れてはならないと思うんです。

      慰安婦問題もなぜ諸外国で「日本が悪い」という方向で広がるかも、それが根底にあるからでしょう。そして日本がそれに対して何か言っただけで「歴史修正主義者」と断定される。つまり、「お前だって同じじゃないか」という発想は許されないんですね。悪いのは日本だけ。

      でも多くの諸外国の国民も、メディアも学者も、「そういう決め事」をしただけで「本質は違うところにある」のはわかっているわけです。でもそれを認めると世界秩序が壊れるんですね。また「自分たちの悪行」も表に出てきてしまうわけですから、日本の言い分を認めるわけにはいかない。

      日本は世界に認められている部分も多いですが、でも決して「仲間」ではないし、認めているのはある一部分の話であって、国として同等だとは見ていないわけです。

      もし日本が国連の「常任理事国」になるようなことがあれば、「世界は日本を許した」ことになると思いますが、まさに国連では「第二次世界大戦の戦勝国」だけが力を持っている(彼らのみが常任理事国)現状を考えますとその時は来ないであろうと私は考えています。

      でも面白いと思うのは、最近の日本の若者の中には「日本がアメリカと戦争をした」ことさえ知らない人が増えているらしいですね。これは世界的にも同じかもしれません。いつの日か、「日本とアメリカが戦争した?」「日本が奇襲攻撃をした?」「日本が極悪非道の侵略国?」そんなことは嘘だろ?何かの間違えだろ?と思う人たちが世界に増えるのかもしれませんし、そういう方向へ持っていくしか無いのだと多くの日本人が考えているのだろうと思っています。

      その作戦もうまく行っているように見えるわけですが、「日本は極悪非道の侵略国家」だといつまでも言い続ける国があるんですね。「歴史を忘れてはいけない」(でも自分の非道は認めない)と。でもこれはそれが真実かどうかなんてのはさほど関係なくて、そういう日本に対する嫌悪感、敵対意識を常に持ち続けていないと「その国が維持できない」国が存在すると考えるべきだと思っています。

      日本が世界に受け入れられるのに100年掛かるのか500年掛かるのか、あるいはその前にまた世界は大波乱に巻き込まれるのか・・・。

      ただ問題点が残ります。日本は極悪非道の国だから二度と悪行が出来ないような「平和憲法」を日本に押し付けたんですね。あの時点ではそれでよかったのかもしれませんが、日本をそういう「変わった国」にしてしまったことによって、逆に「世界の問題に日本は関わらないで良い」という風にもなってしまった。そしてそういう状態を日本国民が「平和」だと勘違いし、「世界で起きていることは他人ごと。関係ない。対岸の火事」と思うようになってしまった。

      そしてその状態を保とうとする日本人が大多数だということ。この異常さに気がつかない日本人は多く、「普通の国」になろうと言う政治家が出てくると「戦争をするのか!」と大騒ぎする。また私みたいなのは狂った右翼と言われる。

      子供がそのまま大きくなったような国。それが日本だと思っています。

      日本には「見ざる聞かざる言わざる」を良いことだと信じる価値観がありますよね。それと今の日本がおかれている状態ってしっかりマッチしちゃうんですね。ですからこれを変えて「普通になる」のはかなり難しいとも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *