中国かなりヤバイのかも

22日の日記に「中国経済崩壊の兆しがまた出てきた」と、あるシャドーバンキングの投資信託が破綻したニュースを書きました。

そのニュースの元はここ  ← クリック

今までは地方でチラホラ起きていたけれど、北京では初めてとのこと。

ここを頭に入れて次のニュースを見てください。今日のニュースです。

「影の銀行」初のデフォルトか=安易な資金調達、投資家押し掛け―中国  ← クリック

【北京時事】今月31日に満期を迎える中国の金融商品が、デフォルト(債務不履行)に陥る恐れがあるとの懸念が強まっている。地方の石炭会社が通常の銀行融資とは異なる「影の銀行(シャドーバンキング)」で安易に30億元(約513億円)を調達したものの、ずさんな経営から返済のめどが立っていない。

ここには「初のデフォルトか」と書いてあります。上のニュースとは違いますね。

ここで思い出して欲しいのは、日本の中国で活動するメディアは産経新聞以外は「日中記者交換協定」を中国と結んでいます。これはなにかというと、中国にとって都合の悪いことは書かないと言う約束。つまり天安門事件に関しても書けないし、チベットやウイグルに関して侵略だなんて絶対に書けない。そういう状態だと仮定してこのニュースを読むとどう感じます?それも「初の」と書いてあります。

つまり、もう中国ではこの動きが顕著になってきて押さえが効かない、隠せない状況になって来て、日本の記者が書いて良い「初めての金融事故」という見方が出来るんじゃないでしょうか。

ま、考えすぎかもしれませんが、中国に関しては「日中記者交換協定」があって、要約するとこういう内容。

1. 日本政府は中国を敵視してはならない
2. 米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しない
3. 中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない

つまり、中国共産党が喜ぶ内容、認めた内容しか書けないということ。ですから今回の話はどうでも良いとしても、日本における中国関係のニュースの裏にはこれがあると考えて、常に疑う必要があると思います。NHKも同様。

だから巷では反日メディアなんていわれるんでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

中国かなりヤバイのかも” への2件のコメント

  1. dabo_gcさん

    調べると、WSJには、2日前に(逆の方向性ですが)関連記事が出ていました。

    「中国政府、「影の銀行」のデフォルト回避に乗り出す」

    jp.wsj.com/article/SB10001424052702304402204579339233118627464.html

    ここでも「初めて」と書いてあります。

    「山西振富能源集団向けの融資は高利回り金融商品「理財商品」で投資家が損失を被る初めての事例になる可能性があるとして注目されている。」

     英語原文も読んでみましたが、やはり、”first instance”とあるので「初めて」という認識なのだと思います。(いままで補填されてきたので、「初めて」なのはデフォルトでなく、投資家が損失を被ることのようですが)

     WSJも混乱しているということでしょうか。

     前の記事”Chinese Investors Try Police to Recoup Funds”では、投資家からの伝聞という形であり、会社のホームページでは払ったと主張しているし、会社に取材できなかったようなので「損失を被った初めてのケース」とまでは書いていないのでしょうかね。(記事の文章を検索しても、「初めて」や”first”(英語原文)はヒットしませんでした)

     いずれにせよ、今日(になりました)の市場は荒れそうですね。

    • 一体何が起きているのか私も気になって調べてみたのですが、毎度中国に関しては調べれば調べるほど「わからない」ということがわかるだけでどうにもならず。全体像が全く見えず。

      世界に多大な影響を与える中国がしっかりしてくれないと困るわけですが、報道統制がある中国からマイナス要因のニュースが流れてくると気が気じゃありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *