チャートに若干変更を加えました

興味のある人はほぼゼロでしょうが、備忘録のつもりでMT4のチャートに変更を加えたことを書いておきます。

MT4が最近のアップデートでかなり変わってきました。まぁ早くなったのは良いのですが、内部的にも変更がなされているようで一つインジケータが使えなくなりました。BB MACD 3rd generationですが、しょうがないので削除決定。それと、ああ、箇条書きにしておこう。(笑)

1 BB MACD 3rd generation 削除。
2 ADXmがオシレータの中で見づらかったので分離。
3 タイミングが取りやすいように2にMoney Flow Indexを追加。
4 Doda_Donchianは一目均衡表の基準線(パラメータ24)と同じなので、入れ替え。
5 メインのチャートウインドウからBBands_Stopを削除。
6 メインのチャートウインドウにTrend Magicを復活。

今までのはこれ。EUR/USD 一分足

2014-03-03_18h43_38

新しいのはこれ。

2014-03-03_18h43_56

かなり見やすくなりました。(笑)

ただBB MACD 3rd generationですが変換点を見るというより伸びの強さ、あるいは力が無くなってストンと落ちるようなところを見るのにはかなり良いと思っていまして、MT4のアップデート後に使えるようになるかどうか開発元に聞いています。これに代わるものとして本家のBB_MACD_CCTやBB_BACD_CCT_JMAを弄ってみましたが、やっぱり問題があります。本家のは大きなトレンドを見るには良いのですが、まぁ、その辺は他にいくらでも方法があるし、反転場所がかなり遅いので却下。JMAの計算で作られたものの反応はさすがJMAで素晴らしいのですが、JMAでMACD系のインジを作ると、MACDの癖が強く出て逆行が多すぎてかなり混乱します。つまり値は下がっているのにインジケータは上昇を表していたり。ま、そんなことでBB_MACDを使うのなら3rd generationを使いたい。

Trend Magicですが、これは前に書いた「これで勝てなきゃやめてしまえ」シリーズで紹介したものです。私はこれを重視することはないのですが、押し目、戻りの限界を見るのに良いと思ってますので、入れてみました。

うーむ、改めて見てみるとBB MACD 3rd generationが無いのはやっぱり辛いかな。上の図を見てもわかると思うのですが、緑の玉と赤の玉が変換するポイントもかなり早いし、緑、赤のラインがありますよね。そのラインと玉の位置関係で値動きの強弱が非常に見やすいのね。ラインを外側に超えたときは「動きが強い」と見ることが出来るわけで、ポジションがある時には非常に心強いです。またラインの内側で反転するところは、いわゆる押し目、戻りの出撃(追撃)ポイントになりますからこれまたわかりやすいし便利。

もしかしたら初心者はこのBB_MACDだけでも使いこなせれば良いかもしれない。でもBB MACD 3rd generationじゃないと意味ないかも。

BB_MACDの使い方のビデオ 英語ですが英語が苦手でもわかりやすいはず ← クリック

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

チャートに若干変更を加えました” への5件のコメント

  1. いつも更新をどうもありがとうございます。最低50-100回の売買譜をおくる、とのことでしたが、いま、まだ25回くらいです。ところで wordpressのプラグインですが、まえのblogのときのようにindicator名やパラメータの数字をじぶん自身でうまく確認できません。この記事の場合ですと、いちばん下のやつがうまく確認できないのですが、wordpressのプラグインのリンクでもはっていただければ、うまくクリックする方法かなにかわかりますでしょうか?重要な記事は保存しておりますので、よろしくおねがいいたします。Thank you

    • ゆっきーさん、ごめんなさいね。最近のチャート画像は最新の値の部分が見やすいようにチャート画面の右4分の3ぐらいをキャプチャしています。だから一番左に出てくるインジケータ名やパラメータがそもそも見えません。

      えーとですね。こうしましょう。メルアドの方にMT4のこのチャートを表示しているTemplateをお送りします。そのTemplateで使っているインジケータが導入されていれば全く同じチャートが表示されますから。でもTemplateを見るだけで入っていないインジケータはわかるかな?

      Templateはどこに入れるかわかりますか?MT4をBuild600以降にアップデートしていると今まではまるで違うところに入れないとだめなんですが。

      --------

      とりあえずFX表示用のTemplateを送りました。3rd generationは使わないチャートです。

      ご確認ください。

      • それとTemplateの中のインジケータ名ですが、私自身でオリジナルをいじった物も使っていまして、その場合はオリジナルと名前を変えていますから、そのままでは表示しないかもです。

        わからないことがあれば聞いてください。

  2. daboさん、初めまして遠藤と申します。いつも楽しく拝見させて

    いただいてます。チャートについてですが、どのようなインジゲーター

    を使っているのか差し支えなければ、教えていただけないでしょう

    か?よろしくお願い致します。

    • 前に同じようなコメントを頂いて、それにレスをつけました。

      そちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *