週明けが楽しみ 【相場】

日経平均ですが、選挙の結果を受けてどう動くのでしょうか。

Nikkei225 CFD Day chart

2014-12-13_12h36_53

今の時点で「この選挙」で利益を出そうとポジションを持っている方もいらっしゃると思いますが、私の相場との向き合い方で言うと、「そういう考え方では相場には勝てない」という考え方であるのは読者の方はもう理解なさっていると思います。

相場の動きとして「過去のこういう時にはこう動いた」という経験や統計を元に作戦を練る方が多いと感じるのですが、これって初心者は誰でも考えるあまりにも単純な方法で、世界中の人が同じことを考えているのをまず知る必要があると思います。自分だけがそのパターンに気がついたなんてことは、普通はないと思ったほうが良いと思います。

逆にプロはその素人衆の動きを見ていて、どこで刈り取ってやろうか虎視眈々と市場を見ているわけで、よく言われる「日本人はAUD/JPYを買うことしかしない」のを見ぬいて「Mrs Watanabe」を刈り取るのが好きなプロも存在するんですね。

結局ですね、「こういう時にはこう動く」というのは統計ではその答えが出るのでしょうが、そもそも相場は統計で利益が出るのかどうかということを考える必要があると思うのです。

私としてはそれで利益が出るのであるならば、理系の頭脳を持ち、世の中にはスーパーコンピュータもあるわけですから、その人達は皆大金持ちになっているはずなんですね。いや、それが現実かもしれませんが、私はそういう方向ではまるで考えていません。その理由は簡単で「相場は生き物」だと思っているから。

つまり、恋愛と同じで、「こうすればああなる」なんてことが通用する世界ではないと思うってこと。でも通用することもあるんでしょう。でもそれに没頭して「恋愛論」を研究し、しっかりした統計を取れば恋愛は成功するのかどうか。私は疑問を持っています。

また「こういう時には相場はこう動く」という考え方って「XX会社の新製品は凄いらしい」とか「M&Aが動いているらしい」とかそういう早耳筋の情報を耳をダンボにして追い求めて売った買ったをするのと同じなんですね。だから初心者は普通の新聞ではなくて専門誌を読みあさったりするわけですが、ま、それで利益も出ることがあるんでしょう。でもその情報の発信者は「情報を売って儲けている」のを忘れてはならないと思います。競馬で破産する人はいるけれど「競馬新聞」は破産しないと言われているのと同じ。(笑)

ただ私が考える「あるべき方向性」はそういうことではなくて、つまり、「競馬の予想屋」から情報を買ったり、あるいは「自分が予想屋」になってはならないと思うってこと。

これに関する相場の格言で「当て屋になるな」というのがありますが、私もそのとおりだと思っています。

大きな指標が発表されるときには大きく相場が動きますが、その数値を予想したり、世界経済を分析してみたり、そういう難しいことをしないと儲けられないと信じている人が多いですが、それも違うと思っています。

簡単に言いますと、もし釣りをすると仮定した場合、今、大物が釣れているとか、大群が湾に入ってきたらしいとかそういう情報を得ようと耳をダンボにしたり、あるいは自分で常に海を見ながらそれを監視したり、そうしなければ釣れないと思うのと同じだと思うのです。でもプロはそうしているじゃないかと思うでしょうが、プロならそれで良いわけです。でも自分がプロの漁師と同じ知識、経験、ノウハウ、そして必要な器具を全部もっているかというとそうじゃない。

だからプロがやることを真似するんじゃなくて、「今の自分にできること」を理解して、まずそれを徹底的に磨くのが大事だと思うんです。プロの漁師じゃないんですから、大きな専用船が沈むくらいにイワシやサンマを獲らなければならないわけでもないし、手漕ぎのボートで海に繰り出し、アイスボックスに入る程度釣れれば上出来ですよね。

そうだとすれば、プロが大きく動くときには「彼らが起こす波に自分は翻弄されるだけ」だというのもわかってきます。

つまりですね、何かのイベントがある時に、それに乗って自分も儲けようという考え方そのものに問題があるってことなんですよ。素人の釣り師はプロが行かない海域で、プロが馬鹿にするような魚を、そんなんじゃ商売にならないという大きさと量の魚を釣れば良いわけで、そうだとすればそれに合ったノウハウがあるんですね。

それを知ることが素人が相場で勝つ唯一の方法だと私は考えています。

今の時点でポジションを持ってワクワクしながら「さてどうなりますか~~」と思っている人はその辺をしっかり考えるべきだと思います。

私?

こういう時には高見の見物です。(笑)

でもま、遊びのつもりでやる分には良いと思います。でもそういう手法で食おうなんて考えるべきじゃないし、そういう「遊び」って面白いですからどんどん深みにはまる危険さがあることもわかった上でやる必要があるんじゃないでしょうか。

波乗り、サーフィンも同じで、ちょっとできるようになるとどんどん大きな波に乗りたくなりますよね。危険があっても興味のほうが勝つ。その方がワクワクドキドキするし、乗りこなせた時の感激は半端じゃありませんから。これは誰しも同じで、相場も同じなんですね。ですから遊びでやるならそれも良いでしょう。でももし波乗りで利益が出るとして、波に乗った距離が問題だとしたらどうします?自分が乗りこなせる小さな波を見つけてそれを繰り返したほうが良いですよね。それと同じだと思うんですよ。プロやハイアマが馬鹿にするような波で、それに乗っても誰からも拍手喝采も受けない波。でもそれに淡々と乗り続けることがアマが唯一生き残れる道だと思うわけです。

大きな波が来るのがわかっている時には、それに乗ろうと大騒ぎする人たちを見ている方が面白い。

「この波がどう動くのかは読めていた。儲けたぞ~~~」なんていうのを聞いて「良し!俺も」なんて思わないことが大事じゃないんでしょうか。(笑)

私は釣りが好きですから釣り情報を良く見るんですが、どこでも同じで「こんな大物が上がった」という情報は山のようにあります。でも私は、いつ行っても3、4匹の小型で良いからコンスタントに釣れるところはどこか?と考えます。でもそんな情報は巷にはないんですね。実はそれこそが一番大事な情報だと思うのですが、そういう情報を持っている人は他人には教えないのが普通。

ついでにUSD/JPY Day chart

2014-12-13_13h46_22

MYR/JPY Day chart

2014-12-13_13h50_07

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

週明けが楽しみ 【相場】” への2件のコメント

  1. 相場のことは全くわかりませんが、例えば、ビーチからヒラメを狙う場合、常に移動する離岸流を探せ(見極めろ)というのと似たようなもんなんですかね?餌がよく入ってくる条件を見極めろ!のような。
    ところで、近くのラジコンショップが閉店するようなので、マルチコプターを買おうと思ったら、めちゃめちゃデカくて高いマルチコプターしか残ってなかったので今回は諦めました(笑)違う店のセールに賭けます。(笑)
    普通のヘリコプターはかなりの数があり、2mぐらいの展示品もありました。これ飛ぶんだよって言われましたが、買う人いるんでしょうかね(笑)
    関係ないコメでした。。。

    • そのヒラメの話と同じかもですね。

      結局、巷に流れているほぼすべての情報って、「なるほど」とは思うもののそれって最大公約数みたいなもんで、それをいくら学んでも目の前の個別の事象には対応できないんですね。

      ですから「この場所」で「こうやる」と「釣れる」という自分に合うパターンを見つけて、それを増やすという方向性しか生き残る道はないと思っています。

      みんなが「釣れねぇ~」とぼやいている中でどんどん釣り上げる人っていますが、餌とか仕掛けが本に書いてあるようなものじゃないんですよね。それと同じだと思います。

      えーと、ヘリコプターにしてもマルチコプターにしても普通の店舗で買うと「商品種が少ない」「安くない」と思います。ただ、何かあったときの駆け込み寺としては良いと思うのですが、売りっぱなしの小売店舗も多いようで、なかなか難しいんじゃないでしょうか。

      HobbyKingという、世界的に大きなそっち関係の通販買者があるんですが、オーストラリアにも倉庫を持っていまして、そこはまぁまぁ良いと思っています。特殊なものでなければ裾野の広い商品群を扱っていますし、価格はかなり安いと思います。ちょっと見てみたらどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *