windows8.1にアップグレードしてみた

マイクロソフトのタブレットPCであるSurface proを今使っていますが、Windowsを8から8.1にアップグレードしてみました。データ量が多いのでダウンロードに時間がかかりましたが、操作は簡単。ストアからアップグレードを選んだだけ。

でも私には違いらしい違いが全くわかりません。(笑)

8の時にデスクトップを使いやすいようにカスタマイズしたせいか、スタートメニューがちょっと変わったな、ぐらいのことしかわかりません。

かと言って、いろいろ調べて使いこなしたいという気持ちも湧いてきません。これが私にとってのWin8の一番の欠点で、どうでもいいやという感覚しか持てないのね。多分、小さなPCの限定的な視覚の中でいじっているからそう思うのかもしれないけれど、デスクトップでWin8は使いたくありません。きっと超初心者には使いやすいのかもしれないけれど、それだけに何がどうなっているのかが見えないのね。そのストレスって凄いものがあります。

PCを全くいじったことのないヨメさんにはWin8が良いのだろうとは思うけれど。

大きなアイコンをタップあるいはクリックするだけで良いし、細かい設定はしない。わからないことはわからないで終わらせる。そしてもちろんデスクトップ画面は使わない。PCに合わせて自分をカスタマイズする (笑)。そういう使い方をするならWin8は良いかもしれない。

ビデオ・DVDデッキは借りたDVDを見るだけで、録画予約も何もしないで使うのと同じみたいな。(笑)

しかしWindows8は嫌いですわ。昔からどうもマイクロソフトって馬鹿なんだか利口なんだかわからないところがあるような感じがするんですよ。使いやすいようにしているつもりなんだろうけれど、その方向性が違うように感じます。で、ちょっと何かいじろうとしたり、おかしなことが起きるとオタクか技術者レベルじゃないと何をどうしたら良いのかわからないような・・・・。そもそも右クリックというわけのわからん人間の動きには無い不自然なものを作ったのがマイクロソフトの間違いの象徴みたいな気がします。今じゃそれがないとどうにもなりませんが。(笑)

その点、Macは常に一般人を前提にして作っていると感じます。最近のMacは全く知りませんが、20数年前、Macに転向した時に3歳の長男が一人で動かして遊んでいたのが忘れられません。技術の差じゃなくてフィロソフィーが違うのね。

でもWindowsも凄くなったと感激したことがありました。やっぱりWindows98。これでやっとマルチメディアに対応したと思いましたもの。

これ覚えています?これを見た時に本当に感激して何度も何度も繰り返し見ていましたっけ。パーソナルコンピューティング時代の夜明けを感じました。(Macではなんてことのないアタリマエのことだったけど 笑)

Good Times by Edie Brickell

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

windows8.1にアップグレードしてみた” への4件のコメント

  1. windows95=macintosh87とかmac支持者からは、言われた時代が有りました。
    スティーブジョブズのデザイン、ユーザーインターフェイスへのこだわり(内部構造にもなんですが)には、無骨な米国製品と一線を画すイタリアデザインをイメージする美しさを感じて、個人的に強く支持してきました。
    でも、有る時期、安さにWindows機に浮気しましたが。

    スティーブジョブズの自然でシンプルな操作性へのこだわりは、とっても好きです。

    MSは、無骨なpcのIBM-PCへのDOS供給から、ビジネス的には、上手いことWindows供給を独占しましたが。IBMもMSも、ビジネス主導の会社で、美しい技術を生み出す会社では無いですね。

    インターネット対応までは、技術革新が次々有りましたが。
    なんかここしばらく、革新が無いですよね。

    ワクワクする革新が待たれると思うこの頃です。

    • そうですよね~。何かワクワク感がないんですね。でもMSには期待できそうもないかな。

      Googleが何かやりそうな予感。結局MSはビジネス客が支えているから動きがとれないのかもですね。

  2. 私はパソコン超初心者ですが、MACが美しくて一般人向けで使いやすいというのは実感します。(仕事用でWindowsも使うので、比較して)

    昔、Power Mac G4 Cube(透明の筐体の中にシルバーの立方体が浮いているデザイン)を初めて見た幼い娘が、不思議がって、そっと手を伸ばして触れたことが印象に残ってます。拡張性がなくて販売中止になりましたが、今もG4Cubeの上に、Macminiを載せて、パソコンエリアに陳列してます。

    キッチン用品でも、デザイン優先で機能的でない道具は困るけれど、両方を兼ね備えてると、使ってて心地よいですね。友人には、MACのほうがデザインも性能もいいのはわかってるけれど、windowsが主流だから業務上仕方なく、使わなくてはいけないと、言ってる人もいます。

    超初心者なので(主人には、パソコンを調理家電のようにぞんざいに扱うな!とヒンシュク買ってますが)性能のことはわからないのですが、主人も、「Windows8というOSは、Microsoft社がApple社のiPad等のTablet端末に対抗するために作ったのが主な狙いで、ついでにPCにも乗せてWindows陣営でTabletとPCのシームレスな環境を打ち立てようとした拙速な発想による商品。そのため今までのPCユーザーにとって帯に短し襷に長しの中途半端な使いにくく不具合の多いOSとなってしまった」ということで、人に相談されると、「業務上さしつかえなければWindows7(出来れば64bit版でなくて32bit版)にダウングレードすること」を薦めてます。

    • やっぱりWindowsを支えているのはビジネスユーザーだから面白いものができないのでしょうが、Win8はおっしゃるようにタブレットの時代になってデスクトップの売上が落ちていますから、方向性としてはああいう方へ行くしか無いんでしょうね。でも主な客はビジネス客であるというジレンマからどう脱却するのか、それが見どころでしょうか。

      定型業務の場合、枯れたハード、枯れたソフトを使ったほうが良いんですね。古くてもバグは洗い出されていて安定してちゃんと動くほうが良いわけですから。そういう意味ではWin8でも良いかもしれない。ソフトがちゃんと動くのならそのほうが楽。

      ただ我々のような趣味人はそうはいかないわけで、技術者ほどのことはしないにしてもいろいろやるわけですからいじりやすいハード・ソフトが必要なんですね。Win8のようにフールプルーフということは何かを隠して見えないようにしてあるのが逆に問題になってくる。

      その点まだWin7の方が良いですし、定型業務、一般事務なら32ビットで良いでしょうが、やっぱり趣味の世界では64ビットじゃないとうまくありません。64ビット対応のソフトも結構出てきていますから。結局何をするのかで決まるわけで、誰にとっても良いものって存在しないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *