朝日新聞社長が謝罪 その内容と解説 【動画】

朝日新聞の社長が出てきて謝罪しましたが、慰安婦問題に関してが主ではなくて、(福島原発の)吉田調書に関する歪曲報道に対する謝罪のオマケのように聞こえました。

また朝日は慰安婦の「強制性」に関しては「無かった」とは絶対に認めず、「広い意味での強制性はあった」という言い方をする。これは本当に卑怯だと私は思うんですよ。問題点は日本軍が「強制したか否か」であって、広い意味での強制性の話は誰もしていないんですね。そりゃ女衒が暗躍したのは間違いないとは思いますが、それもこれも一緒にして「強制性があった」と言ってしまうのは誤魔化し、あるいは誤解を誘導すると思いますし、そういう論法、言い逃れを報道機関がするのは異常だとしか言い様がないと思っています。

でも女衒の暗躍にしても、そもそも慰安婦の存在があったからだと言えばその通りだし、実際に騙されて慰安婦になった人もいて、では戦地に送られる時に拒否権が認められたかどうかという突っ込んだ話になると、その自由はなかった(軍の管理下において)という事実もあるとのこと。ですから慰安婦問題は日本軍は潔癖だということは出来ないとは思いますが、20万人もの女性が「日本軍によって強制連行された」とかそういう内容が真実として世界を駆けまわっているのは問題で、その旗を振り情報をばらまいていたのは朝日新聞。そして福島瑞穂などの左翼。

そして挺身隊と慰安婦が同一視されていたことは笑止千万で、挺身隊がどういう存在だったか知らない日本人はいないでしょう。やっぱり朝日は意図的に何かを企んでいたとしか言いようがないと思います。

また福島原発の吉田調書から「所員が逃げた」報道を世界にばら撒いたのも朝日ですが、吉田調書は本来なら表に出ない性格の物。それを朝日が独自で入手し、内容を暴露した形ですが、その内容がおかしいとあちこちで問題になり、とうとう政府も吉田調書を公表することにした。こうなると「朝日しか知らないはずの内容」が誰の目にも触れることになり、朝日が意図的に内容を変えたことがバレてしまう。そういうことも今日の社長謝罪という行動に結びついたのだと思っています。

でもこれって氷山の一角で、朝日に限らず日本には色々問題点があると思います。NHKも同様。

この動画は「情報ライブ ミヤネ屋」からの抜粋だと思いますが、結構良いと思いましたので紹介します。

    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *