いい加減なオーストラリアの郵便局、楽天海外送料無料キャンペーン、もっと安い転送会社が出てきた

まったくもぉ、今日は楽しみにしていた荷物が日本から届くはずで、朝から首を長くしてデリバリを待っていました。

日本からのEMSですからトラッキングナンバーで照会すると、荷物が今どこにあるかわかるんですね。で、配達のために局を出たと朝一にステータスが変わったので、今日中には配達されるだろうと思ったわけです。ところが待てど暮らせど来ない。そうして時間は夕方の5時を超えた。

この時間を超えたら来ないのは経験上わかっていたのですが、どうもおかしいと第6感が働きました。で、トラッキングしてみると「配達したのに誰も出なかった」とステータスが変わっている。

なわけないだろ~~。今日は家族3人共出かけていないし、部屋のブザーが鳴ると寝ていても飛び上がるほど大きな音だから絶対に聞き逃すことはない。

で、一階に降りて郵便受けを見てみると、「郵便局まで荷物を取りに来い」という紙が入っていた。

う~~~む。

私はオーストラリアの郵便局を全く信用していないので、これも面倒くさいからこういう風にしたんだろうと思っています。今日は月曜日で配送する荷物がたくさんある日。あちこちに届けていたら大変な時間が掛かる。一日では配送しきれない数量かもしれない。で、このコンドミニアムに届けに来たのは16時19分となっていますが、この時間がまた微妙なんですね。もしこの時点で配送し無くてはならない荷物が多くあったら、彼らは何を考えるか?

「取りに来い」という紙切れだけを入れて回れば今日の仕事は終わって、家に帰れるわけです。

そんなことするかぁ?って思うでしょ?

でもこの20数年、オーストラリアの郵便局のいい加減さには何度も落胆していますし、彼らならやりかねないと思っています。また、配達人は下請けを使っていますから、どこまで責任感があるのかもわからない。

今までに何度もあったのは、書留でも家に誰も居ない場合、郵便受けにそのまま入れておくとか、荷物なら玄関に平気で置いて行くってこと。でも近年はそれはなくなってきたかな。

でも20年前の話ですが、日本のJCBのカードが書き換えになっても、JCBはオーストラリアに新しいカードを送付しないって言うんですよ。理由を聞いたら、オーストラリアの郵便事情が・・・という答え。さもありなん。

日本からのEMSはトラッキング出来ますが、オーストラリア発のEMSはトラッキングができないんですよ。おもしろいでしょ?だから大切な物はEMSでは送れないんです。

日本に航空便で荷物(商品)を送ったら、待てど暮らせど着かなくて、送った私は日本側から文句を言われ、仕方がないので同じ商品を送ったのですが、数カ月後に前の商品が日本に着いたんですよ。船便で。(笑)

こんな調子ですから、私は全くこちらの郵便局を信用していません。

だから今日の配達も、配達人が早く家に帰りたいからインチキをしたんだろうと・・・・・・。今回の荷物は大きくて重いし、面倒だったのかな?(笑)

まぁ、面白い国です。海外から送付された郵便物も、この国に着く日数よりオーストラリア国内での配送の方に日数が掛かるなんて国。

あ、そうそう。日本からのEMSですが、日本郵便局でトラッキングするより、オーストラリア郵便局でトラッキングするほうが早く表示されます。またオーストラリアの方が正確。

今回の荷物ですが、日本郵便局でトラッキングすると、まるで違う郵便番号の郵便局に保管されていることになっています。

明日、ちゃんとピックアップできるかな。実際に私の荷物がどこにあるかの確証はない。(笑)

荷物の中身は、カイワレ大根の種を1キロ、燻製用のスモークウッド(良く検疫で抜かれなかった。不思議)、大量の干物(メザシが1.5キロ、小サンマの丸干しが1キロ)、乾燥しじみ1キロ、塩ワカメ、芽ヒジキ、海苔、その他もろもろ。(笑)

こういうものでも問題なく個人輸入が出来ますので、欲しいものがあったら躊躇する必要はないと思います。ただ、牛肉、牛乳がらみは駄目。また医薬品、健康食品でも輸入禁止(アメリカや日本で問題ない物)のものがありますので、そこのところは注意。

これらは政府のサイトであるICONで検索できます。  ← クリック

それと、楽天でまた「海外送料無料キャンペーン」が始まっています。ただ限度額があって送料3000円までの無料ですが、楽天には特殊なもの、安いものがいくらでもありますので、お得な買い物が出来ると思います(このキャンペーンを利用すると(国内販売とおなじになり)消費税は掛かるので何が得かはいろいろ計算しないと駄目)。使う転送サービスは私は御用聞キ屋が良いと思います。

楽天海外配送料無料キャンペーン ← クリック

↑のページを見て気がついたのですが、また新しい転送サービス会社が参入していますね。Tenso Japanという会社。手数料がたったの150円。またEMSの送料が正規価格の5%OFFだそうです。ということはここが一番安いかもですね。要チェック。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

いい加減なオーストラリアの郵便局、楽天海外送料無料キャンペーン、もっと安い転送会社が出てきた” への4件のコメント

  1. 乾物がどっさり、、江戸時代の俵物みたいですね、、待ち遠しい品物が、届かなくてがっかりというのわかります。
    再送してもらえないんですか?ちょっと、不親切ですね。それに、そんな重いもの取りにきてといわれても、女性で車なかったら困ってしまいそう。

    私も、日本から、娘にEMS,送ると、今何処?と検索してしまいます。
    日本だと(比較してはいけませんが)、すぐ隣のコンビニで、ヤマト運輸は利用できるし、ちょっといけば、24時間受付してくれる郵便局があって、皆親切。とくに宅急便は頑張ってるとおもいます。九州に懇意にしてるお米やさんがあって、いつも、急にお願いすること多いですが、すぐ航空便で精米したてのが届いて、。
    マレーシアだと、徒歩でいける郵便局がなくて、面倒。
    (モントキアラのような街だと、銀行、郵便局、全部徒歩で大丈夫みたいですね)

    今日、娘が生まれて初めてアイロンかけたら、お気に入りのブラウスに熱で、孔があいてしまっ
    たそうで、しょんぼりしてるので、(オーストラリアは電力が強いから?)代わりのもの、楽天を利用して送ってみようかしら。。

    • やっぱり車がないと生きていけないでしょうね~。車が無かったら・・・という前提さえ私は考えたことがありません。

      楽天を使ってみるのも良いと思いますよ。また衣料品だと楽天以外でも海外送料無料のところがあるみたい。でもそういうサービスってそもそも値段が高いんじゃないかと思うわけで、大きなモールで良くて安いものを見つけて、送料は送料で安くする方法を考えるというやり方が一番良いと思っています。

  2. daboさん私も同じ経験が、あります。楽天で購入した荷物(EMS)そろそろ着きそうだと思い、何日間 も外出せず待っていたのに配達のジジーはインターコムのベルを鳴らしもせず、メイルボックスに不在だったからどこどこの郵便局に取りにいけとカードが入っておりその郵便局に行くと(家よりかなり遠い)そこには届いていなかったので、めんどくさそうにコンピュータでカシャカシャと調べ家の近くの郵便局にあるとのことが、分かり帰るとき意地悪そうな女が、ダブルチェックをしてから、来いとえらそうに言われ切れそうになりましたが、我慢して帰ってきました。こんな事何回もあります。オーストラリアはいい加減な人が多いです。もう慣れましたが、、、

    • やっぱりそうですかぁ。

      実は今日も頭に血が上りました。

      朝一で郵便局に取りに行ったのですが、持っていった紙には「今日の午後5時過ぎ」って書いてあると言うんですよ。だから今、ここには無いと。私もそうかなと思ったのですが、あまりにも汚い字で5が5に見えない。それも昨日のことですから、明日の5時以降っておかしいじゃないですか。でも後で来いと言う。

      インターネットでステータスをチェックしておいたのは良かったです。窓口のオヤジにステータスは「取りに来い」となっていたというと、いやいや、Transit 「移動中」のはずだと言うんです。このタコオヤジと思ったので、いいからコンピュータでチェックしてみてくれと言ったんですよ。

      そうしたら局にあるのがわかったんでしょう。だまって取りに行って持ってきました。こういう時に一言も無いんですよね。こっちの連中は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *