戦前と同じ状態

私は靖国参拝は良いと思うし、日本は日本の望む生き方をすべき。

でもねぇ、今の状態って戦前と似てるんじゃないかと思うんですよ。状況が似てるというんじゃなくて、日本を取り巻く諸外国の意識という点で。

かつてなんで日本が中国に入っていったのかだけれど、日本には日本の理屈があるじゃないですか。スタートはどこと考えるべきかは私にはわからないのだけれど、清が滅亡し、その後武漢に邦人保護の目的で軍を駐留させてからそれはそれは何度も何度もチクチクやられたわけで、でも当時のことは私としては日本は大陸に侵略したのは間違いがないと思っていて、日本は侵略国家ではないという言い方には違和感を感じています。しかし時代は大国による侵略合戦と言っても良いような時代。第一次大戦後は列強の中国共同支配体制になった。

蒋介石の時代に入っても、日本は何度も何度も小競り合いを仕掛けられてそれに対応し、事変、事件と呼ばれる私の頭では覚え切れないほどのことが連発。そして盧溝橋事件(後にこれは共産党が両軍に発砲した謀略だと周恩来が自慢げに言っている)を発端に全面戦争に入っていった。そしてまた大東亜戦争に向かっていくわけですが、この間の日本がやったことだけピックアップされて非難される。これが戦後レジーム、そして日本の自虐史観の大本になっていると思うのですが、ここになぜ日本はそうしたかという観点が完全に欠落しているんですね。とにかく悪いのは日本だと決め付けた。中国側が何を日本に仕掛け、日本を苛立たせ、怒らせたかは全く無いことになってる。それどころか蒋介石の上海爆撃が日本の仕業とまでなっていて滅茶苦茶。大東亜戦争も同じで、コミンテルンやアメリカが何を画策していたのかは一切論じられない。アメリカの大虐殺も一切論じられない。

では日本に悪いところはなかったのかというと、私は「やり過ぎ」「強過ぎ」という言葉で表せると思ってます。結局、時代は列強の帝国時代だと言っても、そこにはルールがあったろうと思うんですよ。でも日本はそのルールを無視したのか、強すぎたのか、一人勝ちしてしまった。南京攻略がその一番の例だと私は考えていて、戦争なんだから押せるところまで押して首都陥落まで行くのは当然という考え方があったのでしょう。この一途と言うか一生懸命と言うか、完璧主義と言うか、世界を見ずに突っ走っていった日本の姿があるように思っています。

満州鉄道に関してもそうで、アメリカが利権を欲しがって共同経営を申し出たけれど、日本はそれを一蹴した。

この辺に私は今でも通じる日本人の特徴を見ることが出来ると思うんです。真面目、一徹、完璧主義。だから強いんだけれど独りよがり。

なんか違うんだよなぁ、と海外には映るのだろうと私は思うんです。特攻精神もそう。

そして今の靖国参拝もそれに似たものを私は感じるんです。海外に仲間、理解者を作れていないと。

つまり、日本はプロパガンダが下手どころか、無視しているのか馬鹿にしているのか、世論形成をまずしなくてはならないとは全く考えていないように見えます。黙って俺について来い、みたいな古さが今でもある。不言実行が大事で細かいことを言うのは言い訳だと考える。私は日本の最大の欠点はここにあると思うんですよ。日本の美徳が日本の首を絞めてる。

その点、毛沢東はプロパガンダの天才だし、アメリカも世論操作がうまい。アメリカの戦争って、私の知っている限り全部が相手が悪いと国民が怒る、世界が納得する世論を作ってから戦ってる。第一世界大戦も、第二次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク侵攻、アフガン侵攻、その他、各地で政権を倒すのもみんな同じ。私はリビアのカダフィはアフリカの星だったかもしれないと思ってます。都合が悪いといちゃもんを付けて消すのがアメリカのやり方。蒋介石もそうで、アメリカ在住の女房と二人三脚で世界世論をコントロールした。

では日本は?

突然、暴れだすキチガイ(に見える)。

私としては防衛費の10%ぐらい巨額な予算をプロパガンダ、ロビー活動に使ったほうがはるかに安全保障上有効だと思うんですよ。もちろんNHKは再構築しないと駄目だし。

でもそれは洗脳、策略だと毛嫌いするんですよね、日本人は。で、作戦らしきものは何も持たない。その点、明治時代の日本人の方がはるかに世界に対して行動的で利口だったんじゃないでしょうか。

今年のいつか忘れましたが、麻生さんがヨーロッパに外遊して、円安に関してちくりと言われて帰ってきて、「他の国が自国の通貨が安くなるように誘導しているときに、俺達は何も文句を言わなかった。」と意気揚々として言うのには呆れました。

これが日本なんだと。

こんな考え方でやっている限り、もし中国が尖閣を取りに来ても日本は手出しができないんじゃないでしょうかね。もし反撃しても、日本から攻撃された、仕掛けたのは日本だと言うだろうことは間違いがないだろうし、世界も仕方がないだろうと思うんでしょう。日本の政治家がその時になって何を言おうが、国民が何を叫ぼうが、世界には届かず、また新たな自虐史観を押し付けられる。

この連鎖の根本にあるのは何かを知るのが大事で、誰がどうした、インチキだと相手のせいにしてもどうにもならず。日本が自虐史観を持たなくてはならなかったのは必然だと私は思うわけです。誰のせいでもない、日本のせいだと。

そしてその根本にあるのが日本の美徳。

その美徳は美徳として未来永劫持ち続けるのなら、相手のためにも相手を説得する必要があると考えるべきで、今のままで良い訳は無いと思っています。

今、フト前に書いた日記と紹介した動画を思い出しました。日本人と外人の大きな違い。日本の美徳は海外から見ると異常な部分がある。日本人って「黙っていれば調子に乗りやがって・・・・・」と思うシチュエーションって非常に多いと思うのですが、それこそが日本人らしくて、世界を舞台にしたらそれじゃ駄目だということ。世界では文句を言った方が勝つ。

日本人気質に関して書いた日記   ← クリック

尖閣と日本人気質に関して面白い動画だと思います。かつて韓国人が日本人を「八幡(パハン)」「海乱鬼(カイラギ)」と呼んでいた話は日本人を表すのにまとを突いていて関心しました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

戦前と同じ状態” への4件のコメント

  1. ダボさま、

    全く同感です。 ”真面目、一徹、完全主義”は、ともに敗戦国となったドイツもそうですね。 ただ戦後の日本との大きな違いは、ドイツが ”徹底して戦時中の行為を反省” して隣国のみならず国際社会で信用を得る国となった,ということでしょうか(最も、歴史的、伝統的にドイツ不信の英、仏は今でもEUでドイツがリーダーシップを発することに過敏ですが)。 その結果、国際社会で中心となるメンバー国として、ドイツはボスニアやアフガニスタンにEUの一員として国軍を派遣、戦死者もかなり出ていますが、ドイツ国民は国際社会の秩序のために貢献している、ということで、誰も政府を批判しません。国際社会での責任をきちんと果たせる国となったドイツ。 それに比べ、日本はPKO部隊が海外に派遣されても、武器を携行できないため、現地で武装部隊に襲われても反撃できないし、他の外国派遣軍に保護されつつの作業という、なんともどかしい、ふがいないこと。。。。
    日米の安保条約も日本は自分の都合の良い解釈で、将来、自国が直面する危険を認識していない。。。いまや、アメリカは極東では中国を一番重要視し、もし中国とうまくやっていけるなら日本は捨てる、が本音でしょう。 私がアメリカ人だったら、「自分たちに守ってもらっているのに、米軍駐留問題 - オスプレイ、普天間基地等でゴネルな!」といいたい。 究極的には、日本は理想、美徳を死守して滅びる、か、自分で国を守る(普通の国で当たり前の)軍隊を持つか、の選択肢しかないのですね。 外から日本を何十年も見ていると、日本的感覚がやはり世界とはズレている気がします。 愛国心イコール軍国主義ではないし、平和はただそれを唱えていても実現せず、時には熾烈な犠牲が伴うのです。今は平和ボケの日本。。。。ドイツを’見習って、現実的になってほしい。

  2. Michelleさん、99%同意します。

    しかし不思議ですよね。ドイツは間違いなくある特定の民族を抹殺しようとしたのに、そのドイツを見習えといわれるぐらいに世界的な地位を取り戻した。

    その背景として、ドイツ国民が当時の指導層を弾劾し排除しようとしたことがあると思うんです。誰しもがあれはまずかったと反省した。ところが日本の場合はやっぱりややこしくて、戦争には負けたけれど正義では勝っていたと考えられる部分が随所にあるわけで、全部まとめてごめんなさいとは言えない。ましてや他国による史実の捏造も間違いなくあるんですから。そして、日本が認めて謝った以上のことを後になってからガタガタ言う隣国の存在もドイツとは違うんでしょう。やらなかったことにまではやっぱり謝れない。でもそれでも謝ってきたわけですよね。隣国は民度も成熟度もヨーロッパとは違う、そして国の成り立ちの基本に反日抗日があるんですから、ヨーロッパのようには行かないと私は考えています。犯罪者の一族すべて断罪され、子々孫々まで親日派の財産は没収され、処刑された者の墓に唾を吐く文化がある国相手に、文明国流の謝罪は通用しない。ここが残りの1%のところです。(笑)

    日本には二者択一しかないと書かれたのもその通りで、日本はもっとしたたかになって行かないと駄目だと思うんですが、それが出きるのかどうか。そういう点で私は安倍さんを推したいわけで、他の人なら妥協しか選ばない、選べないと思っています。あるいはもっと強硬派か。

    • ダボさま

      ”残りの1%”の部分、良く理解できます。

      今の、そしてこれからの安倍首相に期待することはおっしゃるとおり、どれだけしたたかに外交展開をしていけるか、ということです。 日本人の誠実さ、謙虚、は世界中ですでに認識されていますから、これらの美徳に加え、”国の主権、国益を守る”毅然とした態度を通しぬくべきですね、近視的に
      事態収拾のために妥協や、相手への過度な配慮を安易にして、結局は曖昧外交、ひいては、”日本は恫喝すれば、退く” とと思われてしまいますから。。。。 

      • 参拝をきっかけにいろいろ考えを巡らせていますが、やっぱり日本はアメリカの影で経済中心に走ってきた国であるというのがはっきり見えるような気がします。

        色々報道されていますが、日本が長期的にどうあるべきかに関してはどこも一切無視。これが今の日本の病巣だろうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *