墓穴を掘る情けない保守陣営

NHKの新会長の発言に私はびっくりしたわけですが、まずはその内容。NHK広報のプレスリリースから抜粋。

「会長職としてのコメントは控えたいが、どこの国にもあったということではないかと思う。それは、戦争をしている戦争地域ということだ。慰安婦そのものが、いいか悪いかと言われれば、悪い。日本だけが強制連行したみたいなことを言われているから、話がややこしい。保障については、韓国とは、日韓基本条約で解決していると思う。」

この発言で絶対におかしいのは「日本だけが強制連行したみたいなことを言われて」という部分。これって強制連行を認めていると読めるし、他国もそうだと喧嘩を売るのと同じ。「強制連行」じゃなくて「慰安婦の存在」であるならば問題なし。また「戦争地域であった」というのもピントがずれていて、韓国は戦争地域ではなくて日本の領土。そして会見では「従軍慰安婦」という言葉を使ったらしい。これも使うべきではない言葉。

不用意な発言としか言いようがないと思うのだけれど、血気盛んな保守層は何が悪いと息巻いている。またあの橋下もそれに参加して擁護。あの時のドジな話を思い出させます。

ここでうまくないのが産経新聞が「菅長官が『政府見解と合致』という見出しの記事を出したこと。これって読んでみれば日韓基本条約で解決済みであることを言っているんだけれど、菅長官が新会長発言(の全て)が政府見解と合致しているように思わせる書き方。そこからNHK広報のプレスリリースを見たら世界で大問題になるだろうに。

それと前に私が指摘した、アメリカが安倍氏の靖国参拝に失望したと言う解釈は大間違えで、アメリカが失望したのは「靖国参拝」ではなくて「近隣国との緊張を高めるような行動」に対してdisappointedだと言ったのはどのメディアも取り上げない、誰もこのことに触れないのが不思議。そんなのは同じことだろうと思っているんだろうけれど、この裏には「靖国参拝」そのものに関してはアメリカは何も言う立場にないと匂わせているし、また靖国参拝に限らず、近隣国ともめる言動は一切するなということでもあって、当然そこに慰安婦問題も含まれている。disappointedが何に対してかをきっちり読まないとここのところもおろそかになるはず。アメリカがdisappointedしたのはこれ。「Japan’s leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan’s neighbors.」

つまり、NHK新会長の発言や、それを擁護する政府発言はアメリカは容認しないということであって、あの「失望」発言から何も学んでないことになる。菅長官の「政府見解と一致」なんてミスリードが一人歩きしないことを祈ってます。橋下のNHK新会長擁護発言なんか論外。そもそも強制連行を認めるような話でも擁護するのか?って話。彼はオッチョコチョイよりはるかにレベルが低い単細胞だと思う。

海外と正面から喧嘩するつもりならそれも良いけれど、私は安倍政権がそう考えているとは思えず。安倍氏は様子を見ながらうまくやっていると私は思うのだけれど、回りがそれをぶち壊している状態。これと同じ理由で、田母神陣営は「安倍氏と理念が一致している」ことを表面に出しているけれど、だからこそ安倍氏の本音は田母神氏は目の上のたんこぶになると思っているんじゃないかというのが私の読み。

血の気の多い保守層はどんどんやれと息巻くし、言いたいことを言うとスカッとするんだろうけれど、「日本を取り戻す」とか「戦後レジームからの脱却」を本当に考えるなら、反日勢力に餌を与えていらぬ騒ぎを起こすのは逆効果でしかないと私は思うわけです。強く主張すればどうにかなるような簡単な問題じゃないはず。それって中韓のやり方と全く同じ。精神構造も全く同じ。

安倍氏がどんな戦略を持っているのかは私にはわかりようがないのだけれど、少なくとも反日勢力や海外に騒ぐ餌を与えるのは控えて、しかし反対勢力に迎合することなくしっかりした戦略を持って虎視眈々チャンスを狙って時間もかけて攻めるしかないと思うんだけどなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *