FXにマレーシアリンギット登場!!

マレーシアリンギットは政府によって守られている通貨なのは皆さんご存知の通りで、海外での両替が出来ないことになっていますよね。実際には出来る場所もありますが、公的にはそうなっていない。ですからFXでもリンギットはなかったわけです。ですから、FXでヘッジをしようと思っても無理という状態でした。

ところが~~~~~

リンギットのFXがあると読者の方から教えていただきました。それはIG証券。IGMarketsです。イギリスが本社。

IG証券  ←クリック

IG  ← クリック

早速見ていましたが、ありましたありました、リンギットが。USD/MYRです。米ドル/リンギットだけ。FX-Emerging Markets FXの中です。

チャートですが、こんな感じ。日足。

2013-12-04_00h39_42

大きな流れを見るには一番適していると思う4時間足。

2013-12-04_00h43_01

5分足

2013-12-04_00h44_51 インジケータ数はかなり限られていて、とりあえずEMA、MACD、KDJ(ストキャス)を乗せてみました。

2013-12-04_00h50_07

大前提としてこれはデイトレ、スキャル向きではないし、それの為にあえてリンギットを選ぶ必要はなく、やっぱりヘッジ目的でしょうか。

ただ私としてはチャートにこだわりがありますので、このチャートに付属のインジケータを見ながら売買を決定するのは非常に不安です。ただストキャスのKDJがあるのは救いだと思いました。

これはドル・リンギットであって、円・リンギットは存在しません。私は一向に構いませんが、多くの日本人にはそこがちょっと気になるところかもしれませんね。ただ多くの方が外貨投資をなさっているし、米ドル中心の方もいらっしゃるでしょうから、一歩前進には間違いがないと思います。

しかしどうして海外で自由に売買できないはずのリンギットがFXの世界に登場したのかを考えてみますと、なんのことはない、実際の売買じゃないってことなんですね。FXとかCFDの世界をご存知の方ならなるほどと思うでしょうが、そもそも我々が出した売買注文の受け手は誰かと言うとこれを提供している証券会社なんですね。売り手と買い手が市場に存在して、その売買仲介をするのが証券会社だという先入観が一般にありますからここは理解しづらい点かもしれませんが、この業界っていつもこのブログに書いているように、競馬のノミ屋と同じなのね。

証券会社が出した価格で我々は売買し、その受けてはその証券会社であって、我々の注文がインターバンクのネットワークに乗って他の銀行であるとか一般の市場参加者を相手にしているんじゃないということ。インターバック直結のFXもありますが。

IG社は元々イギリスの会社ですが、イギリスってそういう方面の規制緩和が進んでいて、スポーツとかありとあらゆる分野の賭けが存在しているのね。これもそれと全く同じだと考えるべきだと思います。CFDも同じ。個別株のCFDが多く存在しますが、我々がそれを売買しても株式市場の本物の株は一切売買されていない。それと同じ。

それはそれでも構わないと考えることも出来るわけで、値付けの信憑性は闇のままですがそれも大きく違うことはないだろうと期待するしかなく、ま、どうしても使いたい人には便利なのでしょう。

ただこれをヘッジに使うとなると、多くの投資家が先物とオプションを使いこなすのと同じように考えるとうまくない。つまりオプションが存在しないんですね。それとここは重要な点かもしれませんが、「現引き」が出来ないという点。つまり米ドルでリンギットを買ったとして、いつかそれを反対売買しないとならないわけで、買ったリンギットをキャッシュで受け取ることができない。ここで期待はずれ、がっかりした方は多いと思います。このFXを使う理由がそこで消えたと思う方も多いかもしれない。

意味ないじゃーん、と思うか。これはこれで万歳なのか、ちょっと微妙な感じがしなくもないです。

今まではリンギットはマレーシア国内でキャッシュを売買するしかないと思っていたわけですが、ずーっとそう思い込んでいましたので、もうリンギットそのものの売買は私としては諦めがついています。相関性の高い、そして世界でちゃんと流通しているシンガポールドルとか、あるいは今日の話はドル・リンギットですが、米ドルとリンギットの相関性も高いわけで、シンガポールドル、あるいはアメリカドルをリンギットだと思って考えるという風に、私の頭の中ではひとつの結論がでちゃっています。

相関性があると言っても、こうやってリンギットとドルを比べればまさにこのチャートのように動いているわけで、さぁ、これをどう考えるか。

とりあえずY軸の値を見て考えてみたら良いと思います。チャートを見れば結構動いているように見えますが、値幅を%で見ると大して大きな動きじゃないということも出来るかもしれない。つまり相関性が高いとそういうことになるわけですが、その辺をどう考えるか。

持っている資産が円とリンギットであるならば、円とリンギットのペアがあれば一番良いにきまっていると考えがちですが果たしてそうなのか。この辺を考え直す必要があるかもしれません。

たまにこのブログで名前が出てくるポーのスクーターさんというオプションで(ごっそり儲けて)生計を立ている方とお会いしたときの雑談の中でヘッジの話が出たのですが、「豪ドルのヘッジは日経225」で出来るとおっしゃるんですね。私としては、え?と思ったのですが、まさにこれは相関性の考え方の違いだと思いました。なるほどと思いませんか?相関性があると言うには厳しいですが、動くポイント、方向性は似てるんですね。つまり細かく売買して利益を出そうと思うなら別ですが、大きな動きを取る、あるいはヘッジするとしたならば、それこそ日経225のヘッジを米ドルで行うということもあり得るわけです。

ここで大事なのは相関性よりも、自分のやりたい売買法が取れる場所で、あるいはやりやすい、勝ちやすいと感じるペア、対象でそれをしたほうが良いという実利に目を向けた考え方が大事だと思うんです。そうなると近視眼的にリンギットリンギットと考えるのは間違いかもしれない。

この考え方は私に取ってはかなりインパクトがありまして、根底からヘッジの考え方が変わりました。

つまりですね。極論を言えばAで損失が出るのをBで補うのがヘッジだとするならば、相場(A)の損失を、パートタイムの仕事(B)で補うのもありなんですね(笑)。不確定要素が多いものをそれが少ないものでヘッジすると言う考え方が自分の中で生まれたのは非常に面白いと思っていまして、またそれがポートフォリオを組む本質的な考え方なんだろうとも思うんです。

結局、自分が勝てると思う対象を、勝てると思う手法で売買し、それで他の不確定要素が多くリスクがあるものをカバーすればよい。それだけのことかもしれません。リンギットをヘッジするのだからリンギットを売買できるようにしなくてはならない、というのは単なる思い込みかもしれませんね。そのものずばり、あるいは相関性があるものを扱おうと考えること自体、単なる理屈なのかもしれない。

でも今までは不可能だったリンギットの売買をFXで出来るようになったのは素晴らしい第一歩。しかし使い道は人それぞれってところなのでしょう。

どうしても日本円リンギットの売買をしたかったという方は面倒ですが、JPY/USDとこれを合成すればOK。短期売買を繰り返すわけじゃないでしょうからスプレッドも大きな問題にならないし、良いかも。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

FXにマレーシアリンギット登場!!” への3件のコメント

  1. おはようございます!

    ドルリンギはNDFですからね。リンギがレアルや元みたいに、先渡取引を規制しているのなら仕方がないですし、それをしないで、乱高下ってのもまあ、国の存続に係わる問題でしょうから仕方無いのかもしれません。
    しかし、マイナーなリンギを握りしめて撃沈するしか無い状態から、せめてMM2Hのためにつくったリンギ定期を為替ヘッジするには使えるんじゃ無いかなあと、思うのです。
    ただ、NDFはスワップが売りも買いもマイナスでひどい印象がありますから、まだドルリンギ見てないのですが、ヘッジコストは高そうですねえ。

    後気になったのは、リンギの他通貨との相関性ですが、ドルと相関が高いというのは、対通貨はなんでしょう?
    ドルリンギと、豪ドルドルは相関性が高いというのは、マイナー通貨のインターバンク決済がヘッジとして、豪ドルを使うので、具体的には、リンギの売りが大量にでても、市場にリンギ裁けないので、リンギの買い持ちになったインターバンクが、ヘッジとして豪ドルを売ります。
    なので、マイナー通貨が暴落した場合、豪ドルがあおりを、くらうっていう図式で変動率が高いときに相関関係が上がるというふうに、認識しているのですが、いかがでしょう。

    ファンダメンタルで相場は動かないという意見には私も賛成!です。
    相場は、参加者の思惑で動きますよね、だってファンダメンタルをどうとらえるか、で動くのですから~。
    ただ、私は中長期(数ヶ月~)で見ているので、daboさんの、スキャとは相場の見方が若干違うかもしれないですけどね。

    そうそう、ここに、このコメントってどうなのかなあと、思いながら書いているのですが2010/10月の電話が開通しないいらいら~って所まで読み進めました。
    daboさんが、マレーシアに渡ろうと思う理由は、TAX!のようですが、私も実にそのまんまなんですよね、同じ事考える人がいるもんなんだなあと、ちょっとうれしくなっちゃいますね。
    移住でも、なんでもない、経済難民でそこにいくんだ~~~と、しきりにかかれているんですけど。
    読んでいておもったのは、駐在さんと心境は同じなのかな?仕事のためにいかされる・・・。自分は何年かで帰ってくるつもりってのは、駐在員の心境じゃないかなと、感じました。
    daboさん自身は、そうは感じませんか?

  2. ポテポテ王子さん

    リンギットのFXがあると聞いたときには「やったーーー」と思いましたが、冷静になってさてどうする?と考えた場合、何もアイデアが浮かんできません。(笑)

    ヘッジはどんな手を使うのかわかりませんが、どんな手を使っても資本も経費も掛かりますから難しいですよね。

    アメリカドルとの相関があると書いたのはリンギットのことです。ただ、あの程度で相関していると考えるのかどうか、そこがポイントでしょうか。あれだけ似た動きをすれば十分だというのが上に書いたポーのスクーターさんの考え方で、一般的には日経225の現物なら先物、金投資ならやっぱり先物あるいはCFDという「世の中の常識」的なヘッジの考え方を壊してもらったのは有難いと思っています。

    我々個人としてはヘッジと言っても厳密に100%ヘッジできる必要は無いわけで、80%なら出来すぎ。70%でも十分。50%でもしないより良いと割り切ることが出来ますから、相関係数に拘りすぎると大事なものが見えなくなるとポーさんに教えられたような気がしています。

    ですので「マイナー通貨が暴落した場合、豪ドルがあおりを、くらうっていう図式で変動率が高いときに相関関係が上がるというふうに・・・・」というような動きは一切気にしません。それは誤差の内みたいな感じでしょうか。それより気になるのは、どんなタイミングでどんな風に自分が動けるのかどうか。資金の割り振りとか、いつも使っているのとは別の証券会社、別の商品を使わないと出来ないのか、そちらの方が私に取っては大問題。ヘッジ対象が大きければ(私の場合は豪ドルが念頭にありますが)、ヘッジ用資金も大きくなりますし、そしてそんな金が遊んでいるわけでもないし、現実問題として考えると相関係数の大小はどうでも良い部類の問題かもしれません。出来る範囲で何をすべきか、という方向から考えざるを得ませんから。

    マレーシアへ行く理由は全くその通りなんですが、いつマレーシアを出るかはまだ考えていません。ただ、もう将来が長いわけじゃありませんから、3年を一つの単位にして見の振り方を考えようと思っています。本当は日本に早く帰りたいです。(笑)

    年金ですが、日豪で協定があるのは知っています。二重課税防止条約と言われる租税条約と似たようなものですね。私の試算では日本の年金は年間、年間ですよ30万円ぐらいにしかなりません。オーストラリアの年金の受給資格ですが、これは日本の生活保護に似ていて全員がもらえるわけじゃないんです。資産や収入による。で、歳よりは資産を子供に贈与(無税)して年金をもらうなんてのが普通におきているわけですが、さて、自分はどうするか、まだ考えていません。また海外に出ると全額もらえないという話も聞いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えは【半角】でいれてください *