イルカ、鯨を殺したり食べてはいけない理由

鯨、イルカ(小型鯨の総称)を殺したり食べたりしてはいけないという理由ですが、旧約聖書に書いてあるんですね。知らなかった~~。

旧約聖書 レビ記

第11章9 水の中にいるすべてのもののうち、あなたがたの食べることができるものは次のとおりである。すなわち、海でも、川でも、すべて水の中にいるもので、ひれと、うろこのあるものは、これを食べることができる。

第11章10 すべて水に群がるもの、またすべての水の中にいる生き物のうち、すなわち、すべて海、また川にいて、ひれとうろこのないものは、あなたがたに忌むべきものである。

第11章11 これらはあなたがたに忌むべきものであるから、あなたがたはその肉を食べてはならない。またその死体は忌むべきものとしなければならない。

(Wiki) ←クリック

これじゃ駄目だわ。理屈を言っても受け入れないのが当然。(なぜ鯨油の為に捕鯨はゆるされたのかは???)

また「姦淫」は絶対駄目ですよね。こういう背景を忘れて「慰安婦問題」を「日本軍の強制連行はなかった」という点に絞って日本が発言しても、日本人は人に非ずという印象しか残らない。これって理屈も史実も関係ない人間性の根っ子に関わる話で、お前達もやっただろう、なんて言ったら彼らは気が狂わんばかりに反発するはず。私が橋下は馬鹿だと思うのはこういうことを一切考えていないから。それどころか「風俗を使え」なんてのは「姦淫しろ」というのと同じ。で、今回もまたNHK新会長を擁護しているのね。あの会長発言って言わんとしていることはわかるけれど、言葉の選び方が全く駄目で、日韓が戦争したような、日本が強制連行をしたのを認めた上で海外も同じだと言うふうに聞こえる。これを橋下が擁護するって、彼の頭の中ってその程度なのが良くわかる。残念です。

海外に迎合するべきと言うんじゃないんですよ。そういう文化的背景があるのがわかれば「言い方」に注意しないとならないのがわかるってこと。これを無視して自分流を通すのは中韓のやり口と全く同じになってしまう。子供が「俺が俺が」というのと一緒。絶対にこちらの言い分は相手に伝わらない。

言われっぱなし、やられっぱなしじゃ腹の虫が収まらないから、こっちも言いたいことをいってスッキリしたい、それで良いのだ、というならそう思うのも勝手ですが、解決には程遠い。

ちなみに上に紹介したレビ記ですが、アレは駄目これはOKといろいろあって、面白いですね。

もしヒンズー教徒が世界の大半を占め、政治的にも力を持ったら「牛を食うな」というのが世界常識になるんでしょうか。イスラム教徒は「豚を食うな」という。でも彼らが世界に向けてそれを発信しないのはなぜ?心の中では軽蔑しているんでしょうね。

日本人って宗教の教えに囚われることが少ないし、神道は教義もない多神教。絶対的な善と悪の概念もない。でも全てのものに神が宿っていて尊重すると言う「穏やか」な「和」の精神が基本にあると思います。はっきりした「敵」が存在しない。

私はこういう日本が好きだけれど、唯一の絶対神を信じ、教義戒律がしっかりあって、善悪、敵味方がはっきりしている世界から見ると異常に感じるんでしょうね。それを彼らは「日本は神秘的だ」と表現する。我々日本人は神秘的だなんて全く思ってもいないのに。でもそれだけ日本人って時代時代の空気に流されやすいってことなんでしょうか。それを適応能力が高いと言うべきか、信念がないと言うべきか・・・・・

でも日本人が日本人でいられるのは日本という国家があるからであって、「市民がそこに在るのみ」といわんばかりの国家観のない市民派は狂っていると思います。それぞれが一市民でいられるのは国の保護があるからであって、国がしっかりしていないと文化、政治、経済、安全保障、全てにおいて海外からの影響下に置かれて、彼らの基準で物事全てが動くということに気がついていないのね。市民運動の無力さを知るべきだし、市民運動で世の中変わるならチベットもウィグルも苦労しない。世界の植民地は話し合いで解放されたのか?

でも悲しいと思います。国って利害関係だけで動いているってことが。私は台湾が大好きだしあれほどの親日国はないと思うのだけれど(今の政権は別)、国家として彼らを認めることが出来ない。またウイグルやチベットも南モンゴルも中国の侵略だとはっきりわかっているのに中国には文句さえ言わない。何度も書くけれど、アメリカのイラク侵攻なんて戦争犯罪そのものなのに世界はアメリカを糾弾しない。小泉元首相も同罪。

こんな滅茶苦茶な世界なのに、子供達に正義や礼節をどうやって教えろっていうんです?茶番じゃないですか。

長いものには巻かれろと教えるべき?見て見ぬ振りをしろ?それが平和?

もし世の中の基本がそれなら、私は子供達をこの世に迎え入れるべきではなかったと思います。「なぜ生きるの?」という問いに「生まれたから」が正解の世界なんて存在価値すらない。

しかし、昨日偶然見つけた画像は良いなぁ。世界はああいう世界であって欲しい。弱肉強食の世界だけれど、団結した小魚が食物連鎖の一番上に立てる世界。でも決して市民が一番なのはなくて、小魚は小魚でも生きられる国家、世界を大事にする為に小魚は存在するという形。

2014-01-27_19h53_06

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *