4Kフォトの時代が来るか?

前の日記で、パナソニックが凄いコンパクトデジカメを発表したと書きましたが、パナソニックが4Kフォトという新しい概念を広めようとしているのがわかりました。

これはまさに紹介した日記に私が書いたことそのもので、動きがある被写体を写した時に、最高のシャッターチャンスでシャッターを押せるかどうかってのは偶然に依存しているのが普通なんですね。また人が笑う瞬間というのも、笑い出しから笑い終わるまでの数秒の間に、最高の顔を見せる一瞬があるわけですが、その瞬間を写真に収めるのは至難の業。だから人物写真なのにバーストモードでバチャバチャバチャと撮らなければなりません。

でも普通そんなことしませんよねぇ。カメラを向けて「ハイ、チーズ」なんてやっている人もいるかもしれませんが、自然な美しい瞬間ってなかなかカメラでは撮れない。だからこの際、映像を撮って、その良い一瞬だけを切り抜くことができたら非常に簡単で、それをやってみたいとずーっと考えていたんですよ。

でも普通の動画から静止画を抜くのはやっぱりうまくなくて、まず解像度が非常に低いということ。ハイビジョンと言えどもカメラで言う200万画素しか無いんですね。それと滑らかに動いているように見える動画も、一枚一枚(普通は1秒間に30枚)を見ても、ブラー、つまり動きが流れているんですね。ボケているように見える。でもこれがあるから映像は流れるように見えるわけで、一枚一枚動きが止まるような画像を一秒間に30枚連続で見ても、動きがスムーズに見えない。人間の目って凄いんですね。

ですから、その問題が解決されないと動画から静止画を切り取るのも意味が無いわけですが、動画もシャッタースピードを上げる事ができますし、動きが止まった静止画を抜き出すことは前よりは簡単になってきていると思います。

こういうニーズって間違いなくあるはずで、そこにパナソニックが目をつけたんですね。4K動画が撮れるカメラなら、静止画を撮らずに動画を撮る。そして切り出すという考え方。

4Kですと、上のインタビューの中でも言っているように8メガの静止画になりますから、かなり利用価値は上がるはずです。ただ動きが大きい物、あるいは暗い所ではブラーが大きくなりますので、静止画を見たらボケボケだったなんてことも起きる。でもま、それは慣れでどうにかできると思っていますし、パナソニックが会社としてそれを薦めるということは、カメラ内でも何かそれに対処できる機能をつけてくるかもしれませんね。少なくともシャッタースピードは早くしないと駄目ですから(映画はそもそもシャッタースピードが遅い)。

面白い時代になるかもしれません。

写真を撮るのと、動画を撮るのが同じ意味になる時代が来るかもしれない。違いは長さだけとかね。そしてカメラ内でも動画からシャッターチャンスバッチリの静止画を切り取りやすいようになるんでしょう。

ま、とりあえずはカメラのバーストモード(連写機能)を使って1秒間に何枚も写すようにすれば良いわけですが、普通、カメラを向けられて、バチャバチャバチャバチャなんて音がしたら「どうしたの?」なんて聞かれますよね。また目立つし、それでその場の雰囲気も変わってしまう。

電子シャッターを装備しているカメラだと全くの無音で撮れますからそれでも良いですが、普通のカメラじゃ無理。

今思い出したのですが、前に、シャッターを押した瞬間から5秒前だか、そこらの映像を遡って記録するビデオカメラがありましたよね。それってビデオカメラは常に動画を撮っているわけで、シャッターが押された瞬間だけ過去の5秒前から記録を始めるという機能(つまりバッファに5秒間分の映像を常に溜め込んでいるということ)。

なんだそれ?って思いましたが、例えばサッカーの動画を撮るとして、できればゴールを決めた瞬間を撮りたいですよね。でもシュートしてゴールするかどうかはわからないわけですから、シュートする度に撮影しないとならない。でもこの機能があると、カメラは構えたままで、ゴールした瞬間に撮影ボタンを押せば、5秒前のシュートする時から記録が出来るということになる。

あるいは赤ん坊の動画を撮るにして、笑った瞬間とか、立った瞬間、あるいは転んだ瞬間(笑)の動画を撮りたい。でも普通だとそれが起きたところから撮影が始まるんですね。でもこの機能があると、それが起きる5秒前から記録できるってこと。

こういう機能も静止画を取る場合でも普通に付けるようにすれば、写真を撮る感覚でシャッターを押すと、前後2秒間で60枚自動で撮ることも可能ですよね。それなら間違いなく決定的瞬間を静止画で記録できる事になります。ですから自分で撮る場合も2秒間押さないとならないなんてことを意識する必要もないし、また誰かに撮ってもらう時にも普通にシャッターを押してもらえば良いわけで、2秒間押していてね、なんてややこしいことを頼む必要もなくなります。

またマクロを撮る人は良くわかると思いますが、フォーカスがかなり微妙なんですよね。フラフラと被写体も動くしカメラも動く。だからシビアなマクロの場合、ピンボケが大量生産されてしまう。でもこの機能があれば、ジャスピンの一瞬は必ずあるはずですから、そこを切り出せば良いことになる。

野球などのスポーツを撮るカメラマンって大変なんですよね。1秒間に10枚撮れるようなカメラを三台繋げて、ピッチャーが球を投げる度に何十枚って撮るそうです。そうしないとバッターが打った瞬間を捕らえることは絶対に不可能ですから。でも上に書いたような機能がカメラに付いていたら、打った時だけ、あるいは面白い瞬間だけシャッターを押せば、自動で撮られた何十枚の中から最高の一枚を抜き出すことが出来る。でもま、プロの世界じゃ4Kから切り抜いた静止画じゃ駄目で、まだまだ技術革新を待つ必要があるでしょうが、十分使える分野は間違いなくあるし、ましてや我々素人の世界にそれが入ってきたら、素晴らしい瞬間の1枚を誰でも撮れるようになるってことですね。メカ音痴のヨメサンにシャッターを押させても大丈夫。(笑)

そんな機能が付いているカメラだったら欲しいなぁ。もちろん4Kで撮れるカメラじゃないと駄目ですが。

あらら、4Kフォトが撮れやすいようにもう出来てるみたいですね。パナソニックのサイトに出ていました。疑似体験も出来るようになっています。

4K PHOTOがあなたに「ベストショット」をもたらす – Panasonic  ← クリック

また4Kフォトの例も多く出ていて、写真にマウスを乗せるといくつかの候補が出てきます。そういうのを選べますよってことなんですね。

4K Photo Gallery 4K動画から切り出した静止画 ← クリック

    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *