米国務省 改めて“イルカ漁”に反対

ケネディ娘がツイッターで「イルカ追い込み漁の非人道性を深く懸念している」と書いたまではまぁ許すとしても日本側の反発を見て国務省が改めて「反対」を言ってくるとなると、やっぱりアメリカはおかしいと言わざるを得ませんね。

まず、イルカを殺すのが駄目なのか、追い込み漁が駄目なのか、それとも両方なのかこの辺が私には良くわかりません。多分鯨繋がりで言えば両方なんだろうけれど、国がいちいち言うことなんでしょうか。

この話が出ると、じゃぁ、牛や豚、鶏は良いのか?って話しになるわけで、もし生産管理された命だからOKとなると命への冒涜だと私は思うわけで、知能の差を言うのであれば、馬鹿は死んでも良いという差別だとしか思えません。

我々は他の命の犠牲の上に成り立っているという事実からはどういう言い訳を作ろうが逃げられないわけで、これはOK、これは駄目ってない筈なんですね。あえてその話になるとインド人が出てきて俺にも一言言わせろってことになるんでしょうが(笑)、本物の菜食主義者の人たちは根菜類は食べないんですね。ニンジンだって大根だって、引き抜いて食べれば死んでしまうわけで、そうならないように木の実や種子であるとか、葉っぱを少々頂くという食べ方をする。命は殺さない。(木の実や種子は独立した命だと考えないのかどうかは知らない)

私が知っている範囲の欧米の似非菜食主義者はその辺がいい加減で、動物を食べなければよしとするのばっかり。それで自画自賛するアホにオーストラリアで会った事があります。また彼はゴキブリや蚊も殺さないと威張るので、私は「道を歩くのにも大変ですね。蟻も踏み潰さないように歩くんでしょ?」と言ったらバツの悪そうな顔をしていましたっけ。

この彼は以前にもあるパーティで私に捕鯨はやめるべきだと話を仕掛けてきたことがあって、彼の論理では知能が高い動物を殺すべきではないとのこと。私にはこの答えは前から用意してあって(笑)、「実は私の息子は障害を持っているんだけれど、生きる価値がないということですね?」と返したことがあります。この時も彼は何も答えずに去っていったっけ。

まぁ、欧米人のこういう倫理観って本当に底が浅いといつも思うわけです。キリスト教徒のくせに何百万人もインディアンを殺したり、オーストラリアで言えばアボリジニを殺しまくって狩猟のターゲットにしたような連中ですからしょうがないのかも。民族浄化をしても良い差別そのものが彼らの文化の根底にあるんですから(ネズミを真ん中に集めて焼き殺すような東京空襲、広島長崎もいまだに是とする文化)。

じゃぁ、日本人はどうかというと、やっぱりおかしいと思うことも多々あるわけです。

かなり前ですが、あるホテルのイベントでマグロの解体ショーがありました。それに出て気がついたのは、そこに来ていた外人たち(オーストラリア人)は、まさに牛の解体でも見るような目で見ていたこと。彼らの反応を見て、なるほどなと思いました。やっぱりおかしいと言えばおかしい。

それと日本人の大好きな生き造り。アジの口や尻尾がピクピクしていると、おーーー、新鮮だと誰しもが喜ぶ。私も大好き。しかしこれもおかしなもんで、牛肉のたたきやユッケを食べるけれど、牛の生き造りは見たくもない。

中国で流行っている店の紹介で、その店では魚が死なない程度に胴体を空揚げにしてしまうというのがあった。それを見て、とんでもないことをするなぁと思った自分はなんなのか。身を切り落とした魚をまた水槽に入れて泳がす姿を見ても板前に拍手を送ろうとは思わないのはなぜ?

おかしなことはいくらでもあって、あるグループが穴に落ちた犬を何時間もかけて助けるわけですよ。で、救助成功!と皆で打ち上げパーティでバーベキュー。牛豚鶏ってどうしてこういう目に合わないとならないのか私はいつも不思議に思います。

他国の食文化に対する思いもケネディと似たようなもんで、犬は食うな、猫も駄目って思いますもんね。こういうのに「やめろ」と言うべきなのか、言っても良いのか、私にはその辺が良くわかりません。ましてや中国には未だに「人間の胎児」を食べる習慣が残っているところもあるようで(検索すると動画も出てきます)、それには文句の一つも言うべきでしょう。では犬は?

私には答えが出せないのですが、殺すならジワジワ殺さずに一気に殺すべきとは思うけれど、その殺し方で殺すことそのものは正当化できませんよねぇ。

自分と違う価値観を変だと思うのは自然だけれど、政府がでてきてあーじゃこうじゃ言うのはおかしい。また他文化を否定するなら、自分も否定されるようなことはすべきじゃないのが道理で、俺は正しいという決め付けには断固反発したいと思います。

またこういう話が出てきたときには自省するチャンスでもあるので、私は特に牛豚鶏、魚類には本当に申し訳ないと思うし、同時に感謝したいと思います。でも面白いのはお米に関しては同じ気持ちが持てるけれど、野菜類には感じないこと。なんでだろ?

日本人の多くは、そこが「いただきます」の精神なんだよと言いますが、なんだかそれも欧米人の言い訳と同じに私には聞こえるんです。命に感謝すればそれで良いのか?残さずに食べればそれで良いのか?それを美しいことのように言うのはなぜ?欧米の文化に比べれば命の重さをわかっているのだろうとは思うのだけれど、では欧米と比べないで自分自身の問題として「いただきます」で済むの?私にとっての「いただきます」は美では決してなくて、やっぱり「恥」の内。最低限やるべきことであって他人、他国に威張れるようなことじゃない。

忘れられないのが昔読んだ半村良のSF小説で、江戸時代に来た宇宙人と江戸の仲間達が旅をするんですよ。で、ある峠を越えたら目の前一面に広がる花の園があった。それを見て「美しい・・・」と江戸時代の日本人は感激するのですが、宇宙人は一人涙を流すんです。「どうしたの?」と聞かれた宇宙人は「なぜこの星ではこれほど醜い命の取り合いをするんだろうか」みたいなことを言う。そして彼の星では全ての命は他の命を犠牲にすることなく生きていると。彼にとって花の園は、残虐な殺し合いばかりの大戦場。

私の気になる視点ってそれに似ていて、ある時期スマップの「世界で一つだけの花」という歌が大流行しましたが、あの歌の解釈も変だと思いました。その一つ一つの花って、他の命を蹴散らし、仲間との熾烈な競争に勝ち残った勝ち組。それなのに、「なぜ一番になりたがる?ナンバー1にならなくて良い」と逆のことを強調している歌でしょ。そのそれぞれの花を美化することより、花屋の店先にも並ぶことのない花の方が私は気になります。そして綺麗に咲くことができなかった花も一生懸命生きていたはずだし、花をつけることもない誰も見向きもしない雑草はどんな生き方をしているんだろうか。みんなどれもナンバーワンになろうと熾烈な戦いを生き残った結果を私達は見ているはず。そして死んでも良い命なんかこの世には一つも存在しないはずなのに、死んでいった命の方がはるかに多い。自然界って本当に無情。

あの歌ってゆとり教育全盛の頃?戦わずともちゃんと生き残れると嘘を教える歌だと思った。

私はあの歌が流行ったときに、そういう表に出てこない、誰も見向きもしない命の尊厳を忘れるな、と同時に戦う限り負けるな、負けたら勝ち組の肥やしになるだけだと子供達と話したのを思い出します。万事にこんな感じで育てましたので、次男坊は積極的に勝ちを取りに行く性格に育ったけれど、長男は私と同じで人生の根本は「悲しみ」であると考えるようになっちゃった。(笑)

あ~~~、イカの生き造りが食べたいなぁ。鯨の尾の身も良いなぁ。最後に食べたのは何十年前だろうか。イルカは食べたことあったかなぁ・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

米国務省 改めて“イルカ漁”に反対” への4件のコメント

  1. 自国の狩りコンテストすら止めれない国が、何をいちいち口出ししてるんですかね?

    口を出すなら、自国の問題を全て解決してから言えって思うんですが。。

    自己主張しか知らない民族の考えることは、よくわかりません。

    • ああいうのって国民の声が大きいからそれに沿って動くんですかね。

  2. 『世界で一つだけの花』が流行った時は、その歌を業界トップの(紛れもなくナンバー1の)SMAPが唄うことになんとも言えない矛盾を感じただけでした。でも、今思うと「(自分も含めて)日本人って温室育ちの花みたいだな」と思うんですよね。

    それって大半のアメリカ人にしても同じだと思うんですけど、本当の貧困とか剥き出しの暴力(生存競争)とは無縁に生きて来て、そうでない現実は見ないようにするか見てもどこか他人事のように感じてるから、「平等だ」「人権だ」(イルカにも人の道を!?www…)って理想を本気で信じている・・・までは行かなくても信じたいと思っているみたい。

    でも、いったん戦争や何かが起こって国家が破綻する事にでもなれば、あっという間に理想は吹っ飛んで厳しい現実の世界に突き落とされるんですよね。いや、もしかしたらSMAPじゃないけど「勝ち組だからこそ言える台詞がある」ということなのかな?

    • 日本人の温室育ちって世界的にも年季が入っていて(笑)、なんせ2000年以上も他国に侵略されたり植民地にされたり、国も消滅させられることなく続いてきた、世界で唯一の国ですもんね。数年間の占領された経験はありますが、平和的な占領で、他の国に対する恐怖感がゼロに等しいと言って良いかもしれませんね。それを後押ししたのが平和憲法だし。世界全ての国が同じなら良いのにね~~。

      アメリカってやっぱり世界のリーダーだと言う自負があるんでしょうね。世界を引っ張ってきたのにはアメリカでそれはこれからもそうだし、そうあるべきだという強い意志を感じます。

      ただ、動物愛護にしても反捕鯨にしても、彼らは二元論的思考しか出来ないんだろうと思うんですよ。善と悪。これを常に分けようとするから多元論、あるいは混沌としたものをそのまま受け入れることが出来ない頭の構造。これだけならまだしも、キリスト教は善悪があっても常に善は勝つことになっていますから一元論と言えるわけで、彼らの善は絶対的なものであるという補強にもなるんじゃないでしょうか。どうにもならない自己中で、それと中華思想と似たようなものを感じます。自分は善で、常に自分は正しいという考え方。

      それとですね、そういう善悪を二元論で考えるから、自分の中の悪を認められないんじゃないでしょうか。これは良く言えば正義感に繋がるのかもしれないけれど、はっきり自分の中に悪があるのを見つけた場合、何がなんでもそれを消す、あるいは正当化しないと彼らの存在そのものが揺らぐんじゃないかと思うんですよ。罪の意識の裏返しが鯨を助けろとか、ペットを人間と同じように扱えとか、死刑をするなら瞬間的に殺す方法じゃないと駄目だとか、そういう逃げ道しか彼らにはないんだと思うんです。

      日本人みたいに、人間の心には善と悪が共存しているとか、自分の罪を受け入れる考え方が出来ないんじゃないでしょうか。これって儒教の強い国もそうで、善と悪が共存できない考え方のように思うんです。だから韓国人は突然おかしくなる「火病」なるものがあるし、自分の中の悪を他に転嫁しないと自分が成り立たないのかも。

      日本人って、「誰でも叩けばほこりが出るんだから・・」という言い方をするじゃないですか。完璧な人間なんていないって言う意味で。でもこういう考え方も日本人ぐらいしかしないみたいですね。これを外人にいうとかなり怒ると聞いたことがあります。私は言ったことがありませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *