蚊よけ虫よけに効く木がある。またそれから採った抽出液もグッド。

この数日、家庭菜園とか種に関して書きましたが、その中でニームツリーに関してちょっと書きました。これを改めて書いておいたほうが良いと思うのでちょっと詳しく書きます。

家庭菜園で気になるのは害虫ですが、これに効く薬って結構あるんですね。噴霧して害虫を殺す、近寄らせないものから、水に混ぜて植物の中に取り込ませるタイプのものもあり、かなり強力。市販の野菜の多くはこういうものを使っているはずで、だから怖いわけですが、自分で栽培するときにはこういうものは使いたくない。

専門店に行きますとオーガニックのものが売られていますが、オーガニックなら大丈夫かというとそうでもないと私は考えています。毒は毒でそれが化学薬品だろうと自然由来のものであろうと同じ危険があると思っています。

そこで探して見つけたのがニームツリーオイルというものでした。

これは日本でもユーザーは結構いるようで、元々はインド原産かな?インド人の家庭には必ずあるようなものらしいです。これを体に塗ったりあるいは飲んだりするらしい。詳しいことは調べればすぐにわかりますが、これが虫除けにかなり効くんです。ニームツリーオイルと言ってもベトベトしたオイルではないし、またオイル状ではない水で成分を抽出したものもあり、私はそれを主に使っていました。

これを虫に直接噴霧すると簡単に死にますし、また植物に噴霧しておけば虫は近寄りません。日本で言う除虫菊をイメージすると似たようなものかもしれません。

これは別に家庭菜園に使う必要もないわけで、我が家ではミジ対策にも使っていました。窓という窓には網戸がついていますが、オーストラリアにはミジと呼ばれるとんでもない虫がいます。蚊と同じように人の血を吸うし、噛まれると非常に痒く、耐性ができないとかなり酷いことになる虫なのですが、こいつがかなり小さいんですよ。網戸も通り抜けてくる。そこで殺虫剤を網戸に吹きかけるとかしていたのですが、ニームツリーを知ってからはこれを噴霧するようにしていました。

そしてこのニームツリーオイル、あるいはニームツリーエクストラクトの元になるニームツリーも売られていることがわかり手に入れました。

この木は育つと大きくなる木がですがせいぜい100-150センチで留まるようにするのは簡単。芽を摘めば良いだけですから。これをポットで育てて家庭菜園の周りに配置するとかなり効き目がありました。虫が寄ってこないんですね。

私は3本しか入手せず、全て地下室の水耕栽培菜園用に使っていましたが、これをリビングとか寝室に置けばかなり蚊よけ虫除けに有効だと思います。

インド人がごっそりいるマレーシアにこのニームツリーがないはずがありませんので、私は簡単に手に入ると考えています。

ニームオイルや抽出液(エクストラクト)がゴキブリに効くのかどうかの実験はしませんでしたが、少なくとも蚊とか植物によく付くアブラムシ(ゴキブリではない)にはかなり有効だと思います。ですからニームツリーとその成分があるオイルなり液状のものの二本立てならきっとデング熱も怖くはないかもしれない。

私がマレーシアに行ったらこれらを速攻で探すつもりですが、興味のある方は是非探してみてください。またすでにこれの存在をマレーシアで確認した方がいらっしゃったら是非、入手方法などを教えて下さい。

前の日記でニームツリーに関して書いたもの  ←  クリック

ニームツリー Neemtree Wiki

インドセンダン(印度栴檀、学名:Azadirachta indica)とはセンダン科の植物。インド原産の常緑樹で、熱帯地方全域に広く植樹されている。英名の「ニーム」で知られる。種子に含まれるアザジラクチンという成分が虫除けに効果があるとされ、利用されている。日本でもハーブの木として、苗木が市販されている。

Neemtree001

大きな木になりますが、盆栽でも作るつもりで小さく育てることは可能。

オイル状、そうでないもの、また石鹸とか化粧品もいろいろあるはず。もしかしたら水虫とかニキビにもよいかもですね。

Neem Oil01

benar_01_20a

追加情報:

マレーシアでは”Pokok mambu” or “Pokok semambu”と呼ばれることが多いらしい。インド人が良く行くナーサリーには間違いなくあると思うんですがどうでしょうか。またインド人街では関連商品が売られているはず。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

蚊よけ虫よけに効く木がある。またそれから採った抽出液もグッド。” への6件のコメント

  1. ニームツリーいいですね。
    室内でグリーンとして置いて、鑑賞できて、蚊よけになるのなら、入手したいなと思います。
    日本の販売サイトを見たら、売り切れでした。人気なんですね。

    コンドミニアムは毎週強烈な殺虫剤の散布をしてます。小さなお子さんのいる家庭はどうしてるのかなーと心配です。

    そういえば、オーストラリアにいったときに、ティーツリーオイルを知人に頼まれて、関連商品を買いました。たしかに、虫が嫌いそうな匂いでした。

    • ニームは良いと思いますよ~~。

      蚊よけにはもしかするとこれが一番かもしれないと思っています。

      50センチぐらいの苗を売っていれば2つ3つ買って家の中の要所に置いておけば良いと思うのですが、ただニームって強い太陽光を好む木みたいなんですよ。だからたまに日当たりの良い場所なりベランダに出す必要があるかもしれません。

      ニームオイルは間違いなく手に入るはずだし、アロマみたいな感じでたまに匂いを漂わせたら良いかも。

      加湿器の安いのがあればそれにニームオイルを垂らしてタイマーをセットして一日に何度か1時間づつ動かすとか。でもマレーシアに加湿器なんか売っているんだろうか。ミスト発生機を買ってきて自作するかな。霧が出るようなミスト発生器ですが、あれって湿度が上がるほどのことは無いみたいで良いかもしれない。アロマ関係で何か良いものがあるかな?

  2. 加湿器の販売はわかりませんが、主人が、ヘイズ対策で、Sharpのプラズマクラスターを購入。加湿機能がついているので、「マレーシアでは不要でしょ?」と聞いたら、皆さんエアコンをガンガン効かせて除湿しすぎるので必要な機能と言われたそうです。

    蚊取り線香、縁台での夕涼みや蚊帳は、夏の風物詩でしたね。そういえば、蚊取り線香って、使わなくなったなーと、住居の気密性も高くなり網戸もきっちりしてるし、水たまりや樹木が減ったからかもしれませんね。

    • へーー、エアコンが効きすぎて乾燥するんですか?へーーー。

      こちらの冬は乾燥するなんてもんじゃないので昔は加湿器を使っていましたが、いつの間にか乾燥しているという感覚は消え去りました。その代わりマレーシアに行くとスチームバスに入っているようです。以前、東京の真夏のムッとする感じが懐かしくて夏に一時帰国したのですが、もう二度と行くまいと思いました。

      私は頭の毛も少なくなってきましたが、こちらでは冬でも夏でもシャワーの後にドライヤーは使いません。普通に頭を拭いてなんだかんだ用意している内に完全に乾いてしまいます。頭の毛ってそんなもんだと思って日本やマレーシアでシャワーの後、吹いただけでいると、いつまでたっても濡れたままなんですね。オーストラリアの乾燥って半端じゃ無いと思いました。

      蚊取り線香も使わなくなりましたね。これまた一時期ミジ対策で家でも使っていましたが、いつのまにかミジにも耐性ができて使わなくなっちゃった。どういうわけかヨメさんだけは耐性ができなくて、今でも噛まれると痒がるし、黒い跡が残る。私もミジの洗礼を受けた時には頭に数十箇所凸凹が出来、熱も上がって救急病院に行ったことがありました。ミジって噛まれた瞬間はわからないんですよ。だから蚊よりたちが悪くて、なんだか痒いなあと思った時にはすでに遅し。慣れてくると飛んでいるのもわかるようになりますが、注意しないとかなりヤバイです。

      都市部にはいないのかな。水辺で繁殖するので、ウォーターフロントの家はたいていミジ被害に合いますが、内陸部では川やカナルがなければ大丈夫。小さくて飛ぶ力も弱いので風が強いと出てきませんし、コンドの高層階にも来ません。

      プールの横で一杯飲みながらパソコンとか本を読んだりなんてのは空想の世界で、暑くて気が狂いそうになるし、日陰に居たところでミジにやられますから、オーストラリアに旅行に来た時には要注意です。防虫剤を塗っておけばOK。

  3. ニームツリーって初めてききました。害虫に悩んでいたので、早速購入してみます。ところで、この木は蝿にも効果ありますか?蝿だらけなので、蝿対策の木を探しております。

    • ハエですか?うーーむ、どうでしょうか。

      私はハエに対してどうなのかは知りません。経験したことがありませんから。ただ、効き目は限定的と考えたほうが良さそうで、ニームは小さな虫、葉を食べる虫、病原菌などに主に聞くと言われています。

      今ちょっと調べてみましたが、ハエにも効くと書いている人も多いですが、文章の内容から判断すると「とにかく凄いんです。何にでも効きます。」的な物が多いように感じました。逆に実際に使っている人のレポートではハエは無理と書いているものもあります。

      私は後者の方が正しいと思っていまして、ニームオイルなどが虫に効くのは、それが付いた葉を食べて虫の体に変化が起きるからの様で(摂食障害など)、殺虫剤のようにその液体が体に触れれば即死するというタイプのものでは無いようです。

      ただ、ニュージーランド、オーストラリアでは、見た目は普通の噴霧タイプの殺虫剤ですがオーガニック由来で人間には影響が少ないといわれているものを、タイマーで自動噴霧するものがスーパーでも売られています。自分で噴霧すれば良いのですが、それを自動で行うというだけのものですが、これが非常に便利で、マレーシア在住の方でこれの存在を知っている方がシンガポールで売っているのを見つけて、それを入手しマレーシアで使っていると聞いたことがあります。ただし、室内用ですから室外では意味がなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *