動画 小野田寛郎ドキュメント

あのフィリピンはルバング島で戦争が終わったのに29年間、与えられた命令通りに生きていた小野田さん。

彼が発見され出てきたときの大騒ぎは覚えているし、その後、たまにメディアに出て来るのは興味を持って見ていたけれど断片的なことしか私は知りません。

近年、再びメディアに出てくる姿を見て、あの勇ましい侍のような小野田さんとは全く別人の優しいオジーちゃんのイメージにびっくりしました。でも話す内容はやっぱり侍。でも戦士とか軍国主義とか戦争美化とかそういうイメージの侍じゃなくて、一人の日本人の生き方としての侍を感じていました。

そんな小野田さんも先月、お亡くなりになった。

それを切っ掛けに、私の中でも小野田さんって一体どういう人で何を考えていたのかちゃんと知りたいと思うようになり、情報を探していたところドキュメントを見つけました。

このドキュメントは彼が戦争に出る前から、兵隊として従軍し、ルバングに渡りどんな生き方をしていたのか、また日本に帰国することになった経緯、日本に戻ってからのこと、そして失意のもとにブラジルに渡り牧場経営をし、またその後、日本に戻り青少年の自然教育に尽力した。そんな彼の歴史を知ることが出き、また彼の心の内を知ることが出来て本当に良かったと思いました。

彼は苦労したのだろうと思っていましたが、彼の話を聞いていると、彼は苦労はしていない。それどころかやりたいことを、あるいはやるべきと信じることを常に貫いて生きてきた幸せな人生だったと今は思います。そしてこれほど逆境を逆境と思わず、前向きに人間って生きられるのかと関心したし、勉強になりました。

私のグータラ人生とは大違いで、もう終わりが見えている自分の人生だけれど小野田さんのような明るく前向きに、常に目標を持って生きようなんて今更ながら考えています。

もうきっとこれからは小野田さんを思い出すこともないだろうし、こういうドキュメントや書物も読むことはないだろうけれど、小野田さんという侍がいたことを、そしてこれほど人間は強く、優しくなれるのだということを自分の心に刻んでおこうと思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

動画 小野田寛郎ドキュメント” への4件のコメント

  1. たった今ドキュメントを見終えました
    背筋が伸びる思いです
    有難うございます

    • 彼の常に背筋が伸びた姿って美しいですね。

      姿勢って生き方と無関係じゃないと思いました。そして反省。(笑)

  2. daboさん お久しぶりです^^
    母の実家(海南市)が小野田さんの生家のすぐ傍です。
    私はその郷里の様子を大変興味深く見ていました。ちょうどその時私は学生でしたが、今でも『不撓不屈』の言葉が印象に残っています。その頃、何故ブラジルに行ってしまったのか理解できず、戦場の中で人格者か否か討論して恩赦になった経緯も分からないままでしたが、今回いろいろ調べる機会を与えてくださってありがとうございました。
    祖母も夫と長男を戦争で亡くしています。小野田さんの活動、講演を知って何も言わず私は靖国神宮に感謝の言葉のみ伝えてお参りしたくなりました。

    • へー、お母さんの実家の近くなんだ。あの辺じゃ有名なんだろうか。ああいう気質がある土地だとか?

      私もブラジルへ渡った経緯って知りませんでした。近代化しすぎて平和ボケした日本人と合わなかったのかぐらいにしか思っていませんでしたが、まさか、彼が軍国主義の象徴だとか非難を浴びたなんて想像もしませんでした。

      今の日本は連合国に作られた日本であるのをしっかり理解し、しかし過去を美化することなく、私達って一体何なのか、どうあるべきなのか、真剣に考える時期に来たと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *