天麩羅は難しい・・・・

今日はヨメサンの希望で、私が天ぷらを揚げることになりました。メルボルンから帰ってきた長男ですが、なんとこの7,8年、天麩羅を食べたことがないからとのこと。そしてまだ冷蔵庫に冷凍エビと冷凍ホタテがごっそりあるからだそうです。

ヨメサンは絶対に天麩羅をやらないのは前に書いた通りで、難しすぎるからだと。ヨメサンにとって難しい天麩羅が私にちゃんと揚げられるわけもないのだけれど、そこはプライドのある人とない人の違いなんでしょうねぇ。任せておきぃ~~~と軽く引き受けました。

エビも小エビですから結局かき揚げにすることにしたのですが、これなら前にやった時、思ったよりうまくできたので正直なところなんの問題もないだろうとたかをくくっていたわけです。で、材料を用意し、いざ揚げる時に、この前買ってきたいつもと違う天ぷら粉を使うことにしました。日清製粉の「コツのいらない天ぷら粉」。これってネットではかなりの評判でうまく揚がるとのことでしたので、以前よりうまくできるだろうと期待していたのですが・・・

変なんですよ。具がまとまらないで、油の中でバラバラになってしまう。

以前はうまくできたし、その時と全く変わらないようにやったのですが、どうもダメ。なんなんでしょう。粉をまぶしてから氷水を少々加えて、大雑把に混ぜて、失敗しないようにクッキングペイパーの上に乗せて油の中に投入したのにバラケてしまう。感じとしては粉が足りない感じ。

この「コツのいらない天ぷら粉」の説明書を読んでみますと、ダマができないように良くかき混ぜろとかいてるのにどうも納得がいかないのですが、その通りにやってみました。バラケにようにそれなりの量を材料に絡ませて投入。

これならバラケることはないのですが、衣が多すぎる。安い立ち食いソバ屋の天麩羅みたいになってしまいました。それを(ヨメサンが出汁からちゃんと作った)天つゆにつけて食べても、なんだか汁を吸った衣を食べているような感じ。

これは量が多すぎたのだろうと思って次にちょっと減らしてみると、やっぱりバラケてしまう。なんなんだ~~。前回と油の温度も同じだし、クッキングペイパーを作って静かに投入しているのに。

まさか天ぷら粉のせい?この「コツのいらない天ぷら粉」は誰でもカリッとうまく揚がるとの評判ですので、もしかしたら粘着力(?)が弱いとか?グルテンが発生しずらい?でも私のやり方では氷水を使ってほんとにちょっと混ぜる程度だから前の天ぷら粉でもグルテンが発生しているはずはないんだけれどなぁ。どうしてこんなに違う?何が違う?

まぁ、カリッと揚がってはいるのですが、衣が厚いところはやっぱりダメで、これじゃかき揚げじゃない。

水の量が多いような気もするのですが、分量は説明書きの通りにやってみました。

でも考えてみると、かき揚げだからそうなってしまうのであって、普通の天麩羅ならこれで良いのかも。って考えてみたら、普通の天麩羅とかき揚げと衣をどう変えるべきかなんて私にはわかるわけもないのだけれど、もしかしたらかき揚げの場合は、水をかなり減らすべきなのかな?

そんなことを考えているうちに全ては揚げ終わってしまうわけで、実験するチャンスもなし。

天ぷら粉を変えただけで、前と同じやり方じゃダメだなんてことは想像もできなかったわけだけれど、そういうもんなんですかね?

天麩羅は本当に難しいのを実感しました。ヨメサンが作るのを嫌がるのもわかる気がします。

でも長男は美味しい美味しいと食べてくれたので良かった。

自分で揚げた天麩羅だから心の中で言い訳をしながらそこそこ美味しく食べられましたが、もしこんなかき揚げを出すお店があったら、もう二度と注文しないだろうなぁ。でもここで諦めるとどうにもならないので、まだ感覚が残っているうちに再度挑戦するつもり。今度は大きなエビを買ってきて挑戦してみるか。あと具材としては何が良いんだろう。イカ天も大好物だけれど、肉厚のあるイカなんか売ってないし。長男もメルボルンでは良く自分でも使っていて好きだというBASA(ナマズ)でも使うか。(笑)

いつかプロにしっかり習ってみたいなぁ・・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

天麩羅は難しい・・・・” への6件のコメント

  1. かき揚げって難しいですよね。自分も3回に1回ぐらいしか成功しません。要は水の分量なんですよねー。

    そんなこんなで、天ぷらを揚げながら食べた今日の晩飯でした(笑)

    鮭の天ぷらを塩で食べたら結構イケてました。

    • 本当に難しいですね。

      どうにも気になって脳内シミュレーションでかき揚げを揚げて実験したところ(笑)、一つのことがわかりました。かき揚げは普通の天麩羅とはまるで違うということ。普通の天麩羅は、なんて言いますかドロリとした衣をつけますが、かき揚げはそれじゃ衣ばかりになっちゃうんですね。だから粉をちょっと大目に振りかけて混ぜた後、ほんのちょっとの水でその衣を濡らすという感覚でしょうか。その状態で混ぜたときに液状のものが存在してはならないと結論に達しました。脳内シミュレーションですが、それでばっちりのはず。(笑)

      かき揚げが揚がった時に裏も表もわからないように揚げたいですね。隙間があれば向こう側が見えるように。

      でも考えてみると、かき揚げ蕎麦とかかき揚げ丼の場合はある程度衣があった方が良いと思いました。衣がタレに浸かった状態のところを蕎麦やお米と食べるのが美味しいですから。でもかき揚げそのものを食べるときにはそれじゃダメってことなんじゃないでしょうか。

      奥が深いですね~~。(笑)

      鮭ですかぁ。私は鮭がダメなんですよ。塩じゃけは大好きなんですが、刺身を筆頭に鮭を見ただけで悲しい思いがこみ上げてくるんです。オーストラリアって何はなくても鮭だけはあるじゃないですか。寿司屋でも日本料理屋でも鮭、鮭、鮭の年月が長すぎたようです。

      でも息子が鮭って美味しいよね~~と言ってますので、天麩羅も試してみますね。あれれ、そういえば鮭の天麩羅を私は食べたことがないです。私も食べよう。(笑)

      ところで天麩羅の練習に何か良い具材がないか考えていたのですが、カニカマでやろうと思いました。実験費用が安く済みそうです。ごっそり作ったものは冷凍して、蕎麦でも食べるときにチンして食べる。(笑)

      どうも「コツのいらない天ぷら粉」は普通の天ぷら粉と違うようで、二種類の粉で普通の天麩羅、かき揚げの二種類。合計4種類を水の量を変えたりいろいろやってみようと実験内容を思案中です。16から20個ぐらいやってみたら何かが見えてきそうです。

  2. しゃもじでやると やりやすいですよ そこにタネを平べったく乗せてすべり落とす 油は180度キープ
    私は入れた後に火をちょい強めにして温度下がった分を補います
    面倒な時はチョイ煙でそうなくらいの時にタネ入れて かりっと揚げて油の温度とともに揚げるのが楽チンで好きです まずは大切なのは たくさん入れない (これが皆失敗する)2~3くらいで揚げていくのが大切 表面にてんぷらだらけの状態は入れすぎ意外と 
    書いててめんどくさくなったので来月近所に行くのでオークランド集合ね!w

    てんぷらすると 床が油っぽくなるので嫌です 掃除がめんどくさい(掃除担当)

    • はい、しゃもじやクッキングペイパーを使って投入のところはうまくいくのですが、粉の使い方に問題があるようです。

      温度の調整は思ったより難しそうですね。私は常に温度計を使いますが、投入後こんなに温度が下がるんだとびっくりしたことがありました。感覚的にはそれほど下がるまいと思っていて、計ったら140度しかなかったり。投入後180度が維持できるように高めでやるという発想がありませんでした。それで今度やってみますね。

      そうそう、床がヌルヌルになりますね。いちいちモップがけはやりたくないしなぁ。

      おお、NZは来月ですか。南島は寒くて死にそうだったけれど北は綺麗な春なんでしょうね。

  3. 息子さん、帰還なさったんですね、親元離れての一人暮らし、だいぶ成長なさったのでは。。
    誰かのためのお料理って楽しいですね、私も、日本に戻ってきて、娘が不在と寂しいのですが、近所に住む高校生の甥っ子が春休みで、遊びに来てご飯食べたり泊まったりしてくれて、楽しいです。。

    カニカマ、マレーシアでも人気みたいで、隣のBSCというショッピングセンター内の日本料理屋さんも、蟹あんかけ茶碗蒸し、カニカマでした。

    • 私の場合は料理というより実験ですから、それを食べて評価する人がいない方が嬉しいです。ただ完成したと思う場合は別ですね。どう?どう?としつこいように聞くし、美味しいねと言ってくれる人がいて初めて実験の意味もでてくるわけですから。

      今日の晩御飯は肉まんを作りました。今までの実験結果からこれがベストというのを作ったのですが、肉汁がたっぷり出て美味しいのは良いのですが、食べづらくて問題ありでした。やっぱり難しいですね。というかどこに妥協点を置くべきか、そこがいつもの悩みどころです。

      カニカマを使った蟹の茶碗蒸しですか?あはは。まだそういう店があるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *