市場原理主義は国を壊す デトロイトを見てみる

最近の日本は欧米の考え方をする人が多くなってきて、学者もそう。政治家もそう。その大きな転機は小泉・竹中路線だと思うのだけれど、この方向性って日本を駄目にすると思うんですよ。

確かに小泉氏の時に多くの指標はプラスになったけれど、それを見て評価するのではなくて、もっと離れた位置から大きな目で日本を見る必要があるはず。

規制緩和だ自由貿易だ、関税撤廃だ、市場原理主義だ、道州制で個別にやらせろとか、本当にそういう方向性で良いとは私には思えず。

これってまさにアメリカを見ればその病状の深刻さってわかるはずで、ただ、アメリカにはその方向を取るしかなかったように思うんですよ。世の中って「恐怖と欲望」vs「怠惰」で成り立っているとすれば、恐怖と欲望へ国民を導くことによって活性化するのは間違いがない。言葉を変えればハングリースピリットを煽るとでもいうか、恐怖から逃げる、欲望を追うという方向性は一番効き目があるのはわかる。

でも私はそもそもこのハングリースピリット、ハングリー精神ってのが嫌いで、恐怖から逃れるのでもなければ欲望を追うのでもなく、「やるべきことをやる」精神が大事だと思うんですよ。でもそれには強大な力はないし、育てるのは非常に難しい。でも311を切っ掛けに、世界は日本の何に驚いたかというと、一言で言うと「民度の高さ」。辛くても文句をぶちまけるでもなければ、いつ来るかわからない援助もひたすら待つ、俺が俺がと自分だけ良い思いをしようと他人を蹴散らすわけでもなく、また略奪をすることもなく節度を保っていた。

こういう民度を持つ国民って海外には非常に珍しいわけで、ある意味世界は動物的。そういう人たちが作る経済を活発化するには「恐怖と欲望」を煽るのが一番。子育ても同じで、このままだと大変なことになるぞと恐怖をあおり、成功したらこんな良いことがあるぞと欲望を煽る。でもこれって日本の文化じゃないのね。

日本の経済が何百年もの間に伸びてきた理由はこの民度によると私は考えています。そして2600年もの間、日本という国が滅びなかったのも外敵が来なかったというのも大きな理由だけれど、日本人には節度があったからだと思っています。文化も「和」「協調」を重んじる「穏やかさ」がある。明治以来の発展もそれが基礎にあったからこそだと思うわけです。

でも長い不景気の間に、それから逃れるために欧米の考え方を導入しようとする人が増えた。またアメリカからもそれを押し付けられる。

でもやっぱりそれじゃ駄目だと思うんですよ。日本人は怠け者でお尻を叩いてもまともな仕事もしなければ勉強もしないような人民じゃないし、一生懸命働くのも自分の利益ばかり考えるわけじゃない。だから弱者も生きることが出来たし、会社でも出来る奴と出来ない奴の収入に何倍の差もつかず、愚痴は言いつつ、世の中はそれで成り立って皆が生きられることを知っていた。

でも今、その文化が壊される。進行中。

競争こそが発展の元だと煽り、他を押しのけ、自らの発展だけを望む。規制緩和、関税撤廃をすれば競争できる場所が広がりそれだけチャンスも増える。政府は何もせずに、市場の動きに任せろと。

これって滅茶苦茶だと思うんですけどねぇ。勝ち残れる人、企業は良いでしょう。でも富は集中するばかりで、負け組みがどんどん増える。かつては自分は中流だと信じていた人たちも負け組みの範疇にはいるような時代になった。そしてそれをもっと加速させることが重要だと経済界も学者も政府もその方向へ行こうとする。グローバルグローバルと騒ぐ人たちも同じ。

そうじゃないと勝ち組そのものがいなくなると危険があるのもわかりますが、そのやり方って長い目で見るとカンフル剤でしかなくて国の基盤を作るやり方だとはどうしても思えません。道州制を導入して地方に権限を与え、競争原理で戦わせるのも全く同じ理論で、それでは大変なことになるのは311の東日本大震災を見てもわかるはず。国が手を差し伸べることも出来なかったらどうなるのか。

大きな政府は駄目という人は多いけれど、それは無駄が多いとか組織上の問題点があるから駄目なのであって、今後、社会保障の充実もしなければならない日本が、小さな政府になって本当に良いのかどうか。やり方が悪いのであって、その体制そのものが駄目だというのは論理の飛躍だと私は思うわけです。小さな政府なら良くなるという前に、小さな(力のない)政府でやり方が従来どおりだったらどうなるのか、その恐ろしさを考えれば、変えるべきところは政府の大きさやシステムではないことに気がつくはず。

最近の皆さんが好きな市場原理主義だと、あるいは地方都市や企業の勝手にまかすとどうなるかはアメリカはデトロイトを見ると良くわかります。人口は3分の1になり、3軒に1軒は空き家。犯罪率は異常なほど高く検挙率は低い。これは小さな町の話じゃなくて、かつては栄華を極めた大都市の姿。国そのものがこうなる可能性だってあるのを忘れちゃいけないと思うんですよ。

獲物がいなくなればどんどん移動する狩猟民族ならそれで良いのでしょう。でも我々日本人は、私は農耕民族だと思っていて、自分の町、故郷、田畑や周りの自然を大事にし、調和の中に文明を築いた民族。この伝統って馬鹿にしては駄目で、知識や知恵は突然生まれるものでもないし、誰かから借りてくれば良いのもでもなく、伝統や文化、つまり過去にそれが詰まっているはず。これを見ることなく、狩猟民族の、弱肉強食肯定論、本当は(文化伝統に根ざした)規制も法律さえもないほうが良いと言わんばかりの荒くれ者達の論理をなぜ今の日本人は崇拝するのか。なぜそれがおかしいと思わないのか。

時間も掛かるし簡単ではありませんが、目先の利益を追って何百年もかけて作った日本文化を壊すより、日本の強さはどこにあるのかじっくり考えて、長期戦略を練らないとならないと思っています。そんなうまく行くかと思いますが、「国土強靭化計画」が法案も通り、今動きだそうとしています。私はこの中に、日本の良さを残し、日本を復活させようとする意思を感じますし、こういう方向性こそが日本にとって大事なのではないかと思います。なんでもかんでも合理的に、そして競争によって結果を出そうなんて、文化のない国の発想としか思えません。あるいは強者の論理。

今、日本が変わろうとする瀬戸際にあると思います。ここで日本を振り返って良さを残すのか、それとも欧米流の競争原理を大幅に導入して、強いものをもっと強く、弱いものはもっと弱くするような方向性でいいのかどうか。その選択は私達の考え方一つ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

市場原理主義は国を壊す デトロイトを見てみる” への8件のコメント

  1. いつも興味深く読ませていただいております。
    今回の内容はまさに私も同じようなことを日々考えておりました。
    現在40代前半で、高校時代に1年アメリカに留学していたこともあり、以前は開放大賛成、能力給で弱肉強食当然でしょ!と思っていましたが、歳を取るごとに日本人としてのあり方を考えるようになりました。
    日本人の協調性、柔軟性、それに加えて一番大切で特質すべきことは「和」だと思うようになり、さらに日々改善の創造力!すばらしいですよね。

    今振り返るともう二度と働きたくないと思うのは東京時代に働いた大手財閥(三x、住x)。逆に働きやすかったのがヨーロッパ系の会社。仕事内容は同じようなものなのですが日系のほうが殺伐としていて派閥とかがからみ非常に働きにくかったです。あとこれは女性だからかもしれませんが、やはり扱いがひどいんですよね。 でもこれは本題からそれていますよね。

    そもそも勝ち組負け組みといった言葉がはやること自体がアメリカナイズされてきたと思いますし、本来勝負に勝ったときでも負けた相手を思いやると言った余裕がある社会だったと思うのです。なので今の現状にとても残念だと思いますし、将来が不安になります。

    なんだか久しぶりに日本語を書いたので支離滅裂になってしまい、自分の中でも言いたいことがわからなくなってしまいました。 お伝えしたかったことは、この記事は私の頭の中のもやもやをまとめてくれました!本当にありがとうございました。

    • keiさん、お久しぶりです。

      私の叫び、わかっていただけますでしょうか。(笑)

      アメリカですが、あの競争社会でも大丈夫だった理由の一つとして多くのキリスト教徒がいたこと。まぁ、キリストの名の下にいろいろありましたが、恵まれない人たちを助けようとするあの姿に感銘を受けたことは何度もありました。今でも救世軍なんか凄い力ですよね。

      またアメリカンドリームもそうで、私が思うアメリカンドリームって多くの人が思う「誰にでもチャンスがある」というところではなくて、「成功者は弱者に還元する」ところにあったと思うのです。だからこそ成功者は皆からエールを送られた。もし富を独占するような成功者なら、そっぽを向かれるのが普通。貧しい町から這い上がって成功した男が故郷に富を還元するとか、それがあってこそのアメリカンドリームだったと思うのです。

      でも今はそういう良さが消えて、富を独り占めする傾向があちこちで見える。

      これは日本も同じで、アメリカのある側面だけを日本に輸入しても駄目だと思うんですよ。お箸と茶碗は対になっているから意味をなすわけで、茶碗がなくて皿しかないところにお箸があっても意味がない。って下手なたとえだ。(笑)

      経済の問題が大きいですが、ではどうあるべきか考えるときに、経済の視点からではなくもっと大きな視野で考えるのは非常に大事だと思います。そういう意味で、紹介させてもらった、最後の二つの動画。我々日本人がどう生きるべきかという原点を考えさせられます。是非お時間があったら見てみてください。

      これからもよろしくお願いします。

  2. ダボさん、ごぶさたしています。今回のエントリーにはいたく共感するところ大です。和をもって尊しとは、聖徳太子の時代から伝わる日本人のアイデンティテイのようなもので、日本の風土の中で培われてきた文化とそのものと言えると思います。それをグローバルスタンダードとかいう定義のハッキリしない米国の一部の人の考え方をもって、他の国にもこれを半ば強制しようというのですから、元々無理のある話のようにも思います。

    ところで今、日本の厳寒を避け、タイの古都チェンマイに来ています。来月中旬にはKLに移動する予定です。ここチェンマイには、最近郊外のハイウェイ沿いに大きなショッピングセンターが新たに2つオープンし、他の東南アジア同様目覚ましい発展を遂げていますが、一歩路地に入ると嘗て日本にもあったようなご近所付き合いの光景が目に入り、ほっとします。やはりその地域、国の風土・文化にあったスタンダードというものについては尊重されるべきと考えます。

    特に日本においては国際競争力の向上を錦の御旗に、ドルベースでみた労働生産性が低いという理由から、派遣法を改正し、非正規雇用を常態化し、日本の次代を担う若者を中心に給料の大幅引き下げを行った結果、消費は伸びない、少子化は進むなど、日本を夢も希望のない国にしてしまったように思います。現に2割以上円安が進んだ今、これまでの論理に従えばそれに見合った賃金の引き上げが行われるべきですが、行われていないのが実情です。

    • お久しぶりです。

      今チェンマイですか?行ったことがない私のイメージだとやっぱり古都のイメージで、大都市とは想像ができません。でも古き良き時代が残っているのでしょうね。

      私もまさにそれを日本にも残して行って欲しいと考えています。

  3. ごぶさた様でございますw

    ご聡明なdabo様をもってしても ワタシの事をご記憶されているのか不安でありますが・・・・
    そう ネオリベ支持者である人間の 大アホウ者であるワタシであります

    過去には 色々と長居したりとお邪魔しすぎて 大変御迷惑をおかけたりした経緯もありますので 以後かなり、ご遠慮して遠くから 遠~くから 拝見させていただいてました。

    過去暮らしていた貴殿と同地域GCの豪州においても また日本 そして貴殿があまりお好きでない まさに今も 貴殿がご自由に語られている自由主義の大本尊「米国」 その主義の派生 いや 進化性いや 俗世間からも とても相いれられない?ようなネオリベ(新自由主義)すら、受け入れなければならない悲しき自由主義の 総大元の「USA」
    それを言葉巧みに 蔑視?している様 さらには 悪しき?方向へと 貴殿のありあまる話術そして才能において 誘引しているような??様をみて 同じ?純日本人として すこしお邪魔した次第であります

    貴殿が 異様に毛嫌う その自由主義の大本尊 まさに貴殿が 巧妙に引率してるかのような?「公助の宮」に いざなう(ような)様?が すこし異様に見えたので筆をとった次第であります

    近代のプロパガンダは(日本国内におけるカルト宗教集団においてもしかりですが そのような技法が多分に見られます)非常に高度化され まずは相手の視線 膝元に入り そして同じような思考に訴えかけ  入り込むが常 としていると聞かれます

    貴殿の 御ブログは 大変な支持者も多ございますゆえ いずれ そういった方々の目につくことは ゼロではないと思います

    それほど日本の機関は 「馬鹿」では、ありません!

    ワタシは そういったこと(例えば思想的誘導とか 違法的な誘導…詐欺・ペテンの類)も 極力考慮しながら あちらこちらで 書いています

    おっと 長居 おしゃべりがすぎました・・・・・  これにて失礼いたします

    Y.R  

    • Y.Rさん、申し訳ありませんが記憶力もかなり減退した私には貴殿のことを思い出せません。ただ、違うネームで時々出没していた方はよーく覚えていますが、その方であるかの確信がありません。でも書き方が似ていますので、多分その方だろうと思っています。

      つまり、反論をなさっているようで、反論じゃなくて手法だの論法だのをおっしゃる。

      この辺も実はジジーの私には理解できないのですよ。私の主張そのものにもどの部分がどうという指摘もなければ、論法というのも一体どうおかしいのかの指摘もない。ただ、巧妙であるとか誘導であるとか、それしかおっしゃらないので具体的には何も仰っていないのと同じ。

      アメリカに関しては私は嫌いじゃないですよ。嫌いだと書いたこともない。ただ、日本とは異質だと言っているだけ。

      また私が誘導しているとかご心配なさる必要もないでしょう。貴殿が信奉なさる新自由主義者の方が今の時代、はるかに多いし、主導権をとっていますから。

      日本の機関が私を見つけてどうするんでしょうか。

      私がカルト集団の中心人物で、国家転覆を図っているとでも?(笑)

      私を見張るより朝日新聞を見張ったほうが良いんじゃないですかね。それともその機関とやらは朝日新聞派?多分、そっちの方かもですね。そもそも私の思想がおかしいとするなら、日記の本文で紹介した藤井聡教授の考え方に私は大賛成ですし、彼は内閣官房参与ですから、そちらをどうにかしないと日本も大変なことになるしアメリカとの関係も最悪の状態になるかもですよ。

      思想的な誘導はもちろんしていますよ。自分の思想をさらけだして、なるほどそういう考えもあるのかと考えてくれる人がいれば嬉しいですから。でもね、自分は絶対に正しいなんて私はこの日記の数ある中で一度も書いたことがありませんし、逆に、おかしいところは指摘してくれといつも書いています。そうやって思想でも情報でも交換して、人は一歩ずつ進むのだろうと思うし、それなくして進歩もないのですから。

      ですから、私が日本のどこの機関か目をつけられるとかそんなことはどうでもよくて、私の内容に関しては一切触れないご意見は、私にとって存在価値はゼロでしかありません。

      ああ、やっぱりあの方ですね。思い出しました。確か、白川前日銀総裁に傾倒していて、私が白川批判をしたときに、金を刷ったらハイパーインフレになると心配していませんでしたっけ。

      是非、今度コメントを書くことがありましたら、抽象論は無しにして具体的に内容に関してコメントをいただきたいと思います。貴方はなんら根拠も出さず、お前は間違えているということだけをいっているのと同じですから。議論なら大歓迎。ただ足を引っ張りたいだけの内容はクズでしかありません。

      ああああ、そういえば私がアメリカに追従するべきではないとかなり前に書いたときにも、何か反論を書かれていましたよね。あの時も、意味がさっぱりわかりませんでした。あはは、段々思い出しました。貴方でしたか。アメリカの信奉者。

      ま、思想も意見も違うのは大いに結構で、是非今度はその内容を書いてくださいな。

  4. 以前もそうであったように 所詮「水掛け論」に終わります
    こんな場で 貴殿の聖域にはいり込み貴殿の思想・主義・理想論(夢想・・・講釈)を少し 軽蔑(少しです)したかのような言動に 貴殿は品位のない口撃(反撃)をされています

    勿論 貴殿の聖域でありますから、どなた様の意見も広く待っているという旨 そして反論等も 寛大なる態度で受け賜りますよw 的な姿勢も 常々貴殿が申しているように受けとめても、、いましたが・・・・・ちと 甘い考えで 今回乗り込みすぎたこと、今 自省しているところであります(そら 必死に守るは 常。 ワタシでもそうします・・・まあワタシなら体よく削除しますがw・・・鬱陶しい連中はそれではすまない  ですかねw)

    そして当方も同様ですが きっちりとした断定はできるだけ述べず?あくまでも 個人的見解 個人的解釈による断り文句(注釈?)をいれ 逃げ道を作っている分 あとで いくらでもそれらに関し口撃できるという・・・・

    ワタシも所詮小さな人間 キーワードで自分が一番マシ?だなと思っている思想・主義を侮蔑されていれば ましてや過去 口論?したかのような御仁様であれば ちょいと モノ申してみたくなる というのも 日本人的?心情ではありませんか??

    いずれにしても貴殿の聖域 こういったみっともない行動!は、よしたつもりなのですが・・・・まだまだ ワタシも「青く稚拙」でございました お許しください。

    *ちなみに 朝日?毎日? と申しておりますが?? 失礼wwwwww
    笑わずにはいられません むしろ 「真逆の人間です」 当方は  ややもすれば今 欧米に煙たがれている 右傾化しがちなオヤジです

    日々 尖閣はじめ 東シナ海(直近のADIZ問題)等々を 大懸念している人間ですよwwwwww
    もう二度と近寄りませんので あしからず!

    では これにて 終止。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *