マレーシアに子連れ教育移住 関連動画

BSジャパンのアジアンタイムズという番組です。7月6日放送。

アジアン・タイムズ 「子育て世代がマレーシアに移住…のなぜ?」


20140706 by dabo_gc

このブログでは「安易に考えないほうが良いんじゃない?」という見方で私の意見を書き続けていますが、最近、私の考え方も変わってきました。

何があるかわからないけれど、やろうと思ったらやるべき、という考えです。

この番組の冒頭で、実際にマレーシアに渡ったお母さん方が「来てよかった」と全員手を挙げる場面がありますが、まぁ、渡って数年程度で「こりゃだめだ」と思う事のほうが珍しいはずで、最初は子供が馴染めるのだろうかなんて心配してもそんなのはいらん危惧でしかなく、うまく行っていると感じるのが普通だと思っています。また、そういう子供の年齢ってあるんですね。

勉強も難しくなく、遊びの延長みたいな年齢、つまり小学校低学年で問題が出るほうがおかしい。でも高学年、あるいは中学になる頃にはいろいろ将来の問題が見えてくるし、また現実としての問題に直面するはず。放っておいても高校大学の年齢に誰でもなるわけで、その頃にどうするかというのを中心に考えて、では今どうするかという風に考えないと、小さい内を基本に考えていると大きくなってからの問題に対処できないことだけは確か。

大西さんもブログに書いていたけれど、学校が国際バカロアのプログラムを持っているから、じゃぁなんなんだってことでしかないし、学校ってのはどこでもそうだけれど「実績」が大事ですから新設校の場合は気をつける必要があるのは世界中どこでも同じ。

そういう意味で、同じ年齢の子供を持っている家族と近くなり情報交換をする傾向があるのはわかるにしても、本当に大事なことは、その国で子供を育て上げた経験を持つ人からの情報だってこと。また、自分の子供がどうなるかは、その地で10年20年育った他人様の子供を見れば想像はつくわけで、そこから反省点やあるいは真似すべきことを学ぶ必要があるはず。

でもま、どういうことになろうとそれはそれで良い経験だし、普通の移住もそうだけれど、3年毎に計画を練りなおして臨機応変で動けば問題はないんでしょう。ただ、3年毎に自由に動ける状態を維持するのが実は難しいんですね。ま、この辺も経験するしか無いわけで、もし泣く泣く引き上げることになってもそれまでの間、良い経験が出来たと思えばそれで良いし、心配ばかりして何もしないよりは良いと思っています。

基本は「3年程度の短期留学」で、それを中心に考えて、それを延長するならするというのが一番だと私は考えていて、親が会社もやめて日本を完全引き上げて皆で渡ってくるのだけは慎重に考えるべきだと思っています。短期滞在と移住・永住とは問題がまるで違うってこと。すくなくともマレーシアで永住ビザを取るのはほぼ不可能だし、就業の自由も社会保障を受ける権利も一生持つことが出来なくて良いのか、その辺も真剣に考えるべきだと思っています。長く住めば住むほど子供は限りなく現地人になることだけは忘れるべきじゃないですね。子供が現地人として生きることを選択する可能性も常に考えて親は計画を練る必要もあるんでしょう。子供がもしそれを望んでも現地人と同じ権利は持てないんですから。

マレーシアに限らず海外生活って意外に落とし穴がたくさんあって、その地に長い人に聞いてみればすぐわかるけれど、あれだけ盛り上がっていたのにいつのまにか消えていなくなったなんて人の数は半端じゃ無いんですね。帰りたくなればいつでも帰れるロングステイや親方日の丸の駐在さんとはわけがちがう。でもなぜ帰らなければならなくなったのか、あるいはもっと生活の楽な国に流れなければならなかったのかは聞かないお約束。もちろんそれが活字になることもほとんどない。初志貫徹出来た人には共通点があるのだけれど、それを話しても誰も耳を傾けない。これが面白いと思いますわ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアに子連れ教育移住 関連動画” への6件のコメント

  1. 中流階級以上のマレーシア人で、是非我が子の教育はマレーシアで、なんて思っている人がいるんでしょうかね? 聞いたことないな。

    • 私はマレーシアは良くないとは言いたくないのだけれど、オーストラリアにいてどれほどマレーシア、シンガポールから留学生が多いのか、またマレーシア人が子供を留学させるつもりだというのを聞くと、日本人がマレーシアを目指してどうするつもりなのか将来の話を聞きたいと思うことがあります。

      ただこれはオーストラリアにも言えることで、かつては出来る子は海外にということが多かった。私も実は子どもたちはオーストラリアではない大学を考えていました。でも今じゃオーストラリアは留学が一つの目玉になってアメリカからも留学生が来るようになった。そして内容的にも世界に認知されるようになった。

      同じことがマレーシアでも起きるだろうと私は予感していまして、またマレーシアで開校する海外の有名校も増えてきて、面白いんじゃないかと思ったり。

      日本では考えられないけれど、教育制度が似ているイギリスを中心とするコモンウェルスの国々では子供が単位を持って違う学校にいくのも簡単なんですね。息子の友人でもオーストラリアの大学で勉強しつつ、最終的にはイギリスの超有名校で卒業したなんてのもいる。これと同じことがマレーシアでもできるはずで、マレーシアはコモンウェルスの一員であるという有利な点も忘れてはならないと思っています。

      ま、どちらにしても、小さな子供が2,3国語を話すようになって親がそれを喜んでいるようじゃアウトでしょうね。でもそういう時期は誰にでもあるので否定はできませんが、そんな程度は子供の将来の何の役にも立たない事に早く気が付かないと。

      子供がまだ小さいからといって目先のことしか考えないでいるとうまくないのは間違いがなくて、長い目で見て、それの一ステップとしてマレーシアをどう利用するか考える事が大事だと思っています。

  2. いつも教育関係の記事を参考にさせてもらっています。番組のお母様方は皆、テレビ番組に出演するくらいの方々なので、きっとマレーシアでの教育に今のところ満足している方々なのではと思います。

    子供を連れてマレーシアに来て、生活や学校が合わず、帰国した知り合いも数人知り合いでいます。そういう人はテレビに出ないですし、ブログなどもあまりやらないですし、表には出てきませんよね。マレーシアはやはり治安面での不安が一番大きいと思います。特に母子移住は。知り合いの一人は、マレーシアは怖い国という印象を受けたまま帰国しました(タクシー運転手や幼稚園での先生の態度などから)。学校での体罰の話も聞きますし、やはり日本やオーストラリアの学校とは違いますよね。そういう問題はメディアでは決して放映されないでしょうけど。

    私はブログを色々見るのが好きですが、教育移住関連のブログを書いている人も、突然やめてしまったり、更新が滞ってたり、長く続いている人は少ない気がします。その後いったいどうなったんだろう?って思ったりします。更新が多かったり長めに続いてるブログは、商売じみているものだったり。
    確かに、子供が小学校高学年、中学校高校になると、本当に考えることが多いですね。

    • 仰るとおりだと思います。

      教育関係に限らずなんでもそうですが、盛り上がってる人が盛り上がった内容を書いてヽ(^。^)ノなんていうのが一番危ないんですね。それを10年も続けているなら信ぴょう性がありますが、いつのまにか消えてしまう人が多いし、一体何があったのかは闇の中。

      でも現地にいるとどういうことが起こっているのかは身近を見てもわかるわけで、また自分だって綱渡りの毎日なわけで、そんなうまくいくわけがないのはわかりきっているんですね。

      夢を描いて盛り上がっている人たちの腰を折る気はないですが、子供のためと言いつつ結局子供が被害者になる可能性があるのを言わずにいられません。でも盛り上がっている人の耳には届かないし、そんなこともわかっていない海外での子育てを終えた経験もない連中が教育移住の手引をしているかと思うとゾッとします。ニーズがあるからやっているなんて考えているとしたらとんでもないと思います。

  3. ダボさんお久しぶりです。
    ここ数ヶ月、ダボさんにお話したらブログネタにされそうなこと満載な日々を過ごしておりました。(笑)

    ダボさんの「何があるかわからないけれど、やろうと思ったらやるべき、という考えです。」というご意見
    私も、最近こちらに傾きつつあります。

    最近ある人から、「せっかくお子さんの可能性を信じている人に、否定的なアドバイスをするのは良くないように思う。」ということを言われたり、また、あるサイトで、「子供の時間は巻き戻しが出来ない。あのときああしていれば、、、と言ってもやり直すことが出来ないからこそ子育ては難しい。」と言っている人がいて、いろいろな意味で「そうだな」と思うようになりました。

    ただ、実は子供の教育より他の分野に関心が強い方々が、親子留学とやらをむやみに煽ったり、躊躇している人の背中を押すようなことはしてほしくありませんね。善意でおすすめされている方でさえ、ハタから見ると「この人、何も分かってないのに、、、」っていうケースが多々ありますよね?まして、別目的で親子留学を利用しようとしている人達ってどうなんでしょう?

    とにかく、マレーシアでのんびり多言語教育という夢は大間違いですから。
    子供の教育のためにというなら、ちゃんとそのカリキュラムで最高の成績を目指してお勉強するように導いてあげて下さい。
    (もちろん、期間限定の方はこの限りではないと思います。しかしその代わりに、日本式の学習を継続て行かなければならないという課題がありますよね?)

    単に高校を出ただけで大学入学資格がもらえるのは日本ぐらいなものではないでしょうか?一般的には、その学校を出たというだけの高校卒業(資格ではない)と、その課程をある一定以上の成績を取って合格したという統一試験等の資格、そして大学に入学可能な統一試験等でのそこそこ優秀な成績=大学入学資格は別物ですよね?そして、その資格の成績が将来にわたって(大学入学にはもちろん、就職にも)非常に大事なものだということ。
    余計なお世話ですけど、どうも、その点を大きく勘違いしている方が見受けられるので、そこが一番気になるところです。。。

    • お久しぶりです。

      過ぎたことは振り返ってわかることで、行動前にはわからないのは事実だけれど、情報はいくらでも転がっているんですよね。でも「聞きたくないことは聞かない」という心理が誰にでもあってそれがジャマをするんでしょう。

      でも子供のことだからと真剣に考えて先手先手を打った人は失敗が少ないのが普通だと思うし、そこで大きな差が出てくるんでしょう。

      私も教育移住のコンサルタントまがいのことをしている人たちには疑問を持っています。コンドミニアムを紹介するがごとく学校を紹介したり見学したり、自分が経験さえしていないのにあれじゃこれじゃとアドバイスする。本来こういうことってちゃんと資格を持った人がやるべきことだと私は思っています。経験して初めて分かることって山のようにあって、子育てもそうだし、ましてや海外での教育は落とし穴とハードルが満載ですから、ちょっとやそっとの経験でアドバイスなんか出来ないはず。

      問題が起きたらそこで解決策を考えるのは当たり前ですが、想定できていたのかいなかったのかの差は大きいし、日本に引き上げるにしても国を変えるにしても、あるいは永住権の重要性がわかったにしても、その時どうにかなることって少ないんですね。全て準備が必要なことばかりでいきあたりばったりではどうにもならない。仕事や収入の確保も同様。

      舞い上がっている人は好きにやればいいけれど、私は子供が心配です。仰るとおり子育ては巻き戻し、やり直しが利かないですから。

      日本にいると普通に生きて誰にでも手に入るものが、海外では全く事情が違うことに気がつかない人も多いようです。日本での経験、日本の事情を基本にして海外を見ても全く意味を成さないのに。

      海外に出たばかりに一家離散の憂き目に合うこともあるなんて想像もしないんでしょう。そういう経験をした人ってどこの国でもいくらでもいるはずですが、そういう話を集めて出版したら良いのね。もう提灯記事ばかり書くのはやめて、現実を知らせる書物もこれからは売れるだろうし、金儲け主義の出版会社もメディアもそういう方向性を考えて欲しいなぁ。

      でも海外のバラ色生活を宣伝するほうがみんなが儲かり、満足する状態なんでしょうね。で、落ちこぼれは落ちこぼれた奴のせいになるんでしょう。自己責任だと。

      将来のことは誰にもわからないけれど、いつでも帰れるような準備(親も子も)をしていれば、それってまさに「余裕」以外の何者でもなくて、逆に帰らないで済むこともあるという、そういうところにも目を向けて欲しいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *