糖尿病予備軍、治ったみたい

医者に「糖尿病の可能性あり」と告げられて糖質制限食を始め、この際、低糖質ダイエットをしようと思ってかなり極端な糖質制限をしているのはいつも書いているとおり。

ダイエットの方はこれまた書いているとおり、二ヶ月間で13キロ減を達成。本当はもっと落ちるスピードが速いのですが(過去の経験)今回はとりあえず2ヶ月で13キロ。ま、結果としては文句なし。一般的にはそんなに急激に落として大丈夫?という数字。

ダイエットは良いにしても、では糖尿病、予備軍の方はどうなったのか。

本来は血液検査をしてヘモグロビンを調べなければならないのですが、ズルして検査していません(笑)。糖質制限を続けてから測れば数値は低く出るのは当たり前で、それを狙っているわけではありませんが、ま、ちょっと実験はしてみたいと思った程度。

最近ですが、ちょっと糖質を増やしています。でも砂糖を普通に使ったり丼ぶりものやラーメンを食べたりということはしませんが、糖質の高い食べ物をそれなりに摂っています。例えば少量のご飯であったり、緑豆春雨とか。これで血糖値がどう変化するのか、また体重がどうなるのか見ています。

で、結果というか途中経過としては大変不思議なことが起きておりまして、糖質を摂っても血糖値がさほど上がらないようになっています。

なぜ?

わかりません。摂っている糖質はたいした量じゃありませんが、もし私が糖尿病であるならばもっと上がるはずなんですね。予備軍だとしても同じで、数値は結構大きく上がり、それがなかなか下がらない状態が続くはず。今まではそうだったわけです。だから予備軍と言われるようになったんですから。

ところが最近は血糖値は上がらないし、ちょっと上がってもすぐ下がるんですよ。つまり健康な人と同じ。糖尿病どころか予備軍でもなくなったような感じです。

それが事実だとしたら嬉しいのですが、そもそも血糖値を上がらないようにすれば糖尿病って治るんですか?

また、糖尿病になる原因って一体何なんでしょうか

巷の話を聞いていると、「甘い物(糖質)ばかり食べていると糖尿病になる」という

本当ですか?

甘いものを食べると血糖値が普通の人より上がって、下がるのか遅い状態なのが糖尿病であって、だから甘い物(糖質)を控えましょうということなわけで、それは対処療法なんですね。例が悪いですが、「腫瘍が出来たので切除しましょう」というのと同じであって、「どうして腫瘍ができたのか」は別の問題でしょ?糖尿病も同じだと思うんですよ。糖質を取り過ぎたから糖尿病になるわけじゃない。

この辺を調べてみると面白いです。糖尿病関係のサイトは山のようにありますが、「糖尿病になる原因」をはっきり説明しているサイトってほとんどないですよ。私はいまだによくわかりません。ただ面白いのは「糖質を取り過ぎると糖尿病になる」とはどこにも書いていないんですね。

でも一般的にはそういうふうに信じている。面白いでしょ?

糖尿病とは糖質の代謝が悪くなる病気であって、その原因の一つとして肥満がありますが、ではどうしてデブは糖尿病になりやすいのか、そのところをきっちり説明しているサイトもまだ見つかりません。また遺伝も大きいと。ま、それはよしとしましょう。

違う側面から考えると、「糖尿病は糖質を多く摂っていると悪化する」というのも嘘かもしれませんね。ただ血糖値が高いままだと様々な合併症が出てきて、それが良くないのは確かですが、糖尿病そのものが悪化するんでしょうか。

どうも「糖尿病(予備軍含む)になる理由」、「悪化したり良くなる理由」、あるいは「完治する理由」が全くわかりません。

ま、とりあえず血糖値が上がりすぎないように糖質を控えようというのはわかりますが、それで病気が治るのか、またそもそもどうして糖尿病になるのかは別の話だと思っています。

でも現実的には、糖質制限を続けてきた結果として、糖質を摂っても血糖値がたいして上がらないようになったのは確か。

不思議だ・・・・・。

巷の話を聞いてもしょうが無いので、「特定非営利活動法人 日本成人病予防協会」のサイトで調べてみました(ここをクリック)。そこに書いてあることですが

「糖尿病は原因がはっきりわかっていない病気」

「体質的なものが影響している」

「遺伝による物が大きい」

それらに加え「過食、肥満、運動不足、ストレスなどの要因が大きく関わっている」

おかしいですね。糖質を取り過ぎると糖尿病になるなんてどこにも書いてありません。

では「予防」は?

「大きな誘因となる肥満を避けること。基本は食事と運動」

ここにも糖質を取り過ぎてはいけないと書いていません

「治療」は?

「食事療法」「運動療法」「薬物療法」がある。食事療法は「摂取エネルギーを調整し、食後の血糖値が急上昇するのを抑えて血糖をコントロールする」

ここで初めて「血糖値の急上昇を抑える」という文が出てきました。でもその理由は「血糖をコントロールする」為であって、糖尿病が治るとかそういうことは書いてありません。つまり対処療法なんですね。出血しているから止めようというのと同じで、出血する原因をどうにかしようという話では無い。

結局、糖尿病ってなぜ糖尿病になるのかがはっきりしていない、というところに帰結するんでしょう。だからどうやったら治るのかもわからない。ただ、血糖のコントロールはしましょうという話だけでしかない。

では、どうして私の血糖値は上がらなくなったのか?

想像できることとしては「インスリンの分泌が増えた」「インスリンに対する感受性が良くなった」、そんなところのようです。ま、糖質制限をしていますから、インスリンを分泌する膵臓は暇でゆっくり休養し元気になったのは間違いないでしょう(笑)。また脂肪からインスリンへの感受性の阻害物質が出るようで、脂肪が減ればインスリンの効きは良くなるのでしょう。

箕面のお方への連絡ですが(笑)、虎屋の羊羹を食べても血糖値が上がるだけで、糖尿病そのものがそれで悪くなることはないってことのようですね。また虎屋の羊羹を食べないようにしたら糖尿病が治るわけでも無い。ただ血糖値が高い状態が続くと様々な合併症がでるのは間違いがありませんから、そこをどう考えるのかってことだけのようですね。

ったくもー、糖質を取り過ぎると糖尿病になるなんて誰が言ったんだ?どうして巷の人は(私も含めて)そういう風に信じているのか?

世の中、うそばっかりですね~。

でもま、糖質制限をしていると、予備軍程度なら治る可能性があるのかもしれないというのは自分の身体を使った実験で見えてきたということ。

これからは糖質制限を緩和して糖質を摂ったらどうなるのか、それを中心に人体実験していく予定です。 (笑)

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

糖尿病予備軍、治ったみたい” への2件のコメント

  1. daboさん、良かったですね。人ごとでも私も嬉しいです。。

    私もご飯(ブラウンライス+雑穀)を少し食べた方が結果が良いです。本当に体は不思議ですねぇ。

    先月日本で糖尿病の専門医に検査に行き食事の仕方を色々質問して判ったことは、一度にたくさん食べて一気に血糖値を上げないこと、ちょこちょこ食べてすい臓を疲れさせないこと、を考えて食べるようにとのことでしたよ。

    つまり規則正しく少食にというわけですね。

    糖尿病の原因はインシュリンの分泌量が少ないか、効きが悪いか、あるいは両方かだそうです。

    検査したら私は量が少ないタイプなので、自分が出せるインシュリンの量で処理できる分の糖質だけ食べていればOKのようです。
    でも食べられるのはホントにチョット。悲しい~

    • mayaさん、どうも有り難うございます。

      本当に身体って不思議ですよね。自分の身体なのに一体何が起きているのか全くわからないんですから。(笑)

      小分けにして何度かに分けて食べるのはダイエットにも良いんですね。ダイエットに一番真剣に取り組んでいるのは、私はボディービルダーだと思っています。脂肪はいらないけれど筋肉まで落ちたら意味がないわけですから。で、彼らは一日に6食というパターンが多いそうです。

      もちろん普通の量では無くて、一日分を6回にわけるということ。当然、血糖値もさほど上がりませんし(そもそも炭水化物を彼らは多く摂らない)、身体が「エネルギーはいつでも入ってくる状態」だと思うとのこと。だから脂肪分としてため込まないようになるんだと言われていますね。逆に体重を付けないとならない相撲取りは一日2食と聞いています。

      Mayaさんも頑張って良い方向に行って欲しいと思います。

      私が糖質制限をして感じたことですが、当初は「こんな食生活、冗談じゃ無い」と思っていたのがいつの間にか慣れてしまったということ。またそれなりにあの手この手も覚えるんですよね。

      糖質を多く食べたいときには、他の糖質を落とせば良いとか。甘い物が好きならば、食後すぐに食べることはしないで間を空ければ良いとか、自分の血糖値の変化をちゃんとモニターしていればノウハウはどんどん溜まると思いました。

      しかしMayaさんに実験をお願いすることは出来ませんが、かなり極端な糖質制限を何ヶ月かしたあとに、その後元の食事に戻したらどうなるのか。改善するのか、それとも元に戻るだけなのか。そんなことを知りたいと思いました。

      私は予備軍ですが、極端な糖質制限は無駄では無かったような感じ。その結論はこれから数ヶ月以内にはっきりわかると思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *