車の中で牛乳をこぼしたらどうなるのか?

皆さん、車の中で牛乳をこぼしたことがあります?こぼしたらどうします?拭けば良いですよね。

でもですねぇ、こぼれたことに気が付かなかったなんてことも起きるんですね。 (┰_┰)

半年ぐらい前のことでしょうか、自分の車に乗ったところ、なんか変な匂いがしたんですよ。大して臭くはなかったんですが、あるべき匂いじゃない。私の車はホンダのオデッセーでハッチバックなのですが、買い物をするともちろん荷物は後ろに乗せます。ところがですね、たま~~に袋から買ったものが落ちて、それが転がって座席の下に入ってしまうなんてことも起こるんですね。でもまるでそれに気がつかない。ある日ある時、変な臭がして気がつくなんてことが、過去に何度かありました。

今回もそれだと思って座席の下を調べても何も落ちていないんですよ。だからそのままにしておきました。

次に車に乗ったのはそれから二日後でしたでしょうか。

車のドアを開けた瞬間、とんでもない匂いがしました。あの牛乳が腐った匂いです。強烈なんてもんじゃありません。

でも前に調べた時には何も見つかりませんし、牛乳ってもし車の中に置き忘れたとしたら絶対に気がつくんですね。買ったはずなのになければすぐにわかりますから。でもそういうこともなかったので、どうして牛乳の腐った匂いがするのかまるでわかりませんでした。まさか、ネズミでも死んでいるんじゃないかと思って隅々まで調べたのに何もない。

その時に、ヨメサンも一緒だったのですが、勇気を出して匂いのする方向を探ることにしました。臭い方臭い方へと顔を動かすわけです。(笑)

すると、なんと、助手席のドアのサイドポケットの中にコーヒー牛乳のボトルが入っている。私はもちろん助手席に座ることなんかありませんから、犯人はヨメサン。しかし飲み物は運転席と助手席の間に載せる場所がありますからそこに置くのが普通。ところがそのコーヒー牛乳のボトルは径が大きくてボトルホルダーには収まらなかったんですね。だからヨメサンはドアのサイドポケットにいれたのでしょうが、そのまま忘れていたということ。本人はまるで覚えていないと言い張ります。 (笑)

その匂いの出処がわかったわけですから、本来ならそのボトルを捨てればそれでOK。

ところがですね、不思議でしょ?なぜ蓋をしっかりしめてあるのに匂いがするのか。

ヨメサンがボトルを恐恐と持ち上げた所、蓋が中途半端にしまっていて、中身が漏れているのがわかりました。ボトルが横になった状態でサイドポケットに入っていたんですね。まぁ、臭いの何の。

ヨメサンは責任を感じてそれを取り出し捨てたのですが、匂いが収まるわけもありません。調べてみたらサイドポケットの底に液体が半分乾いてこびりついています。そしてドアを開けて調べた所、その汁がサイドポケットから漏れて、ドアの内部を伝わり、外へ出て、ボディのドアが当たる部分にも汁がこびりついているのがわかりました。

さぁ、それからは大変です。バケツにお湯を入れてきて、大量のティッシュで大掃除。お湯はジャバジャバ掛けてそれをティシュで拭きとるんですが、綺麗に取れたようでも匂いの方は全く変わらず。

そもそもドアの内部を伝わってドアの外に出ているくらいですから、ドアの内部が凄いことになっているはずで、それを綺麗にする手なんかありません。

でもとりあえず、見えるところは綺麗にして、消臭剤をまき、また冷蔵庫のキムコみたいなものをサイドポケットに入れて様子を見ることにしたんです。

するとまぁまぁ良くなった感じ。でも匂いが消えたわけじゃない。

そして次の日、車をチェックしに行きますと、目眩がしそうになるような匂い。全然駄目です。

しょうがないのでまたお湯で流してみたり、そんなことを何日か繰り返しました。

でも駄目なんですね。これじゃドアの内張りもはずして、高いプレッシャーの蒸気で洗浄するとかしないと駄目だろう、なんて話をしている内に日にちが過ぎ、匂いも落ち着き、我々もその匂いに慣れて、ファブリーズという消臭剤を車に乗った時に全体にまくとかなり匂いがしなくなるのもわかりました。でも、匂いがなくなったわけでもなく、その匂いとこの数ヶ月一緒にくらしていたわけです。(笑)

ところが、先日ブログに洗剤のことを書きましたが、その時に、脂を落とすにはアルカリの強いものが必要で、それは重曹であり、もっと強力なのは炭酸ソーダであるのがわかりました。そしてそれらを調べている時に、なんと我々と同じに車の中に牛乳をこぼして恐ろしい匂いに悩まされた人のブログを発見しました。面白いと言っちゃなんですが、彼も私達と同じように悩み、そして牛乳の匂いは「酸性の匂い」だと気がついたのですね。だから重曹のアルカリで中和できるはずだと。また重曹には消臭作用もあるらしいですから。で、かれは重曹水を使い、そして重曹の粉を撒いたそうです。そしてあの恐ろしい匂いから開放された。

私はこれを読んだ時に、どれだけ嬉しかったか。

早速、スーパーで買ってきた重曹よりも強力で水にも溶けやすい炭酸ソーダ(Washing soda)水溶液を作り、それをこれでもかというくらいにあちこちに撒き、というかそれで洗い流すくらいの量を撒き、そしてその粉はアルカリが強くて肌につくとよろしくなさそうなので、重曹の粉を車の床に撒きました。

結果は上々。匂いは気にならなくなりました。 ヽ(^。^)ノ

でも、まだ臭いかも。 (笑)

調べてみると、酔っぱらいや子供が飲み食いしたものをリバース(笑)させた場合は、こんな方法じゃ全然駄目みたいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *