グローバル化を讃えるのはもうやめてくれ~

どうにもこうにも「グローバル化」という言葉が好きな人が私の周りに多すぎて、ホトホト困っています。またネット内でもメディアも、また政府でさえ「グローバル化」が良いことだという前提でいるのがわかる。

ただ私としてはこういうおかしな人達はグローバルの意味とインターナショナルの意味がごっちゃになっていると感じます。これって似ているようで全く違うんですね。

国で言えば、それぞれはナショナル。これが交流を活発にしてお互いの個性を理解してうまくやりましょう、というのがインターナショナルだと理解しています。インターコンチネンタルは大陸同士の交流だし、インターステイツは州の交流。学校もそうですよね。インター校と呼ばれるのはインターナショナルから来ている。各国の学生が集まる学校。

ではグローバルって何かというと、ナショナルの対極にある言葉なんですね。地球を意味して使われる言葉ですが、「世界」を一つの単位として見る考え方。ですからそれは国それぞれの「ナショナル」、「個性」を否定する考え方とも言える。

もし学校でグローバル校というのがあるとしたら、そこでは各国籍とか各言語、個性はないものとするという学校だということ。それぞれの違いは無視して、ひとつの統一した基準で皆が同じという考え方。

これは平等を意味しているようにも思えますが、例えば男と女には明確な違いがあるのに、全く同じものとして見るというのと同じ。権利に関しては同じですが、同一視するのはおかしなことであるのは誰にでもわかるはず。つまりですね、男女別のお手洗いや銭湯を否定する考えなんですね。

私がグローバルという言葉からすぐ連想するのは「規格」です。世界にはインチがあったりセンチがあったり、そういう尺度だけじゃなくて山のように規格がある。でもこれじゃ違う国同士で交流が出来ないわけだから、統一規格を作りましょうよとなるのは当たり前。世界で統一しようという考え方も出てくる。これがまさにグローバル規格であって、各々の規格(個性)は捨ててくださいって意味なんですね。

人間とて同じで、グローバル化というとことは、どこの国、民族、言語、文化、伝統、そういうものは横においといて、皆で共通のものを持ちましょうってこと。

それは素晴らしいことだと思うお目出度い人もいるのかもしれませんが、そうだとするなら「個性を大事にしましょう」「伝統文化を伝承しましょう」って何?

ですから、我々が目標とするべきものって決してグローバル化じゃなくてインターナショナル化であるのが簡単に分かるはずなんですよ。でもその違いがわからずにゴチャ混ぜて使うとわけがわからなくなるんですね。

確かにインターナショナルなんて言葉は古臭くて使い古されていて、何だ?今頃みたいな感じがします。でもグローバル化ってなんとも新鮮で素晴らしい物のような印象がある。でも中身はまるで違うってこと。

そして気をつけないとならないのは、「規格の統一」でもそうですが、グローバル化(統一)を言い出すのは常に「強者」だってこと。「俺の規格に合わせろ」というのがグローバル化を言う人の正体。そうそう、すぐアメリカが頭に浮かぶでしょ?TPPも同じ。

つまり、グローバル化を言う人は、本来皆が納得する統一化を果たそうなんて考えていないのが普通で、「俺に合わせろ」をうまい言い方をするだけ。

でもこれまたお人好しの日本人はそれに乗っちゃうのね。これが流行りだ、これが世界の方向性だと思っちゃう。

アメリカは横に置いといて、アジアとか他の国を重視して、そこに溶け込もうとするのをグローバル化だと勘違いする人も出てくる。それはその国の「ナショナル」に近づこうとしているだけで、グローバル化でもインターナショナル化でもないんですね。

いやいや、その国は世界の中の一国であるから、そこでうまくやっていくのはグローバル化、インターナショナル化に繋がると。

でもこれも勘違いなんですね。企業でも国でもそうだけれど、やっぱり本来は「ナショナル」が基本なわけですよ。外務省だって「グローバル課」ってあります?北米、南米、アジア、いろいろ部署があるじゃないですか。結局そういう風に分けてその分野の「専門知識」が必要なわけで「世界統一」されたものなんかないんですね。

グローバル化とは個性とか専門性を否定する一面があるのを忘れてはならないと思うんです。そして世界はひとつのグローバルだなんて考えている人はどこか変わっている理想主義者だけでしょう。

でもいつかは世界が一つになる時がくるかもしれない。それは日本がかつて俺は会津だ、薩摩だと言っていたのが、今ではそういう人がほとんどいないのと同じで、世界でも「日本人」というのが「横浜生まれ」と同じような意味しか持たない時が来るかもしれない。

でもそうなる過程に「インターナショナル」という状態を必ず通るんですね。俺は会津、お前は薩摩、だから一切関係ないというところから出発し、次に、お前と俺とは価値観も違うけれど、お互いそれを認めて、理解しあってうまくやっていこうやという状態が来る。これがインターナショナル化。そしていつの日にか、会津とか薩摩とかって一体何の話をしているの?という未来が来る。これがグローバル化でしょう。

でも今の時代において、それを前提にするのは早過ぎるわけで、その前に「インターナショナル」の世界で「自分の個性」を失うこと無く、どうやって他の「ナショナル」と付き合っていくのか。それが重要であって、多くのグローバル化グローバル化と言う人達はそれを狙っているわけですよね。でも使う言葉を間違えている。

あるいは、世界が(強者の論理による)グローバル化しているのは間違いがないわけですが、その中で生きていくには「グローバル人間」になるんじゃなくて、「インターナショナル化」「マルチナショナル化」した人材が必要だと言うべきじゃないでしょうか。逆に自分の中の「ナショナル」を捨てた人間はまるで使い道がないはず。いや、大きな組織の小さな一つの歯車としては使いやすいのかもですね。

またグローバルな社会に将来なったとしたら、次に出てくる流行り言葉はなんだと思います?それはリージョナル化だと思うんですよ。地域とか地方とかって意味だと解釈していますが、「世界統一」されたものしか知らないやつは、ある地域や国の特殊性を理解できないから使い道が無いということが起きる。グローバル化とは最大公約数でしかないってことなんですね。

世界は多様化しているはずで、その中で「グローバル化」というひとまとめにして一元化する考えは逆行しているとも言えるはず。

グローバル言語が英語だとして、それしかわからない人は「グローバル」な世界では良いでしょう。ではリージョナルで通用します?世界中、どこでも大丈夫?チベットの山奥に行って、英語を話し、グローバルとされる規格を押し付け、会計基準はこれが常識だとか、そういう馬鹿なことを言うのが正しい?

ここでもフト、アメリカが頭に浮かんだでしょ?

つまりグローバル化なんてのはアメリカが言い出した、彼らに都合の良い「言い回し」でしかないってことなんですよ。

私は、それぞれの個性や伝統文化を大事にし、お互いにそれを尊重し合い、「人は違って当たり前」の社会が良いと思っていまして、スポーツをする時には同じルールを知らないと話しにならないけれど、そのルールが世界共通、唯一のものであると考える「グローバル化」とはいかにくだらない思想であるか、それを多くの人に考えて欲しいと思っています。

私が思うに、グローバル化でもない、インターナショナル化でもない、マルチナショナル化をこれからの若い人たは目指したら面白いんじゃないでしょうか。日本のこと?当然俺に任せてくれ。マレーシア?ああ、それも俺の得意中の得意。あとオーストラリア、ニュージーランドに関しても俺の専門範囲。とかね。(笑)

キリスト教もイスラム教もヒンドゥ教もいろいろある世界で、「真のグローバル化」が起こるのはきっと何百年も先の話で、今の時点では、まず一つの確固とした「ナショナル」を持ち、それと同レベルの理解を複数持っているマルチナショナル化が時代のニーズであって、グローバル化なんてのは本来誰も必要としていない絵に描いた餅。

国際人なんて言葉も同じで、そんなカテゴリーは世界のどこを探してもないし、それを目指すということは「自国を捨て」「他の個別の国のこともわからず」、「世界はね~~~~」と自己陶酔している難民と同じ。(笑)

目指すのなら国際人なんて言わずに「マルチカルチャリズム」の方向で行くべきじゃないんですか?

でもそんなこともわかっているんですよね。でもそれを「国際人」と言っては違う意味になるってことです。実は海外在住者の中でこの言葉を使う人は馬鹿にされる傾向があるのを知っておくのは良いかもしれません。海外在住者、海外で育った子供たちの中で「俺は国際人だ」と思う人って皆無と言って良いはず。

でも「マルチナショナル」「マルチカルチャー」という意味においてはそれなりの理解はあるわけです。ただ、グローバルなんてことを考えて基本中の基本である「ナショナル」を軽視すると、わけのわからない存在になってしまう。

こんな言葉の使い方なんて大した問題じゃないと思う方もいらっしゃると思いますが、まず言葉上で自分が(自分の子供が)何を目指しているのかはっきりさせることは重要だと思います。なんとなく「海外経験があれば・・・・」なんてのじゃどこに流されていくかわからなくなるはず。ましてや「英語ができれば・・・」なんてのは愚の骨頂で、日本に住み、あるいは育ちながら「日本語が出来れば・・・・」なんてことは誰も思わない。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

グローバル化を讃えるのはもうやめてくれ~” への7件のコメント

  1. この記事を読ませて頂いて、英語が第一言語の義理の姉が「我が家はコスモポリタン・ファミリーよね!」って言っていたのを思い出しました。
    ちょっと検索したら、こっちのほうが日本人で「グローバル・グローバル」って騒いでいる人たちが思い描いているものに近いのでは?と思いましたが、、、やはり「根無し草」の意味もあるようですね。

    話は別の記事のことになりますが、ご年配のロングステイの方々がマレーシアでの子育てをお勧めされている事例があるとはオドロキでした。そうやって気軽に勧める方は根無し草になってしまったら「英語(外国語)ができる」だけになっても何にもならないということが根本的に分かってないのでしょうね。だから、学業成績はどうでもいいからとにかく英語を…となるのでしょう?そして日本語さえ習得できなくなる危機が迫っている事に気が付かず、英語に加えてあたかも”楽に”マレー語も中国語も習得できる、、、と思わせるような触れ込みは絶対にやめて頂きたいと思います。

    • こびたさん、お久しぶりです。やっと出てきてくれましたね。これを書いたらこびたさんが出てくるかな~なんて思いつつ書いた日記が結構あります。(笑)

      ま、こびたさんと私のやりとりって「同じ考えを持つ者」が勝手に盛り上がっているように見られるかもしれませんが、私としてはいつも「孤軍奮闘」しているように感じているのでこびたさんが出てくると嬉しいです。

      どの国に育っても現地の言葉を修得するのは当たり前の話で、日本人が日本に住み、「うちの子はちゃんと日本語を覚えてくれれば良いなぁ~」というのと全く同じだってことがなぜか気が付かないんですね。大事なのは外国語だと思い海外に出て、そして日本語が今度は外国語になるのがわかっていない。いや言葉じゃなくてグローバルな世界で生きる能力だという人も多いですが、それもまた勘違いなのはこの日記に書いた通りだし、そもそも言語や仲間とうまくやる能力以上に個人の個性的な能力を伸ばさない限り、どこに行っても意味が無いですよね。

      私はですね、海外に出る多くの人達の本音は「緩く育てたい」ところにあるんじゃないかと思っています。大人がアクセク働きたくないというのと同じで、日本の教育環境そのものに不満を持って海外に出る人が多いんじゃないでしょうか。でも海外に出ると競争社会そのものでびっくりするんじゃないでしょうかね。

      ただですね、こびたさんの最後の意見には私は反対なんです。

      「、、と思わせるような触れ込みは絶対にやめて頂きたい」これです。私も「・・・・はやめてくれーー」と書いてヤバイと思っているのですが ^^;、「黙れ!」という権利は誰にもないんですね。そうじゃないと、誰かが私に「黙れ!」と言ったら黙らなくてはならなくなります。(笑)

      だからあるべき姿は「それぞれが思うことを主張できる」ことが重要であって、違う!と思うときには違う!と主張すれば良いのだと思います。ですからこびたさんにはどんどん主張して頂きたい。その時には是非このブログを利用してください。私も書くネタがなくて困っていますから。(笑)

      楽しみにしています。

      • そうですね。どんなに「やめてくれ~!」って思ってもそれは言わないほうがいいですね。それじゃ、自分の思ったことも言えなくなる。。。
        実は、さっきのコメントちょっとキツイかなって思って、カッコ書きで「努力すれば出来うる」とでもいうならまだ許せるんですが、、、って書いたのを余計なことかな?と思って消してしまったんですよ。
        まあ、それでも、その時は「やめてくれ」も消すという発想はなかったので、やっぱり不合格ですね。(笑)

        • ですね。たま~~にこのブログでも「黙れ!」みたいなコメントを頂くのですが、「読まない権利」を行使してもらうしかないですね。

          コメントは一度投稿すると編集が出来ないようになっていますが、私の日記はいくらでも書き換え可能。\(^o^)/

          でも出来る限り、墓穴は墓穴として残そうと思っています(笑)。消さずに取り消し線をつかうとか。これって自分に対する戒めでもあるし、また後で読んだ時にその時の感情がわかるのでそれはそれで面白いと思ったり。(笑)

          コメントも同じで、もし間違えたと思ったら書き足してください。

          よろしくお願いします。

          • 書き直しが出来るんですね。
            じゃあ今度投稿したあとで気が変わったり、誤字脱字などに気がついたら試してみようと思います。しかし、それをどうやったら出来るのかが私には分かりません、、、。どのような仕組みになっているのですか?

            話は前後しますが、こびたが出てくるかもしれない日記っていうのウケました!確かに一言何か言いたくてしょうがなかったモノいくつかありましたよ~。でも、ぐっとこらえてました。だって、結局過去に書いたことと同じようなことばかりになりそうなので。(現にそうなっているし、、、)

            • ちゃうちゃう、書き直しが出来るのは私だけという意味です。

              こびたさんが出来るのは書き直しじゃなくて、新たなコメントに書き足すだけ。

              そういう仕様になっていますので申し訳ないです。

              「結局過去に書いたことと同じ」ってのは私がまさにそれで、同じようなことを何度も何度も書くシツコイジジーですわ。(笑)

              そういえば、しつこさっていう意味では私はかなりのもので、現代には「ストカー」という言葉がありますが、私が若い頃はなかったんですよ。

              で、ヨメさんがニタニタしながら言うんですわ。「あんたってストーカーだったわね。今なら捕まっている」って。(笑)

              関係ないか・・・・ m(__)m

              • ありゃ、勘違い!
                もう一度よく読んでみたら、コメントは編集できない、書き足して、、、ってお書きになってました~。私の国語力もマレーシアで徐々に退化か?(他人のことを心配している場合ではない!笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *