アメリカに行くべきだったか・・・・

最近、変なことを考えることが多くなってきました。

アメリカって自由だなぁと強く感じるんです。そして何をするにしてもその環境が整っているんですね。仕事でも遊び、趣味でも同じ。

20数年前に自由を求めて見ず知らずの、そして仕事も何もないオーストラリアに家族4人で渡ってきましたが、今思うとオーストラリアで「妥協」したのかな?みたいな気がしないでもないんです。

ただ子育てが私にとっては何よりも大事で、子育ての環境としてはオーストラリア、それもゴールドコーストは最高だと今でも思っているのですが、子供たちもおとなになった今、そして私やヨメサンが一人の人間に戻った時に、フト、自分にとってはこれがベストだったのだろうかと思うようになりました。

子供たちのことばかり考えていて、自分たちのことは二の次でしたから。

アメリカだったらゴールドコーストにいたようには子供たちが育たないのかどうかはわかりません。ただ、私には人種偏見みたいなものが根強くありまして、アメリカ人の特性に関して私自身が考えていることがあります。それは良い面として出れば良いのだけれど、悪い面として出たらどうしようもないみたいなところがあります。もし子供がアメリカで育ったらどうなるのか、それを考えた時にアメリカは怖い、リスクがあると感じたのは確かです。それはアメリカが悪いという意味ではなくて、それだけ自由度が高いってことです。子供がどんな生き方を選ぶのかが想像できないんですね。

その点、オーストラリアにいると安心と言いますか、子供は環境で変わりますから、その環境としては適当に田舎で、適当に保守的で、でも日本人的村社会は(オーストラリア人の中には)存在しませんし良いと思っていました。アメリカとは全然違うと思います。

ただもちろん個人個人まるで違いますし、都市によっても違いますし、アメリカとかオーストラリアとかそういう大きな括りで囲むのが良いとは思わないのですが、でも大雑把にいって「日本人的」というのがあるのと同じように「アメリカ的」「オーストラリア的」そして「ゴールドコースト的」という違いがあるのもはっきりしています。

子供たちに関しては、息苦しい、もっと羽ばたきたいと思えば羽ばたけば良いと思っていましたが、自分に関してはそんなことは考えたこともなかったんです。

でも子育てを終えると、60も過ぎたジジーになったのに若いころの感覚が戻ってくるんですね。そしてあれもしたかったこれもしたかったと「わがまま」が出てくる。

じゃぁ、それがゴールドコーストでは出来ないのか?ということですが、出来なくはない。でもやっぱりアメリカに比べるとかなり保守的な考え方を持った、ある意味、常識的であると言っても良いと思うのですが、アメリカ人みたいに好き勝手にやりたいことを追求できる環境ではないんですね。

自分自身が好き勝手なことを追求したいタイプだとは実は思っていなくて、他人様が見るとかなり好き勝手に生きてきたように見えるようですが、本人はかなり抑えて生きてきたつもり。つまり、「やりたいこと」「やるべきこと」「やっても良いこと」「やらないほうが良いこと」などいろいろな見方がある中で、私は「やるべきこと」を優先して生きてきたんだなと自分でも思うんです。

でも今、一人の男としてこれからの人生をどう生きようか考えた時に、アメリカが気になるんです。そうそう、彼らの庭が青く見える。 (笑)

例えば、なんていうのかなぁ、昔々はゴルフって贅沢な遊び、スポーツだったじゃないですか。庶民がやるものじゃなかったし、金もかかるし、それ以上に人間の「分」みたいのがあるのを感じていました。敷居が高いとか低いとかって、そういう「分」に関係していると思うのですが、そういうものは間違いなく存在するはずです。でも今となっては、ゴルフは庶民のスポーツ、遊び、趣味になったし、決して憧れの対象ではなくなった。

それと同じように、あれは?これは?と今まで尻込みしていたようなことを考えた時に、アメリカって普通の人が普通にもうとっくにそれをやっているんですね。

昔、アメリカで見た、高校生でさえもゴルフ場で普通にプレーする国。サラリーマンでも夏の日が長い時期には会社帰りにラウンドしたり、モーターボートやヨットを持って、まさにそれらが子供の自転車くらいの感じで普通に所有し、それで遊ぶ国。(日本と比べればオーストラリアはアメリカに近いですが)

そんなのを見て、アメリカに負けてたまるか!なんて思った時期がありましたが、自分自身はそれを乗り越えたつもりでも、フト今のアメリカを見ると、どんどん先に行っていて結局また取り残された感じがするんです。やっぱりオーストラリアって田舎。遅れています。まだまだアメリカに比べると質素というか先進的ではない。アメリカではいいジジーが子供みたいな笑顔で楽しそうに生きているのがわかります。ま、それもオーストラリアとて似ているのですが内容がまるで違うんですね。でもそれは余裕があるからそうなんだってことじゃなくて、苦労は誰にでもどこの国にも存在するわけで、そういう苦労があるのと同時に、自分の楽しみを追求できる場所なんですね。アメリカって何をしようとしても、その為の環境が出来上がっている。選ばれた人じゃなくて、普通の人たちが普通に楽しみを、あるいはあえて苦労だとしても、仕事にしても自分の生きたいがまま自由を追求できる先進国。。

日本人なら「あの人変わってるね」と言われるような人ばかりの国。 (笑)

あの世界に飛び込んでみたかった・・・・・

そんなことを考える今日このごろ。

私達がオーストラリアを選んだのは永住権が取れる国であったから。もしあの時アメリカも同じように永住権が「必ず」取れる国だったらどうだったろうか。そんなことを今までに何度も考えました。どうせ現地に友達も知り合いもなく、仕事もゼロから初めて収入を得ながら生きていかないとならないのはオーストラリアでもアメリカでも、当初考えていたカナダでも同じことで、そういう意味での縛りは私にはありませんでした。どうせどこに行っても苦労するのは同じ野良犬みたいなものですから。(笑)

だったらもっと自由を追い求めるべきだったかな、みたいな気が今になってするのです。

自分は妥協する生き方が嫌いでオーストラリアに新天地を求めて来たわけですが、結局、ここで妥協する生活をしていたのだと思うようになりました。適当に田舎で適当にユルいオーストラリアって居心地は間違いなく良いのだけれど、羽ばたくことを忘れてしまったような気がします。「偉大なる田舎」という言葉が似合う国だと思うのですが、あまりにもその中に浸りすぎたような気がします。

アメリカ。悔しいけれど、やっぱり凄い国だわ。毎年毎年すごい人数の人たちがアメリカに渡っていくのも今になってわかるような気がします。やっぱりアメリカなんでしょうねぇ。

もう今の私には、未知の世界に飛び出していく勇気はなくて、どういう生活になるか想像が可能でどっぷり浸かることなく片足を入れただけみたいな長期観光旅行とさほど変わりのないマレーシアでのロングステイ生活、そしてその後、老いと死を前提にした日本での本拠地づくり。どちらもアメリカみたいな自由な考え方、そして自由に生きる環境が存在しない、整備されていない国へ渡って、それが私のこれから行くべき所かと思うと、何かがおかしいような気がしないでもなし。

でも自分自身に大きな夢があるわけでもなく、こじんまりした生活の中に幸せを感じるし、小さな楽しみをいくつか作ってその中で老いて死んでいくことに我慢ができないというわけでもなし。

とは言うものの、息子がアメリカに行く!と言い出したら着いて行きそう。(笑)

 

 
    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

アメリカに行くべきだったか・・・・” への10件のコメント

  1. >老いと死を前提にした日本での本拠地づくり

    ごきげんようダボさん、今回のエントリーでは国際人であり続けることの難しさを痛感させられました。ご子息のアイデンティティは、恐らく90%以上オーストラリア人で、いざとなったら日本に戻って親の介護をなんていう考え方はないのかも知れません。

    でも、それでいいじゃないですか。人間、生まれてくるときも一人なら、死ぬ時も一人です。これまで通り今を精一杯生きることの方が大切だと私は思いますが、、、、。

    • 息子たちのアイデンティティーは100%日本人ですよ。

      ただ日本のことよりオーストラリアのことを知っているし、価値観も日本人とは微妙に違う。でももし彼らに会うことがあったとしても海外育ちには全く見えないはず。

      親(私)の介護のことはこの日記に書いていませんし、そんなことは一切考えていません。また私自身、昔から自分のケツは自分で拭く考え方ですから、子供たちに介護して欲しいと思ったこともないしそう日記に書いたこともありません。だからこそ、日本に本拠地づくりをしないとならないわけです。私だけならまだしもヨメサンが残されたとしたら、子供もあてにせずに一人でオーストラリアで生きていけるとは思いませんから。

      でもせめて会いたいときにはすぐに会える距離であったら良いなと願うだけ。

      アメリカに行きたいというのは「私」個人の思いです。そもそもオーストラリアも絶対にオーストラリアじゃないと嫌だと思って来たわけではなく、いくつかの選択肢の中の一つでしかありませんでした。で、その選択に最近、疑問を感じるようになったということです。

      やっぱり仕事でも生活でも、アメリカには自分の好きにできる環境があると再確認したってことでしょうか。

      今までこのブログでアメリカに関して良い印象がないようなことばかり書いてきましたが、やっぱり私の心のなかに「僻み根性」があったのを発見しました。(笑)

      やっぱりアメリカは凄いっすわ。

  2. どういうところがアメリカがすごいのですか?
    これは批判とかではなく、率直におたずねしたいことです。
    アメリカの属国主義の税金から逃れるために、永住権を手放した方を
    数人知っているので、アメリカがそれほど魅力があれば
    みなさん、大金を払ってでも保持したいと思うのではないかしら?とも
    思いまして、ぜひdaboさんのアメリカに対する熱い思いをきいてみたいです。

    • 具体的に書いてもその方面の人じゃないと全く理解できないと思いますが、例えばIT関連で仕事をする場合にはやっぱりシリコンバレーがやりやすい。メーカーだと最近は香港が仕事がしやすいと香港で起業するベンチャーが増えたり。

      また、遊びの世界で言えば、乗馬が趣味だとすればアメリカとかオーストラリアはごくごく普通の人の趣味として出来ますよね。

      そういう自由度がアメリカはダントツに高いということがあると思っています。何をするにしても環境が整っているんですね。それをバックアップするサービスも存在するし、そして安い。

      maiさんがこのブログをどれだけ読んでいるか知りませんが、普段は私はアメリカのことをボロクソに書いているんですよ。並べたらキリがないですが、世界の不幸の原因はアメリカが作っているくらいに思う部分も結構あるんです。

      ただそういう国対国のレベルの話ではなくて、個人の、それもそれぞれやりたいこと、望む環境が違うわけですが、アメリカは懐が深くて広いんです。日本に比べればオーストラリアもアメリカに近い感じはありますが、オーストラリアとアメリカを比べるとやっぱりアメリカは規制が少なくまさに自由の国という感じ。そして上にも書いたように、何をするにしてもその環境があるんですよ。

      でも仕事もしない、特別にやりたいことがあるわけでもないとなれば、自然が一杯で治安もよく、生活費も安いところが良いわけですが、ジジーになっても、というか今、子供の手が離れたからこそ今まで心の奥底にしまっていた夢がウズウズ動き出すんですね。

      で、それが可能かどうか調べると、アメリカにはその環境が普通にあるんです。でもオーストラリアではなかなか難しい。でも日本にはそんな環境もなければそれを望むニーズも皆無に近い。もちろんマレーシアにもない。正直な所、これに気がついた時には唖然としましたよ。やっぱり国の差ってこれほどの大きいのかと思いましたから。

      私の姉がハワイの日系二世と結婚しまして、ハワイ、サンディエゴとどのくらい生活していたかなぁ。でも彼らも突然アメリカを脱出しました。姉は永住権を返納し、旦那はアメリカ国籍を捨てて日本に帰化した。このことはブログに書きましたし、その理由も彼らにとっては重大な理由。アメリカでは生活が大変だとのこと。

      maiさんが書かれたアメリカの税金は属国主義ではなくて属人主義と言って、アメリカ人は世界のどこに住んでいてもアメリカに税金を払わないといけないという恐ろしい税法ですが、海外に出る人はそれから逃れるために永住権や市民権を捨てる人がいるのも確か。

      でも世界中から(日本からも)毎年すごい人数の人がアメリカに移住していますね。これは老後のロングステイとかそういうのじゃなくて、本当の移住。お国替え。どうしてなんでしょうね。

      アメリカなら夢が叶うと思うからでしょ。

      最近の話題でノーベル賞の話がありますが、日本人と言われている人の中に実はアメリカ人が入っているじゃないですか。で、彼がなぜアメリカなのかをとうとうとしゃべっていましたよね。過去においても今でも多くの研究者や医者がなぜアメリカにわたってしまうのかの理由はmaiさんわかります?

      私が今回、やっぱりアメリカかぁ・・と思ったのはそれと同じ理由なんですよ。アメリカでしか実現できないことがあるってこと。あるいは実現できる可能性がある。

      これはオーストラリアも同じで、同じ貧乏をするならオーストラリアで貧乏をしたいと言って、オーストラリアの永住権を取ろうと必至になっていた友人夫婦がいましたが(結局諦めた)、オーストラリアの何に彼らが魅せられたのかはわかりませんが、そういう人もいる。

      と、同時にオーストラリアって流出も多いんですね。仕事をする人はアメリカ、アジアに出ていくケースも非常に多い。

      人間それぞれ夢があって、それを実現するために適した国というのが間違いなく存在して、その内容云々とか、どこが良いとか悪いとかいうこと以上に、それがわかった時に「実行」するのか「我慢」するのか、そこが私がこの日記に書きたかった要点です。

      ですから、アメリカという国名は書きましたが、一体、具体的にどんな内容かを書かなかったのはそれが理由です。

      剣道やお茶、陶芸など日本文化に魅せられて日本に居着く外国人も多くいるのと同じで、自分が本当にやりたいことがあるのならアメリカでもイギリスでも、もちろんオーストラリアでもその人にとってベストの国があるのなら「行動に移すか否か」だけが問題なんですね。

      でも歳を取ると体力的にも精神的にもそれが難しくなるのは当たり前。でも心のなかには鏡に映る自分とはまるで違う、夢あふれた青年がまだそこに存在していたことに気がついたわけです。

      これは嬉しい半面、寝ていた子が起きてしまったようで困るとも言える。その複雑な気持ちを今日の日記に書いたつもりです。

  3. 返信ありがとうございました。
    daboさんが、将来後悔しないように、アメリカ行ってほしいなぁと
    無責任ながら思ってしまいました。
    私は現在マレーシアですが、あと数年で日本に戻るつもりです。
    マレーシアも好きな国ですが
    骨をうずめたい国ではなかったのと子供の将来、自分の老後
    親のこと含めとりあえずいったん日本に戻ります。
    daboさんがそんなにいうアメリカ、、、私は3か月ほどしかアメリカは経験なく
    銃社会が怖いという結論でしたが、また行ってみたくなりました。

    • アメリカですが本当に行きたいと思うようになりました。昔だったらすぐにその方向で動いたはず。20代前半の頃、20代後半の頃に二度に渡りチャレンジしましたが、ビザの壁が大きく、断念したのを思い出します。

      今は自分は老いぼれになりましたし、そしてヨメサンもいるし長男とはマレーシアに行くという約束で彼の将来を変えてもらいましたし、なおかつマレーシアには年老いた両親がいますし、やっぱり「自分だけのこと」を考えて行動はできませんね。

      どこかで妥協点を見つけて生きるしか無い人生も納得できればそれで良いし、でも夢は捨てずにアメリカじゃなくてもやれないことではないので、その線で頑張るしか無いのかもですね。

      しかし、隣の芝生が青く見えてオーストラリアに渡ってきましたが、それに慣れるとアメリカの芝生が青く見えるなんて想像もしませんでした。 (笑)

      maiさんも日本に帰られるのですね。帰りたいと思うのですか?

      私は、絶対に日本で死にたいと思っています。日本って私にとっては母そのもので、別れの時には母の腕に抱かれて消えて行きたいです。

      • >maiさんも日本に帰られるのですね。帰りたいと思うのですか?

        マレーシアにいると気楽です。
        このままこちらでも、問題はないのですが
        外に出て、あらためて日本の偉大さが身に染みました。

        私もdaboさんでないですが
        日本大好きなんですよ。

        よくdaboさんが、マレーシアで暮らしても
        結局はお客様みたいなことを記事にされていましたよね。

        まさしくそれですね。
        お客様ではいやなんですよ。お気楽ではありますが・・・
        地に足がついていない感じもします。

        日本もいっぱい問題が山積みですが[高齢化や増税や天変地異など]
        それに向き合って、自分なりにできることでお国のためにしたいです。
        (変ですかね?(笑))

  4. お久しぶりです。以前カメラについてお聞きしたものです。
    アメリカっていろいろ裏でやってることも聞きますが、
    難民を受け入れてる数はトップクラスだったり、オーストラリアと
    比べても、ましてや日本と比べたら笑っちゃうくらい
    受け入れてたりするのを見て、やっぱり懐は広いなあと思います。
    最近もヤングオーストラリアンオブザイヤーを受賞したベトナム出身の
    優秀な女性がアメリカに渡ったという話を聞いて、
    オーストラリアにいても優秀な人はアメリカに行っちゃうのね
    と思ったところです。

    一つ不思議だったのは、アメリカってまだそんなに
    差別が根強く残ってるんですか?
    私はビクトリアの山奥にいますが、結構差別あります。
    私だけの時と夫(オージー)と一緒の時と態度が違うというのは
    幾度となく経験してます。
    アジア系は中間管理職から上がなかなかいないという新聞記事を
    ちらっと読んだんですが、やっぱり見えない差別がアメリカより
    あるんじゃないかと思ってしまいます。

    そうそうもうすぐ、ゴールドコーストに移るんです!
    やっと山奥から脱出出来ると思うとちびっちゃうくらいうれしいんですが
    レストランなど、ダボさんの情報を利用させてもらおうと思ってます。

    あ、もう一つダボさん、以前大分に移住の話をされてましたが
    私大分出身です。
    魚は美味しいし、気候は温暖だし、成田からジェットスター
    飛びはじめたので旅行にはおすすめですが
    住むのはどうかな、結構保守的な人多い気がします。
    沖縄はどうですか?私はいつか沖縄に移住出来たらな〜と思いました。
    長々と書いてしまいましたが、
    ブログいつも楽しみにしてます!と言うことで締めたいと思います。
    それではまた!

    • 差別ですが、いろいろなんでしょうね~。アメリカでは警察官が黒人を射殺して大問題になるなんてことが未だにありますし。

      これはオーストラリアでも日本でも心理的には同じだと思っていて、どこにでも差別はあるんでしょうね。ただそれが出やすい、出てこない分野や場所があるわけで、一概には言えないと思います。これは仕事でも日常生活でも同じじゃないでしょうか。

      というか差別がない世界があると思うほうが、勘違いも甚だしいと思うべきかもしれませんね。

      おおお、ゴールドコーストに移るんですか?へーーー、山奥からなら大都会に見えるかもです(笑)。ただ、私の友人がゴールドコーストの近くのタンボリンマウンテンに住んでいたのですが、というかそこも一応ゴールドコーストの一部ということになっているのですが、田舎すぎて気が狂いそうだと言っていましたっけ。

      ご主人が山奥を好きなタイプじゃないことを祈ります。 (笑)

      大分ですが、随分前に調べた時に「ジジババの移住先」として一位の人気があったんですよ。理由は気候、豊富な食べ物、物価、そして他の地域に比べて「排他的ではない」ということでした。

      私の知人が大分に移ってちょっと住んでいたのですが、そういう「よそ者」が集まるような街もあると。

      「保守的な人が多いきがします」ということですが、他の地域に比べると良いのかもしれませんね。ちなみにヨメサンの出身は福岡は浮羽なんですが、あそこに行って思ったことは「保守的な人しかいない」ってことでした。 (笑)

      田舎に住もうと私が言うと「あんたは田舎の怖さを知らないからそういうことを平気で言う」とヨメサンはいつも言います。

      沖縄って良さそうですよね。でも天気がどうですかね。オーストラリアの台風もない、雨もふらない青い空が当たり前になった人には厳しいかも。

  5. maiさん、その気持わかりますわ。

    常にお客様で、足が地についていない感じ。いつまでも旅行者なんですよね。

    でも私も結局はそうだったと最近思うわけで、20年以上居ても変わらないのかもしれない。

    これは心が日本を向いているからそう思うのかもしれないし、そういう意味ではmaiさんと私は似ているところがあるようで、やっぱり日本は祖国なんですね。親と同じで、そりゃ愚痴を言いたいことはいくらでもあるけれど、現実は現実として認めた上で大事にしたいですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *