韓国の唐辛子(粉末)って美味しいんですね~~

結構前から韓国の唐辛子は美味しいとか甘いとかそんなことを聞く機会はよくありました。でも私としては唐辛子は唐辛子だろうよと思っていたわけです。

ところがですね、最近、韓国料理も作るようになって、レシピ(ユーチューブ専門)を見ていると使う量が凄いんですね。おいおい、大丈夫かよと思う量。レシピを真似るにしてもそんなに唐辛子を入れたら「死ぬ」と思いますし(笑)、そんな大量の唐辛子なんて我が家にはないわけです。家にあるのはいわゆる「一味」であって、一振り二振りは美味しいけれど、大さじ3杯4杯入れたらどうなるのかは簡単に想像が付きます。そしてあるのはあの小瓶に入っているものだけで、大量の在庫なんか無い。

ということでいつも行く韓国食材店で韓国メーカー(どこ産だかは知らない)のを買ってきました。でもそれだって一番小さな袋で250グラムぐらい入っていて日本の感覚で言えば一生分かぁ?みたいな量。

でもま、それを使っていろいろ作っていますが、本当に日本の唐辛子みたいに辛くないのね。そして味があるのに生まれて初めて気が付きました。

単に辛さがマイルドなのかと思ったらそうではなくて、鍋物にしてもコクと言っていいようなものが出るんですね。出汁と一緒。これって新発見で、作ったスープというか鍋物みたいなのにちょっと物足りなさがあったんです。でもコチジャンを入れると甘くなるし、どうしようかと悩んで、結局辛さももう少しあっても良かったので結構な量の唐辛子を足してみたんです。すでに大さじ4,5杯使っているのにそれに大さじ3杯分ぐらい足しました。

うま~~~~~~~~~い。まるで味が変わりました。辛さも結構辛いですが飛び上がるほど、ベロが焼けるような、汗がでて止まらないような、そういう辛さじゃないんですね。そういう辛さは生の唐辛子が凄いわけですが、韓国の唐辛子って全く違う。

さすがに甘いとは感じませんでしたが、味があるのは確か。って唐辛子だけ舐めようとは思いませんが。(笑)

きっとそういう韓国の唐辛子にもいろいろあるんでしょうし、それを調べて凝ろうとは思いませんが、韓国の粉末唐辛子はかなり使い道がありそうなのでこれからは積極的に使おうと思いました。

そういえば昔見たテレビ番組で、京都の漬物の老舗が似たようなことを言っていたのを思い出しました。唐辛子が違うのだと。

もしかしたら韓国の唐辛子って、日本で言うカンズリに近いのかな?

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

韓国の唐辛子(粉末)って美味しいんですね~~” への7件のコメント

  1. 粉唐辛子もいいですが、粗唐辛子が好きでよく使います。
    ジョン・キョンファさんの「きょうも、おいしかったね。」という韓国料理レシピ本を
    持っていて、韓国料理はよく作ります。
    ここゴールドコーストで手に入る食材で作れる物が多いので、重宝しています。
    レシピ本によると、糸唐辛子、粗唐辛子、中唐辛子、粉唐辛子があって、
    いろいろ混ぜて使うみたいですね。
    また挑戦する分野が出てきたようですね。
    実験レポート、楽しみにしています。

    • へーー。

      祖唐辛子ってどんなのですか?洋物でいうフレーク?フレークだとしたら普通のスパイス売り場で買ったものを使っているんですが、やっぱり韓国モノとは違うんでしょうか。

      ああ、そうだ。実は糸唐辛子を探しています。どこで売っているかご存じませんか?飾りに使う程度ですが。

      韓国料理もわかってくると面白いですね。洋食の世界に近いのでびっくりしたし、逆に日本って肉のことは何も知らないんだなぁって思ったり。

  2. 「祖」じゃなくって、「粗」。
    「粉」ほど細かくなくって、もうちょっと粗いんです。
    タイ料理のドレッシング(砂糖、レモン汁、フィッシュソース、粗唐辛子)に使ったり、
    味噌味の鍋の時に、レモン汁とすりごまと粗唐辛子を薬味に、とか。

    糸唐辛子、わたしは Cocotte のそばの happy Mart という韓国食材店で買いましたが、
    いつもあるわけじゃないみたいです。
    サウスポートの韓国食材店で聞いてみたらいいんじゃないでしょうか?

  3. あ、ごめんなさい。質問に答えてませんでした。
    粗唐辛子、韓国の唐辛子です。
    韓国料理の和えものや、即席キムチのほかに、上のような使い方をしています。

    • どうもすいません。祖と誤変換したのは私です。

      なるほど。確かにあの細かい唐辛子ですと料理の中にいれることはできてもトッピングでは絵になりませんよね。私は洋風のフレイクは使っていますが、韓国のはどのくらいの大きさなんだろうか。ま、粉とフレイクの間の大きさが必要かどうかはわかりませんが。

      糸唐辛子ですが、今日もオーストラリアフェアの韓国食材店に行きまして、オーナーの奥さんに聞いても「無い」とのこと。もう一件の方はまだ調べていません。料理に使うというより飾りで使いたいだけなんですが。

      happy martですか。あの辺に行ったら寄ってみることにします。

        • なるほど。

          実は売っていたにしろ、もし結構大きな袋だったら買うに買えないんですよね。私の使いかただと「飾り」ですから量はいらない。

          あの韓国食材店の奥さんに、「乾燥唐辛子を刻んだら?」と言われ、それが大正解かと。 (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *