診察もしていないのに手術の準備?

ヨメサンが行った救急病院はピンダラ。そこで応急処置をして明日スペシャリストに会うことになっています。

そうしたら本日、アラマンダホスピタルから電話。ヨメサンの詳細の確認ですと。

なんで?

理由を聞いてみたら明日の手術の予定が入っているのでいろいろと確認を・・・ですと。

手術?そんなこと聞いておまへんで~。明日スペシャリストに行って、必要であればすぐ手術となるかもしれないとは聞いているけれど、手術が決定しているような話はない。

それを説明した所、ではそのスペシャリストに連絡をしてみるとのこと。10分後折り返し電話がありましたが、そのスペシャリストは今日は休みで連絡が取れないとのこと(どこかの病院に出ているのかもね)。だから明日そのドクターに会うのであれば、その後に決めるということで、手術の件は保留。

う~~む。わけがわからない。

我々としては「必要があれば手術」程度の認識だけれど、最初に診療、治療した救急病院のドクターもスペシャリストも、「手術しなければ駄目」というのを知っているってこと?だったらなぜそれを患者に言わないんでしょうね。言うと怖がって逃げちゃう?(笑)

病院の手術をアレンジしたのはスペシャリスト。でも彼はまだヨメサンを診療していない。X線写真も見ていないのに手術を決めちゃう?

「必要であれば」ってことだけれど「必要じゃないかもしれない」可能性ってどのくらいなんでしょうね。もし診療後、これなら手術は不要だと診断したとしても、予約をされた病院は困りますよねぇ。手術室も押さえて、麻酔の医師から看護師、手術だとなれば全身麻酔だそうで病室の確保も必要で、「やっぱり手術はしません」なんて当日に言われても病院は困りますよねぇ。

ということは手術はすでに決定していると思うべきなんでしょうね。

ヨメサンにそれを言ったら覚悟は出来ているようで、数日間入院する準備を始めています。

でもなんか納得できませんよね。

あれれ、電話をかけてきた病院のスタッフは、明日スペシャリストに会ってから決める、つまり保留にしちゃっているってことですから、明日突然手術をしましょうって話になっても病院の準備は出来ていないってことになる。

だとしたら、病院のスタッフに、「我々は『必要があれば手術をするかもしれない』と言われているだけ」で、「診断もまだだし手術の決定もしていない」と答えた私がよけいなことをしたことになりますねぇ。

明日どうなりますか。

    -----------------------

このブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しております。皆様が「このブログは面白い」と思って下のリンクや画像をクリックして頂けると、このブログのランキングも上がり、それだけより多くの方々の目にとまるようになります。またそれが私の励みにもなります。是非、毎日一回のクリックをお願いします。

また、それぞれのカテゴリーにはそれぞれ多くのブログが存在していますので、その中には皆様がお探しの情報もきっとあることでしょう。カテゴリーをクリックするとそのカテゴリーの多くのブログが表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *