自民党の圧勝ですか。大義がない?

与党が優勢だと各メディアが書いているそうで、自民党は「慢心排除」の緊急通達を出したとのこと。

へ~~。

こういう与党優勢記事って、提灯記事じゃないんですよね。逆。優勢と書くと「それじゃ困る」「均衡しているのが良い」という人は少なからず居て、与党の脚を引っ張ることが出来る。

しかし自民党の勢いって凄いものがあるようですね。300議席を超す勢い。

私としては安倍支持派(自民支持ではない)ですからこれはこれでいいのですが、「この選挙には大義がない」という報道、政治家の意見、そして国民の意見が気になるんです。

私は、前に書きましたが、今回の選挙は「安倍」vs「財務省」の選挙だと思っています。国民の気持ちとしては「増税先送り」は当たり前、「それを安倍さんは【決めた】と言うだけで良い」というのが多く感じますし、700億円の経費は「無駄遣い」だと。「大義がない」という意見が多い。

でも消費税ひとつとっても、世の中の指導者層はどう考えているかといえば「増税賛成派」が圧倒的に多いんですよね。政治家もメディアも経済界も、組合まで賛成なんですから。もちろん国民の中にも「子供たちに負の遺産は残すな」という賛成派もいるわけですが、どうして指導層は賛成派が大多数なのか。ここが問題だと思うんです。

これは真に「そうあるべきだ」と考えているようには思えないんです。

そもそも8%になる前にも、増税しても大丈夫だなんて言っていた専門家が多い。影響は限定的だと。逆に国際社会での影響を言う人が多く、債権が売られる、信用が落ちる、国際公約だなんて麻生さんも言っていた。

でも事実は全く違った。金を刷り、それをバラ撒いても債権は買われ、しかし経済への影響はとんでもなく大きくて、株価は上がっているものの経済は安倍内閣が始まった時の同じレベルまで落ちてしまった。これって私は増税の影響だとしか思っていなくて、アベノミクスの失敗ではない。それどころか増税がなければ、離陸した飛行機が巡航飛行に乗れたかもしれないのに、そこに至る前に逆噴射をして墜落。今までの苦労が水の泡。

こういうことになるのは(私が思う)まともな学者や評論家は皆が予見して「絶対に増税は駄目」と言っていたのに、安倍さんは増税した。でもそれは安倍さんが強行したんじゃなくて、上げないとならない環境だったと思っています。いくらワンマンと言われる安倍さんでもそれが出来なかった。

そしてこれだけ経済が元の木阿弥になったのに、また再び増税しろという勢力のほうが圧倒的に多い。

なんなんでしょうねぇ。

増税したら税収が増えるわけじゃないのは明白で、商品を値上げすれば利益が出るのなら世の中の企業はみんな安泰。

私は黒幕は財務省だと思っていて、財務省は日本のお金の入口と出口を抑えている日本最大、最強の権力機構。中国共産党みたいな影響力を持っているわけで、いかなる政治家も企業も、財務省だけには頭が上がらない、というか怖い。

この存在が増税しろと言い続けているわけで、どうしたって世の中はそれに追従する。だからおかしいと思いますよね。次回も増税が正しくて、今の経済の落ち込みは「エボラ、デング熱、台風、火山の噴火が原因」と内閣府主催の点検会合で言った専門家(SMBC日興証券株式会社金融財政アナリスト) がいるくらい。

異常でしょ?

だから安倍さんとしてはどうしたって「これが民意だ」というのを示さないとならない。そしてそれは財務省に対してだけではなくて、自民党の中にも増税派はいくらでもいるわけで「わかりましたね?」と確認する必要がある。

彼らの安倍さんの脚の引張だって相当のものでしょうし、やっぱり選挙って政治の根本ですから、民意ははっきりしていると念を押す必要があると私は思うんですよ。これは(増税派だった)民主党に対しても同じ。

国民から見ると政治家も閣僚も官僚も同じ国ですから、その中で何が起きているのか、力関係も見えない。でもその中で、ここははっきりさせないとならないものがあったと私は考えています。

昔、みんなの党の渡辺氏が自民党時代に公務員改革に乗り出して、結局駄目で泣いていたのを思い出しますが、私は安倍さんは「誰もやらなかった」財務省に対して挑戦状を叩きつけたと思っています。

それと今までのことですが、集団的自衛権は閣議決定ですし、秘密保護法もそろそろスタートしますし、それに関しても大騒ぎしたわけで、それに対する国民の審判も必要だと思うんですよ。自民党は「原発推進派」ですから、それだけを取っても、「選挙で決めろ」という声が出てきても良いはず。

だから「大義がない」という人のほうが私には理解できないわけです。争点がなくて困っている野党がいうのなら良く分かる。でも国民までそういうって何かおかしいと私は思うんです。

そういえば、都知事選挙の時に、都知事の仕事ではない「原発問題」だけに注目して大声を上げて立候補した人がいましたっけね。それを押した大物もいた。彼らはこの大きな選挙でどうするつもりなんでしょうか。あの時の信念が本物なら、今こそ新党でも作って勝負に出るのが普通だと思うんだけど・・・・・。

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *