このコンドは臭いと有名らしい

買い物に行く時って大体同じ店に行くようになりますが、その内、店の人と顔なじみになって話をするようになりますよね。

私にも顔を見ると挨拶し、たまに言葉を交わす店員さんが何人かいるわけですが、気になることを言われました。

(店)「XXXXのコンドに住んでいるんですよね?」

(私)「はい。」

(店)「あのコンドって臭いんですってね?」

(私)「え?なんで?」

(店)「韓国の学生さんが凄く多いでしょ?だからエレベータホールまで臭いって。」

(私)「えーー、そんなこと無いと思うなぁ。」

(店)「そういう風に聞きましたよ。」

(私)「韓国人も多いけれど、中国人もかなり居て、もしかしたら彼らの方が臭う料理をするかも。いやいや、臭いがすると思うときって、中東の方のわけわからない臭いみたいだなぁ。でも美味しそうな臭い。(笑)」

(店)「へーーー」

ま、こんな会話だったんですが、私が借りているコンドが巷では臭いと言われているとは知りませんでした。そしてその理由は韓国人だと。

この話を聞いたのは韓国食材店ですから、人種的偏見が元になっているとは思わないのですが、臭いと思った人がその店員に言ったんでしょうねぇ。

実際に臭いのかな?

気がつかないなぁ。

慣れちゃったのか?(笑)

このコンドは大型の高層コンドが3棟並んでいて、近くに大学や専門学校、目の前には大きなショッピングセンターがあるのでかなり便利で、各国の学生がごっそりいます。半分以上は学生のはず。そしてその8割程度は中国人と韓国人。日本人は少数派。彼らのほとんどは留学生だからお国の料理をする人はきっと多いと思うのだけれど、臭せ~~~~~と思ったことは一度もありません。美味しそうな臭いがするなぁと思ったのは何度かありますが。(笑)

でももしかしたら料理じゃなくて、ゴミの扱いに問題があるのかもしれません。ゴミは各階にあるゴミシュートに入れると一番下まで落ちていく構造になっていますが、ゴミシュートの周りにシミが出来ている。こぼす人がいるんですねぇ。そして床は絨毯ですから、臭いが付いたら簡単には取れないはず。でも私の階では臭うことは無いのだけれど、場所によっては臭うかも。魚やエビカニの汁でもこぼされたら凄いことになるはず。牛乳も同じく。で、そういう階ががあるのかも。

また私たちの部屋はゴミシュートの反対側に位置していますが、そのゴミシュート真ん前の部屋もあるし、そこを必ず通らないとならない部屋もある。そういう人たちはもしかしたら被害を被っているのかも。自分の部屋を出たら恐ろしい臭いがするとか、出かけるとき、帰るときには凄い臭いに襲われるなんて階があるのかもしれない。

ゴミシュートに近い部屋って借りるべきじゃ無いのかもですね。

私がこのコンドの住人に対して腹が立つことが一つあります。コンドの真ん前に大きなショッピングセンターがあるのは嬉しいのだけれど、そこで買い物をしてあのガラガラ(トロリー、手押し車)に買った荷物を入れて自分の部屋まで持ってくる人が結構居るんですよ。気持ちは良くわかります。私だって目の前のショッピングセンターに買い物に行くときでもわざわざ車に乗って行くし、地下の駐車場から部屋まで荷物を持って上がるのも大変で、その為に台車を車に積んで居るぐらいですから。

でもコンドにはスーパーのトローリーを持ち込まないでくれという張り紙がしてあるし(エレベータの中も)、そのトローリーをスーパーまで返しに行くのならまだしもその辺に放置するわけですよ。この台数が結構あるのね。それを見ると一体誰があのトローリーを返しに行くんだろうといつも不思議に思うんです。また台数が多いとそれを並べて運ぶわけですが、それをまとめて大通りを渡ってスーパーまで持って行くってそれなりに距離もあるし大変なはず。スーパーだってトローリーの駐車場からの回収には専用の車を使うくらいで、一人二人の人間が数多いトローリーを移動させるのは無理。

そして、そもそも家まで持ってくるという感覚が異常だと私は思うわけですが、でもそれを平気でやる人たちがいる。見ているとわかりますが、ほぼ100%中国人です。

見たときに注意するべきだとは思うのですが、私は根性無しで何も言えません。(笑)

相手が日本人、韓国人なら言おうと思いますが、中国人の一般的な思考パターンをそれなりに理解している私としては言っても無駄だと思っています。

中華思想とは関係ないと思いますが、本当に中国人って自己中だと思うことはヒジョーーーに多いです。車の運転、駐車の仕方もそうで、他の車のことなんかまるで考えていないような人が多い。

買い物中でもそれを感じることが非常に多いです。たとえば買い物に行ってショーウインドウの前に立って商品を見ているとするでしょ。そんな時、中国人は自分もそれを見たいと思うと、私とそのショーウインドウの間にスッと入ってくるんです。これってびっくりしますよ~。突然目の前が誰かの背中になるんですから(笑)。スーパーでも自分のトロリーを好きなところにおいて、他の人が通り抜けられなくても平気なのね。エクスキューズミーやソーリーの一言も言わない。

ヨメサンも恐ろしい経験をしたことがあって、洋服を買いに行ったときに気に入ったスカートの自分にあうサイズをやっと見つけたんですね。それを広げてみて、これを買おうと思った瞬間、誰かがヨメサンの手からそのスカートをひったくったそうです。中国人。

まぁ、こんな話はいくらでもあって書き出したらキリがないのですが、本当に彼らの常識ってどうなっているのかと思います。私としては彼らとの共同生活は無理。でもま、旅行者ならいざしらず、留学生ならどうにかオーストラリア流のやり方を覚えて欲しいです。最低限のことさえ守れば、ああじゃこうじゃ言わないのがオーストラリアなんですから。

マレーシアにもそういう中国人がごっそり居るんでしょうね。私がマレーシアに滞在した日数なんてたいしたことありませんが、やっぱり中国人って凄いと思ったことが何度もあります。最初に気がついたことは「エレベータは降りる人が優先」であることを守らないのね。面白いですよね~。我先に乗ろうとする。これって腹が立つよりおかしくて笑ってしまいました。

それとですね、あれは空港でのチェックインのためにカウンターに並んでいるときだったかな。ふと一人の中国人が少しずつ、少しずつ前に行こうとしているのを発見。どこからか来て、列に割り込むんじゃ無いんですよ。自分も一応並んでいるのね。でも一人、二人と追い越して前に行こうとするんです。これに気がついて彼を観察していたんですが、知らん顔してあちこちを見ながら、前に隙間が出来るとサッと移動するのね。後ろにいた人が目の前に来られた人はかなりびっくりしてその中国人を睨み付けるのだけれど、彼は知らん顔をして目を合わさない。

どうして文句を言わないのかと思うのだけれど、マレーシアってそういう国みたいですね。タクシー乗り場に長蛇の列が出来ていたときに、中国人が割り込んできても誰も文句を言わないのね。その時には私もいささか頭にきて、文句を言おうと思ったのだけれど、文句を言うために列を離れるとややこしいことになると思って(笑)、遠くから「バカヤロー」と思いながら見ていました。すると一人の白人がその中国人(女性)のところにツカツカと行って「並べ」と列からつまみだしました。これは拍手喝采したい気分でしたが、周りの人たち(マレーシア人)は知らん顔。本当に不思議。

日本に旅行に行ったときにも感じましたっけ。京都に行ったのですが観光地には「順路」があるところがありますよね。京都ですから観光客もいっぱい居て、その順路に従わないとグチャグチャになるじゃないですか。ところがその順路を逆行する団体がいたんですよ。これってどちらも動くに動けないんですね。だから強引な方が勝つ。当然、順路を逆に回っている団体さんの勝ち。(笑)

これから日本はもっと中国人が増えるし、中国からの移民も大量に受け入れるんでしょうが、大丈夫なんですかね。

人種偏見があるのはどこの国も同じですが、それを表面にあからさまに出すところって少ないと思っています。差別はしない。

でも区別はするんですね。おかしな奴には近寄らなければ良い。つきあわなければ良いという考え方。私はマレーシアってまさにそれだと思っていて、差別はなくてみんな仲良しだと思うのは、その人こそ脳天気で、実はよそ者と自分たちとの間には大きな壁を作っている国だと私は見ています。でもそれを差別としては出さないけれど、無視、気にしないという行動として表れるのだろうと。だからパッと見た目は差別も何も無いように見える。

これはきっとオーストラリアも同じでしょう。そしてお客様には良い顔をするのも世界共通で、観光客やロングステイヤーには愛想を振りまく。そしてそういうお客様は「差別も偏見も無くて良い国だー」と感激する。まさに地元の人はそう思われることを狙っているわけで、その通りになる。

それは世界中同じだと思うのですが、ただ諸外国ではパッと見たときに相手が自分たちとは違うのがわかるんですね。白人とアフリカ系の人も同じ。オーストラリアの中のアジア人も同じ。マレーシアの中の中国人、インド人も同じ。だから表だった争いもせずに棲み分けができる。

ところが日本はどうかとういと、中国人も韓国人もパッと見てすぐにわからない。これがややこしいことになるだろうと私は想像しています。いやいや、見ればわかると言う人もいるかもしれませんが、それは旅行者を見るからであって、日本の在日を見てすぐわかることは無いはずです。だから日本人だと思って接していたら突然、想像もしない言動に遭遇することが起きる。こういうことは見た目で違いがわかる国にはないはず。

ま、そういう時期、それは過渡期なのかもしれませんが、そういう時期を乗り越えて人種が混じって国も文化も常識も変わっていくんでしょうね。私としてはごった煮、カオス状態って好きじゃ無くて、棲み分けがあった方が良いと思っています。

アメリカもオーストラリアも移民で成り立つ国で、同じだと思う人が多いようですが、私はまるで違うと思っています。アメリカってのはどこから来た誰でも星条旗の下で全ての人が平等であるという考え方ですよね。みんなアメリカ人になれと。ところがオーストラリアってマルチカルチャリズムが国是になっているんですよ。つまり、みんな同じになれと言うんじゃ無いのね。それぞれの国の特徴を残せ、尊重しろと言っている。これって良いことだと思う反面、「お前と俺とは違う」という思想が根底にあるんじゃ無いかと思ったり。なんせオーストラリアは国是として「人種差別」を持っていた非常に珍しい国で、南アフリカが独立したときにはどうやって人種差別を政治的に持ち込むか、オーストラリアに学んだという話も聞いたことがあります。

でもそれの反動がまたあるんですね。過去の過ちは反省しようという考え方が強い国だと思います。これは捕鯨にも現れていて、オーストラリアは反捕鯨の急先鋒。あの世界では犯罪者扱いされているシーシェパードを国としてバックアップしている。ところがオーストラリアもアメリカと同じでかつては捕鯨大国。面白いですよね。日本人って、お前たちだって・・・と過去のことを言いますが、それって通用しないのね。過去を乗り越えた国は「お前も反省して変われ」と言っているわけで、過去のことを持ち出さない。

禁煙に関してもこの国は非常に五月蠅くて、子供の前で喫煙してはいけない法律。だから自分の子供から親が訴えられることさえ起きる。ところがかつてのオーストラリアって煙草に関してはめちゃくちゃで、私たちが来た頃なんて、ショッピングセンターの中でさえ煙草を吸いながら歩く人がいくらでもいたんですから。

日本も移民国家になるのかなぁ・・・・・・

ややこしいことが起きる頃には私はもう黄泉の国の住人になっているはず。これは嬉しいことかもしれない。 (笑)

でもこれまた面白いと思うのは、移民がごちゃごちゃいるオーストラリアで育った我が家の子供たちは全く平気なのね。でも偏見や差別がないんじゃないのね。それはそれ、生活は生活でうまく生きて付き合う術を知っている。これって良いことのようにも思えるんだけれど、そうじゃない反面もあるんですね。つまり異質な存在は無視する、付き合わない、あてにしないというのが根底にある。

これじゃ自治体も国も成り立たない。さて、日本はどうなるんでしょう。村意識が強い国民って移民を受け入れるのがうまいとは思わないし、かなりややこしいことが起きるんでしょうね。

ああ、それと話は毎度のごとく長くなりますが(笑)、日本では在日特権とか、日本人に帰化した政治家が外国の為に動くことに文句を言いますよね。これって多くの人が文句を言って当たり前だろう?と思うかもしれませんが、移民がその国の政治家になって、祖国との関係をうまく行くように、あるいは同胞が差別を受けないように、あるいは生活向上するように、そして祖国の文化をもっと受け入れるように動くのは当たり前だと私は思うんです。

これも海外に住んでみればすぐわかることで、すぐ帰る観光客や腰掛けのロングステイならいざ知らず、その地で骨を埋め、子孫も増やしていこうとしている移民には深刻な問題なんですね。もし人種差別が横行しているなら、当然即刻それをやめさせて、法整備もして欲しいと思うのは当たり前ですよね。またその土地の言葉が不自由な人もいるわけだから、国として補助をして欲しいとか、環境作りもして欲しい。これって障害を持つ人たちのために国や自治体が動くのと全く同じなはず。

ですから「住まわせてやってる」とか考えるのはおかしな話で、「政治的なことには関与するべきでは無い」なんてのも筋違いだというのがわかります。でも観光や観光に毛が生えたようなちょっと滞在期間が長いだけの滞在は別の話。

でも日本に来たのなら日本のやり方に従えというのもわかります。でもそれを言うのなら、外国人を受け入れてはいけないんですね。ましてやたとえ帰化しようと元外国人を政治家にしてはいけない。選挙権も当然与えてはいけない。でも受け入れた限りは、その人たちの意向を尊重しないとならない。さてどうするのか。

もしアメリカでもオーストラリアでも、イギリス系の人たちが優遇されるような法律や社会システムがあったら、当然違う国からの移民は立ち上がるわけですよ。変えてもらわないと絶対にうまくない。

そりゃそうだと思いますよね。でも日本に関しては、いやいや、それをやられては困ると考えてしまう。これってマレーシアだとすれば、「住みたいならイスラム教徒になれ」と言っているのと同じだと思います。

だったら移民は受け入れないこと(マレーシアの永住権を取るのは非常に難しいのはそういう背景があると思っています)。これしかないと思います。私は今の日本の移民政策は間違えていると思います。安易に外国人を入れるべきじゃ無い(永住権、市民権を簡単に出すべきでは無いという意味)。こんなのは世界を見ていれば簡単にわかるはず。ましてや日本って村意識の非常に強い国で、移民大国の真似は到底出来ないと思っています。でもそういう風に、自国のことばかり考えていると世界から文句が出るようになる。

経済に国境は無いと世界経済を席巻し、今ではGDP世界3位になったけれど、とんでもない経済大国の日本には間違いが無い。でも、いやいや、日本に住み着こうなんてことだけは考えないでくださいと言えるのかどうか。

自分たちは世界に出て好きなことをするのに・・・・・・・

海外に住み、しかし現地の言葉を学ぼうともせず、同胞とつるんでばかりいて、現地のコミュニティーには一切参加しないって実は「かなり異常である」ということを考えてみるのも良いと思います。

日本にそういう外国人がどんどん増えたら嬉しいかどうか。金を落としてくれるのならそれで良いのかどうか。

でもそれでも良いから来てくださいという国が存在するのは間違いなくて、私もその異常な生活をしようと思っていますが。(笑)

こういうことを書くと、中国人、韓国人、日本人にもいろいろ居ると言い出す人がいるんですね。そりゃそうです。当たり前じゃ無いですか。ただ個人個人を見るんじゃ無くて全体を見たときに「傾向」というがの必ずある。私はそれの話をしているわけであって、例えば日本人の特徴にしても「背が低い、髪の毛が黒い、眼鏡を掛けてカメラをぶら下げている(笑)」なんてのがありますが、そりゃ背も高く金髪も目が青い日本人だっている。

でも確かに「全体の傾向」と言っても、そこには先入観が入り込む余地が大きくあるのは間違いがない。ですから私も中国人か韓国人か、あるいは他の国の人かというのは確かめる癖がついています。まともなのは日本人だけで、おかしなことをするのはいつも中国人に決まってる、なんて馬鹿なことを言いたくありませんから。

 

 
    -----------------------

このは「にほん村」のランキングに参加しております。皆様が「このは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、こののランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのが表示されます。

にほん村 海外生活へにほん村 海外生活へ
にほん村 海外生活 マレーシア情報へにほん村 海外生活 マレーシア情報へ
にほん村 海外生活 オーストラリア情報へにほん村 海外生活 オーストラリア情報へ
にほん村 海外生活 ゴールドコースト情報へにほん村 海外生活 ゴールドコースト情報へ
にほん村 海外生活 海外ロングステイへにほん村 海外生活 海外ロングステイへ

このコンドは臭いと有名らしい” への12件のコメント

  1. うわ~っ、チャイニーズ家族としては耳が痛い話ですね。。。
    「DNAが…」なんてブログに書いている方までいらしゃり、それを完全に否定出来ないところが本当に辛いです、、、。

    でもね、こんなことを言ったら語弊がありますが、やっぱり「育ち」が一番影響してると思います。
    教育程度の低い家系(こういうのって悪循環しますから、なかなか抜け出せない)の人は若い世代でもお行儀が悪い印象です。みんな裸一貫で中国からやって来たのだから、最初は「我先に」の精神をみんな持ちあわせていて、他人を蹴落としてでも出世って感じだったのだと思いますが、それが代が変わって生活にゆとりが出てきている家庭はだんだんとその精神が薄れて行っている印象です。

    最近驚いたことといえば、下の子がアニメのフェステイバルに行きたいと言うのでついて行った時のことですが、会場はごった返しているのに、アニメファン(おたく)の子達(ほとんどチャイニーズ、あと少数のマレー系の子)たちは行く先々で長い行列に静かにきちんと並んでいるんです。一つのものをみたりするのに1時間ぐらい並ぶんですが、実に根気があるんです。こりゃ、この子達の親の世代は到底出来ないワザだと思いましたよ。で、最後に見ちゃいました!通路を確保するために列が切れている部分に割り込もうとしたおばさん(家族代表?)が突然現れまして、係員の人に「みんなすっと前から並んでるんです!列の最後はあっち!」って言われてるのを(笑)だから、年代(それと、育った環境)によってチャイニーズのお行儀も違うんだろうな、、、と再確認。(決してDNAの問題ではないと思います。でも、その片鱗がある人が周りにいるとその人に影響されてそうなる)それにしてもオタクの子たちがお行儀がいいのには本当にびっくりしました。もしかして日本文化に興味を持つとお行儀も良くなるのでしょうかね?

    ダボさんもオーストラリアでお気づきになられているとおもいますが、今マレーシアやシンガポールでは、最近新しく中国から来た人たちと、代を重ねて住み続けている中国系の人たちとの軋轢がかなり問題です。外国の人から見たら同じ「中国人」でもホントに全然違うんですよね。(シンガポールでの事件は日本のニュースにもなりました。ご存じですか?)

    そして、ダボさんのおっしゃっている通り、マレーシアも各民族が融合して仲良しにしてるわけではないです。お互い関係なしで過ごしているから平和に見えるだけなんですよね。

    それと、外国人に対するお客様扱いが終わったあとの大変さは、私もいわゆるママ友とのお付き合いで経験しています。最初は「何か困ったことがあったら言ってね」だったのが、子供の成績が逆転した途端「日本人のくせに」ってなるんですよ。語学に弱くてさぞ成績も悪いだろうと思われているうちは良い待遇(お客様)ですが、そうじゃなくなった時点で、チャイニーズ同士の競争より大変です。まあ、親がしゃしゃり出てくるのは小学校卒業までですから、ウチもやっと気がラクになりましたけど。
    外国人が優しくしてもらえるのは、自分より下だと思っているからという要素が強いです。それを勘違いしないほうがいいですね。もちろん、心から友好的な方も沢山いらっしゃると思いますが、子供の学校関係に限っては、ひしひしとそういうものを感じましたので。

    • どもども、こびたさんご無沙汰しています。

      仰るとおりだと思います。こちらに長く居る中国人にはこの日記に書いたようなことを感じませんし、普通に常識的に生きている。

      やっぱり本土から来たばかりの人たちがおかしな行動を取るんでしょうね。また中国内でも随分違うのだろうと思います。

      日本の昔の「農協の団体さん」を思い出しました。海外で彼らと遭遇すると恥ずかしく恥ずかしくてどうしようもない思いをしましたっけ。同じ同胞を見て同じことを感じている中国人も多いのでしょうね。

      ただDNAですが、私はそれを最近になって感じるんです。今までゴールドコーストって何人がどうのってことは全くなかったんですよ。ところが中国本土の台頭によって中国人が大挙してなだれ込むようになってからおかしな言動と出会うことが多くなりました。

      中国大陸の酷さは毛沢東を研究してみると恐ろしいほどだと思いますし、あの大躍進政策、文化大革命の中を生き残るためにはどういう風じゃないと駄目だったのかがわかるような気がします。そして今の発展のスピードの中でどうやっておいて行かれないようにするか、格差社会で負け組にならないようにするにはどうあるべきか考えればわかるような気がしてきます。

      とは言う物の、やっぱりこちらでは全く問題が無いと思っていた中国人の知人たちにも根底には似たものを感じるようになりました。これは環境とは違う、やはり特有な物があるんじゃないかと。これを人はDNAが・・というのでしょうが、私もその考え方を今になって持つようになりました。

      こういう考え方ってまさに「偏見」そのものでその延長線上に「差別」が来るのでしょうが、「違い」を大きく感じるようになったのは事実。

      昔から中国のことわざの「井戸を掘ってくれた人を忘れるな」に代表されるように日本の価値観って中国が元になっていることが多いと思っていたのですが、それとは違う「二人で井戸をのぞくな」ということわざもあるのを知り、またまさに今の中国はその通りに動いているように見えますので、どうしても根本的に違う「何か」を感じて、それが恐怖にさえなっています。

      この感覚を今、多くの日本人が持っていると思うわけで、今後日本が多くの移民を受け入れることになると「必ず」摩擦が起きるであろうことが簡単に想像できます。

      私の知人はシンガポール・香港チャイニーズ、台湾人がほとんどで大した違和感はなかったのですが、台湾人はまた別にしても中国人はやっぱり共通項があるという認識です。

      ごめんなさいね。

      でもね、これって実は私は関東出身なんですが、関西人に対して感じる「気後れ」とちょっと似たものがあるのね。同じ国の同胞とは思えないぐらいの違いがあると私は感じるんですが(笑)、逆に、中国人と対等にやりあえるとしたら関西人だろうと思ったり。

      ま、海外で彼らとやっていくのはどうにでもなりますが、日本国内ではそう簡単にはいかないと思っています。家の外の付き合いは簡単でも家の中に入り込まれると話は違うのと同じで、ややこしいことが頻発しそうに思っています。いや、すでに起きているのか。

      と言いつつ移民の歴史の長いアメリカを観察すると、大した問題じゃ無いと思ったり。時間が解決するのね。でも渦中の人は大変だと思います。(笑)

      • あくまでもうちの子の説ですが、我が家も含め今マレーシア国籍を持っている中国系住民は文化大革命以前にこの地に渡ってきた、だから、最近中国本土から来た人たちと根本的な考え方が違うのではないか?彼らに違和感を感じること全てが、あの文革を境に生じたのでは?もちろん、「我先に」っていう言動はチャイニーズに昔ながらにあるようなので、それはDNAが関係、、、といえるかも知れませんが、何が何でもなりふり構わず、、、という点がマレーシアンチャイニーズと違うんじゃないかな?と。
        その一方で、ある時子供が中国からの留学生と話をする機会があって、話してみたら、こっちはやたらと毛嫌いしているけど、その話をした中国人留学生は何と中国系マレーシアを「海外同胞」と思って親しみを持っているのが分かって、ずいぶん驚いたんだそうですよ。
        その時、「だから、何事も先入観で決めつけてはいけないね、、、」という話になったのですが、、、でも、、、変わった人が多すぎるのは確か。

        しかも中国人のような中国語の発音しか出来ない私にまで被害がおよぶのが困るんですよ。どうせ中国人でしょ?って決めつけてものすごく嫌味ったらしいこと言われたり、、、。シンガポールなんてそれが更に顕著で、もう行きたくなくなちゃったぐらいです。中国語で話すとヒドイいじめ状態に、、、。ヘタな英語で話したほうがいいくらいだと思いました。。。

        あっ、実は私は関西と関東両方に住んだ経験があって日本語バイリンガル&バイカルチャーなので、ダボさんのその気持よく分かります。そして、私も西日本の人は話し方も物事の対応の仕方も非常にチャイニーズに似てると思います。言葉さえ習得したら、西日本出身の人はチャイニーズと対等に渡り合えそう?

        しかし、同じルーツをもつ者同士でもこうなのに、日本で中国系移民をどんどん受け入れていったらどうなるんでしょうねえ。。。

        • あははは、どうせ中国人でしょには笑っちゃいました。どうもすいません。

          私はあの文化大革命は世界の歴史の汚点だと思っているんですよ。あれで大事な物が全て壊され、人の心も崩壊したような気がします。

          私はポータルサイトはヤフーニュースに設定しているんですが、結構中国のニュースが多いんです。彼らの反応がそれなりに見えてくるんですが、「中国発祥なのに中国ではすでに無くなった文化が、日本で花開いている」というような意見をよく見ることがありますが、その通りじゃ無いかと。

          それとやっぱり彼らは自国の政府や党の実態をわかっているわけで、でも宣伝にはわざと乗ってやるみたいな冷静さを感じます。それがある限り一緒に歩むことは可能だと思うのですが、もう一つの国の「感情優先」には打つ手無し。(笑)

  2. そうだ!話が横道にそれますが、「中国発祥なのに、、、」っで興味深い話がありますよ。

    こちらのチャイニーズの学校も中学になると「古典」が出てくるのですが、うちの子ども二人とも「古典は楽勝!日本語で漢字の意味を解釈すれば全部分かる!」って言うんですよ~。古典は日本の古典もそうだったと記憶してますが、読解まではやらなくて意味だけとれればいいから、日本語読みしていれば意味がわかるのでそれで十分なんだそうです。
    それだけ現代の日本語の中に大昔に中国から漢字が伝来した当時のままの意味が残っているということですよね。私が思いつくのは「犬」とか「君」とかぐらいなんですけど、そういうのがまだまだ沢山あるらしいです。

    というわけで、うちの子たちにとっては、マレーシアの中高程度の中国の古典の勉強は、日本語の知識のおかげで全くしなくてもいいので得した!ってことに。

  3. あら、わたしは知ってましたよ、臭いって。
    以前、わたしの知り合いがそのコンドに住んでいたんですが、
    「臭いがねぇ・・・、エレベーターに乗るとすごい時があったりして。」
    って、引っ越してしまいました。

    不動産屋である主人が、お客さん(日本人)をそのコンドに案内した時には、
    前に住んでいたのが韓国人の留学生だったのか、
    お客さんが空っぽの冷蔵庫を開けた途端ものすごいキムチの匂いで、
    「絶対無理!」って止めたって話、聞いてましたし。

    今、「貝と羊の中国人」って本を読んでいるんですが、彼らが日本人と全く違う価値観を持っているっていうことが、よくわかります。

    横レスで申し訳ないんですが、わたし、関西人で、上にあった
    「わたしも西日本の人は話し方も物事の対応の仕方も非常にチャイニーズに似てると思います。」は、心外です。

  4. こびたさん

    儒教で言う仁、義、礼、智、信でしたっけ?中国のニュースを見ているとこれがなくなったような感じを受けます。また政府は建前ばかりで(どこでも同じでしょうが)嘘がミエミエ。社会全体がそんな風になったような。でも日本に来る観光客がただの観光なのに日本にはそれがあって社会システムの中に組み込まれているのを感じることが多いって面白いですね。

    ちりとてさん

    本当ですか~~~?うわ~~~。全くそれがわからない私ってどこかおかしいのだろうか。

    でもね、詳しくは書かなかったんですが、臭いのは第二棟だと聞いたんです。私は第一棟。そこが違うのかなぁ。

    韓国のあの臭さって私も知っていて、クラクラするくらい凄いんですね。随分昔ですが韓国に行ったとき、イミグレ、税関を抜けて待合室に出るドアが開いた瞬間、ギャーーーと思ったのが忘れられません。本当に戻ろうと思ったくらい。それと東京タワーに行った時ですが、エレベータで韓国からの観光客と一緒になりました。その時も凄くて、私は息を止めたのですが東京タワーのエレベータって上に着くまでそれなりの時間がかかりますから、途中で死にそうになりました。(笑)

    こちらの私の友人家族ですが、子供たちがキムチを一切食べないと嘆いていました。学校で言われるんでしょうねぇ。

    関西人と中国人と似ているところがあるというのは、言われれば確かにドキッとするでしょうね。でも私は本当にそう思っていて、でも悪い意味じゃ無いんですよ。生命力の強さ、押しの強さ、商売熱心という点で似ていると感じます。これは道頓堀に行っただけで私はそれを感じます。これは前にも書きましたが、「いらっしゃーーい、どうぞ~」と店の前で声を掛けている若者が関東とはまるで違うんですね。呼び込みのバイトでも経営者の感覚を持っていると思いました。

    実はかなり前にちりとてさんのお父様に「関東人は見栄っ張りだから・・」と言われたときにはドキッとしつつ私は黙るしかありませんでしたが、その時を思い出しました。でもま、関西人からみると「ええかっこし~」なのは間違いが無いんでしょう。(笑)

    それと神戸出身の友人がなぜか多いのですが、大阪と一緒にすると凄く怒るのね。私はその理由が良くわかりませんが。

    • ちりとて様

      すみません、私の書き方が語弊を招いたようです。
      現在チャイニーズの世界にいる私にとって、特にKLの広東人に顕著に見られることなのですが、彼らの会話の中でのボケとツッコミのタイミングとか、語尾に何か付ける点とか(関西の「◯◯や」に対応するものなどのことです)関東の人だと大まじめに対応するであろうことを、実に楽しそうに対処する傾向があるという、ごく日常的に見られる特色について指していたのですが。。。
      中国の人に対する不満の話題と一緒に書いてしまったのがいけなかったみたいですね。(反省)

      私は幼いころ10年以上関西地区で育ったので、今でも関西にいけば身も心も関西人です。東京では表面上東京人になりきってますし、異国で子供に覚えさせた日本語は教育上の判断で標準語のみですが、心はずっと関西にあります。
      どうぞ、ご理解くださいませ。

  5. こびた様
    ご丁寧に、ありがとうございました。

    daboさん

    心外です。と書きました。
    心外とは、意外なことをされて裏切られたような気持ちになる様子。と辞書にあります。

    東京の人と大阪の人間の気質に違いがあることは、認識しています。
    主人は関東の人ですが、以前、日本の大手旅行会社で添乗員をしていました。
    ツアー中トラブルがあると、東京のお客さんは、その場では、
    「いいですよ。いいですよ。」と言っていて、
    後でキッチリ本社にクレームを上げてくるんだそうです。

    大阪のお客さんは、その場でボロかすに言う。
    でも、そこできちんと対処すれば一気に打ち解けて、
    それまで以上にツアーをスムーズに進行することができるようになって、
    後でクレームを上げてくるようなこともない。
    という話をしていました。

    そういう経験があったから、偏見もなく、関西人のわたしを結婚できたんでしょうね。

    一般に、阪神間の人間は、大阪と一緒にされると嫌がると思います。
    言葉も違うし。
    芦屋のお嬢さんが、大阪のお笑い芸人なんかと一緒くたにされたら、
    「あんな下品じゃない。」と怒るのは当然と思います。
    ああ、西日本とくくられたから、心外だったのかな。

    父の発言についてですが、わたしの両親は、差別主義、偏見の塊です。
    特に父は、人付き合いに置いて心配りというものが全くない。
    なので、そんな失礼なセリフが出たんだと思います。
    たいへん失礼しました。

  6. ま、世の中いろいろで誰がどう思おうと勝手ですからしょうがないと思っています。それをどうこうしようとしても無理ですし。

    ネットの中では、というか私はどんな時でも正直に思ったことを言ってくれる方が嬉しいです。隠れて言われることを考えたらゾッとしますし。

    ここで一般的に大事だと言われるのは、例えばネットだとしても「それを読み、あるいは聞いた人の気持ちを考えろ」ということ。

    これはその通りと多くの人は賛同すると思いますが、私はそうは思わないんです。やっぱりはっきり思ったことを言う方が、あるいは言われる方が私は良いと考えるタイプです。その気配りが私はイヤなんです。相手の気分を害さないようという気配りの本性は、はっきり言うことによって自分に火の粉が飛ぶことが嫌なのだ、ぐらいに考えています。だって、面と向かって言わなくても、影では言うんだから同じじゃないですか。もし言わないにしてもその人がそう考えていることは変わらない。ただ口に出すか出さないかの違いだけです。

    ただ全ての人間が思ったことを全て口に出したら恐ろしいことになりますが、私はそれでも良いと思っています。本音をぶつけて話し合う(喧嘩じゃなくて)ことが大切。まさにディベートと同じ。

    ここで考えないとならないのは、一般論を言っているのに自分のことを言われたように感じるタイプの人もいるんですね。その人の気持ちもわかりますが、その人を名指しで何か言ったわけでもないのに被害者意識を持ってしまう。

    そういう場合はどうすれば良いんでしょうね。その人の気持ちを推し量って、自分の本音を言わない、あるいは曲げるべきなのか。個人対個人の付き合いならわかります。お互いがお互いの様子を見、気持ちを察しながら話すのは当たり前ですから。

    でも個人に対して言ったことではない一般論の場合は、自分が言われているような気がするのはわかりますが、「自分が言われたのではない」と考えていただくしか無いと思っています。

    ちりとてさんのお父様が「関東人は見栄っ張りだから・・」という言葉も同じで、それは一般論としての話で、私は確かにドキッとしましたが、私のことを言っているのではないと思ったし、お父様が言う一面が関東人にあるのははっきりしていますし、正直で非常に良いと思いました。ですからその後も、全く問題なく20年もお付き合いさせて頂いているわけです。

    私はお父様を差別主義者だなんて考えたこともありません。彼が何をどう考えようと、それは彼の経験上そういう結論を出したわけで、それに関しては誰も何も言えないし、言うべきではないと思っています。それどころかどうしてそういう考えに至ったのか根掘り葉掘り聞きたいぐらい。そして疑問に思う点があればそれに関して自分の意見も述べさせてもらう。でも考えを変えろとか、口に出すななんてことは絶対に考えません。

    それよりも、とにかく波風立たせることなくいつも仲良くニコニコできる付き合いが良いという考えを持つ人がいたら、その人こそどこかネジが外れているんじゃないかと思うくらいです。

    「お前って性格も悪いし最低なやつだな」「お前もな」「ところで明日はどこに飲みに行く?」みたいな付き合いが私の理想です。これはこのブログでも同じ。

    その辺を是非ご理解頂きたいと願っています。

    ものは言い様というのは確かにありますが、まともに受けずに流しながら聞くのがネットでは大事かもしれませんね。そうじゃないと自分にウソを付くか、あるいは揚げ足取りの応酬でメチャクチャになる。私も若いころにはネットの中(パソコン通信時代)で大暴れしましたが。(笑)

  7. あああ、ちょっと違う~。
    どうしてでしょう? 男女の違いかなァ。
    以前にも、男性とメールのやりとりをしていると、真意が伝わらず、
    全然違う受け止め方をされるのにビックリしたことがあるんですが、
    わたしの文章力の問題かも。

    daboさんの、「関西人と中国人と似ているところがあるというのは、
    言われれば確かにドキッとするでしょうね。」に
    「パードン?」だったって言うのが主題だったんですよね。

    父のことは、最後にちょっと付け加えただけのつもりだったんですが、
    これ以上言っても、たぶん伝わらないし、ほかの方には退屈だと思うので、
    もう終わりにします。
    失礼しました。

    • ですよねぇ。何か違う、すれ違いがある感じは私もしています。ちりとてさんとはなんだかんだ結構長いし、それなりにやりとりがあるわけですが、お互いの理解がないというより、何か根本的に違う物があるような。

      男女の違いもあるんでしょうね。ヨメサンと自分もそうで、考え方が違うというより、そもそも根本的に理解し得ないものが存在するのを感じます。これって本当に残念なんだけれど、話し合いが足りないとかそういう問題じゃ無いのね。

      コンピュータで言えば、同じようなことをしているようだけれどPCとMacみたいに中身の構造が全く違うみたいな。(笑)

      そもそも私の人格構成が既存の常識を否定するところから始まっていますから、世の中一般の常識人からは変人に見える(らしい)ことも原因の一つかもですね。

      これも面白いもんで、どうして理解し得ないんだろうなんて昔は結構悩んだのですが(自分自身を責めたり)、今では平気になりました。でもかといって自分だけを肯定し、相手を否定することもありません。

      人間って面白いですね~。動物的特徴、見た目は似てるのに。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *