やっぱり午後から散策

ちょっと疲れているからとどこにも出ずにホテルで寝てるなんてやっぱりできませんねぇ。

お腹も減ってきますし。(笑)

ということで昼過ぎから行動開始。とは言ってもホテルの隣の巨大モールである1Utamaをウロウロするだけですが、この1Utamaって半端じゃない大きさですね。どこに行くというあてもなく、ウロウロしていたら何時間でも経ってしまうのね。で、どこに何があったかなんて覚えられないし、建物が幾つかに分かれているから方向もわからなくなって常に迷子状態。

昨日の大混雑は半端じゃありませんでしたが、日曜の今日のほうが空いているってどういうこと?

でもま、その方が助かるわけで、何箇所かのお店で買物をしました。ていってもマレーシアって大きいサイズがないんですねえ。どこの店に行ってもXLが一番大きい。私みたいなデブってどうするのかと思いますよ。店の店員にどこか大きいサイズを扱っている店がないか聞いても全く知らないと言いますし、本当に困りました。

そんな時、私と同じぐらいのデブを見つけまして、その人に声をかけてみました。大きなサイズがどこに行ってもないのだけれど、どこかお薦めのお店はないかと。

そのデブちんも悩みは一緒で困っていた様子。ただ、この近くに若干在庫をおいている店があったようだと聞きまして、その店に突撃。

ありました~~。でも選べるほどなんてないのね。T-シャツですが、何着かあった程度。色だのデザインだの贅沢は言えませんので、どうにか我慢できるものを2着だけ買ってきました。これで明日から上半身ハダカで歩かずにすみました。(笑)

夕方から、昨日予約しておいた「タイ式マッサージ」に行ってきました。Thai Odysseyという店。そこでFoot massageを1時間。

前回行った時には、終わってから足が痛いし、肩は肘でゴリゴリやるし、体中が痛くなったのですが、どういうわけか今回は身体が軽くなり痛みは全くなし。不思議だ~~~。でもあれだけ力を入れてゴリゴリやられたら明日は間違いなく痛みが出るはず。

Thai Odyssey  ← クリック

Traditional Foot Massageですが、時間によって料金が違う。

30 mins – RM 55
45 mins – RM 63
60 mins – RM 68

この料金ならやっぱり1時間ですよねぇ。2500円ぐらいかな。でも1時間はあっという間でした。足、それもヒザ下だけ50分ぐらい入念にやって、あとは肩と背中。肩をやるときにはマッサージ師が肘でゴリゴリやりますので凝っていたらとんでもなく痛いはず。また最後に腕を上げさせられて身体を捻るんですが、彼らは50肩とか知らないんですかね。手を上げるだけでも痛いのに、無理やり上げて、なおかつ身体を捻られた日には思わず「いて~~~~~~」と大声を出してしまいました。(笑)

でもま、足も身体も軽くなったのでOK。

その後、息子とは別れてそれぞれが勝手にウロウロしたのですが、私は念入りにイオンをチェック。

しかし前回も感じましたが、1Utamaのイオンと他のイオンって違うんでしょうか。1Utamaの方は和食材に関してはアウトだと思いました。まぁ、いろいろありますが、あるというだけでちょっと変わったものやこだわりのものは全く無いんですね。この和食材の品揃えでは私としては全く納得出来ないわけで、明日、時間があったらKLCCの伊勢丹に行ってみるつもりです。

初めて伊勢丹に行った時には、あれもある、これもある、ゴールドコーストとは月とすっぽんの違いがあるなんて思いましたが、二度目には品揃えが悪くなったように感じました。そして今回、どう感じるのか楽しみです。

結局ですね、私もマレーシアに慣れてきたんでしょう。冷静に見る目が出来てきたように感じます。これは和食に関してもそうで、KLの和食は天国だと何度も書いていますが、今回は天国だとは感じませんでした。でももちろんゴールドコーストの和食よりは充実していますが、結局はどこも同じような仕入れですから同じようなものしかないんですね。もちろん料理人のやり方一つでガラリと変わるわけですが、続けて和食店に行くと、意外に食べるものがないなぁ、なんてことも感じました。

店の名前を出しますが、ワンワールドホテルにある「蔵」は「楽膳」グループですから、どの店も似たようなもので、メニューも共通。多くの店舗を持ち、従業員は500人だそうですが日本人はたったの5人だとのこと。つまり各店舗に板長としての日本人がいるわけじゃないんですね。

別に日本人である必要は無いんですよ。ただメニューにあるものを頼んで、それを食べて終わりなら。でもねぇ、私の和食の楽しみ方はそうじゃなくて人と人のつながりが面白いと思うタイプですから、言葉も通じないような、また何か聞いてもちゃんと答えられないような、あるいは杓子定規の受け答えしかできないような地元の職人さんを相手に酒を飲もうなんて思いませんもの。

そういう意味じゃ、小さくて汚くて暇な店でも、店主が面白い店のほうが私は好きで、KLに来たらそういう店を見つけようと思いました。結局海外の店って現地人相手じゃないと駄目だし、うるさいだけで売上に繋がらない日本人なんか相手にしないのが一番ってことなんですね。でもま、職人気質が残っている面白い店を探したいと思っています。

ただ、普通に刺し身じゃ寿司じゃ食べられれば良いというのなら、大トロ中トロはどこにでありますし、その他、ヒラマサとか、刺し身らしい刺し身には困らないし、また冷凍モノとしての日本食材はどの店もごっそり持っていますから、日本食で困ることはないと思いました。ただ、家で日本食を作るのは難しいと思いました。

1Utamaイオンの肉や魚は見るも無残でしたし、イオンの前の中島水産も大したものはないと感じました。以前、伊勢丹に行った時のほうがびっくりしたのを覚えています。中島水産の魚も冷凍モノですが、あれは箱で仕入れてマレーシアで詰め替えで売っているんですね。いわゆる真空パックで日持ちのするタイプじゃありませんでしたから間違いがないと思いますし、良さそうなものはないと感じました。というか、あれがマレーシアに合わせた食材、価格ってことなんでしょう。日本人がどう感じようが関係なし。

ま、豚肉はTTDI、牛肉は肉屋を見つけていますし、肉関係のスモールグッズは多分白人が多いバンサに行けばどうにかなるかもしれないと思っています。でも、魚が・・・・・。

しかしマレーシアに行った場合、今までのように自宅で料理をするかどうか、そこがわかりません。美味しい店はいくらでもありますし、和食店もピンからキリまであるわけですから、焼き魚を食べたければあそこ、いっぱい飲みながら和食をというならここ、寿司を真剣に食べたいのならあそこと、選ぶだけの店はありそうに感じています。だから家でわざわざ料理をすることは減るんじゃないかと。それこそ、朝食とか、軽いものだけになるかもですね。

私の趣味である料理実験もKLでは材料の入手が難しいかもです。TTDIに行ってみればまた考え方も変わるかな?まだ一度も行ったことがありませんし。牛のタンなんかどこに行ったら売っているんだろうか。

しかし、部屋に帰ってくるとがっくり。やっぱり疲れが溜まっています。鼻はズルズルしたままだし、困ったのぉ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

やっぱり午後から散策” への2件のコメント

  1. Daboさま
    Welcome back to KL!
    お探しのビッグサイズですが、1-Utamaにある次のお店はご存知ですか。
    どちらもNewWingにあって、XXLがありますよ。素材もコットン,麻で
    なかなか着心地良くて高級感があります。
     -Marks & Spencer 
     -Parkson (1st Floorの紳士服売り場)
    One World Hotel から 1-Uにつながる所(右側)に Grand Imperialという中華レストラン、点心が超美味しいですよ。 Enjoy your stay in KL!

    • どもども、早速行ってきました。

      Parksonでは見つかりませんでしたが、Marks&Spencerでは書かれたとおり、麻の良いシャツがあったので買ってきました。でもRM180ぐらい。(笑)

      その他、長袖の薄手のせーたーもあって、それも2着ゲット。2枚でRM120かな。安い。

      助かりました~。有難うございます。

      Grand Inperialも行きましたよ~。詳細は帰ってから書きますが、確かに点心はびっくりするほど美味しかったです。北京ダックも半身を頼んだのですが、安いのは嬉しいにしろ、まぁマレーシアの特色なのでしょうか、北京ダックのホイシンジャンも半端じゃなく甘く、そもそも醤油も甘いし、そしてこれまたどこでもそうですがMSG(化学調味料)のエグみが食べた後、口に残るのが残念でした。

      フカヒレの姿煮もありましたので頼みましたが、やっぱり思ったとおりの味で、私はフカヒレは日本が一番美味しいと思います。中華って「出汁の文化」がないから、深みのある味を出せないんですね。ラーメンも同じだけど。

      でも点心の定番のハーガォも美味しかったし、緑色のも美味しかったし、小籠包も良くて、この店はまだまだいろいろ試す余地がありますね。ただ、バンサ店の方が美味しいとのこと。

      実は今回、生まれて初めてのマイチョップスティックを持参していました。なんてことのない割り箸なんですが、あのプラスチックの箸だとツルツル滑っていらいらするんですよ。それとどの店もナプキンもソビエも置いていないケースが多いので、マイソビエも持ち歩いていました。そして今日、マイ醤油も会ったほうが良いねという結論です。和食の店の醤油も甘いのには閉口しました。

      糖尿病の人はマレーシアではかなり苦労しそうですね。予備軍の私でさえ、どこへ行っても甘いのが普通なのは本当に困りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *