12月23日かぁ・・・

今日は何の日?天皇誕生日。

でもあの、今日が皇太子の誕生日だった日、7人のA級戦犯が処刑された。わざわざ連合国ってそういう日を選ぶのね。

でも私としてはなぜか心が動かないんですよ。ちょうどこの時間、処刑が終わったばかりの時間なんだけれど、悔しい思いも、可哀想という感情も起きない。ただ、事後法で裁かれるのは無念だったろうと思うだけ。今日作った法律で、昨日の事件を裁くのと同じなんですから。死、そのものに関してはもう当然、受け入れていたろうけれど、あの罪名だけは我慢できなかったろうなぁ。

これに対して自分の中で怒りが沸いてこない理由として、「日本が負けたのが悪い」という気持ちがあるからだろうと思ってます。負け=死というのは日本的な発想だろうとは思うけれど、それとはまた違った感覚で「日本が負けたのが悪い」と思う。つまり、あんな負け方をする戦争じゃなかったと私は思っているということ。それが何よりも私は悔しい。

あの東京裁判は茶番だと思うのだけれど、戦争とはそんなもんだろうし、勝ち組が歴史を作っていく。だから戦争には絶対に負けてはならない。で、日本の場合は負けないチャンスはあったと思うんですよ。あの戦争そのものは不可避だと思っていて、真珠湾攻撃をしないにしても、遅かれ早かれアメリカに叩かれたはず。なぜそう思うかは長くなるので今は書かないけれど、戦後、あの戦争に関して「日本人としての総括」が一切なされていないことが私としては気に入らない。

あの東京裁判が異常だったから、またその延長で占領政策が取られたってのはあるにしても、日本にも言い分があるということじゃなくて、日本人として日本人を断罪する機会も逃したのね。

こんなことを言うと、天皇のことか?なんて言われそうだけれど、全くそんなことはなくて、神格化しているような山本五十六にしてもなんで真珠湾なんだ?と思うわけです。やるならやれば良いのに深追いせずに引き返した司令長官南雲忠一中将もわけがわからんし、またその後の緒戦にしても、おかしな戦略を立てたのもあるし、天下分け目のミッドウェイも勝ち目はあった。

まぁ、後でいちゃもんをつけるのは簡単なわけで、意味がないといえばその通りなんだけれど、実際に無謀な作戦はいたるところで繰り広げられましたよね。兵站のめどもないのに死守命令をだして、餓死が多発。なんという島か忘れたけれど、戦闘も無く餓死でほとんどが死んだ島さえある。人肉を食ったなんて話はあちこちにいくらでもある。戦没者の60%140万人は餓死であったなんて論者がいるけれど、その数字が大げさだとしてもあの戦争は異常だったのがわかる。

そして私が許せないと思うのは特攻。

私はあれがクレイジーだとは思っていなくて、人間の尊厳を賭けた最後の戦い方だと思うし、特攻で命を落とした人たちには言葉が見つからないほど感謝もしているし、尊敬もしている。でもその命令を出した側には見逃すべきではない罪が存在すると思っています。多少なりとも成果があることを祈って真面目な若者たちは命を差し出したのに、神風にしてももう効力がないのがわかった時期でもそれを繰り返した。飛行機も偵察機や練習機まで動員したなんて考えられない。そして人間爆弾の桜花もそう。人間魚雷の回天もそう。震洋なんかベニア板で作った小型の船で爆薬を積んだ特攻船。そして各地で当たり前に行われた爆弾を抱えた戦車への特攻とか死ぬためとしか思えない万歳突撃。これらは効果があると見込めないのに、最後は一億玉砕という考え方があるからなんでもありで実行されたのだろうと思う。

当時の日本人、日本軍の考え方が大きく影響しているのは間違いが無いけれど、だから当時はそれで良かったのだ、仕方が無かったのだと済ませて良いとは私にはどうしても思えないんですよ。ただそういう日本軍だからこそ日露戦争では勝てたとは思うのだけど、行き過ぎた軍国主義の異常さは明るみに出すべきだと思ってます。もしも戦争が起きて、息子たちが行くというのなら、私は送り出すつもり。でも絶対に犬死だけはして欲しくない。

そして敗戦責任。

戦争責任というとどうしても「開戦責任」ばかりに集中する。これも変だと思うのだけれど、ま、連合軍の占領政策、戦後教育を考えれば当たり前かもしれなくて、でも海外がどう反応するかは別にして、日本人としてはどうして負けたのか?どうして講和のチャンスを逃したのか?その辺の論議がなされないのが私には不思議。もう負けたのだから分析しても仕方が無いなんてのは認めたくありません。多分、自衛隊の中ではそんな分析もされているんだろうけれど、私は負けた責任の所在、講和に持ち込めなかった責任の所在、そこのところをはっきりさせるべきだと思っています。日本ってそれまで戦争で負けたことが無いから負け方の研究ってしないのね。そして、無駄死にを強いた責任。これは糾弾すべきだと思っています。

私は戦争肯定論者じゃないのだけれど、戦争に巻き込まれないように何でも妥協しようとか、戦争になったらすぐ降伏するべきだ、なんて考え方は一切持っていないわけで、何に腹が立つかというと、広島原爆記念碑の「私たちは二度と過ちを繰り返しません」という言葉の根底にある考え方。とにかく悪いのは日本で、連合国による殺戮、人類史上始めての大量虐殺である東京大空襲、そして広島長崎への原爆投下も、すべて日本の責任とする考え方を到底受け入れるわけにはいきません。なぜ非戦闘員を意図的に殺した殺人者より自分たちが悪いと言う?なぜ連合軍の行為は正当防衛だと決め付けて日本国民を虐殺したのを許す?それとも「私たち」とは世界人類の意味?

なぜ戦争を止めて講和に持ち込めなかったかという点において、それは国民意識のせいだという論者もいる。これは私も一理あると思っていて、浮かれてどんどん行けと騒いだのも国民。もちろんその裏に大本営の発表やそれに沿ってどんどん煽ったマスコミの存在がある。今の日本のマスコミが左傾しているのは、彼らが戦争を煽った張本人であるという呪縛から逃れられないのだろうと思ってます。そして自分たちなら戦争をとめることさえ出来たはずだと過信してる。

まぁ、あれだけ悲惨な戦争を経験するとその恐怖から逃れられなくて、とにかく戦争を排除しようという気持ちが強くなるのはわかるのだけれど、戦争にもいろいろな形があるし、戦争とは過去のものではなくて今現在も世界中で繰り広げられているし、人間の営みの自然な一部として考えなくてはならないはず。これに異論があるのは重々承知の上だけれど、人間は争いごとを止めるほど進化していないと思っています。いや、仮に世界の99.99%が争いごとを否定しても、残りの0.001%が戦争を仕掛けたら戦争になってしまうという現実を無視することはできない。いや、0.001%どころかたった一人の狂った独裁者がいただけで戦争は起きる。そういう時にどうするかを考える必要があるはずで、理想論が世界の99.99%に通じても意味が無い。

だから戦争は絶対にしないと誓っても、理不尽に攻められる戦争もあるし、そして戦争になったら絶対に負けるわけにはいかないわけで、過去の戦争の分析と、いかに被害を小さくするか、いかに負けないかの研究こそ大事だと思うわけです。そしてそのノウハウの蓄積そのものが他国に対する抑止力になるはず。攻められない様にするのは当然だけれど、逃げるのではなくて交渉力を含めた抑止力を持つべきだと考えるのが自立した大人の考え方だと思うんですよ。

戦争は悲惨だ。二度とするべきではない。これはその通りだけれど、そこで思考停止してしまってそこから先は夢のような理想論だけしかないという状態こそが、次の戦争を呼び込むことになると私は考えています。たとえ国民全員が戦争反対を訴えても、戦争を仕掛けようとする相手方にその声は届かない。その状態をSitting duckという。いわゆるカモ状態。

また戦争アレルギーは平和な時代でもうまくないと私は考えていて、世界経済を考えるとこれって世界大戦争中と考えてまるでおかしくないと思うんですよ。武器は金と人と技術であって、他国の富を平和的にぶんどるというのが経済戦争。で、経済を戦争だと考えると見え方も随分変わってくるんですね。TPPもそう。仲良く一緒に発展しようじゃなくて、ルールを決めて総当りの全面戦争しようぜというのがTPP。経済戦争に勝てば相手国を平和的に植民地化できる。今、韓国がすでにその状態だという評論家も少なくない(自国の資本だけではやっていけず、特定の財閥系大企業だけが儲けを出し、それは日本を含む外資に吸い上げられる構造になってる)。戦争アレルギーになると、大国(というかその背後にある勢力)の思惑って戦争と何も変わらない事が見えなくなるんじゃないでしょうか。ついさっき、TPPは安全保障上大事だというコラムを読んだけれど、それは全くの錯覚だと思いますわ。

とかなんとか考えても所詮自分は無能なB層で、きっと的外れのことを考えているんだろうな、と思ったり。(笑)

ま、そんなことを考えていた、A級戦犯処刑の日。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

12月23日かぁ・・・” への2件のコメント

  1. daboさん、こんにちは

    お久しぶりです。
    ブログすっきりしましたね。

    太平洋戦争の戦後処理のことですけど、同感です。日本人にしては潔さがなかったですね。

    富国強兵政策と共に、軍閥の独走で政治がそれに引っ張られ、そのまま軍閥政治の勢い(天皇陛下のご意向をもかわして)で満州事変・太平洋戦争へと突入したが政治も官僚もマスメディアも大局的長期的視野での情報分析力に欠けて戦線拡大し、結局最後は本土無差別空襲と、トルーマン大統領の指示(実験的)による原爆投下で国家存亡の大被害を受けてしまった。

    敗戦後も戦勝国による東京裁判でA、B、C級戦犯として無理やり処分されてしまった上に憲法まで押し付けられてしまった。
    daboさんの言われる通り、日本自国としての、けじめ(総括)をしないで茶を濁し、時期を逸ししてしまったことが現在も尾を引いていると思います。
    当時の政治家(国民の代表)は何を考えていたんでしょう。国家総動員法下での敗戦で打ちひしがれ国民は食うもの着るもの住むところの確保に必死で思考停止に陥ったのでしょうか。富裕の政治家もいたはずですがね。
    加えてアメリカは占領支配と共に非人道的行為をかわすために罪意識扶植計画(WGIP War guilt Infimation Program)で日本に自虐史観を植え付けることに」に成功しました。
    今もその呪縛から解放されていないから、あの言葉(過ちは繰り返しません・・・・)が出てくるわけだと思います。
    隣国から自国の自己矛盾の吐け口に利用されるべく格好の材料となり、河野談話も確固たる根拠よりその場しのぎの取り繕って事なかれでしゃべった言葉に違いないと思います。
    けじめさえつけておけば、もっと巧みな言い方があったと思います。.

    まさしく日本国独自の戦争犯罪人を処罰しなかった事こそ大きな過ちです。
    若くして散った英霊に申し訳ない。
    戦争で上官の命令(即、天皇陛下の命令)で動く中下級兵士には罪はありません。悲しくも日本のために戦い散ったのです。
    ごく少数のトップの軍閥を処分しなかったことが悔やまれます。

    私的には陸軍参謀の服部卓四郎・辻正信(関東軍時代のノモンハンと太平洋ガダルカナルでも無謀作戦にて大敗北で何万人もの戦死者・餓死者を出しながら戦後GHQに取り入ったり政治家になったりと、とても日本国民とは思えない)、瀬島竜三(レイテやインパール作戦で無謀大敗北で何万人もの戦死者・餓死者を出し戦後は民間大手商社マンとして生き延びた)は特に許せません。無責任、無反省な国賊だと思います。

    世界はバランス・オブ・パワーで動き、それが崩れると戦争リスクが高まります。右翼・左翼、タカ派・ハト派というレッテルをはっても解決しません。王道を行かなくてはいけないと思います。
    軍事的には戦略核保有国中国は、着々とアジアの覇権を狙っていて狂ったように軍備拡張し、アメリカに太平洋の覇権を二分しようと言っただけあって、戦力だけに限れば既にバランスが崩れてきていることは間違いありません。
    毛沢東、鄧小平へと受け継がれ経済力の次に軍事力をつけて能力を隠し虎視眈々と時期を待てという思想は、今の習近平まで生きている。
    世界の常識は通じません。一千万二千万単位の人命を軽く葬ってきた国柄と偏った反日教育を受けた層が増え続ける国(愛国・軍事覇権・中華志向)は暴走すれば危険です。

    私は煽り屋の被害妄想でしょうかね?(笑)

    国の基礎はバランスのとれた教育(Back to basics)だと思います。

    日本の教育は何故か日教組の影響で近現代史は疎かで、結果としてバランス感のある若者は少ない。
    学級崩壊とか悪質いじめとか平和ボケ症候群を作り続けている。教育を受けたくても受けられない国が多いのに、教育有り難さがわからない。

    原作、百田尚樹氏の「永遠の0」が今、封切されているのですが、上映後観客がスタンディングオベーションしているらしいです。
    今この時期に、何故この映画が感動するのか、私もぜひ視に行ってみたいと思います。

    今回は長文、熱くなってしまいました。(笑)

  2. HSさん

    あの戦争の総括をする時期は多分逃してしまって、今やっても駄目でしょうね。当事者がいないし。本当に残念だと思います。

    順序がバラバラですが、永遠のゼロは小説を読みました。非常に面白かったです。ただ、あれはフィクションとなっていてどこまで本当なのかがわからないのが残念です。小説の中で言われていたことですが、当時のトップは非常に官僚的であったと。失敗は追及せず、なぁなぁで終わらせてお互いそれで通す。それと歴史的な計算ができませんが、トップというとさぞかしすごい人たちと思いがちですが、どれだけ実戦経験があったのかというと、そこらへんも意外な一面がありそうです。

    また戦前に若い優秀な人たちを集めて、シャドーガバメントみたいにシミュレーションをやらせたらしいですね。そうしたらまさに日本軍が歩んだ道をその通りに言い、そして講和に持ち込まない限り必ず負けるという結論を出したのに、東條さんが、これはシミュレーションに過ぎないと一蹴したと。まぁ、勝てると思っていた人はいなかったろうと思いますが、講和なり、停戦なりどこかでやろうと思えば出来たんでしょうね。その辺は想像をめぐらすだけでわけわからず。

    最近の動きに関してですが、段々私は日和見派になっているのかもしれませんが、中国の言うことはわかるような気がするんですよ。このブログにも何度か書きましたが、彼らの立場で考えると尖閣は戦争のドサクサで取られたというのも一理ある。日本が閣議決定したのは戦争中だし、公示もしていないから中国どころか誰も知らない。そして3ヵ月後は下関条約ですから、尖閣の事を言う暇も無かったはず。当然その後は日本の領土で問題ないし、戦後はアメリカの領土ですから中国が日本に文句をいう筋合いも無い。結局、沖縄返還後、数年の内にゴチャゴチャ言い出したのは時間の流れを考えると、おかしくないんですね。それまでは何も言わなかったじゃないかと日本人は言うけれど、その前は日本に言う筋合いじゃないんですもの。

    そもそも琉球が日本なのはおかしいと彼らは主張しているくらいですし、沖縄返還も、私は良く知らないのですが、アメリカから返還されたことになっているけれど、アメリカは国連からの委任統治をしていただけで、日本に返還することを決める権利が無いとのこと。そういわれてみるとそうかもなぁ、なんて気がしてしまいます。(笑)

    それと地図を見ていて思うことは、日本の領海って広大だということ。これはやっぱり日本が強大で中国も韓国も発言力さえなかった時代に日本が勢力を大きくした。もし中国が強かったらあの辺りの地図も随分変わって、沖縄ももしかしたら中国に属するのが自然の流れだったのかもしれない。対馬にしてもよくよく見ると半島のほうに近い島。最近良く使われる、アジアの地図を中国を下にして見てみますと、我々からは表は太平洋で、日本海側は裏。でも彼らからすると玄関の目の真に日本があるんですよね。大きなトラックが玄関先に止められているのと全く同じように見えます。もうそれだけでイライラするだろうな、と。(笑)

    結局、彼らは強者が力に任せて取ったものに反抗すらできなかった。でも力をつけた今、同じように主張はしたいという気持ちはよーーくわかる。CO2削減の話と全く同じで、お前ら過去に好きにやったじゃないかという理屈は決して間違えていない。そして領土領海ですが、もしかしたら現代でも、過去に決めたものはそのまま未来永劫継続するという考え方って理にかなっていないのかもしれないと思うようになりました。つまり、過去も現在もそして未来も、強いものの要求は通ってしまう。これが歴史なんじゃないかと。その新興勢力に何を言ってる馬鹿やろう、なんて対応をしていると間違えなく戦争になるんじゃないでしょうか。つまりこのまま行けば、いつか日本は巻き込まれる。今はあいつら張子の虎だとか、アメリカが~なんて言ってますが、そんなことは口に出せない時代が来るのかも。

    元外務省情報局長だった孫崎氏ですが、まぁ、軟弱で親中で困ったさんだと思っていましたが、彼は中国を過大評価しているとは思うものの、将来的には彼のいうことが正しい時代が来るのかもしれない。そんな気がしています。

    アメリカもその辺は心得ていて、このまま行けば、ハワイグアムラインをいかに守るか、まさに中国が言っている太平洋を分けようじゃないかという時代はこのまま行けば来るかもしれない。もちろんその頃は日米安保は解消だし、半島は北主導で統一かも。(笑)

    ただ共産党は必ず近いうちに崩壊するという、あるいは中国そのものの崩壊は間近だという論者も多く、それをいかに確実に加速させるかを考えないと日本はかなりややこしい立場になりそうな気がします。でも共産党が崩壊すれば良いと思ってる人たちはこれまた楽観論者かもしれず。その次に立つ政権は、同じ民が握れば表看板だけ変わるだけでやることは一緒じゃないかと思ったり。彼らの発言を見ていると、本当に日本が何かやらかすんじゃないかと思っているフシがあるように感じます。今の日本は侵略なんか絶対に考えるような日本じゃないのに、韓国も同じように日本を怖がってる。

    これって、地政学的に日本が生き残るためにはまた再び半島、大陸に出てくるしかないというのを彼らは理解しているんじゃないかと思うんですよ。でも日本はまだそれに気がついてない。反省ばかりしている状態。(笑)

    アメリカを見ていて怖いと思うのは、中韓の移民がどんどん渡っているということ、そして市民権を取っている。これってグレンデールの慰安婦増設置もそうですが、彼らの言うことを聞かざるを得ないアメリカになる可能盛大ですよね。そして富は中国人が握っているとなればなお更のこと。

    チベットやウィグルを見ていると、力の無いものは飲み込まれるのが世の常で、50年、100年後の日本を考えると恐ろしいです。それとオーストラリアに来てわかったことは、経済は突き詰めると人口の多少で決まるということ。それを考えると、中国は本当に怖いです。ましてやあの中華思想ですし。

    自分の時代はまだしも、子供や孫の時代はかなりややこしいことになりそうで、それが心配。

    日記に関係がなくても、何か思うことがあったら是非コメントをください。HSさんとのやり取りが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *