安倍は嫌い!

読者からメールを頂きました。

「期日前投票行きました。安部は嫌い。戦争する方向に向かってるし、生活は苦しい。」

だそうです。

うーーーむ、ですねぇ。戦争したい人っているんでしょうか。また安倍はそういう方向へ持って行くと喧伝する人、政党がいるんでしょうね。

私はいつも書いているように9条は改正されるべきと思っているんですが、それは前にも書いた通り、戦争するしないの理由を「9条」を盾にして「憲法でそう決まっているから」という逃げ方が我慢できないのです。「家訓だから」「父の遺言だから」というのと同じで、自分の意志はどこへ行ってしまったんだろうと思うんです。

でも「9条は我々の意志だ」という生き方も当然あるわけですが、兵は出さずともお金を出せば同じことだと思うんですよ。では「金も出さない」が通用するのか。私にはそこがわからないわけで、表に見えるだけでもアメリカは何かあればプレッシャーを掛ける国で「君がそう決めたならそれでいいよ」って国じゃない。

アメリカは別にして、近場で何か起きたりしても知らん顔していれば良いのか。もし日本の領海侵犯だけじゃなくて領土に上陸してくる国があったら「やめてくれ」で良いのか。

近年、巷で流行った言葉ですが「お前、調子に乗っていると【話し合い】するぞ!」と言えば相手はびっくりして引っ込むのか。

私の考えでは自衛するのが当たり前で、どこかの国が必ず助けてくれるのが前提の国って変だと思うんですよ。集団的自衛権も当たり前の話で、「もし我々に何かあったらアメリカの若者の命を賭して我々を守ってくれ」という日本が「アメリカに何があっても助けない」が通用するとは思えず。また国際社会が決めた「制裁」に「戦闘」も入っていた場合、日本だけが「ちょっとその戦闘だけはご勘弁いただきたく・・・」と言えるのか。

でも理屈で考えると私みたいな考えになるのが普通だと思うのですが、でも「理外の理」というべきか、何かブレイクスルーというか違う理屈があるような気がしてしょうがないんです。私のこの理屈はあまりにも簡単、単純すぎるような気がするんです。

ある一目をおいている評論家がいるんですが、彼は「9条を持てた日本はラッキーなんだから、それを利用するべき」という現実的な考え方を持っています。これはこれで一理あるんだろうとも思うんです。また日本は間違いなく世界が決めた「日本は野蛮な侵略国」というカイロ宣言、それを踏襲しているポツダム宣言、そしてサンフランシスコ講和条約を飲んだわけで、「野蛮な侵略国」は事実であると認め、それが世界の歴史の1ページにしっかりと記されている。

これが世界中のコンセンサスなわけで、本来なら自衛隊さえも持たない日本が「あるべき姿」なのかもしれないし、今の状態でもガタガタ言われるくらいですから、9条改正とか戦後レジームからの脱却なんてことは絵空事なのかもしない。また世界がそろそろ許してやろうと思っても、日本国民はこの居心地が良いぬるま湯状態から出るのを拒むのかも。

最近世間でよく出てくる「コンプライアンス」という言葉ですが、これは「法令遵守」ですか。これが大事だというのはアタリマエのことで、ケースバイケースなら法律はいらない。そして日本は「極悪非道の野蛮な侵略国」という決定を認めて飲んで、それがあったからこそ復権できた。それを今になって戦後レジームからの脱却だとひっくりかえすのは条約違反、法律の概念がない国、「歴史修正主義」と言われてもしょうがない。

ま、今でも表向きは国際社会とうまくやっているように見えているし、表立って「日本は野蛮な侵略国」だなんていうのはいくつかの国だけで(彼らはそう言わざるをえない状態にある)、もしこのままのらりくらり未来永劫やっていけるならそれが一番で、9条に関してはいつでも捨てようと思えば捨てられるのだから、あえて慌てることはないという考えもあると思うんです。

私としては戦争に関して、戦闘そのものには参加しないけれど間接的には参加している日本が、平和主義で戦争を放棄した国だなんてシャーシャーというのは潔くないと思うんです。こういう調子の良い奴って日常にはいくらでもいるわけですが、自分の祖国がそれじゃがっかりなんてもんじゃない。私としては日本はちゃんと自立して欲しい。

でも白黒はっきりしたほうが良いというのは、まさにそれこそが「ガキの考え」のような気がしないでもなし。

ただひとつ言えることは、日本が今のような国になることを望んで、ご先祖様たちは自分の命を投げ打って日本を守ろうとしたのではないということ。これだけはハッキリしていると思うんです。でもそういう死に方をしたご先祖様達がそもそも間違えていたんだよと言われれば、そういう考え方も成り立つのかと思ったり。

今の世界史における日本の立場は「冤罪」だと右派は主張するわけで、確かに全ての責任を日本だけに押し付けて善人面するアメリカを始め、日本を悪者にして、そういう極悪非道の国と戦って独立して建国したのだと、それを愛国精神の柱としている国が存在している重さを考えると、「冤罪」は「冤罪」として受け入れて生きるのもひとつの生き方かもしれないと思ったり。私一人我慢すれば世界は丸く収まるってやつです。戦争とは正義と正義のぶつかり合いで命を賭けて戦い白黒を付けた。で、日本は負けたわけで、あたかも引き分けだったような、お前もずるかったみたいなこと言い出すのは意味を成さないと思うんですよ。そういうのもひっくるめて白黒を付けるのが戦争で、負けた奴に言いたいことを言われたら、何のために国民の命、国の威信を掛け戦ったのかって話になる。

でもそれもまた日本的な考え方かもしれないと思ったり。世界の他の国ならもっとうまく立ちまわることを考えるはず。

ま、そんな感じで、自分が思う理想の日本というのがあるのですが、それを追うのが良いことなのかどうかはわからず。ただ自分=日本だと考えた場合、私は今の腰抜けで自我も自尊心も何もなく、金ばかり追いかける国を放置することは絶対にしない。だから安倍さんを支持するわけです。

憲法改正に関してひとつの妥協案があって、それだったらよいかなと思うんです。それは

「9条は改正せず、平和主義は貫く。しかしもし我が国に武力を持って威嚇、侵略する勢力があった場合、直ちに憲法を改正し、攻撃的戦力を持ち、核装備をする」と世界に宣言する。なーーんてね。これも無理ですねぇ。

こんなだらしのない自分であるのが恥ずかしいです。ご先祖様たちはきっと泣いているんでしょうねぇ。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *