真夜中に大サイレン コンドから避難

びっくりした~~。各部屋にスピーカーが付いていて、たまに避難警報のテストがあるのだけれど、今回は本物。夜中の3時ぐらいだったろうか。凄い音量で、

「脱出せよ~~~!」

だもんね。これを何度も何度も繰り返す。

これを聞いて、さてどうしよう、と一瞬考えちゃう自分も変だと思うのだけれど、やっぱり逃げるしか無いなと避難。エレベータホール、エレベーターも人で一杯。毛布を被っている人もいたし、慌てて出てきたのか、裸足の中国人のオヤジもいる。

みんなチンタラしてるけれど大丈夫なんだろうか。でも、煙が出ていることもないし、変な匂いもなし。

無事にグランウドフロアーに降りて外に出たけれど、火事で大慌てしている様子は無し。でも消防車が数台来ているし、消防夫も歩いている。

RX100-02234

皆で上を見ながら、「どこか燃えてる?」なんて話をしていたのだけれど、火事の様子は無し。

結局そのまま30分ぐらいしてから、警報解除。

何もなくてよかったのだけれど、もし本当に火事があったらどうするかの想定が我が家にはまるで無いのを確認。とりあえず、財布を持って逃げただけ。

これを機会にちょっと考えようと思う。大事なものを持ってすぐに出られるようにしないと。

皆さんはちゃんと準備しています?

-------------

今、朝の6時ですが、ガスが使えなくなっている。あの火事騒ぎで元を止めたと思うのだけれど、これってうまくないんじゃないかなぁ。どこかの家でコンロが開きっぱなしだったら・・・・・・

今のコンロってその辺うまく出来てるのかな?気になる。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

真夜中に大サイレン コンドから避難” への2件のコメント

  1. タイのコンドミニアムに住んでいる時、似たような経験をしました。なんか焦げ臭いなと思いキッチンに行ってみるも異常なし、しばらくしてサイレンです。バックに適当に荷物を詰め込み、22階から階段で1階まで降りたことを良く覚えています。幸い火事を起こしたのはコンドミニアムの隣の敷地の一軒家で、その家は空き家であったこともあり怪我人などは一切なし。しばらくして、跡地でコンドミニアムの建設がはじまりました。怪しさ満点です。1階に降りた時、やはりロビーで住人が何だ何だと騒いでおりました。そんな中、中国系のおじいさんが若い男性に手を取られ降りてきたのですが、もう一つの手には小さなアルミのスーツケース。手錠で手首と結ばれており、さすが中国系の人間は色々な状況に備えているんだなと関心したことをよく覚えております。あのスーツケースの中身は何だったのだろうか、ちょっと気になります。

    • へーー、その家事も意味深ですね。ゴールドコーストであったある火事を思い出しました。巷じゃ、保険金目当てだろうとの噂。

      しかしその老人のアタッシュケースの中身を知りたいですね。なんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *