マレーシアの医療費、昨日より値上げ

参加しているSNSで、マレーシアの診療費が昨日6日から値上げされたのを知りました。

新聞にも出ています。

The Sun daily  ←  クリック

値上げは私立病院ですが、14.4%とのこと。またGPは現在のRM10-RM35からRM30-RM125とのことですから、率でいうととんでもない率。3倍以上。それでもまだ安い感じが無きしにもあらずですが、歳を取ればお世話になる回数も増えるだろうし、検査じゃ薬だも値上がりするはずで、大きな負担になりますね。ましてマレーシアがどんどん発展して物価も上がり、リンギットも値上がりしたら・・・・

マレーシアの医療費は安いという噂がありましたが、私が旅行で行った時にたまたまお尻に出来たオデキが爆発しまして、病院に行ったところ、なんと一泊で手術。あの時、確か12、3万円掛かったと思います。旅行者保険も入っていませんでしたので、痛かったです。

マレーシアに居住する場合、もちろん保険があるわけですが、高齢になると入れませんし、マレーシアで大きな病気をしたら大変なことになりそうです。日本に住民票を残し、国民保険が使えるようになっていればまだ良いですが、マレーシアのタックスヘイブンの良さを享受しようとするならば、日本に住民票を残すなんてとんでもない話で、本当に困ったもんです。

ロングステイヤーはいつ帰るのか、なんて話題が結構出るようですが、病気になったらまずアウトなのは間違いがなさそうです。

マレーシアが大好きな方々の中に、骨を埋めるつもりだと言う人もいるようですが、病気になったらどうするんでしょうか。とっても不思議。

結局、マレーシアはロングステイの地であって、移住じゃ永住じゃという場所じゃないのははっきりしていると思います。

こんなことを考えていると、以前この日記でも紹介したフィリッピンに死に場所を探しに移住した日本の老人を題材にしたテレビ番組を思い出します。フィリピンの永住権を得るのはかなり簡単で、医療設備も良く、日本人経営で日本語がわかる看護師や世話人がいるというのが売りのリゾートがありましたが、それが経費負担に耐えられなくなって破綻直前であるという内容でありました。また大病に掛かった老人は非常に高価な薬、治療が必要になって財産を使い果たしたとのこと。お金がなければ治療を受けずに死んでいくか、あるいはまた日本に帰らなければならない。それじゃ、何のための「豊かな老後を送るための海外移住」だかわかりません。

もし80後半とか90代ならいざしらず、60代、あるいは若くして大病に掛かったらどうすれば良いのか。治療すればまだまだ生きられるのに、なにもしないでいられるはずもなし。

ま、それを考えただけで、我が家の「マレーシアを最後の地とする」選択肢はあり得ないことになります。

その時はその時に考えて、それまでは楽しんだほうが勝ちなのか?そういう風に考えることが出来れば幸せなんだろうけれど・・・・・・・

私としてはヨメサンが頼りないこともありますから、私がいつ死んでも大丈夫なような、また残されたヨメサンがアタフタせずに生きていけるような環境づくりをしないとなりません。当然、日本ということになりますが、やっぱり介護が必要になったらすぐ併設されたそれなりの施設に横滑りで移れるようなシニアマンションになるんだろうと思います。そこを拠点とすることが出来れば、あとは好きなことをして世界のどこで野たれ死んでもOK。

でもねぇ、半端じゃないゴールドが掛かるわけで(笑)、思うようにはいきませんねぇ。

あっ、でもその資金を確保するためにも、元気なうちは無税で生活費が安いところで頑張るって考えも成り立つってことね。

おーし、頑張ろう。(笑)

しかし、死ぬまで金、金、金の人生ってなんなんでしょうか。技術の発展だの経済が大きくなるだのって何の意味があるのかって思いますよね。人間誰しも絶対に死ぬわけで、歳を取り死を迎えるのに半端じゃないお金が掛かる世の中って意味ないと思うなぁ。

そんなことを考えると社会保障が充実しているオーストラリアって凄いと思いますわ。政治も経済も2流だなんて馬鹿にできないなぁ。この国の国民は幸せだわ。人生を楽しみながら普通に生きて、そして普通に死ねる。この国は絶対にTPPなんかやるべきじゃないと思いますわ。多国籍企業に食い荒らされてしまうはず。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

マレーシアの医療費、昨日より値上げ” への4件のコメント

  1. 私の周りのロングステイヤーのほとんどの人は日本に住民票が有る無し関係なく、海外旅行保険に入ってますけどね。
    マレーシア国内にずっと留まっている訳ではなくあっちこっちの国に出歩きますので、入ってなければ危なくてしょうがないです。
    私の場合も年掛けで10万円少々加入しています。マレーシア国内だけというならタカフルという共済みたいな保険もあるようですが、60歳までに加入していないとダメみたいです。
    先日、私の妻が膀胱炎で私立病院に掛かりましたが、薬代込みでRM200弱を支払いました。
    ちょうどまだクレジットカード付帯保険有効期間だったので請求すればタダなのですが、日本の健康保険の3割負担でこんなもんだよ、請求が面倒くさいという妻の一言でそのままです。
    (自分達の海外旅行保険を使えばキャッシュレスなのですが、クレジットカード付帯保険は日本出国後90日制限と一時自己負担しなければならいことがあります)
    入院ということになれば当然旅行保険を使うつもりです。
    因みに、海外旅行保険は3回ほど使った人は所謂ブラックリストに載って次回更新時に拒否される場合があると損保会社の人に言われました。
    使わなければ損だということで結構そういう使い方をする人達が多いと聞かされました。
    それもあって私達の場合、入院などの大きな怪我や病気以外は使わずにクレジット付帯保険が有効ならそれを使い、通院程度なら自己負担と決めています。
    医療費、保険料を考えた場合、年齢や健康状態、生活環境、医療レベル、税金など諸々あります。
    年金受給者でも公務員だった人は共済年金部分の所得税は日本で課税されますし、住民票を置いて置いた方が結果的には得な場合(人)もあるかも知れません。
    それらをコストと考えた場合、日本とマレーシアどちらが安いかを単純に比較するのは難しいでしょうね。
    結果論的に実際に1年間を通して掛かった費用を計算して比較してみるくらいしかないのではないでしょうか。

    • コメントを有難うございます。

      ロングステイヤーとしてなら書かれた通りだろうと思います。オーストラリアも同じで多くのロングステイヤーは海外旅行者保険を使っていますし、私も最初は不安なので4年間だけ使ったことがあります。

      ただ、私が気になるのは「いつでも帰れるロングステイヤー」ではなくて「マレーシアを最後の地として選べるか」という観点で考えると問題があるだろうということ。病気や怪我にしても、まぁ通常考えられるレベルのものなら問題がありませんが、日記にも書いたように大きな病を患ったらどうするのか、あるいは80代、90代となり、介護が必要、慢性病(保険適用外)の悪化もあるでしょう。

      ロングステイヤーとしては多分、大病をしたり介護を受けるようになってもまだマレーシアに滞在するという考え方は無い方が多いと思いますが、実のところ私の両親はもう80代後半ですがマレーシアに住んでおり、マレーシアを最後の地にすると言っております。でもまだ元気で、たまに医者にかかる程度で大病、持病もありませんし、介護も不要です。ただ、それがこのまま続くわけもなく、保険には一切入っていませんから一体どうなることやら。

      また私自身も最終的には日本に帰るつもりではいるものの、日本には何ら拠点もありませんし、もしマレーシアが良いとなれば両親と同じように、マレーシアに住み続ける可能性もあります。でも、もし大病に罹ったら、では日本へと言っても私達からすると日本が外国みたいなもので、そう簡単には帰れないんです。

      その辺の心配がありますので、元気な内に日本での拠点づくりをし、そしてマレーシアが好きならマレーシアで住めば良いと思っています。大病を患えば急遽日本に帰れますし、あるいはどこで野たれ死んでも問題なし。(笑)

      3年5年あるいは10年ぐらいの期間、そして健康であるならば海外旅行者保険でも良いと思いますが、もっと長期、そして高齢になると海外旅行者保険も問題があるんですね。今は昔と違って4年間の契約は難しいそうですし、また持病、慢性病を持っていたら駄目ですし、介護が必要な状態で契約できるとは思えません。

      80代後半の両親はマレーシアで健在ですが、祖父は20年間寝たきりでしたので、そういうことも自分に起こりえるという想定をしないとならないので気が重いです。

      もしご友人で、死ぬまでマレーシアにいるつもりだという方はいらっしゃいますか?またそういう方は保険や介護の問題をどう考えていらっしゃるんでしょう。もしお時間がありましたら是非その辺を聞かせてください。

      ロングステイヤーで介護の必要な親御さんを連れて渡馬されたかたを何人か知っていますが、もし自分が介護を受けるようになった場合はどうするかという点で、具体的な話が進んでいないのが気になっています。マレーシアを最後の地にするという方は少なくないのに、何故かそのへんの話は出てきません。

      • 高齢になったらどうするのか、確かにおっしゃる通りだと思います。
        ある意味人生観みないなものあるのでここで披露するつもりはありませんが、私は両親を日本で看取ってきた経験から自分なりの考え方は持っています。
        その経験があるからこそマレーシアに渡って来れたと言ってもよいかも知れません。
        そうなった時の声が聞こえてこないとのご指摘ですが、多分ロングステイヤーの皆さんはその事は自分なり考えていると思います。
        それぞれの置かれている状況が異なりますから、一般論という話にはならないのだと思います。
        また経験上、想定したとしても想定外になることの方が多く段取るのは困難というのが実情です。
        また、医療・介護については、日本に帰国すれば済むという単純な話でもありません。
        仮にそういう状況(生活が困難)に至った場合は、決定権は周り(家族)にあって自分では選択は出来ない状況だと思います。
        マレーシアに骨を埋めるのか帰国するのかの選択というより、どちらに転んでもよい経済的準備はしておくべきだとは思います。

        私の両親の話ばかりで申し訳ありませんが、母は3年余、父は約20年間要介護状態のまま亡くなりました。
        両親は経済的には恵まれていたので我々子供が経済的な負担を強いられることはありませんでしたが、国が医療から介護を分離する過渡期、自宅で死にたいという願いも虚しく死に場所を求める終の家探しみたいなものでした。
        要介護5の父が実際に特養ホームに入所できたのは死ぬ間際、死んだのは病院です。
        国の社会保険制度に翻弄されながら老いて死んでいく両親を見ていて、これがこの国の老後の姿なのかと愕然としました。
        そして医療や介護サービスはお金で買うものだということを思い知らされました。
        社会保険制度だから国家や自治体が面倒を見てくれるというお上的発想は単なる幻想で、一定割合お金(税金)を拠出しているだけです。
        フィリピンの話が出ていましたが、日本を脱出する老人達の姿は日本に暮らすことの困難さの裏返し的な現象でもあると思います。

        保険の話で補足しますが、私はロングステイに際して必ずしも海外旅行保険が必要条件だとは思っていません。
        というのは、基本的に70才までしか加入できない訳ですし持病には保険金が支払われません。
        高齢のロングステイヤーの多くは多分保険には海外旅行保険には入っていないはずです。(入れないです)
        そもそも健保と違って持病持ちが使える代物ではありません。私が現在加入しているのも万が一の為だからに過ぎません。
        マレーシアはそもそも社会保険制度が無いので正規被雇用者以外は国民でも永住権持ちでも原則自己負担です。
        私はそのために10年間分のロングステイ中の医療費として300万円計上しています。
        およそ海外旅行保険の夫婦の10年間の保険料の相当額です。
        保険に入らずとも300万円以内の医療費の支払いであれば同じだという発想です。
        待ち時間と医療レベルに目を瞑れば国公立病院で安くあげるという手もありますが、私の実感としては、私立病院でも通院であれば日本の健保の3割負担と大して変わらないか安い程度だと思っています。
        もちろん大病で手術入院となれば一旦は帰国し国保で治療ということにはするつもりです

        • 内容の濃いコメントをありがとうございます。勉強になりました。

          ただ、やっぱりわからないことがあります。今の私の状況はオーストラリアにいてもマレーシアに行っても同じことになるはずですが、高齢者になって突然寝たきり、あるいは要介護になるわけじゃありませんよね。その前段階というのが必ずあるはずで、それまで自由にしていて大丈夫か、その辺が自分の周りに年寄りが全くいないので検討もつかないのです。

          また、マレーシアに住んでいる私の高齢の両親ですが、まだ健康ではありますが、私の姉と同居しておりまして完全に姉に頼りきっています。ここは貴殿が書かれた、最終決定は周りの者がするというところでもありますが、では、子どもたちをあてに出来ない場合はどうしたら良いのか、その辺が私にはわかりません。介護が必要な親御さんと一緒にマレーシアに渡られた方々は来てよかったと皆さん仰っていますが、親を連れて行くのと、自分がその歳になったらどうするのかは全く違いますもんね。

          我が家の子供達はオーストラリア流で育ちましたし、親の面倒を見るということは全く考えていませんし、親は自分の責任で歳を取り死ぬまでの道筋を自分で作るのが当たり前で、私もそうしようと思っています。

          ただ、そういう国はそういうシステムがちゃんとあるんですね。ですから私がオーストラリアを最後の地として選べば問題はさほどないのですが、さて、マレーシアに居住する、あるいは日本に行ったらどうなるのか、参考になる例も知りませんし、お金で解決できる施設、つまりシニアマンションから介護施設までくっついてるところに行くしか無いのかと想像しています。ただ私にとっては今の日本はもう外国みたいなもので、もちろん家も何もありませんしさっぱり事情がわかりません。親戚も友人も居ないのと同じで、もちろん子どもたちも海外在住ですから、それこそ日本という外国に最後の地を探しに行くような気分です。

          でも特にヨメサンは一人で海外ぐらしが出来るはずもなく、もうすでに何もわからなくなっている日本だとしても、海外よりは良いはずで、彼女のためにも(動けなくなる前に)日本の拠点を作らないとならないと考えています。

          私にとっては上に書きましたように、日本もマレーシアも知らない土地みたいなもんですから、どちらも似たようなもので、もしマレーシアで大病を患ったり、介護が必要になっても住める場所なのかどうか、それが気になっています。お金があればどうにかなるという話でもなさそうですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *