久しぶりのローストビーフ

久しぶりにローストビーフを作りました。私が食べたいというよりいつも夜中にゴソゴソやっている長男が好きな時に食べられるように。

もちろん低温調理ですが、私が食べるとしたら55度でかなり長い時間調理したいのですが、長男は私ほど真っ赤っ赤の肉が好きじゃないということと、赤いと「生だ~~~~」と騒ぐ嫁さんのためにも今回は58度で2時間半にしました。

肉はスーパーで売っている普通のローストビーフ用のブロック。何種類かの味付けがすでになされているのですが、今日はいつものと違う味を選びました。

クラシックスタイルのこと(いつもはオニオン&ガーリック)。1キロ13ドル99で約1.382キロ、19ドル33の肉。日本で言うグラム140円ぐらいの肉。

RX100-05226

2時間半後のがこれ。最初に焼いていませんので、茹で肉と変わりません。ちなみにドリップは一切出ていませんし、かなりジューシーなのは間違いが無いはず。

RX100-05234

ここからしっかり焼き目を付けます。フライパン。その後に卓上コンロのガスボンベを使うバーナーで焼きました。

RX100-05237

その後、20分ほど休ませて切ってみました。

RX100-05239

おかしいです。58度にしては中が赤い。なんででしょう。これってミディアムレアの温度ですからもう少し火が入っていても良いはず。どう見てもレアにしか見えません。真っ赤っ赤大好き人間の私でももう少し火が通っていたほうが良いと思うくらいです。58度でこれって変。

でもいつもよりかなり柔らかくてジューシーで味も良く美味しいと思いました。どうも肉の部位が違う様子。ちょうどうまい具合に真ん中に脂肪が入っていてそれも良かった。

前回の55度のローストビーフはこんな色(下の写真)。でもあの時は55度でホールドすると1時間で2日間のエイジング効果があると聞いて5時間調理しました。今日は3度も高いのにこれより赤い。やっぱり時間ですかねぇ。おかしいなぁ・・・・。

この肉は同じようなローストビーフ用の肉で値段も一緒。でも肉質がまるで違うのが写真からわかりますかね。今日の方がかなり柔らかくて美味しい。

RX100-03513

ただですねぇ、今日のはちょっと塩っぱいんですよ。これってヒジョーに困るわけで、足りないものは足せるけれど、多すぎるものは引けない。こんな塩っぱいのは始めてなんですが、これがクラシックスタイルなんでしょうか。これでもし塩辛くないとしたら、きっと「オーストラリアで食べた一番美味しいローストビーフ大賞」を出せたのに、本当に残念です。

長男は「チョ~美味しい」と喜んでいたので、ま、いっかと。赤い肉だと大騒ぎするヨメサンですが、今日は文句も言わずに焼いて食べていました。 (笑)

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

久しぶりのローストビーフ” への2件のコメント

  1. ホームページ参考にさせていただき、ローストビーフを作成しました。
    北海道牛の交雑牛のモモ肉2.5キロで作りました。
    肉は前日に香味野菜で下味をつけて、室温に戻してターキー用のオーブンバックに入れて空気を抜き、今回 炊飯器のサンヨーECJ-HZ18 を使い58度設定10時間調理を行いました。
    10時間後少し落ち着かせてから、こめ油で周りをカリッと焼いて落ち着かせてから食べました。
    ドリップは500ミリ位出ていましたが写真の通り均等に熱もとおり、モモとは思えないぐらい柔らかくしっとりとできました。
    途中の炊飯器内の湯の温度は殆ど58度であった事に驚きました。
    カットはEK700の電動ナイフを使っています。切れが良いので、暖かいうちに食べられます。
    来年からは寒い台所のオーブンの前に張り付かなくて済みそうです。
    ありがとうございました。

    • おお、作りましたか?それもサンヨーの炊飯器で。

      いいですね~。私もそのサンヨーのが欲しかったんですよ。温度設定がちゃんと出来るのはサンヨーしかないんですよね。もう売っていませんがそういう炊飯器があるのを日本の友人に紹介したところ、どこかで探して買ってきた様子。いろいろ使い道があるでしょうね。

      電動ナイフですか~。本格的ですね。

      私の実験が参考になったとのことで、私も非常に嬉しいです。

      オーブンも間違いなく良いのですが、肉の大きさ重さが変わるとまるで変わりますから難しいですよね。芯温はばっちりでも周りは焼きすぎになったり、形がちゃんとしていないと均等に火が入らないし。

      低温調理ですといびつな形でも全く関係ありませんし、オニギリぐらいの大きさの肉を複数個調理するのもOKで、それを冷凍しておくという手も使えるし、幅が広がるはず。

      是非、また遊びに来てくださいね。また何か面白いことを発見したら教えてください。

      しかし、サンヨーのあの炊飯器をお持ちとは・・。羨ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *