あらためて大東亜戦争を考える(動画)

私の人生のテーマでもある「日本の近現代史を知る」ですが、やっぱり中心になるのはあの戦争。これをちょっと広い視点から考えてみるのに面白い動画がありました。いつものチャンネル桜の動画ですが、視点がいつもと違うのが面白いと思いました。あの戦争の細かい話じゃなくて、あの時代の日本を取り巻く環境、その辺の理解って非常に重要でそれを知らずしてどうして戦争に入ったのか、あるいは引き込まれたのかがわからないですよね。

過ぎたことではありますが、近年になって出てきた情報、たとえばアメリカで公開された極秘文書とかあるわけで、この話は常に前進していると言って良いと思うし、探求は終わらないと思います。

全部で3時間の討論会ですが、私にはあっという間でしたし、それぞれの参加者お一人ずつ3時間ぐらい話を聞きたいと思ったくらいです。

内容に関してですが、私がひっかかったのは「あの戦争はアジアの植民地の解放」の部分です。これをあの戦争の大儀だという保守派は多いですが、大東亜共栄圏構想は戦争が始まってから言われだしたはずで、それがあの戦争の当初の目的だとは言えないと私は常日頃考えています。

それに関してはこの討論の中でも東大の名誉教授が触れていますが、それに関して他の参加者は聞き流してつっこまないところに違和感を感じます。つまり、そこに保守派のあの戦争を美化したい意思を感じるのです。でもそれは事実と違うのであればはっきりするべきだし、その件に関してだけでも討論を聞きたいと思っています。

ただ100歩譲ってそれがあの戦争の大儀だったとすると、この討論でも言われている、「戦争の勝ち負けはその戦争目的を果たしたのかどうかである」という点で、日本は戦争には負けたけれど正義では勝ったという意見には賛同したいと思っています。

ただ、あの戦争を美化するわけでもなく、やっぱり無ければよかったに決まっていますが、実際に起きてしまったあの戦争そのものの良し悪しの部分に注目せずに、あの戦争の結果として何が起きたかを淡々と見ていく必要もあると思っています。

そこに注目して見てみますと、確かに有色人種が白人の支配に立ち向かい開放を勝ち取った、あるいはそれに向けて進めることが出来たというのは人類史上始まって以来の出来事で、それがアジアだけではなくアフリカの方まで「開放」の動きのとっかかりになったのは注目すべき点だと思います。でもそれをやるべきだったのかどうかはまた別問題として考えています。

逆を言えば、白人種にとってどれだけ日本人が憎たらしいか、余計なことをしたのか、それは計り知れないものがあるはずで、戦前に日本が国連で人種差別撤廃を言ったのに受け入れられなかったことや、当時のアメリカでは黒人に選挙権も無ければ一般生活でもはっきり差別され、白人との結婚も法律で禁止されていたことなどを考え合わせても、白人種に取っては日本こそが最大の敵であったのかもしれないと考えられると思っています。

討論の中で出てくる、アメリカの主要ジャーナリスト対象のアンケートで、「20世紀最大の事件は何か」という問いのトップが「日本に原爆を落として負かしたこと」であるというところは非常に興味ある部分で、その意味は何なのか深く考えてみたいと思いました。

あの戦争をどう諸外国が判断するかもいろいろで、また国によっても実際に行って自分なりに調査していますと意見はばらばらで、韓国中国の様に日本を叩きまくる国と、日本の働きに感謝するという国やそういう意見を持つ人が決して少なくないのもわかってきます。でも、日本を悪く言うのは韓国と中国だけだというのも私は嘘だと思っていまして、自分の足で聴いて回って確認するのは大事だと思います。

しかし今となってはあの頃を知っている人は少なく、受けた教育によってどう判断するかは全く違うわけで、絶対に日本を叩きのめし二度と立ち上がれないようにしようとした国々、また牙を抜いて利用だけしようと企んだ国々がある中で、事実はどんどん埋もれて行ってしまうのでしょう。そして彼らの思惑通りに彼らが作った戦後の日本のあるべき姿を信奉する人たちがまだまだ大多数である日本を考えると、本当に気が重くなって来てしまいます。

でも私としてはその戦後レジームを変えることは不可能だと思っています。それは、まさにあの戦争がそれを決めるための戦争であり、日本はそれに負けたのですから彼らが善で日本は悪ということが決定付けられたと思っています。それを変えるのならば、また戦争を起こして勝つしかない。でもそれは不可能。

ただ、世界の政治の場では認められることが無いにしろ、世界から見れば盗人の言い訳になるのかもしれませんが、あれは「自衛の戦争」であったこと。そして日本にも正義があったことは国民として語り継いでいくべきだと考えます。そして世界史を変える事は出来ないにしろ、いつか世界の人々が「この日本が昔侵略したって本当?冗談でしょ?」と思うようになれば私はそれで十分だと思っています。その為には、私は「反論」は逆効果でしかないと考えていて、日本を美化することなく、淡々と事実を出して広めることしかないと思っています。

この動画の中で私が興味を持ってもっと知りたいと思ったことは、1980年代にいろいろ資料が出てきた話ですが、当時のコミンテルンの動きです。この辺の話を知らない人たちが多くいるはずで、ここをもっと突っ込んで広めるべきだと思うし、私ももっと詳しく知りたいです。

アメリカといえば反共の国ですが、実は戦前は反共ではなかったこと。それどころかトルーマンはじめ、共産主義国家をアジアに作ることを考え、動いた政治家がアメリカにたくさんいたこと。あのハルノートを書いた人は、後にコミンテルンのスパイだったことが明らかになっていて、コミンテルンがアジアで何をしようとしたのか、どうして日本が戦争をしなくてはならなくなったかの秘密は、そのコミンテルンにあると私は想像しています。今となっては、アメリカの反共は旧ソ連、そしてその影響力があるところを潰す口実でしかなかったのだろうと思うくらいです。でもそれがいつの間にか国是になった。

またこの討論の出演者の田中東北大学名誉教授や特に元ウクライナ&モルドバ大使だった馬渕氏が良く言うことに「国家の後ろで動く金融財閥」があります。それが当時一体どう動いたのかをもっと詳しく知りたいと思いますし、まさにそれは今のTPPにも繋がる話で、そういう意味では彼らのいう戦争は未だに続いているという主張もその通りだろうと思うわけです。

我々は普通の国として自立することを封じられ、それを受け入れたことによって奇跡と言われる経済発展を手に入れたわけですが、その状態は世界の中では異常な状態であって、お金を使う日本は歓迎されても政治の世界では無視されるのもそこに原因があるし、このままで良いとは思えません。

それでも戦争がなければ良いのだという論者も多いですが、今の社会情勢ではこのまま戦争が無いとは言えませんし、力の無いものは力のあるものに従わなければならないという世界の歴史通りになるのを放置してよいとも思えません。今までは日本を従わせる国が世界を治めていたからそれで良かったものの、これからは世界の勢力図が変わってくるわけで、日本の統治者が日本の潜在的敵対国と手を握ることもありえるわけで、日本がものを言える立場を確保するのは重要だと思っています。

ま、こんなことを書き始めたら終わりが無いのですが(笑)、日本を取り巻く環境から大東亜戦争を見てみるという今回の討論会は面白いと思いました。

そろそろ12月8日ですし、年に何度か見ては涙が自然に溢れてくる大好きな動画を載せます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

あらためて大東亜戦争を考える(動画)” への4件のコメント

  1. 第2次大戦ですか・・・
    これには、私も思うところはあります。
    しかし、戦争って、正義と、正義の戦いで、お互いに信じる正義があって、どちらの正義もやっぱり正義なんですよね。
    だから、勝った方が本当の正義で、負けた方は、間違った正義でってことは無いはずなんですが、結果として勝敗がついてしまえば、そうなってしまうのが戦争だとおもいます。

    その当時、国家の首脳がどう考えて、何に苦悩していたか、それが公になることは無いと思います。
    ただ、その中枢の中にいた1人が・・・この戦争は負けると・・・間違いなくそう言っていたことをここに、書いておきます。

  2. ぽてぽて王子さん

    最近でもあの戦争の分析がどんどn進んでいまして、前とかなり違う評価が出てきているのはおもしろいところだと思っています。私の考えでは、まずあの戦争に勝てると本気で考えていた上層部はいなかったはずで、山本五十六はアメリカのことを良く知っているから云々と言うのも山本五十六美化でしかなく、今ではそもそも山本五十六がおかしいという評価に私も賛成。真珠湾攻撃にしても一体何を目的としたのかがはっきりしない。そして南雲中将も中途半端で引き上げて、真珠湾攻撃からして大失敗だったと思っています。

    そしてその後もドジな作戦を繰り返し、天下分け目のミッドウェイ戦にしても勝てない戦じゃなかったんですね。それからズルズルと停戦協定を結ぶ切っ掛けもなく一億玉砕だなんてところまで行った日本は戦略的にまるで戦争になっていないという評価が出てきている。敗戦責任を誰がどう取るべきかが大事だと思うのですが、あのやらせの東京裁判のせいか国民の意識はそちらに集中し、大事なところがうやむやになってしまっているのが残念だと思います。

    最近、見えてきたことは当時の軍部も今の官僚、公務員的であったという点が面白いと思います。やることは中途半端、そして失敗の責任は取らない。同僚に対して当然責任追求もしない。

    それとどこで停戦協定を結ぶかが大きなポイントでそれも皆の合意であったのに(最後まで戦えば勝てるなんて誰も思っていない)、それが出来なかった最大の理由は民意であったという考え方。ここは面白い視点だと思っていて、行け行けドンドンでその気になっていたのはまさに国民。もちろん大本営やマスコミがどう先導したのかというのもあるけれど、結局自らの首を絞めたということだと思っています。それと東南アジアでの利権漁りに一生懸命だった企業群。

    あの戦争の大儀とは別の視点で見るといろいろあって興味深いです。

  3. 当時の軍部も今の官僚、公務員的であったという点が面白いと思います。やることは中途半端、そして失敗の責任は取らない。

    まさに、それは、正解だと思うんですよ。
    いつでも、革命を起こしたものは、壊しっぱなしで、次をつくらない。
    だから、革命後よくなるはずだったのに、よくならないってことは、しょっちゅうです。
    だれでも、これが間違っているっていえるんです、で、否定はできる、じゃ、どうするの?
    当時の軍部は、だらしない政府に変わって、政治をうごかしました、政府がダメっていったんですよね。だけど、じゃあ、なにしたの?どういう未来を描いていたの?
    描いていてもね、結局、とちゅうで、めんどくさくなって、放り出した様なもんです。
    めんどくさいっていうのは、国民のわがまま、企業のわがままを、聞いていたらやってられないって言う話なんですけどね。

    当時の軍部の上層部の中では誰かが責任をとらなきゃいけないことは、分かっていたので
    家族には自分がいなくなっても大丈夫なようにと、比較的はやくから伝わっていました。
    それを、口外することや、おおっぴらに準備することはできなかったようですけどね。

    そして、民意が戦争をとめられなかったことも、確かだとおもいます。
    終戦は、天皇が決めたというのは、嘘かまことか、それは分かりませんが、その決定を決めた発言を直接聞いた人が、いるらしい、まあ、自分の友達のおじいさんなんですけどね。
    私が、直接、その、おじいさんに、聞いてみたかったのですが、もちろんすでにそれを聞くことは、かないませんけどね。

    あの戦争には、いろんな大義があったことは、事実ですし、なにが正しくて、なにが間違っているかなんて、相対的なものだと思います。
    そして、相対的というのは、時代によってかわる、絶対的なものでは無いとおもいます。
    ただ・・・いえること・・・戦争は勝ち負けがあって、まけたら、すべてまけなんですよね。
    良かったか、わるかったか・・・それは、わかりません、どういう立場になっても、戦争という手段にでた段階で、すでに、その議論は、意味をなさないのかもしれません。

    私はね、戦争に一方的な理由があったり、大義があったりすることは無いって、言う立場です。
    戦争の背後には、煙がたっているところに、ガソリンをまいて、ほくそえむ輩がいることは、まあ、事実でしょうし、それがなければ、外交ですむ問題が、結果的に戦争になる。
    戦争すら、相場としてとらえる人たちがいるってことが、悲しいかな現実ではないんじゃないかなと、思ったりするのですけどね。
    どうでしょう。

  4. 戦争って避けようと思えば避けられるのに、どうしてもやりたい勢力があるんでしょうね。そしてそれはいつの時代も変わらない。

    最近の中国を見ていると、CO2問題と全く同じだなと感じます。先進国はやりたい放題やって、今になって動き出した途上国にそれはやめろと文句を言う。尖閣にしてもそうですが、中国にしてみれば俺たちに力の無いときに、ましてや戦争中で、どさくさにまぎれて取られたと思うのは良く理解できますもの。

    韓国も同じで、今になって先進国のなかまいりをしたんだから多少は言いたいことも言ってみたいと思うんでしょう。

    世界地図を見るといつも思うんですよ。彼らにとって日本って目障りな場所にあるって。ましてや防空識別圏にしても排他的経済水域にしても線を引いてみれば、彼らの目の前にあってそれも大きくて邪魔なんてもんじゃない。家の玄関の前に大型トラックを止められているように感じで、その地理的なものだけでも日本を排除したいと考えるのが当たり前かもしれないって。(笑)

    ま、理由はなんだとしても戦争したい瞬間ってあるんでしょうし、またそうなるように仕向ける勢力もあるはずで、今回のような「背後にあるもの」を考える討論は非常に良いと思います。日本も明治時代の頃の政治家ほど頭が良くて世界を見て行動する力量があれば良いなと思うんですが、近年のお隣さんたちのおかげで多少は国民を含め皆の目が覚めて良かったです。感謝したいくらい。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *