フードプロセッサを買ってきた~~~&温度調節が出来るスロークッカーを発見

郵便局に行ったついでに近くのハービーノーマンへ寄ってきました。もちろんフードプロセッサーの類を見るために。

ネットで調べておいたのがあったのですが、見るとやっぱり欲しくなりますねぇ。売り場のオニーチャンが結構値引きをしてくれたので、そしてあと数日で私の誕生日なので、それを言い訳に買っちまいました。 (笑)

BREVILLE BFP800 Kitchen Wizz Pro Food Precessorというタイプ。まぁ、私がやりたいことは全てできるし、もちろんミンチも楽勝で、その他いろいろ使わないであろう機能も盛りだくさん。2000ワットのモータなので力も十分。しかし、こんな便利なものが世の中に存在しているなんて知らなかった・・・・・・。

二段になっているように見えるのは上の投入口が大きいからそう見えるだけ。実はこの大きな投入口というのも買うのを決めた理由の一つ。キュウリを横にしても入れられるんですよ。つまり長いものの薄切りが簡単にできるということ。雲白肉につけるような細長くて薄いキュウリを包丁で切るのって私には不可能なんだけれど(ピーラーを使えば良いのだけど)これがあれば楽勝。ジャガイモの大きいままの超薄切りも可能。

bfp800_01_product_110516

もっと安いのもあったのだけれど、こういう物で安物買いの銭失いを今まで随分やってきましたので、ま、良いかと。

ところで売り場をぷらぷらしていたところ、温度調節が出来るスロークッカーを見つけました。普通は弱と強とか良くても3段階だったのがなんと40度から90度まで好きなように設定可能。Sunbeam社の製品でMu4000 Duo Sous Vide And Slow Cooker In One。199ドル。

低温調理はこれがあれば完璧。これは買わずに我慢するつもり(笑)。でもマレーシアに行ってからこれが売っていれば絶対に買う。海南チキンも楽勝だし~。

(後記)スロークッカーはまるで使えないというのが2014年9月になってやっとわかりました。誤解があったようです。くわしいことはここを参照(クリック)

mu4000

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

フードプロセッサを買ってきた~~~&温度調節が出来るスロークッカーを発見” への4件のコメント

  1. ミンチなんか作ろうものならば、フードプロセッサー部品は油でべたべたのぬちゃぬちゃ。食器洗い機に入れろうものならばこびりついた肉片のたんぱく質が洗浄機の熱湯で先に固まってしまい次回使うときの細菌の温床になりそうで・・でもたんぱく質汚れにも強い食器洗い機用洗剤というのもあるかも・・・私がフードプロセッサーを買わない理由は器具の洗浄が簡単に出来るかが心配だから。お店の人に聞いてもそこ黙るもんね。daboさんのは良いものだから改善されてるでしょう。daboさんが洗ってあげてね^^

    • なるほどねぇ。私がいろいろ調理器具を買ってきて使っても、洗うのだけはちゃんとやってとヨメサンに言われるのもそれなんだろうね。

      大丈夫だと思いますよ。フードプロセッサーって水分が多いと回転軸のところから漏れて本体の方がぐじゃぐじゃになったりするのが多いみたいだけれど、最近のは漏れない。そしてブレンダーとかこれ、そして以前買ったコンベクションオーブンでさえも洗浄はお湯と洗剤を入れて回すと綺麗になってしまうのだ。細かいカスがあちこちに挟まって取れないなんてこともない。

      でも今回ヨメサンがいなくていろいろやってわかったことは、キッチンシンクで綺麗に食器や鍋、バット、まな板等を綺麗に洗ったつもりでもなんとなく汚さが残る。特に鍋やまな板がそうで、毎回じゃなくてもたまにディッシュウォッシャーで洗わないと綺麗にならないのね。

      で、ディッシュウォッシャーに掛けるとピカピカ、油も綺麗に取れちゃいます。洗剤もアルカリ分が強いプロ用みたいに凄いのかなと思っています。キッチン用洗剤で普通に洗ってもあそこまで綺麗にならないし、本当は毎回ディッシュウォッシャーを使うべきだと思っています。それとディッシュウォッシャーを使うときには軽く洗ってから入れるのが普通で、肉片や食べかすがべっとり着いたまま入れる人はいないと思うよ。(笑)

      それと大事なことは、やっぱり美味しいものを食べるのに手を掛けないとならないのは器具も同じってことだと思うなぁ。安くて美味しい食材が売っているという店があれば時間を掛けてでもそこに買いに行くわけですから、それに比べれば洗い物は楽勝。

      面倒な思いをしても美味しくないとなれば、すぐに使わなくなると思うけど。今まで私が買ったのはそういうのばっかり(笑)。でもフードプロセッサーは調理器具じゃなくて、材料を準備する器具で、まな板でやるよりかは遥かに楽にできるわけだから良いと思ってます。問題は分量だよね。ちょこちょこっと野菜を刻むのにいちいちフードプロセッサーを使う人はいないはずで。まな板で普通に切った方が早いケースはいくらでもあると思う。

      ミンチの場合は、売っているミンチとフードプロセッサーで作ったミンチを比べるのではなくて、まな板の上で肉を刻んで延々と包丁で叩いて作るミンチと比べないと駄目だよね。

    • なーるほど、だから洗浄能力が凄いんですね。

      昔、自分でコインを入れて使う車の洗車場に行った時なんですが、洗っているうちになんか足元がおかしいなぁと思ったんですよ。そうしたら靴のゴム底が剥がれてきていたのでびっくり。

      アルカリの凄さを実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *