初めて食べた「肉骨茶(バクテー)」

今回のマレーシア旅行で生まれて初めて「肉骨茶(バクテー)」を食べました。

1Utamaの中にあった店で偶然見つけました。メインの通路から離れて辺鄙なところにある、結構大きな店で、ロフトみたいな感じでした。やっぱり豚専門ですし、凄い匂いがしますから人目を避けてああいう場所にあるのかと思ったり。

Pao Xiang Bah Kut Teh 宝香绑线肉骨茶という店ですが、ここが有名なのか、ここの肉骨茶が美味しいのかどうかもわからず、適当に頼んでみました。

Xperia--0058

まずは豚の脚の部分と角煮(三枚肉)、そして野菜。肉は小さなコンロの上に乗せられて暖められたまま出されますが、まずスープの味見をしてびっくり。もっとしつこいと味だろうと思っていましたがさにあらず。かなりさっぱりしていて、中華特有の調味料も大して強くありませんでした。私は八角にしても五香粉にしても好きは好きなんですが強すぎると駄目なので、良かったです。本来、薬草で煮こんであるとのことですが、薬草臭さが表面に出てくる味でもなく、しかし、もちろん薄味ってこともなく、美味しいと思いました。

左上に写っている角煮、つまりバラ肉、三枚肉のあれですが、やっぱり日本で良いとされているものとは違うんでしょうね。私がしつこく探求した角煮とも違っていて、ホロホロに柔らかいというほど柔らかくはありませんでした。でもブキビンタンある客家の角煮よりははるかに美味しいと思いました。客家の角煮ってボソボソでなんであれが有名なのか私にはわからず。でも美味しいと思うツボが違うんでしょうね。

脚の部分は美味しかった~~。そもそも豚足が大好物の私には嬉しい料理。もろ豚足みたいですよね。でも日本の豚足といえばヒヅメの部分ですが、どういうわけかこの店にはヒヅメの部分はありませんでした。これはいわゆる「膝下」であって、踵から先の日本の豚足ではありませんでした。で、踵から先の日本で言う豚足の部分はメニューを見ても見つけられませんでした。

Xperia--0059

ただ結構骨が多くて、食べるところは大して多くないのね。で、大体の感じが掴めましたので、次に頼んだのは腿の部分。こちらの方が食べごたえがありましたし、腱の部分が美味しかった。(腱だけのメニューも頼みたかったのですが、長男が却下)

Xperia--0066

そして(何故か)内臓が大好きな長男が頼んだのがこれ。

小腸。これはかなり美味しいと思いました。全く臭みなんか無し。

Xperia--0064

そして胃。これはなんてことなかった感じかなぁ。

Xperia--0067

どれも脂がギトギトの感じがしますが、しっかり煮こんであって脂っぽさは全くありません。ゼラチンの大集合って感じじゃないでしょうか。また見た目は最悪ですが、味はしつこくないし、薬草、中華香料が強すぎる感じもないし、肉骨茶って良いじゃん、美味しいじゃん、ということで長男とガッテンガッテンでした。

これは結構凝りそうです。きっといろんな店のいろんなバリエーションがあるんでしょうね。

この店に入ったのはそろそろ閉店という時間で、売れ筋は売れてしまっていた様子。でも豚足好きの私としては豚足の親戚を食べたようなもんで大満足。返ってこういう料理は普通の(まともな?)肉の部分は美味しくないかもですね。もし豚の耳でもあれば、酒もガンガン進みそうです。

ただ、このお店、いやにビールが高かったような・・・、勘違いかなぁ。もしかしたら勘違いかもしれませんが、イヤに酒が高くて、ジャスミン茶をがぶがぶ飲んでいました。またジャスミン茶は合う感じがしました。

肉骨茶、面白いと思います。

ああああ、この店のご飯は美味しくなかったなぁ。っていうかいわゆる普通の外米なんですが、私は駄目でした。この味付けならちょっと太めの中華麺なんかも美味しそうに思ったのですが、麺はなさそう。というか肉骨茶と麺というコンビはないのかな?また揚げたパンの様なもの(なんて呼ぶのか知りません)をスープに浸して食べると最高で、もしかしたらご飯なしでも良いかも。

肉骨茶の素って売っているから家で作ってみるかなぁ。でも豚足なんか家で煮るなら「家を出て行く」なんてヨメサンは言うし・・・。(笑)

またマレーシアで食べるのを楽しみにすることにしますかね。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

初めて食べた「肉骨茶(バクテー)」” への8件のコメント

  1. 宝香肉骨茶、有名店ですよ。高級店ですよね。揚げパンのようなものって油条(ユーチャオ)じゃないですか?おかゆによく入れるやつ。
    私は日本在住なので詳しいわけではありませんが、この前パビリオンの店に行きました。一人だったのでいろいろな部位を試すことができなかったのは残念ですが、盛り合わせの潮州肉骨茶というのを取りました。美味しかったけど少なかったので若干物足りなかったかな。
    以前、パリのAu Pied de Cochonを書き込んでおじゃました、豚足好きです。

    • へーー、有名店なんですかぁ。

      確かに一人だったら堪能できないかもしれませんね。でも盛り合わせなら良さそう。

      量が少ないのは私も感じました。多そうに見えるけれど実は少ない。で、結構高いんですね。支払いの時に、え?と思いました。

      原価を考えてもしょうがないですが、良い商売してますね。

      豚足って美味しいですよね~~。実はそれ繋がりってわけでもないのですが、豚の頭で作るハム(って言い方おかしいですね)というか、煮こごり状のものというか、あれを探しています。どこにでもあったと思うのですが、探すと無いんですね。中に耳とかタンとか細切れになったもの(要は頭全体の屑肉)をゼリー状に固めてあるやつ。あれも美味しいですよね~~。

      • あっ、これ大好きです。フランスの惣菜屋にいくと、並んでるんですけどね。ちょっと酸っぱ目のソースを掛けたりして・・・。ミュゾーっていう牛の鼻肉の薄切りオードブルなんてのもあるし。豚や牛の頭の肉を使って、詰め物をしてくるくる巻きにして煮込んだりとか、ジョエル・ロブションが得意でした。やはり肉食文化の厚みが違います。マレーシアだと、中華風をのぞいて豚は厳しいのかな・・・。バンサーあたりに惣菜として売ってると嬉しいんですけどね。パオシャンバクテー、確かに高いですよね。パビリオンの店構えなどを見るとしょうがないのかなという気もしますが、もう「B級グルメ」とはいえないですね。

        • これ、美味しいですよね。私は、これって要はクズ肉でつくってあるのかと思っていたんですが、ある時、頭で作るのを知ってびっくりしました。Head cheese なんてわけわからない名前で、なんだろうと思いましたっけ。まさかあの頭からこんな美味しいものが出来るなんて・・・。(笑)

          バンサにはあるかもですね。

          忘れられないのがニューカレドニアでした。あんな辺鄙な島じゃろくなものが無いだろうと思ったら、小さなフランス料理店がたくさんあって美味しいし、スーパーに行ったらフランスで売っているものが並んでいました。で、当然このHead cheeseもありましたし、何気なく買ったクノールのポタージュの美味しいこと美味しいこと。その時に、クノールも国によって違うのがわかりまして、それ以来、どこへ行ってもクノールをチェックする習慣がついています。(笑)

          このブログにたまに書いていますが、中国クノールの椎茸ブイヨンは絶品です。(笑)

          • Head cheeseってフランス語の直訳ですね。フランス語だとfromage de teteです。フロマージュ(チーズ)には「つくねる」といったニュアンスがあるそうです。いりいろな部位の異なる食感がいいんですよね。

            バンサーで見つけたら教えて下さい。どちらが先になるかわかりませんが・・・。

            ニューカレドニア、よさそうですね。行きたしと思えど、日本からだとあまりにも遠し、です。

            クノール、こんど試してみます。いろいろ情報有り難うございます。

  2. ご無沙汰してます。
    こっちにこられてたんですね。他の方が言われる通り肉骨茶にも色々あるので。。。
    自分は潮州スタイルが好みです。(マラッカにあるのがお勧めです)
    クレイポット(土鍋)で出てくるので鍋料理っぽい感じですね。

    店によっては、中国酒を使った酒鶏とかも一緒に出してる肉骨茶屋さんもありますし、
    店によっては肉骨茶ベースのスープに麺(色々選べます)を入れてくれる所もあります。
    麺は黄色の麺、小麦の麺、小麦の平麺、米の麺(ビーフン)、米の平麺(コーティオ)等

    本格的にこちらにきましたら南端のJBにも遊びに来てください。

      • どもどもご無沙汰しております。名無しさんでもシーザーさんだと思っていました。(笑)

        あああ、肉骨茶に麺という組み合わせもあるんですね。是非食べてみたいです。

        JBも必ず行きますからね~~~~~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *