マレーシアの保険に関して

MM2Hを取得するときに、とりあえずの保険ということで(適当な内容の)保険に入りましたが、実質的に使える保険に関しての知識は私には全くありません。

マレーシアに滞在すると一言で言ってもパターンはそれぞれですし、日本と行ったり来たり、あるいは数年で帰るつもり、あるいはマレーシアを最後の地と決めているケースでいろいろ違うと思います。一般的なロングステイであれば、日本の「海外旅行者保険」に入ったり「クレジットカード付帯の保険」を使えば良いのでしょうが、長期的にマレーシアに住むことを考えた場合、それではうまくないと思います。

私の場合ですと、オーストラリア発行のクレジットカードには保険は付いていませんし、日本発行のクレジットカードも持っていますが保険の有効期限に問題があります。日本にちょくちょく帰るわけでもないですし。また日本の「国民保険」を使う方も多くいらっしゃいますが、私としてはそれはパス。日本に住民票を置くことはしたくありませんから。(裏ワザの話はここではしません)

となるとしっかり使えるマレーシアの保険が大事になりますが、保険って良くわからないんですよね。これは日本の保険(オーストラリアも)もそうですが、パンフレットには良いことばかり書いてあって、利用者から見ると気になる点が良くわからなかったり、実際に保険を使おうとしたら対象外だとわかったり、説明書からだけはわからないことが多い。また小さな文字でごっそり書いてあるTerm&conditionも意味不明だったり、そもそも何に気をつけるべきかもよくわからない。そういう点での情報交換は日本の保険の場合ネットで検索するなり、あるいは「販売店」と懇意であるならいろいろ教えてもらえますが、さてマレーシアの場合はどうなのか。

ペナンのリカさんというかつてはマレーシアやMM2Hの情報提供するボランティア、今ではMM2Hの代理申請、ゲストハウスの経営やもろもろのサービスを提供してらっしゃる方がいますが、そのリカさんがブログでマレーシアの保険に関して書いています。

ここ。PrudentialのPRUlink one - 医療保険加入は大切なり  ← クリック

それなりに細かく書いてくれているのですが、ああいう場合は?こういう場合は?なんて考えながら読むとさっぱりわからず。(笑)

また例に出ているPrudential保険のパンフを読んでもチンプンカンプン。サイトを見ても難しすぎる。(笑)

頭の中がウニになっておりまして、なおかつ溶け出している状態の私にはわけがわかりません。

ということで、ご興味がある方はリカさんのブログにアクセスして、質問攻めにしましょう。(笑)

せっかく書いてくれたのですから、これを機会に理解を深めたいと思います。

リカさん、頼みますね~~~~~。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの保険に関して” への4件のコメント

  1. すいましぇん、よく理解できないような書き方で。(汗)

    とは言え、一人ひとりニーズが異なるのも事実なので、「こういう時は?ああいう時は?」というのは一つひとつお聞き頂くのが一番良いと思います。
    Prudentialの保険には私も加入しています。もう14年。私の担当も年季の入ったエージェントですので理解が深く、お一人お一人の状況に合った最善のプランを紹介してくれることと思います。

    私が窓口になるのもOK、英語や中国語でコミュニケーションが取れる方は彼女に直接でももちろん構いません。ご興味のある方はご連絡を下さい。但し今月中は対応できない可能性もありますがご了承下さい(マレーシアにはあと5日くらいしかいません。4月1日に戻ります)。

    • リカさんの書き方で一番悩んだのが、毎月(毎年)保険料を払うんじゃなくて、日本の郵便局がやっていた一括払いの養老保険の様に読めたこと。でも違うんですね。普通に保険料を支払うタイプ。

      ま、どちらにしても70歳までは加入できて、保証は80,90,100才まであるとのことなので一安心です。

      加入するときにはお世話になりますので、宜しくね~~~。

  2. そうです、書き方悪くてごめんなさい。m(_ _)m

    こっちって一括払いをしても大して割引が得られないので、月々払っていってもいいと思います。
    私の母って何でも一括払いしてその分浮かせていたので(日本の場合は結構差が出るんですよね)一括で払っても月々払っても同じって私には理解できないです。

    とは言え、今となってはもう遅いですが、為替レートが日本円所持者にとって有利な時に一括かそれに近い形で支払いをしてしまっておいても良いですね。(できるのであれば)投資信託に振り分けられている部分にとりあえずお金をプールさせておいて、そこから月々の保険料の支払いをするとか。

    • リカさん、その一括払いってどういう意味なんだろうか。何年分もまとめて払うってこと?

      日本の郵便局の養老保険っていわゆる定期預金なんですよ。例えば1000万円入れるのね。で利息が7%ついて、死亡保険金は1000万とか。たしか保険という名の貯蓄商品。あれに傷害保険、疾病保険ってついていたかなぁ。忘れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *