マレーシア人と同じ食事をしていると糖尿病になる?

糖尿病とか血糖値の話を最近多く書きますが、友人からメールで「マレーシアであの食事を摂っていると糖尿病になってしまうのだろうか」というような話題がありました。

ここは面白い点だと思います。私もそう思っていましたから。

でも、糖尿病になったら「マレーシアのような糖質の多い食事は駄目」であるのは間違いがないと思いますが、「糖質の多い食事を摂ると糖尿病になる」ってことじゃないと私は考えています。(食べ過ぎてデブにならなければOKなんでしょうか)

私は「まだ」糖尿病ではありません。しかし予備軍だとはかなり前から言われておりまして、私としては時間の問題だろうと思っています。いろいろ気になりますのでネットで調べられる限りのことは調べていますが、専門医と話したこともないし、治療を受けているわけでもありません。ですから、詳しいことはわからず、ネット上で得られた知識、あるいは書籍を読んでの知識を元にして考え、書いているだけですから、自分でもどこまで正しいのかさっぱりわからずです。(笑)

前の日記のコメント欄に書いたことですが、どうも糖尿病の治療に関して私には理解できないことが起きている、それが常態化しているように感じています。

糖尿病になって大事なことは血糖値の管理であると思うのですが、これは前から書いているように、食事療法でどうにでもなるんですね(重度の場合はわかりません)。血糖値を上げるものは人間の食物の三大栄養素である「糖質」「タンパク質」「脂質」の内の「糖質」だけが血糖値を上げるのは誰しもが認めていること。

でも「糖質」を減らせば血糖値が上がらないのはわかりきっているのに、医者はそれを推奨しないようですね。ここが私には理解できないところで、なぜ医者は「炭水化物制限食」を推奨しないのかを想像してみますと、これは生命を維持する根本の根本であるところの「三大栄養素はそれぞれ摂らなくてはならない」という大原則があるからだろうと思うのです。だからそれに反することは言えないのかも。そして食事に関しては昔からのオウム返しみたいに「カロリー計算」を主体にした食事を薦めるのが普通だと聞いています。一体カロリーと血糖値とどういう関係があるのか説明して欲しいです。

ところがこれに反旗を翻す医者もいるんですね。前にも紹介しましたが、江部康二医師がネットでは有名ですし、多くの著作を出しています。彼の主張は「糖質を制限しろ」です。彼が勤務する病院ですが京都の「高雄病院」で、その病院も糖質制限食を推奨しています。また同じような主張の病院もあります。たとえば「前橋内科循環器科医院」。この輪は広がっているようです。

江部康二医師のブログ   ←クリック
高雄病院  ←クリック
前橋内科循環器科医院 ←クリック

結構、過激な言い方をしていて、江部医師は『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』なんてタイトルの書籍も出していますし、病院でも「糖尿病が良くなる~糖質制限食を今すぐ始めよう~」みたいなキャッチも書いている(前橋内科循環器科医院)。

ところがですね、権威ある学会はこれを認めたくないのですね。こんなニュースがあります。

糖質制限食「勧められない」 日本糖尿病学会、タンパク・脂質増で健康懸念  ← クリック

ニュースはいつか消えてしまうので転載させてもらいます。産経ニュースです。

提唱者の医師「根拠ない」と反発

日本糖尿病学会が先月、ご飯やパンなど炭水化物を控えて糖質を制限する「糖質制限食」について、「勧められない」とする提言を出した。糖尿病患者だけでなくダイエットしたい人にも人気のこの食事療法、何が問題なのか。(平沢裕子)

脂質は悪者?

同学会が糖質制限食を勧められないとしたのは、糖質制限によってタンパク質と脂質の摂取量が増えることを問題としたためだ。提言では、タンパク質の取り過ぎが腎機能を悪化させたり、脂質の取り過ぎが動脈硬化を促進させて心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めたりする恐れがあると指摘している。

これに対し、糖質制限食の提唱者である高雄病院(京都市右京区)の江部康二理事長は「脂質は長年悪者にされてきたが、最近は食事の脂質を減らした人とそうでない人で最終的な死亡率は変わらないという研究が、海外の一流医学誌に次々と発表されている。タンパク質の取り過ぎは腎障害のある患者には悪影響があり、私も糖質制限食は勧めていないが、腎障害がない場合に腎機能を悪化させるというエビデンス(科学的根拠)はない」と反論する。

確かに提言でも腎障害がない場合、タンパク質の過剰摂取が腎症発症のリスクとなる「明確なエビデンスはない」としており、腎機能悪化の科学的根拠があるわけではない。

糖質50%未満も許容

東京都内在住の男性会社員(45)は7年前、糖質制限ダイエットをした。開始前は身長175センチ、体重75キロ、BMI(体格指数=体重「キロ」を身長「メートル」の2乗で割った数値)は24.5で標準体重範囲内だったが、学生時代から約20キロ増えた体重が気になっていたという。普段の食事から主食を抜き、おかずはそれまでと同じ量を食べたところ、4日目ぐらいから体重が減り始め、8カ月後には62キロと13キロの減量に成功した。男性は「体重がどんどん減っていくのが楽しかった」と振り返るが、「やせたことでダイエットする意味がなくなった」とダイエットはやめ、現在はダイエット前と同じ体重に戻っている。

この男性のように糖質制限食で減量効果を実感しても、ご飯はもちろん、ラーメン、パスタ、菓子が食べられない糖質制限食を1年以上続けるのは難しそうだ。提言では脱落者が多く、継続しないことも問題とした。しかし、「今はこんにゃくパスタやふすまパンなど低糖質でおいしい代替品がいろいろある。継続が難しいのはむしろカロリー計算が必要なカロリー制限食の方」と江部理事長。

提言では「日本人の病態と嗜好(しこう)性にふさわしい食事療法について継続的な検討が必要」としている。同学会の門脇孝理事長は「提言は、食生活の好みによっては糖質50%未満も許容するという従来の食事療法の規制緩和の意味もあった。糖質を少なく取るときは、タンパク質が20%超なら腎機能が低下していないか注意し、脂質が25%超の場合は不飽和脂肪酸を多く取るように心掛けてほしい」と話している。

【用語解説】糖質制限食

ご飯やパン、麺類、ジャガイモなど炭水化物(糖質)の多い食品を食べない、糖尿病患者のための食事療法。糖質制限食を紹介した『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)など約30冊の江部理事長の著書は計100万部を売り上げた。糖質だけを控えれば肉や魚は制限なく食べてもよく、カロリー計算のいらない手軽さから糖尿病患者だけでなく、ダイエットしたい人にも人気となっている。

またテレビで見た番組で、ある病院は糖尿病患者に血糖値の検査キットを貸し出して、食べたものと血糖値を記録するだけという治療法を取っているというのがありました。そしてその効果は抜群であると。

これも医者は「糖質制限をしろ」と言わなくても、患者が自分の血糖値の推移と食べたものを見比べている内に、自然と血糖値が上がらないものを食べるようになるってことですよね。つまり糖質制限を自らするようになるということでしかないと思います。

糖質制限も私みたいな自己流、そして極端なやり方が良いとは全く思わないし、私は自分の身体でいろいろ実験するのが好きですからやっているだけで、他人様に同じことを薦めようとは全く思いません。ただ、こうするとこういうことが起きるぐらいのことは多くの方が知っていても良いと思うし、それが切っ掛けで考え方を変えたり、あるいは高雄病院のような病院があちこちにあるようですから、そんな病院の医師を訪ねてみるのは決して無駄だとは思いません。

コメントを見てびっくりしたのですが、糖尿病に全く縁のない方々は、きっとどうなると血糖値が上がるのか、どうすれば上がらないように出来るのか、その知識さえもないのですね。でも糖尿病でもない、予備軍でもないとなればそれも当たり前の話ですが、予備軍でさえも、食べ物で血糖値が変わる、逆を言えばコントロールが出来ることを知らない方もいるんじゃないかと気になります。

つまり、糖尿病だとしても医者の言うまま、薬を飲んで、ごくごく一般的な「脂質は多く取らず、運動もしましょう」程度なのか。もしそうだとしたら血糖値はガンガン上がる食生活を送っているのは間違いがないと思います。日本人はオカズは少なくても白米だけはしっかり食べるのが普通ですし、蕎麦じゃウドンじゃラーメンじゃと大好きな人は一杯居ますから。そんな食生活をしながら「血糖値が下がらないね。運動も増やそうか」なんて考えているとしたら私はピント外れとしか思えません。

まず「血糖値が高い」のなら「上げない」方法を一番最初に考えるのが普通だと思うんですけどねぇ。その方法があるのにそれをしないで視力を失ったり足を切断するようなことになったら誰が責任を取るのかと私は思うわけです。

つまり、怪我をして出血しているのにそれを止めることをせず、まずは基礎体力を付けましょうと言っているようにしか思えないのです。

でも江部医師たちのグループは、まず血糖値を上げないようにするのが第一だと主張しているわけですね。私もこの考え方に賛同しますし、まだ糖尿病じゃない予備軍もそういう方法があることを知る、そして実践を心がけることは大事だと思っています。良い病院だと一般的に言われる大学病院、あるいはそれの系列病院、そういう権威に近い所は従来の考え方から出ることなく、江部医師たちを異端児呼ばわりするんでしょうか。

でもねぇ、糖質制限って長く続けるのは難しいのは事実。でもせめて、白米とか麺類をバカ食いしたり、どんぶり飯は止めるとかそんな程度でも血糖値はかなり改善するんですね。逆に、肉類魚類が多くて、これじゃ健康に悪いよね、なんて錯覚もなくす必要があると思います。主食を食べずにオカズばかり食べるような食生活は贅沢だの、健康に悪いだの、日本人はそういう風に考えるように刷り込まれていると私は考えるのですが、せめてその考えは意味が無いということを理解するだけで、血糖値はかなり改善するはず。そもそも米や麺、パンを主食だ、オカズは副食だという考え方そのものが時代に即していないと思います。

外人に「あなたの主食は何?」と聞いてみたら良いと思います。ほとんどの人が「主食って何のこと?」と聞き返すはずです。彼らにとってはご飯も麺も肉も魚も同じ食べ物の種類でしかなくて、主食という概念そのものがないんですね。

サンマの塩焼き一匹あればご飯は二杯食べられる、なんていうのが日本人らしいと思いますが、サンマの塩焼き2匹とご飯少々という食べ方があっても良いはずですし、いわゆる日本人が考える「主食」を減らし(炭水化物が多いから)、副食を増やすだけでも大きな違いがあるのは、実際に自分で血糖値を計ってみればすぐにわかること。また日本にはカロリーだけを重視する信奉者が多いのも困ったもんだと思います。とにかくカロリーが高いものは排除したほうが良いと信じているのね。(同じ量を食べた場合、カロリーが高い物を摂るとカロリーの摂り過ぎになるってだけであって、カロリーが高いものが悪いわけじゃない)

でもマレーシアでは難しそうです。ご飯や麺類が多いですから。そして炭水化物は少ない料理なのに「砂糖」がたっぷり入っている食べ物飲み物が氾濫している。これじゃ糖尿病患者はうまくない。どんどん悪化するはず。前にも書きましたが「米国腎臓データ登録局調べによると、人工透析が必要な腎臓疾患を伴うまでにいたった人の率は世界一。」ということも他人事じゃないと考えないとならないと思いました。

いくら米や麺類を減らしても砂糖がたくさん入っていたら全く意味が無いんですね。砂糖を食べるのは点滴でブドウ糖をガンガン打っているのと同じですから。

MM2Hで糖尿病の人はマレーシアでどういう食事をしているんでしょうか。検索しても全く出てこないので情報がありません。

自炊するしか無いんでしょうか。でも美味しいものばかりのマレーシアで、目の前に人参をぶら下げられているのにそれを食べてはいけないって辛いでしょうね~。

食い意地だけは誰にも負けない私はどうなっちゃうのか、今から気になっています。 (笑)

    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。m(_ _)m

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシア人と同じ食事をしていると糖尿病になる?” への3件のコメント

  1. 愛読者です。大変頭のよい方で、海外で成功されるほどの実行力もある方をお見受けしています。
    ネット検索力があられるならば、反対側の議論をしている医者や患者の意見も読まれたらよいと思います。お医者さんなど知的な人ほど結構糖質制限にはまりますね。しかし、夏井=整形外科とか専門外のお医者さんばかりですよね。大喜びの人もいるが人による面もある:スーパー糖質制限食が合わず、脳にケトンが行かず、うつ病になったりした人は確かにいる。そもそも糖尿病=血糖値高いというドグマに目を転じてしまうことがあまり筋がよくないと思っております。リフレ派経済学と同じで、日本停滞の原因はデフレと決めつけ、全ての議論を展開していますが、これは根本原因を隠す。
     まあ糖尿病学会本流としても結局原因がわからない(京大代謝科によると糖尿病の原因でわかっているのは遺伝子由来の5%のみ)ので、とりあえずの対処法しか出せていないという現状があり、でも、学会や科学として「実はわからないことだらけ」ともいえない。はっきりと糖質制限を否定できない。が、よくないとは思っている。大学病院では糖尿病は代謝異常としてくくられています。血糖値だけを低く保てばよいわけではなく、インシュリン代謝機能全体を治す方向で行くべきだと思います。インシュリンを出さなくすると、脾臓が退化して永久に糖質が取れなくなります。ケンタッキーチキンの衣も全てはぐ生活。楽しくないでしょ。食べ過ぎてはいけないですが、たまには白米やラーメンも食べられるのが糖尿病の完治なのではないでしょうか。糖質を食べると血糖値が跳ね上がる体になってしまう。株で言うPKOのお化粧買いの逆で、血糖値の数値だけ下げるというのではファンダメンタルズは何もよくなってません。是非理論的な、王城 糖尿病やローカーボ食研究会 で検索してみてください。

  2.  まず白砂糖の糖分がよくないのはマクロビなど全ダイエット共通。つぎに確かに白米を何杯も食べるのはよくない。だからといって、炭水化物をゼロにするというのも暴論だと思います。炭水化物はエネルギー源だけでなく、細胞間伝達物質にも必要不可欠。だから、糖質ゼロだと脳が異変を起こす人が出てくる。そもそも白米をそんなに異常に食べたくなる根本原因を治すべきです。体質が本当に肉食系で炭水化物を減らせば治る人もいるでしょうが、日本人普通は炭水化物適量でインシュリンが出ておなか一杯になる。白米でなく、玄米とか麦飯という手もある。
     逃げ口上ではなく、やはり運動も大事です。元祖糖質制限の一人大阪大学短大の三木先生は、糖質制限食の原形だけでなく、小松菜の大量摂取と一日2時間以上の歩行を義務としていました。現在は運動が抜け落ちています。なお、E医師が経営する高雄は、以前は漢方薬と有機野菜の病院食でアトピーを治すと大宣伝していた過去もお忘れなく。
     知的なお医者さんが引っかかるのは、人間のDNAは700万年変わっていない。石器時代マンモスとか肉食だったはず。エスキモーは肉食だけだ。
     考古学、人類学からの反論。狩猟採取経済というが、実際は人間の中途半端な走力では狩猟はたまにしか取れない。最近の考古学では植物が少なかった米大陸でさえも、百合の根とか後者の植物の採取が中心だったと明らかになってきている。エスキモーは確かに生きながらえてきたが、繁栄はしていない。また、エスキモーは、肉食獣のように、ビタミンをとるためにアザラシの生き血を吸ったり、アザラシの内臓で発酵食品を作って野菜に代わってビタミンをとる工夫をしている(小泉武夫)。もし700万年前の食生活が最適というならば、そういう食生活まで踏み込むべきだ。また、その頃、糖質のない近代的な蒸留酒などはないので、お酒は事実上飲めなくなる。糖質制限は、酒飲みの正当化理論と呼ばれる。食べてよいのは、豆腐にオリーブオイルとか鶏のささみとか酒のつまみか、ふすまのように動物のエサのようなものばかり。だからいまいち酒を飲まない女性に広まらない。総論として女性がケーキ白砂糖をやめるのには賛成なのだが。
     日本で最初の糖尿病患者は藤原道長である。動物性タンパクをほとんどとっていないで玄米ばっかり食っていた江戸時代から昭和初期までの庶民に糖尿病はほとんど見られない。また現代日本の若者の足の長さ、顔の小ささが西洋化しているように、食生活数世代で人間の体質は結構早く変わる。根本のDNAはともかく体質は変わる。体質に合わない食事を無理矢理とると糖尿病頻発は、ハワイの日系移民の疫学研究でもあきらかです。小結論ですが、生活習慣病の根本原因は、資本主義で豊かになって一般大衆まで、藤原道長級の贅沢食を常食できることにあった逆説ではないかと個人的には考えております。贅沢食で肥満となる、一度肥満細胞が出来るとそれが生き延びるために、食欲が暴走する。それで白米などの過食になってしまう。

  3. 愛犬緑さん、コメントを有難うございます。

    私の知的好奇心をビシバシ刺激してくれる内容で、ワクワクニコニコしながら読まさせていただきました。ヽ(^。^)ノ

    まず最初にご指摘頂いたことは私も薄々感じておりまして、「糖質制限食が良いという考え方」に至るのは論理的に考えていくと誰しもがはまるドツボの様なものではないかと。まさにリフレ派の例を出されたのがわかりやすく、その論理はわかるのだけれど、何か違うのではないかという疑念がいつも付きまといます。それと似たものがあるのは私も感じておりました。

    仰るように、そもそも糖尿病とは何なのか、なぜそれが発症するのか、また治療方法はなんなのかそこが重要なのはわかるのですが、これらに関しては私はまだ全く知識を持ちあわせておりませんし、深く掘り下げて考えたことも調べたこともありません。未だ私はそのレベルに達しておらず、とりあえず目先のことに関してどう対処するかだけを考えている状態です。

    私としましては、今まさに出血しているとしたらその血を止めることを考えるべきであるという点において間違いはないと思っていまして、その出血を止めてから、なぜ出血したのか、もう出血しないようにはどうするのかをゆっくり考えたいと思っているのです。

    あああ、折角素晴らしいコメントを頂いたので、是非、このブログの読者にも情報を共有させていただきたく、この件に関しては改めて日記に書かせてもらいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *