MM2H 収入証明の不思議

今回の旅行は観光ではなくてビザに関わる話し合い、またマレーシア在住の家族との今後の家としての方針等を話しあうための渡航です。で、順調に行っているのですが、一つわけのわからんことがあります。それはMM2Hを取得する場合の収入証明。

これは

○ 月々1万リンギットの収入を過去三ヶ月にわたって証明する

が必要とのことですが、給料取りならOKでも自営業者はどうなるんでしょうか。あるいは投資で食べている場合。

給料という形で収入を取っていれば良いですが、毎年毎年収入がバラバラ(私も同じ)とか、あるいは資産家で定期預金や債権を持ってそれの利子やクーポンが収入の主体だったら?あるいは不動産を貸して、賃料を年に一度もらっている資産家は?

一時期はどんなに不動産を持っていても駄目だと考えられた時代もあるようですが、最近はそれでもOKとか、また投資家なら収入証明とは別の資産証明でその額の大きさからOKが出たとか、その辺がはっきりしません。

いい加減ですよね~。

もし定期や債権なら毎年一度は収入があるわけですが、それが過去三ヶ月の間に起きなければ駄目なのか?また投資で生活していて、この3ヶ月、あるいは1年でマイナスだった人は駄目なのか。

では債権でもゼロクーポン債だったらどうなる?これは一切利子や配当、クーポンとしての毎年の収入はなくて、満期時にごっそりまとめて受け取る債権ですから、年間の収入はもちろんのこと、毎月の収入という形では出てこない。しかし、毎年、ある日付、あるいは何年後かにまとめてごっそり入るとなれば、それはその債権の詳細を見ればわかるわけで、それを年収、あるいは月収に換算すればいくらになるかというのは簡単にわかるはず。

あるいは自営業でも会社組織にしていた場合、赤字で瀕死の重傷だとしても、給料だけは一応40万とか50万、それも3ヶ月だけ取る形にしてあれば、「十分な収入」ということになるんでしょう。

そもそもこの収入証明の根本がいい加減だと私は思っています。

本来は「マレーシアに渡ってからの十分な収入があるのか」ってことだと思うんですよ。だからその収入はもともとは年金だけしか認めないという考え方もかつてはあった様子。これはオーストラリアも同じで、「どうやって当地で生活するのか?」という点が大事だった。

でも今現在、給料取りならそれで申請をして、実際にマレーシアに渡るときには退職してその収入は消えてなくなっていてもOK。おかしいですよね。

つまり、申請者をフィルターに掛けるわけですが、まぁ、そこそこの収入を得ることが出来る人、そこそこの資産を持っている人なら良いと大雑把に見ているのだろうとしか思えません。

ところがですね、ネットを調べると「債権を持っていても駄目だった」とかそういうのも出てくるんですね。また申請するエージェントでもそれをいう人がいる。いやいや、OKだという人もいる。ちなみに私がMM2Hを取った時には定収入はなく、ただ換算して月収としては決まりの額以上の収入があると認められました。その時に持っていた債権が決め手となったのでしょう。でも10年後に満期になるゼロクーポン債だったらどうなったんでしょうね。毎月、毎年の収入はないわけですから。ただ資産価値は毎年上がっていくのは間違いがなく、それを収入と考えてくれればOKなんでしょう。まさかゼロクーポンって何?なんていう担当官はいないと思いますが。(笑)

でもそういうのも時とともに変わるようですし、またこれはビザの世界の常として担当官の考え方ひとつという点もあり、これなら絶対に大丈夫だというのは無いのでしょう。

困ったなぁ。はっきり決めて欲しい。

ちなみに、今ではなくなりましたが、かつてのオーストラリアの退職者ビザには収入や資産には二種類の考え方がありまして、一つはまさに今のマレーシアがそうであるように、ある一定額の資産+ある一定の収入以上があるか、あるいは一定の収入がない場合にはかなりまとまった額の資産があれば良いというビザでした。

これも昔はいい加減で、金額は50万ドルという大きなお金でしたが、見せ金で良かった時代があるんですね。つまり、そのお金を借りてきて残高証明を取る。そしてまたそのお金を違う人が使ってビザを取るとか。これは永住権も同じで、かつてはかなりいい加減だったようです。そのお金を入国後どう使ったのか、貯めてあるのか、全部なくなったのかは一切関係なし。投資家ビザ、起業家ビザみたいな形の永住権でしたが、投資も起業もしなくても全く問題がありませんでした。

ちなみに永住権を取る方法はいろいろあり、日本では「お金が掛かる」というイメージですが(退職者が行こうとするからでしょう)、実際には多額のお金を積んで、あるいは見せて永住権を取る人は、ほんの一握りでしかありません。多くの永住者は資産も収入もない、しかし若さとやる気とスキルだけで永住権を取るのが普通。だから若い人は巷の噂を聞いてオーストラリアの永住権取得を諦めるべきじゃないと思います。

でも年寄りは大変で、今では前と同じ退職者ビザは廃止になり(継続はできる)、新しいものは「投資家退職ビザ」みたいな感じになってしまいました。それも金額は70万ドルで、それの投資先(銀行に入れるにしても)は固定されて動かすことは出来ない様子。永住権も前はすぐに永住権をくれましたが、今では4年間かな?その期間を約束通りに過ごしていないと永住権はもらえないとのこと。ま、これは当たり前で、金だけ出して永住権だけ取っておこうなんて海外に逃げる準備をするどこかの国のお金持ち対策にはなるんでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

MM2H 収入証明の不思議” への1件のコメント

  1. へーー、結構苦労したのですね。

    いろいろ情報が入ってきますが、いい加減なのはいい加減で、「自分で自分の口座のお金を出したり入れたりを繰り返し、常に毎月2万RM程度のお金が動いているようなステートメント」を作ったら、それでOKだったという人に会いました。どこから入金したのか、どこへ出勤したのかは関係ないんでしょうかねぇ。

    でもそもそも細かいことを言えば、根本的に矛盾している基準ですから、まぁ、資産も収入も十分だろうという感触があればOKじゃないんでしょうか。でも担当にもよるんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *