洗濯機が壊れて使えないんだけれど・・・

今、別宅として借りているこのコンドだけれどフルファーニッシュト。ありとあらゆる家具が入っていて、お皿からフォークスプーンまでなんでもある。ところがですねぇ、これが壊れると面倒くさい話になるのもわかってきました。

まぁ、何でも揃っているんだけれど、いわゆるどこ製かわからない安物ばかり。テレビもそう。だから自分が欲しいものは自分で買って使うわけだけれど、リプレイスは禁止。意味がわかりますかね。追加で買って勝手に使うのは良いけれど、備わっているものがたとえ壊れたとしても捨てちゃうとか、交換はできないのね。新しく買った物をコンドを出て行くときには置いていくと言っても駄目なんですよ。それの決定権はオーナーのみが持っていると。まぁ、言われてみればなるほどで、日本人みたいに間違いなくより良いものを買うテナントばかりじゃないし、もし良いものだとしてもそれが原因で将来事故が起きた場合、誰の責任になるのかとかややこしい問題があるんでしょうね。

今回は洗濯機が壊れました。フロントローディングの聞いたこともないメーカーの洗濯機。

これはこれで使えていたから良いのだけれど、作りがやっぱりおかしいのね。フロントのあの大きな蓋がガタガタ動くようになったんですよ。蓋と言うか窓というか、それを止めているヒンジが外れかかっていた。でもそのまま使っていたんですが、とうとうドアが外れてしまった。これじゃ洗濯ができない。

ヨメサンは簡単に、新しいのを買ってきてね、というけれど、そうはいかないのがわかっていたのでマネージメントオフィスに行ったんですわ。それが一昨日。

修理できるのか交換が必要なのかとか、どういう状態か彼らは(素人なのに)自分で調べようとするのね。ま、それが決まりなんだろうけれど、修理は無理だよと言っても信用しない。(笑) というか、買った方が安いはず。

で、明日、スタッフが見に来ることになった。つまりそれは昨日なんだけれど、待てど暮らせど誰も来ない。夕方に、誰も来ないけれどどうなっているんだ?と電話をしたら折り返し電話をしますという返事。でもやっぱり電話は掛かってこないし、誰も来ない。

毎度のこととは思いながらも、一体どうなっているんだ?と今日の朝、一番で電話をしてみたところ、もうスタッフを送って見る事はしないと言い出した。で、コンド専属のハンディーマンと言うか修理専門のおっちゃんがいるんだけれど、彼が直接行くことになったとの話。そうならそうなったと連絡してくれよ。

じゃ、彼はいつ来るのか?と聞いたら、「彼も忙しい」と言う返事。それは答えになっていないので「いつ来るのか?」と聞いたら「わからない」とはっきり言う。(笑)

どうせ修理は出来ずに買い替えになるんだろうし、そんなに高いものでもないから、自分が今日にでも買ってくるとわと言ったら、それは駄目だという話になったわけです。

壊れたものでもオーナーに所有権があるわけで、どうにか修理しろとか、買い換えるとか、それはオーナーが決めることなのね。私がもっと性能も良くてちゃんとしたブランドのものを買うと言っても、オーナーがそれを承諾しない限り、勝手に出来ないわけです。

でもテレビでも掃除機でも自分が欲しいもの、使いやすいものを買って使っているわけだから、どうにかする方法もあるのね。

それは、壊れた洗濯機はそのままどこかに置いて、新しく我々が購入した洗濯機を使うという方法。

でもそんなことが出来るわけないじゃないですか。洗濯機は大きいし、私の健康器具一つ、私の好きな低温調理をするためのお鍋一つ、ヨメサンは一切使わないミキサーでも邪魔だと文句をいう恐ろしい支配者が我が家にはいるんですから。

ということで、未だなんら解決しておらず、修理のおっちゃんを待っている状態。いつ来るかわからず。来たところでその場で修理できるはずもなく、再び洗濯が出来る日は遠い。(笑)

でもね、電話の話の中で、知っているスタッフだったので彼女にお願いしたんですよ。泣き落とし。

「頼むからどうにかして欲しい。As soon as possibleで。ワイフが私の顔を見るたびになんとShoutするか想像できるでしょ?」と。

そうしたら、わかったわかった。出来るだけ早くするから貴方はワイフのTake careをしっかりやってくださいと。(笑)

ま、ちょっと文句を強めに言ったけれど、最後はジョークで笑って終わらすのがオーストラリアでのお決まり。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

洗濯機が壊れて使えないんだけれど・・・” への6件のコメント

  1. 日本だったら、もし契約書に洗濯機の提供が明示されていたら、内容証明郵便でも送ってきちんと貸主の義務を強調して、暗に家賃満額払わないぞーというような脅し方ができますが、内容証明郵便ってたしか日本と台湾だけだったような気がします。(スキャルの学習が中断しておりますが、インターネット接続のはやいところを求めて引っ越しをすることになりました。)

  2. ゆっきーさん

    当然契約書に様々な付帯品のことも書いてありますが、仰るようなことは訴訟社会と言えどもできないと思います。Not niceなんですね。

    彼らが知らん顔しているのならそれもありでしょうが、努力はしているし、手続き上は問題が無いわけで、今すぐにどうにかしろというのは、日本だけの威圧的で異常な反応だろうと思っています。マレーシアもそうだと聞いていますが、権利を主張するより煽てや泣き落としの方が効きます。

  3. こっちでやっこっちでじっさいにやってみましたところ、たしかに「ぐあいがわるくなってearning ability をうしなって家賃はらえなくなるぞ」という脅し方がもっとも効果ありました。

    彼ら・・・・・すみません、動いてくれているのはあくまでマネージメントオフィスの方たちですよね?
    たとえばの話、もし洗濯機が10日間稼働しなかったら、洗濯機未稼働分3分の1の減額請求をする、とかselfコインランドリー(←こっちにも最近出来てきました)費用請求するという言い方でオーナーにはやく決断してもらうよう促すことはできないのでしょうか? thank you

  4. 自分の権利はなんなのか、またそれを主張すべきかどうかですが、私はゆっきーさんの様には考えません。

    そもそもたかが洗濯機のことで・・ってのがありまして、水道が出ないとかシャワーが使えないなら騒ぎますが、なんでもかんでもアバウトでスロウな対応しかしないこの国で、どういう時に強く出て、どういう時には黙るかという基準が私の中にすでに出来ているんです。これは実際に自分がこちらで仕事を立ち上げて顧客との対応の中で学んだこと。めちゃくちゃな権利を主張するのは常に日本人だけでしたが、アバウトでスロウな常識を変えようと思っても無理なんですよ。それはわかっているけれど「俺には」その常識以上のことをしろというのも日本人だけで、無理やり押し付けると禍根が残ります。

    彼らは会社を代表するという考え方が希薄で、個人対個人で考えることが多いんです。つまり、会社のミスを誤ることはしないのね。こちらが文句を言うとIt’s not my faultなんてことを平気で言う。これがわかっていますし、では洗濯機が壊れたのは誰の責任?あんたが壊したんでしょ?とも言われかねない状況で、彼らは決まった順序でやっているのだから、彼らに強く言う権利はこちらには無いんですよ。またオフィスのスタッフはメンテの係りに繋いだのだから、その後はメンテ係りの問題でマネージメントオフィスに言っても駄目。

    責任感がないのはそういう国なんだからしょうがない。

    オーナーはきっと何が起きたかまだ知らないと思います。何が起きたらどうするかというガイドラインは決まっているはずで、賃貸業務はマネージメントオフィスが請け負っているわけで、もしかしたらどの程度壊れたら買い換えるのも決まっているのかもしれません。海外の投資家、オーナーが多いコンドの賃貸業で、いちいち洗濯機が壊れたぐらいでどうしましょう、なんて聞かれたらオーナーはやってられませんから。何のためにマネージメントオフィスに任せているのかわからなくなる。

    メンテ係りにも話は通じているし、彼らは彼らの決まりで動いているのは確かで、メンテを待っているであろう多くの客を飛び越えて、俺のを先にやれなんて言えません。だから文句を言うのはこのケースではNot Niceなんです。例えば切符売り場で長い行列が出来ていて、なんでこんな状態を放置するんだ!と文句を言うのが日本の常識かもしれませんが、こちらでは黙って待つのが普通。

    だからこちらで話をスムーズにするとなれば、個人的にうまくやるしかないんです。マネージメントオフィスもそうだしメンテのおっちゃんとも人間関係が出来ていれば何かが違うかもしれない。でもオーストラリアってFairであることを非常に重視しますから、特別な配慮というのを毛嫌いする傾向があります。チップを渡してどうにかしようというようなアメリカ的な発想もなく、それをやると馬鹿にされます。イギリスの伝統でしょうか。

    壊れちゃったら直してくれるまで待つしかない。

    でもどうにもならないようなマネージメントだったら、彼らに法的な間違いはないのだから、こちらが自分の意思によって出て行くしかないと思います。でもそういう考え方だと、オーストラリアからも出ざるを得ないかもですね。(笑)

  5. おへんじどうもありがとうございます。オーストラリアでincome gainめあての不動産投資も
    大家>>借主のようで、なかなか良さげな印象を受けました。

    >>仰るようなことは訴訟社会と言えどもできないと思います。・・・・・・・・

    わたしはふだん日本で内容証明郵便を受け取る立場です。TPPで日本をアメリカ型訴訟社会にして、弁護士がたくさんもうけられる社会にしようという意図があるらしい??ですが、
    日本の場合はあきらかにちがいます。賃貸人イコール弱者という思想でつくられた借地借家法は一部改正されましたが、やっぱり日本の場合サヨクが伝統的につよいみたいで大家<<借主という伝統や慣習は事実上まだ残っていると思います。

    そのサヨクが伝統的につよい理由がここのblogにかいてあったのを偶然大発見して、すごくおもしろいな、と思って過去ログ全部読もうと思いながら、なかなか進んでいない状況です・・・。

    >>では洗濯機が壊れたのは誰の責任?あんたが壊したんでしょ?とも言われかねない状況で、

    日本の場合「within damage by nomal usage=経年劣化?」でdeposit=敷金が全額返還、という判決もたくさん出てきています。大家さんが弱い立場なのは、日本の資産デフレも関係していたと思います。
    マレーシアの場合、この経年劣化の概念を理解してくれなさそうな大家さんがかなりいそう、な感触を得ています。なぜならこちらがキャピタルゲインをねらえるマーケットだからです。

    thank you

  6. ゆっきーさん

    細かいことを言うと、オーストラリアって全ての人がイコールなんですよ。大家>>借主って感じもないです。でも契約社会ですからいろいろで、自分が気に入らない、危ないと思えばその条項を変更してもらうだけです。駄目なら諦めるか、他を探す。

    マレーシアの場合は、私が見ているとケースバイケース。個人家主が前面に出てきますから家主の性格や考え方でまるで違う様子が多くの方のブログを読んでいて感じることです。

    国や地域に傾向ってのはあるのでしょうが、一つ一つの事象はその傾向よりケースバイケースの方がかなり強いと私は考えています。ですので、大きなくくりでくくって考えて、あああるべきこうあるべき、あるいはああなるはずこうなるはずという考え方はしない方が良いというのが私の考え方。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *