久しぶりにカメラの話題

最近カメラの話題が減っていましたが、私に取って魅力を感じるカメラが出ていないから。というか、もう最近のカメラは私の要望を超えてしまったと言って良いかもしれません。まぁ、要望じゃなくて「夢」を言い出せばキリがないですが、私の中の常識的な性能を持つカメラがすでにたくさん出ていると感じます。

このブログで使っている写真はほとんどSonyのRX100というコンデジで撮ったものですが、これって使えば使うほど良いなぁって思うんですよ。私はボケが気になるタイプなんですが、大きなボケを追求すると大きなカメラ(大きなセンサー)、大きなレンズ(明るいレンズ)になりますからどうしても適当なところで妥協しなくてはなりません。そういう意味でRX100というコンデジは80点かな。

でももうちょっとボケが欲しい時には同じくソニーのNEX7に35ミリF1.8か、50ミリF1.8があれば問題なし。でもRX100に比べれば大きくなりますから、まぁ、RX100でいいかって感じで妥協しています。

やっぱり小型軽量って良いですよね。胸のポケットでも入るカメラは本当に助かります。

私が持っているRX100は第一世代ですが、これが発展してRX100M2が出、そしてこれがまた進化して多分今日か明日には発表されるでしょうが、第三世代が出てきます。

これがまた凄いんですよ。コンデジなのにそこそこボケが出るのはRX100のセンサーがそこそこ大きい(1インチ)のと、明るいレンズの組み合わせなわけですが、第三世代はレンズがもっと明るくなってきました。広角側のF1.8は同じなのですが、今まではF4.9だった望遠側もF2.8です。凄いでしょ~~?これだけ明るいと、暗いところでも助かりますし、ボケも大きくなりますね。

そして広角側が28ミリから24ミリになりました。これも非常に大事な点だと私は思うんですが、風景を撮るにはやっぱり24ミリは欲しいんですよね。それだけ広い範囲が入りますから。28ミリだとやっぱりストレスを感じることがあります。

そしてこの小さなカメラにファインダーが着きました。ソニーって小さく作るのがうまいというか天才だと思うのですが、カメラにはやっぱりファインダーがあるのとないのは大違いなんですね。気分の問題もありますが、ファインダーで見ながらカメラを頭に押し付けて固定するのと、手を伸ばした状態でモニターを見ながら写すんじゃブレ方がまるで違う。

そしてモニターは私のは固定式ですが、今のは上に180度。下には45度の可動式。これも助かりますよね。地面と平行に撮るときに苦労しなくても済みますし、上に手を伸ばして撮るときにもちゃんとモニターが見えるんですから。また上に180度ってことは自分撮りも出来るってことですね。

つまり第三世代のRX100は必要な物が全部入っているカメラだと言って良いと思います。WiFiも搭載されていますし。

ソニーってやることが凄い。カメラ技術では最先端を走っていますが、ソニー自体は落ち目のチンタ。かつてはソニー信者だった私としては頑張って欲しいものです。

レンズはスイッチをいれるとせせり出てくる沈胴型。スイッチを入れないと薄くてポケットに問題なく入る。

sony_RX100M3_f001

第三世代の新型はEVF、ファインダー付き。もちろんフラッシュも。

sony_RX100M3_f002

でもこれだけのカメラですからお値段の方は高い。いくらになるかわかりませんが初値は8万円代かもしれません。入門用の大きな一眼レフにレンズ二本付いたものが買えちゃう価格。でも一眼レフは(小さくなってきたと言っても)大きいですから、持ち出すのが面倒になるんですね。胸ポケットや小さなバッグにも入らないし。

ただこの第三世代の前評判は凄いですし、(今でも売っている)初代、第二世代はかなりの値落ちをするかもしれませんね。それの中古もごっそり出回ってくるでしょうから、それを狙うのもアリだと思います。

RX100が出たばかりの時は私は懐疑的でしたが、評判を聞いて買ってみて大正解でした。小型軽量でこの性能って素晴らしいと思います。そしてそれがどんどん進化している。

今の私が、他のカメラで是非欲しいと思うのはソニーのRX1Rかなぁ。これは単焦点レンズですがセンサーはフルサイズの「コンデジ」。レンズ交換式のR7Rも凄いカメラだと思いますが、シャッター音が大きい。でもコンデジサイズのRX1Rって、チッって小さい音がするだけ。シャッター音が大きいといかにも「写しています」ってなるのね。また大きさは被写体にとっても重要で、小さなカメラっと大きなカメラを人に向けた時に顔が変わるんですね。一眼レフを向けられると普通の人は顔が引きつっちゃう。(笑)

本格的に撮る人には今回の話題のRX100M3は物足りないだろうけれど、常時持つにはこの大きさじゃないと無理なのね。結局、シャッターチャンスを映せるのかどうかと考えると持ち運びに難がある一眼レフ+交換レンズがベストとは言えなくなってしまうし。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *